2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワールドセレクトビア

ワールドセレクトビア

サントリーの「ワールドセレクトビア」(ビール)飲んでみた。
カナダ産・オランダ産の大麦、チェコ産・ドイツ産のアロマホップ、赤城山水系の天然仕込み水仕様というグローバルなビールだ。
地ビールのようなすごく芳醇な味わい。
ビールってやはり植物で出来てるんだなという感じの味かな。
おいしいと思いまふ。

最近サントリーのビール頑張っとるな。


個人的お好み度:★★★★

スポンサーサイト

| 麦酒系 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初孫 きもと純米酒

初孫 きもと純米酒

燗用にこれを買ってみた。
初孫 きもと純米酒

値段に惹かれたというのもあるけど、これなかなか旨い。
常温ではほんのり甘めで切れは良く、ぬる燗で少し酸味が出て軽くなり、ぐわっと味の幅が広がる。
どちらも生もと造りらしい、しっかりした味わいと旨味。
この値段でこの味は、かなりコストパフォーマンス高いのでは。


■酒造会社:東北銘醸株式会社(山形県酒田市)
●原材料/米、米こうじ(美山錦)
●アルコール分/15.3度
●精米歩合:60%
●日本酒度:+2
●酸度:1.4
●定価/1.8l:2,243円、720ml:1,155円、300ml:420円

個人的お好み度:★★★


↓楽天でも買えまする↓
「初孫 生もと純米」を検索

| 純米・特別純米 | 20:56 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

月桂冠 金の七福神めぐり

月桂冠 金の七福神めぐり

いただきもの。
月桂冠 本醸造「金の七福神めぐり」。
ラベルには七福神、そして金箔入りとコテコテな程おめでたい仕様になっております。
写真撮るときに降って金箔ゆらゆらしとくの忘れた…

「飲みごたえのある辛口でコクにこだわった商品です。」との事だが…
たしかにスッキリ辛口だけど旨味・コクはあまり感じられない。
香りもクセは無く控えめ。
燗すると変わるかな?と思ったが、かえって味が薄くなってしまった。
パック酒より美味しいけれど、こってり旨口が好みの人はもの足りないと思う。


■酒造会社:月桂冠株式会社(京都市伏見区)
●原材料/米、米こうじ、醸造アルコール、金箔
●精米歩合:70%
●アルコール分/14~15度
●価格/1.8l:1,780円、720ml:918円

個人的お好み度:


| 本醸造・特別本醸造 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイシン プラス

バイシンプラス

◆名称:バイシン・プラス
◆発売元:ファイザー(2007年8月からはジョンソン・エンド・ジョンソン)
◆効能・・・目の疲れ・結膜充血・かすみその他諸々
◆定価・・・819円
◆購入価格・・・500円くらい

「ビタミンやアミノ酸類などを含む6つの成分をバランスよく配合。
疲れた目に栄養を与えるとともに、日常起こる充血、炎症、かゆみ、かすみなどにも効果。
清涼感のある、差し心地さわやかな目薬」とのこと。

清涼感・・・★★★★
爽快感・・・☆☆☆☆
疲れ取れるぞ感・・・★★★★
命中率・・・★★★★★


注し心地は非常に爽やか。でもキター!!というほどの爽快感は無く刺激は無し。
疲れは取れる感じがするものの、眼球の前半分の表面付近のみという感じ。
眼球奥は疲れたまんま。やはりここは目薬では無理か。
その効果も比較的早く切れる。
しかし命中率はかなり高い。
目薬苦手な人でも刺しやすいかも。
相対的に好印象だが、量が10mlと少ないのが惜しい。

| 目薬ぃ | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離

獺祭2割3分
今年の一本目は獺祭(だっさい)の純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離。
これは一度飲んでみたかった。
普段はノーマル純米酒くらいの重めのお酒が好みなので、大吟醸とかはあまり飲まないけど(本当は買う金が無い(T_T))、お正月なのでちょっと高めのお酒をということで。

このお酒は米(山田錦)を元の23%の大きさまで精米した超贅沢仕様である。
食糧難や飢餓で苦しむ人々が聞くと激怒しそうだな。
精米歩合だけで言えば亀の尾18%精米とかいうのもあるけど、酒米最高品種山田錦は芯白が大きいので23%が限界だそうな。
しかもそれを通常のお酒の搾りのように袋を機械で圧力をかけて搾るのではなく、遠心分離技術を使い醪(もろみ)から酒を分離したもの。通常の搾りだと”おいしくない部分”も一緒に搾り出さてしまうらしい。
無加圧状態で醪から酒を分離するので純米吟醸醪の本来持つ香りやふくらみなどの美点を崩す事無く表現されてるそうな。
二槽式洗濯機の脱水機みたいなもんかな?

香りは非常に清々しいフルーティさ。とんがり過ぎてない。
色はほんのり黄色。
口に含むとフワっとスッキリ上品な香りが広がり、キリっと引き締まった少し酸味を感じるやや辛口。
とにかく雑味を感じないクリアーな味わい。
そしてじんわり旨味&甘味を感じる。
むむ…これが遠心分離のなせる業か。
美味いではないか。
でも繊細な味なので濃いめ味付けの肴だと負けるかも。
通常搾り版飲んだ事無いけど、どれほど違うものなのかな?


■酒造会社:旭酒造株式会社(山口県玖珂郡)
●原材料/米、米こうじ(山田錦)
●アルコール分/15~16度
●精米歩合:23%
●日本酒度:+5
●酸度:1.1
●定価/1.8l:10,500円、720ml:5,250円

個人的お好み度:★★★★


↓楽天でも買えまする↓
「獺祭 遠心分離 二割三分」で一発検索

| 恐れ多い純米大吟醸・大吟醸 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。