2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福乃友 亀の尾で造った純米吟醸酒 生原酒

福乃友 亀の尾生
秋田の「うんめぇ さげっこ」その3
福乃友 亀の尾で造った純米吟醸酒 しぼりたて生

酒米研究会「福米の会」がたった100gの種籾から5年の歳月をかけて、ようやく酒の仕込が出来る量まで復活させた幻の酒米「亀の尾」100%のお酒です。

派手さは無いけど、梨のような柑橘系のようなフルーティな香り。
味は酸味のある「キリッ」とした割と辛口なお酒。キレが良くて、じんわり広がる濃醇な旨味も持ち合わせてる。
購入店の高良酒屋さんによると、今年のは昨年のより酸が効いてるそうです。
う~ん、これも生原酒のフレッシュさとしっかりしたコクのある美味しいお酒だ。

そして生酒なのに無謀(?)にもぬる燗に挑戦。
酸味と芳醇な香りが増し、これはこれで有りかも。

■酒造会社:福乃友酒造株式会社(秋田県仙北郡神岡町)
●原材料:米、米麹
●原料米:亀の尾
●精米歩合:55%
●アルコール分:17~18%
●日本酒度:+1
●酸度: 1.8
●価格:1.8l/3,150円 720ml/1,575円
日本酒度、酸度は生酒ではなくノーマル酒のデータ

個人的お好み度:★★★★


福乃友料理
この日はタコとトマトとキュウリのマリネ、焼き茶そばというムチャクチャな組み合わせ。
でもどちらも意外と日本酒に合ったぞ。

スポンサーサイト

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 09:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都麦酒アルト

京都麦酒アルト
黄桜の地ビール「京都麦酒アルト」
先日飲んだ「京都麦酒ケルシュ」と同じく1995年発売の京都で最初の地ビール。
アルトビールの"alt"(英語で"old")はドイツ語で「古い」という意味で、下面発酵させるピルスナー系などより歴史のある上面発酵の中の醸造方法のひとつ。
こちらのサイトにより詳しく出ています。

京都麦酒アルト2
かなり濃い色のビール。
麦芽の味と香りが良く出てて、ホップの苦味も程良く、さっぱり爽やかで飲みやすくもコクのあるなかなか美味しいビール。
ケルシュよりこっちが好み。

●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール度数:5.0
●容量:330ml
●価格:380円

個人的お好み度:★★★★


| 麦酒系 | 03:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やまとしずく 山廃純米

へとちょん山廃
秋田の「うんめぇ さげっこ」その2
やまとしずく山廃純米酒。

なんだこりゃ?と思わず目を引くこのラベル、通称「ヘトチョン」と言うそうです。
「やま=ヘ」、「と=ト」、「しずく=、(チョン)」か。なるほどねぇ。

この「やまとしずく」は、蔵元が選んだ販売会「やまと会」の会員店のみの販売とのこと。
販売店のリスト見てると神奈川より西には、静岡・滋賀・熊本にそれぞれ1店ずつしか無いぞ。西日本の店頭では、まずお目にかかれないお酒ですね。

フルーティな類いの香りとは無縁の地味だがまろやか~な甘い香り。
香りもまろやかだけど、舌触りも非常にまろやか&なめらかな印象のお酒。
冷やで呑むと程よい酸味と甘味で切れ良く、旨味も充分。
ぬる燗でかなり芳醇な旨味が、優しくも「ドン」とくる。この燗がかなり美味しい。
というか、個人的にかなりツボにハマる旨さ。
ウヒョー(・∀・)!!!


■酒造会社:秋田清酒株式会社(秋田県大仙市戸地谷)
●原材料:米、米麹
●原料米:有機米秋田県産美山錦3割 有機米トヨニシキ7割
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会12号
●アルコール分:15~16%
●日本酒度:
●酸度:
●アミノ酸度:
●価格:1.8l/2,447円 720ml/1,223円

個人的お好み度:★★★★★


おかず4/27
鯛の水菜巻き、蟹玉、ごぼうの天ぷらなど。
バラバラ。

| 純米・特別純米 | 13:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都麦酒 ケルシュ

京都麦酒ケルシュ
♪カッパッパ~ルンパッパ~でお馴染みの黄桜が造る地ビール、「京都麦酒 ケルシュ」
1995年に出来た京都初の地ビール。
ドイツのケルン地方で造られるエールビール「ケルシュ」スタイルのビールです。

炭酸弱めで爽やかな苦味とまろやかなでフルーティなコク、スっと引く後味が軽いビール。飲みやすいけど、もうちょっと濃い方が好きかも。

●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール度数:5.0
●容量:330ml
●価格:380円

個人的お好み度:★★★



| 麦酒系 | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブローリー プレミアムラガー

ブローリー
ブローリー プレミアムラガー。
原産国オーストラリアのビアテイスト飲料。
おぉ、原材料は麦芽とホップのみ。麦芽100%だ。
アルコール分は高めの0.9%。ぎりぎりノンアルコールビールの範囲。

口に入れた瞬間は「おぉ、ビールだ」と感じる。
でも舌の中間あたりで「ビ」になり、
喉に到達する頃は「 」になってる。
一瞬でビール風味が消えてしまうのだ。
やや軽めだけど、最初がけっこう良いので惜しい。
これならかろうじて休肝日の代用ビールになるかな?

個人的お好み度:★★

| 休肝日にはノンアルコール | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春霞 郷の清水(さとのしず)純米吟醸

郷の清水
春霞「郷の清水(さとのしず)」純米吟醸。
地元産酒米で地元蔵の地元の蔵人によって作り出された、まさに「地酒」といえるお酒。
これは販売店の高良酒屋さんがお隣り(なんとも羨ましい)の蔵元に依頼して醸造されたオリジナル商品とのこと。

1年以上蔵内で熟成させてから出荷されるそうで、今回呑んだのは平成十六年醸造のもの。香りは控えめながらも酸味のある爽やかな味で、口に含んだ瞬間は白ワインのように感じる。そして舌の奥の方にすぅーと旨味が残り、しっかり芯もある。
非常に綺麗な印象を受けるお酒です。六郷の綺麗な水のお陰ですね。
燗すると酸味は残しつつ、より角の取れたまろやかさと旨味が出てきて、こちらも美味しい。


■醸造元:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町六郷)
■販売店:高良酒屋(秋田県仙北郡美郷町六郷)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(六郷産)
●精米歩合:55%
●アルコール分:15~16度
●日本酒度:±0
●酸度:2.0
●価格:1.8l/2,730円 720ml/1,365円

個人的お好み度:★★★★


秋田の酒4
この日はホタルイカ、焼き茄子、水菜茹に温泉卵乗っけてちょいマヨ+だし醤油など。
ウマウマ。

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田のお酒

秋田の酒
昨日、先日注文した「うんめぇ さげっこ」が秋田から届きました。
このBlogによくコメントいただいている”たかりょう”さんのお店のお酒です。

●たかりょうさんのお店「高良酒屋」
http://www.takaryou.com/

インターネットの普及により、このような巡り会わせの機会が格段に増えました。こうやってblog書いてなかったら一生出会わなかったお酒かも知れませんね。
嫁さん用に「仁手古サイダー」も一緒に頼んで抜かりなし。
自分のばかり買ってたら申し訳ないし。

この注文で小遣いの残りが千円を切りました。
支給日まであと二日。なんとかいける?


| 酒雑記 | 13:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昼酒はなぜ旨いのか?

昼呑み
今日は嫁さんが病院行く日だったので、会社休んで子守りしてました。
別に出掛ける予定もないので、明るいうちから冷蔵庫の整理も兼ねて残ってるお酒ちょろちょろ頂いてます。
貧乏性なのとそんなに強くないので一気に呑まず、後日もう一回呑もうとちょっとづつ残してるのが貯まって来て冷蔵庫で幅を利かせてます。あんまり長く置いとけないので時々冷蔵庫の酒整理する訳です。
間もなく新しい酒も届くし(^^)

いやいや、しかし明るいうちから呑む酒はなぜ美味しいのか?
昼のビールもいいけど、皆が働いてるだろう時間から夕方のニュース見ながら呑むのは幸せだなぁ。いつもは仕事終わって帰って来てから子供をお風呂に入れて、呑み始めるのが10時か11時頃から。あまり遅くまで呑んでると次の日がしんどいので早々に切り上げる。時間に追われてる気がしてちょっと忙しないなぁ。
こんな早くから呑むと時間的にも心にゆとりが有るな。4時半頃から呑んでまだ7時だもんな。ちょっと一休みしてBlog中。

と、油断してたらさっき自治会の役員のおばちゃんが来た。
今年は自分も自治会の役に当たっており、防犯・衛生という係を仰せつかっている。もうすぐ行われる町内の溝掃除の回覧書類の詳細について相談に来られたのだ。
赤い顔と臭いで呑んでるのバレたろうか?
ま、いいや。

そろそろ子供お風呂に入れて呑み直そう。

| 酒雑記 | 19:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥播磨 純米カップ

奥播磨 純米カップ
兵庫県は下村酒造の「奥播磨 純米カップ」。
機械化・大量生産を一切行っていない「手造り」にこだわった蔵です。
シンプルなつや消しモノクロのラベルが渋い。こういう飾り気の無いのは「味で勝負」してる感じが伝わってくるなぁ。

香りは控えめだけど、リンゴっぽいフルーティないい香り。う~ん旨そうだ。
見た目はやや黄色がかった濃厚そうな色。
味は酸味のある辛口。しっかりした爽やかな旨味とコクがあり、「米の酒」というのがよく分かる、とっても美味しい好みの味だ。
燗すると辛味と芳醇な香りが前面に出てくる。
今回は常温で呑んだ「まろやかさ」の方が好きだったかな。

ちなみにラベルの剥がしにくさA級。


■酒造会社:下村酒造店(兵庫県宍粟郡安富町)
●原材料:米、米麹
●原料米:夢錦
●精米歩合:55%
●使用酵母:9号系
●アルコール分:15~16%
●日本酒度:+6.5
●酸度:1.9
●アミノ酸度:1.4
●内容量:180ml
●価格:315円

個人的お好み度:★★★★




楽天で『奥播磨』を一発検索





| カップ酒 | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国士無双カップ酒

国士無双カップ1
北海道は高砂酒造の『国士無双』カップ酒。
ラベルに麻雀牌の絵が描かれた雀鬼(ジャンキー)御用達のお酒?
しかも「国士無双」13面待ち!!
「国士無双」についてはこちら

もともと「国士無双」という言葉は中国の歴史家、司馬遷の「史記」の中に出てくる「この国を背負って立つものは二人といない」という意味の言葉ですが、麻雀のイメージの方が強いなぁ。

国士無双カップ2
ラベルの裏面には全144牌が描かれてます。


北海道の日本酒ってこれが初めて。
香りは控えめ、味は淡麗辛口。でも辛過ぎず、酸味などもそんなに強くない。優しい印象の辛口かな。軽くスッキリと呑めて、後から米の旨味が柔らかく広がる感じ。
半分燗つけてみたけど、香り・味ともシッカリ感が出てこっちの方が美味しかった。

ちなみに私は国士無双で和了ったことはありませんし、やり方知ってるくらいで麻雀マニアでもございません(^^;)

■酒造会社:高砂酒造株式会社(北海道旭川市)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:吟風/秋田小町
●精米歩合:69%?
●アルコール分:14~15%
●日本酒度:+4
●酸度:1.1
●内容量:180ml
●価格:220円

個人的お好み度:★★



国士無双 本醸造 麻雀カップ 180ml
こちらでも買えまする。

| カップ酒 | 10:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー ファインブリュー

ファインブリュー
今日は休肝日なのでノンアルコールのサントリーファインブリューをいただく。
厳密にはアルコール分0.5%未満となっているのでわずかにアルコールは入ってるけど、このくらいなら肝臓も気付くまい。

この手のノンアルコール飲料、小学生だか中学生だかの頃にタカラの「バービカン」が国産大手メーカーとしては初(?)デビューしたときにうれしがって友達とお金を出し合い買ってみて、「うげ~マジぃ」と後悔した記憶と、3年前に事故で入院してたときに「あ~お酒飲みたい~」と唸り、嫁さんにドイツのゲステル(だったかな?)を買ってきてもらった以外飲んだ事がない。
飲酒運転の罰則・罰金の強化が成されて以来、各社こぞってこのノンアルコールビールを出してきて、いつの間にやら一杯いろいろな種類が出てるではないか。

せっかく休肝日を決めたので、この機会にノンアルコール飲料をいろいろ試してみようと思った次第であります。Blogのネタにもなるし。
もちろん何も飲まないのがいいんだろうけど・・・


さて、このファインブリュー、缶のデザインはサントリーのビール系缶デザインを踏襲。グラスに注いでも見た目,泡立ちともビールっぽい。
でも香りと味はやっぱり変。口に入れた瞬間(0.2秒くらい)はビールっぽい気がしたが、すぐに甘さを感じる。何か古い懐かしい甘さ。子供の頃おばあちゃんに貰った甘露飴のような甘さ。
「今なら増量!」って喜ぶどころか飲みきるのがちょっとつらかったぞ。
ノンアルコールって他のもこんな感じなのだろうか?
ちょっと先行き不安・・・

個人的お好み度:




| 休肝日にはノンアルコール | 01:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悠 特別純米酒

悠 特別純米酒

悠(ゆう)特別純米酒。
これは京都のマルヤマという酒販店のオリジナルブランド酒。
お目当ての酒屋が閉まっており、落胆しながら涙目でたまたまこの店に寄ってみたら偶然目に付いたので(うそ、本当はでーんとコーナー取って置いてあったから絶対目に付く)何となく購入。ほかにも吟醸酒「遊」、特別本醸造「由」などがあった。ぜんぶ「ゆう」だ。
自分の好みだと特別純米だろうなと思ったのと、値段が3つのうちで真ん中で「真ん中の安心感」という小市民的思考で「悠」にした。

製造元(醸造元)は富山の富美菊。
小さいながらも「本当に良い酒を少しだけ造る蔵」との売り文句。期待しちゃいます。
ここにもちょこっと蔵の紹介が出てます。

香りは「フルーティ」とかでは無く、純米酒らしい落ち着いた香り。
酸味が強く、後から旨味がグッとくるしっかりした味わいのお酒。やや辛口でしっかりした「強い」感じの味だけど、とんがった印象は無くまろやか。燗すると酸味と芳醇さが増し、これもまた美味しい。
しっかりした味わいながらも重くなく、呑みやすいお酒。


■酒造会社:富美菊酒造株式会社(富山県富山市百塚)
■発売元:株式会社マルヤマ(京都市右京区西京極)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:55%
●アルコール分:15~16度
●日本酒度:+2.5
●酸度:1.5
●価格:720ml 1,210円

個人的お好み度:★★★





楽天で『富美菊』を一発検索




| 純米・特別純米 | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男前豆腐店に潜入してきた

男前豆腐1
リアル男前豆腐店に潜入してきました。
京都府は南丹市八木町「男前豆腐店京都八木工場」
道路沿いの入り口で背中に哀愁を漂わせる渋いジョニーさん。
時折小雨も降る、あいにくのお天気の中、お務めご苦労さんです。



男前豆腐2
いかにも工場然として一般人は入りづらい雰囲気。でも構わず突入。
大きな工場の横に事務所棟らしき一段屋根の低い建物が。
「いらっしゃいませ」も「入り口」の表記も無いが、実はこの中が小さな売店?となっている。


男前豆腐3
扉を開け、中に入ると長身の「男前」がお出迎え。
男前豆腐店グッズでバッチリ決めて、甘いマスクでお客を迎える。
額には自作キットもダウンロード出来る「男前サングラス」。
まったくスキが無いぜ。



男前豆腐4
その奥には約4m四方の売店がある。(といっても空の容器がショーケースに陳列してあるのとベンチがあるだけ)
奥の壁では大きな『男』看板の横に佇むキュートなお嬢が熱い視線をこちらに送ってくるので、男性諸氏は悩殺されないように心の準備が必要である。
そして、その左右には事務所と工場内の一部がガラス越しに望む事が出来る。
社員が皆「男前」かは、是非ご自分の目で確かめてほしい。




男前豆腐5
食べた事の無いのをごっそり買ってきた。
関西では、まだ阪神百貨店でしか扱ってない斬新一派シリーズの「ジョニーブラウン」、「ジョニーグリーン」をはじめ、実録一派も勢揃い。
ただし、日によって作ってる豆腐、作ってない豆腐があるので、事前に電話して行くのも良いが、どんな豆腐に出会えるか、出たとこ勝負の賭けでいきなり押し掛けるのが『男前』といえるだろう。
ちなみにこの日は「お嬢」は作ってなかった。

それから値段の表記はされていない。まぁ値段の事など気にしないのも『男前』の買い方だろう。
この写真のにジョニーブラウン、ジョニーグリーンをもう一個づつ足して1,950円だった。思ったよりも安い。実録一派の安さが光る。(←気にしてるし)



男前豆腐6
帰り際にジョニーと記念撮影。
コートを持って行かなかったのが悔やまれる。
男前豆腐店に行ってみようという方は、コートとベルボトムのパンツで是非!




男前豆腐7
中で豆腐を買ってる間、前を通りかかった人たちが何人かジョニーと記念撮影していたが、中に入ってくる人はいなかった。やっぱり入りづらいのだろうか?
「一応、中でも買えますよ」と報告しておく。
ただし注文したの奥の工場から持ってくるので買うのに時間がかかる。
中の人も大変そうだ。
あまり来られると迷惑なのかもしれないな(^_^;)


| 食べ太蔵 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガラスの器

ガラス酒器
ガラス食器が在庫処分してたので、ぐい呑み買って来た。
佐々木ガラス製200円也。安いね。
涼し気でなかなか奇麗。






| 酒雑記 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンダカップ

パンダカップ
御代櫻のパンダカップ。
動物柄ではバンビカップと双璧を成す知名度か。
なんでも上野動物園にパンダがやって来た時に先々代の蔵元(四代目)が記念に作っちゃったとかで、結構歴史のあるカップなんですね。
分類上は普通酒です。
ちなみに同いど(ry

味はやや甘口で濃いめ。
へんなクセも無く、う~ん・・・ま、普通のお酒という感じ。

■酒造会社:御代櫻醸造株式会社(岐阜県美濃加茂市)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:あさひの夢(岐阜県産)
●精米歩合:70%
●使用酵母:協会901号
●アルコール分:15~16%
●日本酒度:+1
●酸度:1.3
●アミノ酸度:1.3
●内容量:180ml
●価格:200円

個人的お好み度:★★



【カップ酒】御代桜 パンダカップ180ML
こっちでも買えますぞい。

| カップ酒 | 12:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんさくの花 特別純米カップ

まんさくの花
まんさくの花 特別純米カップ酒。
秋田県のお酒。
香りは穏やか。やや辛で非常にしっかりした旨味を味わえる。酸味が効いていて"もったり"としてない。
なかなか美味しかった。

ちなみに「まんさく」とはどんな花? ということで調べてみた。
まんさく科まんさく属の花で、漢字は「満作」と書くそうだ。早春の山に「先んず咲く花」だったのがだんだん訛って「まんさく」になったらしい。
こちらに写真付きで出てます

ラベルの黄色い文字が「まんさく」の花びらに見えなくもない?


■酒造会社:日の丸醸造株式会社(秋田県横手市増田町)
●原材料:米、米麹
●精米歩合:56%
●アルコール分:15~16度
●価格:180ml 290円

個人的お好み度:★★★★



まんさくの花 特別純米酒 [秋田県]
こちらでも買えますぞい。


| カップ酒 | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘酒

甘酒
今日は休肝日なので甘酒飲んでる。
ひな祭りの残り。TAKARAの<レンジでチン!>甘酒195g

やっぱりあま~い。
でも松竹梅白壁蔵の吟醸酒粕使用と書いてある。
~松竹梅白壁蔵とは
米や造りにこだわり、純米酒、吟醸酒に代表される高品質酒を醸造している酒蔵です。本製品には白壁蔵の吟醸酒粕を使用しています。~

こう書かれると他のより美味しい気がして来た。
サラリとしてるが薄い訳でなく飲みやすい。


■酒造会社:宝酒造株式会社(京都市伏見区)
●原材料:砂糖、米麹、酒粕、水溶性食物繊維、オリゴ糖、食塩、酸味料
●アルコール分:1%未満
●内容量:195g
●価格:120円(税込)

個人的お好み度:★★




| 酒雑記 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとはなぐらす

ひとはなぐらす
沢の鶴「吟醸 ひとはなぐらす」
昨今のカップ酒ブーム(特に若い女性の)の起爆剤になったともいわれる、今までのカップ酒の持つ"おやじ臭い"イメージを払拭したお酒ですね。

ラベルデザインもピンク地の女性らしいもので、カップ自体も呑み終わった後、グラスとして使えるようなお洒落な形になってる。
そしてもうひとつ、このお酒の売りが真空容器。
蓋の上に貼ってあるシールを端のつまみ部分を持ちめくっていくと…
中央の小さい穴が現れたら、「シュ」っと音がして真空だったカップの中に空気が吸い込まれます。そして、今まで内部の真空による空気圧でカップに吸い付けられてた蓋がパコっと自然に外れるという仕掛け。
ひとはなぐらす2
なかなか面白い仕掛けだ。
お酒の鮮度を保つ為の真空化とされてますが、普通のプルタブ式の蓋だと、取っ手部分を引っぱってアルミの蓋をめくり上げ、外れた瞬間にカップが揺れて、こぼれた酒が手についてべたべた…
などという、見た目も扱いにくさも女性が嫌がりそうな部分を排除したスマートなスタイルだなと思ったりした。

さて、肝心の味はといいますと、残念ながらあまり好みではなかった。
爽やかな淡麗辛口だけど、日本酒臭さが全然無い。水で薄めたような濃さだ。
呑みやすさを優先した結果だろうけど、個人的には物足りない、というか日本酒を飲んでる気がしなかった。量も120mlと少なめ。

■酒造会社:沢の鶴株式会社(兵庫県神戸市灘区)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●精米歩合:57%
●アルコール分:13~14度
●日本酒度:+5
●酸度:1.4
●アミノ酸度:1.2
●価格:120ml 300円

個人的お好み度:


| カップ酒 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神戸カップ

神戸カップ1
神戸酒心館 本醸造「神戸カップ」
どことなくレトロなかわいいカップ酒。

神戸カップ2
神戸カップ3
味は灘の酒らしい辛口の酒。淡麗では無く、旨味のしっかりした味わい。結構旨い。
燗すると辛さと香りが引き立つ。
神戸土産で人気だとか。京都でも売ってるけど…

■酒造会社:株式会社神戸酒心館(旧福壽酒造株式会社:神戸市東灘区御影塚町)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●アルコール分:15~16度
●価格:180ml 225円

個人的お好み度:★★★


| カップ酒 | 20:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒龍 大吟醸「龍」

黒龍「龍」
黒龍(こくりゅう)の大吟醸「龍」
昭和50年(1975)全国に先駆け発売した大吟醸酒として有名なお酒。三年熟成の逸品。
じつはこれ、嫁さんが買ってくれました。
ヽ(  ´  ∇  `  )ノ ワーイ

吟醸酒?
本醸造??
何それ?状態で日本酒のことなんてさっぱり訳ワカメな嫁さんですが、嫁さんなりにインターネットで調べて美味しいそうなのを探し買ってくれたようです。(-人-)感謝
こっそり注文して届くまで秘密にしておこうとしてたらしいけど、注文したその日の夜には我慢出来ずに喋っちゃってましたww
石田屋や八十八号買おうとしたらしいですけど定価販売してるところでは手に入らないし、他にあってもなんだか定価よりずいぶん高いプレミアムなお値段だし…で諦めたって。
いえいえ、この「龍」だって私などには充分過ぎる程立派で勿体ないお酒ですよ。

早速有り難くいただきました。
刺繍のラベルが高級感を漂わせています。いやがおうにも期待が高まるぞ。

香りはメロンのような梨のような甘めで爽やかなフルーティな香り。
う~ん強過ぎずいい香りだ。
口あたりは雑味も無く、まろやかで非常に上品なお酒という感じ。
最初は軽やかな甘口?と感じるが、後からぐわっと旨味が来る。しかしお酒のキレが良く、後に残る重さやしつこさが無く、スッと呑める。
以前同じ黒龍の「しずく」を呑んだことがあるけど、こっちは淡麗で綺麗過ぎて少し物足りなかったけど、この「龍」は旨味も充分。こっちの方が好み。

「旨いなぁ」と自然に、且つ、しみじみと思う酒。
熟成酒のコクを爽やかに味わえる非常に良く出来たお酒だと思います。

■酒造会社:黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:山田錦(米、米麹共、兵庫県特A地区産)
●精米歩合:40%
●使用酵母:蔵内酵母
●アルコール分:15~16度
●日本酒度:+4
●酸度:1.2
●アミノ酸度:1.2
●価格:1.8l 8,400円、720ml 4,200円

個人的お好み度:★★★★★






楽天で「黒龍 大吟醸」を一発検索

| 恐れ多い純米大吟醸・大吟醸 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「和の月」呑みたい

和の月
ゆうべ「さいごの約束」というドラマを見た。
といっても最後の40分だけ(^^;)

ある日突然、造り酒屋の六代目代表を務める夫が、食道がんで余命半年と告げられた。結婚して15年、酒造りを何も知らなかった妻が、命の期限を切られた夫のために新しい酒造りに取り組み、夫との約束を実現するまでを描いた、実話を原作にしたストーリー。
(以前にも奇跡体験!アンビリバボーで取り上げられたことがあるそうで、こちらの方がより詳しくストーリーが載ってます)

最後の方はほろりとさせるシーンも多く、見入ってしまった。
あんな小さい子達を残してこの世を去るのは、本当に悔しくて、本当につらかったろうなぁと、生まれたばかりの我が子を見ながら考えてしまった。

それで、ドラマの中で最後に、奥さんがご主人の為に苦労して有機認定を受けて造り上げた有機栽培米のお酒「和の月(なのつき)」を病院のベッドの上で呑んだご主人が一言、
「きれいな酒だ・・・」

く~、呑みてぇ!!

以前のアンビリバボー終了後、「和の月」の注文が殺到し、元々製造数が少ない酒だったので買えない人が続出してちょっとドタバタがあったらしい。
今回も放送終了後、注文殺到するに違いないと思い、放送中に月の井酒造店のサイトにアクセス。
おっまだ予約出来るぞ。…と思ったら2008年分だ!
2006・2007年分は既に予約完売か。年間3,000限定なら仕方無いな。
一人2本までとのことなので、とりあえず2本確保。
出荷は2008年5月とのことだ。

案の定、放送終了後すぐに予約完売。
すべりこみセーフ( ̄ー ̄)ニヤリッ
2年以上先なので忘れてそうだな…



| 酒雑記 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン一番搾り 無濾過<生>

無濾過生
キリンのチルドビール新商品「一番搾り 無濾過<生>」

コンビニのフライング発売の買って来て飲んでみた。
無濾過生2
ご覧の通り透明感の無い濁ったビール。たしかに無濾過だ。
(写真撮ってるうちに泡消えちゃったよ…)
香りは華やかではない。というか、かなり抑えられてる。
同じチルドビールでもゴールデンホップは香りを全面に押し出したビールだったのに対し、この無濾過<生>は旨味重視。
重厚な味わいで苦味というか渋味は強い。しかし、麦の旨味を十分に感じられる濃厚さ。(あくまでも国産の普通ビールと比べてね)
その代わり炭酸はあまり感じられず、喉ごしの爽快さは無い。
一般的なゴクゴクッ、プハーッ!というビールでは無く、じっくり旨味を味わうビールだね。
なんとなく懐かしさを感じる。昔の手作りビールってこういう系統の味だったのかな?
地ビールとか海外のにこんなのあったな。
後からじんわりもう少し呑みたくなる味。


個人的お好み度:★★★

| 麦酒系 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

司牡丹「土佐宇宙酒」

土佐宇宙酒
今日は
土佐宇宙酒解禁日!!
予約してたのが届いたよ。ウヒョ~(・∀・)
※土佐宇宙酒についてはこちら

ロシアから「商業利用は駄目!」とクレームが付き、一時はどうなるかと思ったが無事届いた。
早速飲んでみたよん。
栓を開けるとフルーティで華やかな香りがホワ~ン。
甘い香りと酸味の乗った爽やかな香りが混ざり、期待が高まる。

味はキレの良いやや辛口ながらも、芳醇なしっかりとした旨味とまろやかさ。
程よい酸味と舌の奥で後からじんわり感じる甘味がグーなとても美味しい酒だ。
これも宇宙酵母のなせる業なのか?

今日はあいにくの雨模様。星を見ながらの晩酌とは相成りませんでしたが、美味しくいただきました。
飲んでるうちにふわ~っといい気持ち。酔いも無重力感覚…
な訳無いが、宇宙に行った酵母が入ってると思うと、なかなかロマンチックな気持ちになれる酒です。

■酒造会社:司牡丹酒造株式会社(高知県高岡郡佐川町)
●原材料:米、米こうじ
●原料米:吟の夢、風鳴子(共に高知県産)
●精米歩合:55%
●使用酵母:「土佐宇宙酵母」CEL-19、AA-41
●アルコール分/15~16度
●日本酒度:+5
●酸度:1.5
●価格:720ml 2,600円

個人的お好み度:★★★★





| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番搾り ビールゼリーチョコ

ビールチョコ
一番搾り「ビールゼリーチョコ」というのを貰った。
キリンの工場やビアパークなどで売ってるお土産のようだ。
「一番搾り」の入ったゼリーがチョコレートの中に入ってる。

味は・・・普通のチョコレート・・
ビールの味は分かんないや(´・ω・`)
「いいちこチョコ」と同じでチョコレートの味が強過ぎて、中身の味が負けてるな。
他にもアサヒやサッポロのもあるようだが同じなんだろうか?

| 麦酒系 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。