2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ 畑から百三十年

130年
サッポロの創業130年記念ビール『畑から百三十年』
恊働契約栽培麦芽を1.5倍使用したコクと香りが特徴のビールとのこと。
星マークは創業時の赤星です。

心地良い麦の香り。
旨味と苦味の中にかすかな甘味。まろやかな口当たりが優しく、程よい炭酸の刺激がうまくバランスしてる。
鼻に『ふ~ん』と抜ける麦の香りと、麦芽の旨味をしっかり感じることが出来るビール。
ヱビスほど濃さや余韻は無いけれど、香りも味・旨味などオール4でまとめたような秀作ビールという感じ。どれかが飛び抜けてるわけではなく、個性的とは言えないけれど、レギュラー価格帯のビールとしてはレベル高くまとまってると思う。
要するに美味しくて好みの味(・∀・)/

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500m/270円 350ml/207円

個人的お好み度:★★★★



130年おかず
今日は、山芋のだんご揚げ(もっちり&まったりなハッシュドポテトみたいでビールに合う!)、みりん干し、砂ずり焼きなど。
奥のは子供の離乳食(^^)

スポンサーサイト

| 麦酒系 | 00:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

独楽蔵 特別純米『然』2002年醸造

独楽蔵
まだまだちべたいビールも美味しいけれど、少し涼しくなってきて、晩酌も燗酒にする割合が増えてきましたね。

今回のは『独楽蔵(こまぐら) 特別純米”然”』2002年醸造。
この蔵は全量「純米」で、全て長期熟成を経て出荷されます。この『独楽蔵』シリーズは2年以上定温(約15℃)で熟成されたお酒。

強くはないけど、酸味を感じる爽やかな香り。ちょっとワインぽい。
さらりとした軽めの口当たりで、酸味と旨味が複雑に絡み合い、一口でいろいろな表情を見せてくれる面白いお酒。まろやかで優しい甘味もありながら、最後はスッキリと切れてしつこさは無く、キリっと締まった印象。
燗するとキレが増す感じで、辛味が強くなり、より美味しくなる。

熟成酒ということで、もっと濃醇なイメージが有ったけど、実際はかなりスッキリした印象。
決して薄い訳じゃないけど、ガツーンと強いお酒ではないので、あまり濃い肴には負けるかも。
サラッとまろやかで優しい感じと、芯が一本通ったしっかりした印象を合わせ持つお酒かな。

■酒造会社:株式会社杜の蔵(福岡県久留米市三潴町)
●原材料:米、米麹
●原料米: 山田錦(麹米)、大地の輝(掛け米)
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会9号
●アルコール度数:14度
日本酒度:+4
●酸度:1.9
●醸造年度:2002(13BY)
●価格:1.8l/2,310円 720ml 1,155円

個人的お好み度:★★★


独楽蔵おかず
肉厚ホッケ、野菜とお揚げの焼き浸し、長芋とオクラのたたき風など。
今日の「独楽蔵」、ホッケの濃い味には冷やでは負けてる感じだけど、燗して味わいが増すとなかなか美味しく頂けましたよ。



楽天で『独楽蔵』を一発検索



| 純米・特別純米 | 01:43 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

こんがり秋生

秋生
「秋味」と一緒にのみ比べようと思ってたのに、会社帰りもうちの近所も売ってなかった「サントリー こんがり秋生」

夜中に「腹減った~」と夜食を買いに行った嫁さんが、3軒ほど廻って遠く離れたコンビニでようやく買ってきてくれた。

この「こんがり秋生」は、製麦時に焙煎したロースト麦芽を使用し、こんがり香ばしい味わいを実現した発泡酒とのこと。
ロースト麦芽ということでもっと茶色かと思ってたけど、見た目はちょっと濃いめのビール。


香りはたしかに少し焦げ臭いような香ばしさがある。
口に含むと、最初に舌に触れた瞬間香ばしいような苦味があるけど、それがすぐに甘く変わって、その味があっという間に消えてしまう。
発泡酒にしては酸味とかは無くてまろやかだけど、コク・旨味は思ったほど無いかな~。
アルコールは6.5%とかなり高めなので、胸のあたりに少し「カ~」っという、普段ビールでは感じないアルコールの熱さを感じることができる。
もうちょっと苦味と余韻が欲しかったかも。

秋の麦酒対決、値段差を差し引いても個人的には「秋味」の圧勝かな。


●分類:発泡酒
●原材料:麦芽、ホップ、大麦、糖化スターチ
●アルコール分:6.5%

個人的お好み度:★★

| 麦酒系 | 02:21 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

常陸野ネストビール クラシックエール杉樽仕込 芳醇仕立

常陸野エスト
『常陸野ネストビール クラシックエール杉樽仕込 芳醇仕立』
茨城県の木内酒造伊勢丹のコラボ商品。
「原点に帰り、本格・本物の味わいを見つめ直して造りあげました。プレミアム麦芽を原料に日本古来の醸造技術を追求し、杉樽にて仕込みました。」とのこと。
しかし、なんと長い名前だ。

フルーティな香りの中に、意識するとなんとなく杉樽っぽい香りがするような気がしないでもないこともないこともない。自分は気にならなかったけれど、ちょっと好き嫌いの分かれる香りかもしれない。
色はやや濁りの赤みがかった褐色で、泡立ちも良好。
炭酸弱めマイルドな口当たりで、フルーティで爽やかな酸味と、芳醇でまろやかな旨味がうまく合わさり、後に残るコクとほのかな苦味がなかなか宜しいビールかと。
美味しい。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:約5%

個人的お好み度:★★★★


楽天で『常陸野ネストビール』を一発検索



| 麦酒系 | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン 秋味

秋味
今年も秋味の季節が来た。
明け方なんか随分涼しくなってきて「んー、そろそろ秋だねー」などと思いつつ一口。
う~ん、やっぱり美味しい。まろやかで芳醇なコクと旨味。

ただ、秋味という商品が出始めた頃は『うひょぅ、濃いな~』なんて言いながら飲んでたんだけど、ここんとこプレミアムビールやら地ビールやら増えてきたからか、あまり濃厚という感じは受けなくなってきたな。
もちろん他のレギュラービールなんかと比べると、かなり芳醇なコクと旨味はあるけど、飲み込んだ後の余韻というか香りがちょっと希薄に感じる。まぁこれはこれで旨味たっぷりで後味スッキリの、飲みやすくて飽きない美味しいビールとも言えるかもしれないけど。

キリンもこの秋味を通年商品のレギュラービールしたらいいのに、などと思いつつも、秋になって「お!今年も来た来た!」ってやる楽しみも残しておきたい・・・

ちなみにこの秋味の後、DraftOneのんだら只の水のようにしか感じられなかったな。
やっぱり濃いや。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:6%

個人的お好み度:★★★★



秋味おかず
秋味に合わせて、サンマや松茸といきたいところですが、鰯とか鮹の酢の物とか。
後で日本酒に切り替えたけど、やはり煮魚とかは日本酒の方が合うな~。

| 麦酒系 | 12:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

末廣 Dr.野口カップ

Dr.野口カップ
ラベルに会津が生んだ偉人、野口英世の描かれたカップ酒
その名も『Dr.野口カップ』
なんだか飲むと頭が良くなりそうな気がしますな。

香りはあまり無い。
割とすっきりした口当たりのちょい辛口。そこそこコクもある。ぬる燗にすると、旨味がちょっと増す。
味自体は良くも悪くもクセの無い、普通の普通酒という感じ。ラベルがなかなかインパクトあるので余計にそう思うのかも。

■酒造会社:末廣酒造酒造株式会社(福島県会津若松市)
●原材料:米、米麹 、醸造アルコール
●原料米:チヨニシキ(会津産)
●精米歩合:70%
●アルコール度数:15~16度
●日本酒度:+1.5~2.5
●酸度:1.2~1.4
●アミノ酸度:1.0~1.2
●価格:180ml 204円

個人的お好み度:★★





| カップ酒 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コシヒカリ 越後ビール

コシヒカリ エチゴビール
日本の地ビール第一号の「エチゴビール」の中でもちょっと変わり種、お米の”コシヒカリ”を原材料に使ったコシヒカリ越後ビール


泡立ちあまり無くて、香りはコシヒカリのせいか、びみょーに糠っぽい気がする。
酸味のあるかなり辛口。すっきりしてるけど旨味はあまり感じられず、何だか薄っぺらい印象。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米(コシヒカリ)
●アルコール分:約5%

個人的お好み度:★★



楽天で『エチゴビール』を一発検索


| 麦酒系 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花火でビール

花火4
お盆は実家で花火を見ながらビール飲み。
昼からビールばかりなのでお腹タプタプ。

ついでに初めて花火の写真を撮ってみたけど難しいな。
花火大会会場まではちょっと遠いので、200mm(35mm換算で300mm)の望遠+コンパクトカメラ用のヘナヘナ三脚+酔っぱらいのシャッター手押しでブレまくり。
カメラはNikon D50。
やはり酔っぱらいの手押しシャッターが一番悪かったみたい。


花火3

花火2

| 酒雑記 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日置桜 天日干し強力 純米生酒

強力生
日本古代神話の地、因幡の国の蔵元、山根酒造場の『日置桜 天日干し強力 純米生酒』。

大粒で稲の背が高くて倒れやすく、科学肥料や農薬を受け付けないため、戦後間もなくその栽培がすたれてしまった幻の酒米『強力(ごうりき)』を、地元の契約農家と協力して復活させた蔵でもあります。

今回のは、その『強力』を手刈りで収穫後、機械乾燥では無く天日で自然乾燥させた特別な『強力』で作ったお酒。無濾過加水調整の生酒です。
むふふ・・・なんだかこういう『特別』とかいう言葉に弱い。


さて、見た目は黄色く、なんだか熟成の進んだお酒に見えますが、これは瓶自体の色で、お酒自身はほんのり色づいてる程度。(720ml瓶のみ。1.8lは茶色瓶)
芳醇でフルーティなやや甘い香りが「ふぐわぁ」っと広がります。強過ぎず、とてもいい香り!
味は生酒らしいフレッシュな酸味と旨味が、とげとげしく無く上手くまとまったまろやかさで、すーっと舌の上を滑るように転がる。
濃厚だけどしつこく無く、柔らかい旨味が広がる。なかなかおいしいお酒。

■酒造会社:有限会社山根酒造場(鳥取県鳥取市青谷町)
●原材料:米(強力)、米麹
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会7号
●アルコール度数:15~16度
日本酒度:+7.5
●酸度:1.9
●製造年月:2006.6
●価格:1.8l 2,783円 720ml 1,418円

個人的お好み度:★★★★



強力おかず
この日は手ぇ~巻き寿司ぃ~。
結局、ネタのほとんどを刺身で食べてしまう。いつもながら・・・



楽天で『日置桜』を一発検索!!



| 純米・特別純米 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都町屋麦酒 御所麦酒「まったりタイプ」

花街麦酒
京都町屋麦酒 花街麦酒「まったりタイプ」。
先日呑んだ御所麦酒と同じくキンシ正宗の地ビール。こっちはアルトタイプ。
なんとなく大正浪漫っぽいラベルだな。

琥珀色でフルーティな甘い香り。
程よい酸味と、舌の上をすーっとゆっくり流れるまろやかな旨味。後に残る麦の香りがなかなかグーなビール。
こちらもなかなか美味しい。

●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:約5%
●価格:525円 330ml

個人的お好み度:★★★★





| 麦酒系 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みやこつる 純米山田錦カップ

みやこつる純米カップ
京都・伏見の都鶴酒造の「みやこつる」山田錦純米カップ。

うっすら黄色く、純米酒らしい落ちついた香り。
やや甘口で、割と濃厚だけどさらりとした飲み口。舌の上で甘く感じ、喉元では辛く感じる。
燗すると、旨味は増すけど舌がちょっと痺れるような感じと、つーんとくるアルコール臭が気になった。

■酒造会社:都鶴酒造酒造株式会社(京都市伏見区下鳥羽)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:60% 以下
●アルコール度数:15~16度
●製造年月:2006.7
●価格:180ml 円

個人的お好み度:★★

みやこつるおかず
鮭とキャベツのちゃんちゃん焼き風、豚とカボチャのカレー煮。




楽天で『都鶴(みやこつる)』を一発検索!!



| カップ酒 | 23:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都麦酒「蔵のかほり」

京都麦酒 蔵
黄桜の京都麦酒シリーズ「蔵のかほり」。
酵母に日本酒用の清酒酵母を使用したビール。

きめ細かい炭酸をシュワシュワと舌に感じる。
さっぱり爽やか味で丸みのある柔らかい口当たり。鼻に抜ける香りが意識してると日本酒っぽく感じるかも。
全体的にやや薄めの味。ビール酵母でなく清酒酵母だからかな?

●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:4%
●価格:380円 330ml

個人的お好み度:★★★


京都麦酒 蔵 おかず
今日は残り物のすき焼き風。


| 麦酒系 | 23:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都町屋麦酒 御所麦酒「かるおすタイプ」

御所麦酒
日本酒蔵のキンシ正宗が醸す京都町屋麦酒 御所麦酒「かるおすタイプ」
ケルシュタイプの爽やかビール。

ほのかなフルーティで爽やかな香り。
心地よい酸味と旨味、コクはあるけどさっぱりとクドくなくて飲みやすい。
まさに「かるおすえ~」という感じ。
でも薄い訳ではなく、まろやかな美味しさも兼ね備えてて満足度高いビールかな。

●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:約5%
●価格:525円 330ml

個人的お好み度:★★★★



御所麦酒おかず
夕べは地元の花火大会だったけど、子供は寝てるし嫁さん体調悪いしで結局家で花火の音だけを聞きながら、持っていこうと思ってた唐揚げと枝豆で晩酌。

| 麦酒系 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒松白鹿 吟醸しぼりたて

白鹿
ゆうべは頂き物の黒松白鹿 吟醸しぼりたて
本当は冬の新酒の季節に出た商品なんだろうけど、頂き物なので文句は言いますまい。

香りはあまり無い。
スッキリ辛口だけど甘味もある。最初は軽いかなと思って飲んでたけど、じんわり旨味もあって薄っぺらくは無い。
ただちょっと、アルコールの辛いような臭いと味が気になった。
しかし価格は720mlで772円と安いけれど、この味なら十分過ぎるほどだと思う。


■酒造会社:辰馬本家酒造株式会社(兵庫県西宮市建石町)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●精米歩合:60%
●アルコール度数:14~15度
●日本酒度:+2
●酸度:1.3
●製造年月:2006.1
●価格:720ml 772円

個人的お好み度:★★★


金目鯛
この日はスーパーで食べて欲しそうに見つめてたので、嫁さんに「作って~」と買ってもらった金目鯛のあら煮、蟹玉なぞの中華風あんかけ、万願寺とうがらし、茄子田楽など。
金目鯛おいしい~。こういう煮魚は日本酒に合うな。
この手の魚の頭ほじくり系が好きだ。鯛とかまぐろとか。
酒飲みながら宝探しのようにほじほじ・・・

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都の地豆腐 おぼろ

久在屋014
ちょっと前に食べたやつですが、久在屋の「京都の地豆腐 おぼろ」。
原材料全て京都産の京都の地豆腐シリーズのおぼろ版。

これは、かな~~~り旨かった。
甘味と旨味と食感がゼツミョ~。
醤油要らず(というか、かけるとこの味が損なわれそう)でそのまま美味しくいただける。
量も400gと多めで満足度高し!

ただ残念ながら7月限定の商品だったので、もう食べられない・・・(T_T)

400g/430円也


| 食べ太蔵 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こどもの のみもの <黒>

こどもののみもの<黒>
こどもの のみもの <黒>
おぉ、この手の子供用ビール風飲料にも「黒」があったのか、などと思い飲んでみた。

グラスに注ぐと茶色い泡が。
この香りと見た目、ひょっとして・・・

と思い飲んでみると、
やっぱりコーラでした。
なるほどね。コーラの泡立ちを良くして黒ビールに似せてるのか。
なんだか懐かしい味のするコーラです。

個人的お好み度:★★

| 休肝日にはノンアルコール | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロラガー

サッポロラガー
先日飲んだサッポロラガー
ネット上でよく「美味しいビール」との情報を見かけるので一回飲んでみようと買ってみた。
主に飲料店向けの商品なので一般小売店ではあまりお目にかかれない。
もっとも飲料店でも置いてるとこも少ないですね。

明治9年に商品化されてから、今なお生産され続けている日本最長寿のビールで、赤い星印は創業時に同社がトレードマークにしていたもので、通称「赤星」と呼ばれているそうな。
昔のマンガによく★印のついたビール瓶が描かれたりしてたけど、これだったのかな?


香りはほのかにフルーティ。
味は同じ過熱処理のラガービール「キリンクラシックラガー」(←好き)と比べるとややマイルドな味。コクと旨味(米の味?)と苦みがバランス良く味わえる。
今時のビールのような「香り」とか「キレ」みたいな派手な売りは無く地味な印象だけど、なんだかじんわり懐かしい美味さのビール。
最初はちょっと物足りなく感じたけど、飲んでるうちに「けっこう旨いなぁ」と印象が変わっていった。根強い固定ファンがいるのも納得。

●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5%

個人的お好み度:★★★★



サッポロラガー(バラ・大瓶)

| 麦酒系 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。