2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒ブリ!

ブリ
実家で寒ブリをいただいております。
父ちゃんが知り合いからいただいたもの(捌き役らしい)
この数年恒例となった年末の行事で、いつもお相伴に与らせていただいております。

わたくし本来はブリの刺身ってあまり好きではないんです。(脂っぽいのが苦手)
しかしこれは玄界灘の天然寒ブリ!
しっかり脂が乗ってるのにくどくなくて美味しい。
新鮮なので身も締まり苦手な脂の臭み?も無し。
うははウマウマ!
やはりスーパーで売ってる養殖のとは全然違いますな。

ごちそうさまでした(^_^)



スポンサーサイト

| 酒雑記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんな時間に

年賀状
お正月も目前なのに今頃年賀状作成中・・・

遅いよ=3
嫁さんに怒られながらもなんとか完成。
毎年のことながら、取りかかるのが遅すぎる。
分かってるんだけどなかなか重い腰があがらず、いつもぎりぎりになってから。

なんとか元旦に届くでしょう^_^;

| 酒雑記 | 02:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

でんでん酒

でんでん2
以前注文してた銚子電鉄の「でんでん酒」。
最近テレビなんかでもよく取り上げられている「ぬれ煎餅買ってください」の銚子電鉄が売ってるお酒。
醸造元は関東最東端の酒蔵「石上酒造」さん。
電車型のパッケージがかわいい本醸造酒。

ぬれ煎餅と一緒に注文してみました。いや、でんでん酒のついでにぬれ煎餅注文したというのが正しいかも。
ぬれ煎餅大人気で注文後1ヶ月あまりでやっと到着。
通販(今は生産追いつかないので受注停止中)も最後の方の人は半年待ちだとか・・・


香りはほとんど無し。
すっきりした飲み口でやや甘く、良くも悪くもお土産本醸造といえる味。
燗しても酸味が増す程度で大きく変わらないかな。
常温よりやや辛口傾向になるけどなんか薄いな~。
淡麗というわけでは無く、重みを感じる味わいなのにやっぱり薄く感じる。
「旨味」という点では物足りない感じ。
残念ながらあまり好みの味では無かった。


●酒造会社:石上酒造株式会社(千葉県銚子市田中町) 創業弘化元年(1844年)
●販売元:銚子電鉄株式会社(千葉県銚子市新生町)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●精米歩合:65%
●アルコール分:15~16度
●価格:720ml/1,100円

個人的お好み度:★★

でんでん酒
ぬれ煎餅うまかった!!
とくに「うすむらさき味」
もっと買っとけば良かったな~。
今や、プレミアムな入手困難お取り寄せグルメ化してるし。





| 本醸造・特別本醸造 | 23:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

獺祭 発泡にごり酒

獺祭にごり
夕べはクリスマス・イブということで「獺祭(だっさい)発泡にごり酒」を飲んでみました。
ピンクのラベルがかわいい、シュワシュワ発泡のにごり酒。

スポ~~~ン!!と元気に栓が開き、しゅわしゅわ・・・と溢れそうになる。
さすがに瓶内でも元気に二次発酵してますな。
グラスに注ぐとシュワシュワと泡立ち、見た目はカルピスソーダ。

さてお味の方は・・・
香りは控えめながらもとても爽やかフルーティ。
最初は甘味&酸味から後にお米の旨みがじわ~んと来て、アルコール感のある辛味へと変化。
にごりだけど甘過ぎず、べたべた感も無くて炭酸?の刺激が心地良く、とても飲み易い。
日本酒らしからぬ爽やかな味と、やはり日本酒だという米の味が混ざり合う、美味しくも不思議な味わい。

日本酒は飲めない嫁さんも「これならまた飲んでみたいな」と言ってたように、日本酒苦手な人でも美味しく飲めるお酒ですね。

●酒造会社:旭酒造株式会社(山口県岩国市周東町獺越)
●原材料:米、米麹
●精米歩合:50%
●アルコール分:15~16度
●価格:1.8L/2,835円、720ml/1,417円、300ml/577円

個人的お好み度:★★★★


楽天で
「獺祭 発泡にごり酒」
を一発検索
  


| 純米・特別純米 | 16:55 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

京都散策ビール

京都散策ビール ケルシュ京都散策ビール アンバーエール
羽田酒造さんの『京都散策麦酒』ケルシュ、アンバーエール。
中身は以前飲んだ「周山街道ビール ケルシュアンバーエール」と同じだと思われます。
ただケルシュの方は、原材料から白米が無くなってる。
やっぱり違うのだろうか?


京都散策ビール ラベル
和紙のラベルには京都有名観光スポットの寺社仏閣名などがずらりと書かれてます。
観光地で売ってるのかな?
嫁さんが田舎のスーパーで買ってきたんだけど・・・

味については以前と同じような印象でした。
ケルシュは爽やかフルーティで、華やかかつ軽やかに飲めるビール。
アンバーエールは甘味と苦みを併せ持つ、香り高いコクのある味。

■醸造元:羽田酒造有限会社(京都市右京区京北周山町)

●ケルシュ 個人的お好み度:★★★★
●アンバーエール 個人的お好み度:★★★




| 麦酒系 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早瀬浦 純米酒

早瀬浦
シルバーメタリック地に黒い筆文字のシンプルラベルがカッコ良い「早瀬浦 純米酒」
蔵元は福井県の三方五湖と若狭湾に挟まれた美浜町に位置する。

思い出すのが学生時代に毎年秋の恒例となっていた三方五湖ツーリング。(なんで三方五湖だったのかは不明)
毎年10月10日頃に寄せ集めの(オフロードやアメリカンからレプリカまでごちゃ混ぜの寄せ集め)20~30台くらいでツーリング行ってたなぁということ。よその大学の二輪部主体だったけど何故か混ざってた^_^
お酒も魚も美味しい 土地だけど、当時はお金も無く(今も無いけど・・・)ガソリン代とほんの少しのお金を持って、ただ走ってだべって食事もコンビニで、というツーリングだったがスゴく楽しかった思い出があるなぁ。
何の責任も無く、時間も限りなくあるかのように感じてた時。
こんな風に過去の事を「あの頃は良かったなぁ」と思い出すようになると老けちゃったんだなぁと実感します。

なんだか全然関係ない話になりましたが、肝心の今回のお酒の方はといいますと、
控えめの穏やかな香り。
スッとやさしく入り、旨みと酸味がほどよくバランスする軽やかな辛口。
燗すると少し酸味が引き立ち、よりまろやかな口当たりに。
そして温度が下がっていくごとに徐々に甘味が増し、ぬるめで飲むのも美味しい。

どんと来る濃厚な旨みやコクはないけれど、穏やかな柔らかさの中にしっかりと芯のある旨みが。
とにかく優しくて、するするほよよ~んと飲めるお酒。
美味しいです。


●酒造会社:三宅彦右衛門酒造有限会社(福井県三方郡美浜町) 創業享保3年(1718年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(福井県産)
●精米歩合:55%
●アルコール分:15度
●日本酒度:+7
●酸度:1.6
●アミノ酸度:1.5
●購入価格:1.8L/2,625円

個人的お好み度:★★★★


早瀬浦おかず
この日はシマアジ(200円)と鶏味噌鍋。
開けたては薄く感じた味わいも、2~3日経つとしっかりした旨味を感じるようになってきたかな?



楽天で『早瀬浦』のお酒を一発検索!

 

| 純米・特別純米 | 23:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー2007・寿ラベル

寿
12/13日発売、サントリーのお正月用?商品「2007・寿ラベル」
厳選した素材を使用した和食にも合う贅沢な味わいの発泡酒とのこと。
赤地に金色の「寿」でおめでたいパッケージ。

その派手なパッケージとは逆に香りは地味目。
そして味も地味目。
やや甘味を感じる、まろやかで刺激の少ない味。
のどごしとか余韻とかは無いかなぁ。
悪く言えば、ぼんやりと存在のない味。
まぁ、のほほんと過ごすお正月用というところでしょうか。
ビールっぽくないのでおせちなどの料理にも合いやすいのかな?

嫁さん曰く、すっきりとビールっぽさが無い味だけど、日本酒のようにアルコールがツ~ンと鼻にくるらしい。
たしかにアルコールは5.5%とちょっと高めですね。
私はあまり分かりませんでしたけど。

しかし、お正月くらい発泡酒でなくビール飲みたいと思うだろうに、なぜ発泡酒なのか?


●分類:発泡酒
●原材料:麦芽、ホップ、大麦、糖化スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格(近所のスーパー):738円(6本パック)・123円(1本あたり)

個人的お好み度:★★



ちなみにこれ、お年玉キャンペーンとかで6本パックのパッケージの内側に『当たり』あると5,000円もらえるそうな。
買ってきて早速見てみますと・・・・・

おォ!!

やっぱり「はずれ」でした・・・orz


| 麦酒系 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン 一番搾り黒生ビール

黒生
まだ飲んだことが無かったので買ってみた。
「キリン 一番搾り黒生ビール」
一番搾りの黒バージョン(なんだろう)
あまり売ってるの見ませんね。

甘ったるく香ばしいカラメルの香り。
意外とさらっとした飲み口でやや酸味が強く感じる。香ばしいロースト感の中に黒砂糖のようなコクのある甘味。苦さはあまり無い。
アルコール分は強めだけど全体にすっきりした軽めの印象で、濃い・苦い系の黒ビールではなく、すっきり色と香りを楽しむタイプなのかな?
個人的にはもうちょっと苦くてどっしりしたのが好きかな。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格(某地酒屋):350ml/197円

個人的お好み度:★★






| 麦酒系 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百楽門 しぼりたて純米生原酒

百楽門しぼりたて生1百楽門しぼりたて生2
奈良県は葛城酒造の「百楽門(ひゃくらくもん)しぼりたて純米生原酒」
五百万石を使った18BYの無濾過生原酒の新酒です。

香りはごくごく穏やかでやや酸味を感じさせる。
生原酒らしいまったりとした重厚感と、するっと飲める軽いめの口当たりのやや辛口。
新酒らしい荒々しくもフレッシュな酸味とふくよかな米の旨味とコクが合わさり、最後にキレ良く、うっすらと澱もある原酒のわりにはスッキリ飲めるお酒。
ただ後味に若干アルコール感のような刺激を感じた。

●酒造会社:葛城酒造株式会社(奈良県御所市名柄) 創業明治20年(1887年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:60%
●アルコール分:17~18度
●日本酒度:+4
●酸度:1.8
●アミノ酸度:1.7
●購入価格:1.8L/2,415円

個人的お好み度:★★★



百楽門おかず
今夜は秋刀魚ともずくと謎の煮物。
今日のもずくの酢は美味しかったな。


楽天で「百楽門」のお酒を一発検索!




| 純米・特別純米 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プライムドラフト

プライムドラフト
スーパーに売ってた韓国原産の第3ビール「プライムドラフト」
1本98円で売ってた。安いなぁ。
ディスカウント酒屋ならもっと安いかもしれない。

スカッと爽快でするする飲める。
後口はやや甘めで軽~い麦ジュースみたいな軽快さ。
苦味は控えめで、ビールっぽさは少ないけど喉が乾いた時にガーっと飲むくらいならいいかも。

●製造元:HITE BREWERY CO.,LTD.(韓国)
●輸入販売元:川商フーズ株式会社
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ(大麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格(近所のスーパー):350ml/98円

個人的お好み度:★★



プライムドラフトおかず
鰹のたたきとメバルの煮付けと豚汁など。
メバル安いのに美味しいな。


| 麦酒系 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン 復刻ラガー

ラガー4種
12月6日発売、期間限定の復刻版ビール「キリン復刻ラガー 明治・大正」
キリンの100周年記念企画、明治時代、大正時代のキリン・ラガービールの復刻版です。
せっかくなので明治・大正・昭和(クラシックラガー)・平成(生ラガー)と4世代呑み比べしてみました。


明治ラガー
まずは明治ラガー。
キリっとした苦味のあとにフレッシュで爽やかな香り。
ラガーシリーズで唯一のオールモルトだけど、それほど麦々してない。
濃厚ではないけれど雑味の無いクリアーなしっかり味のビール。

明治麒麟
ちなみに明治の麒麟さんはなんだかよくわからない、へんてこ山羊さんみたいなイラストです。




大正ラガー
続いて大正ラガー。
こちらも今のラガーと比べるとクリアーな印象。
明治と比べるとややマイルドで、麦芽の旨味がより強く出てるがちょっと軽い感じ。
余韻はこちらの方があるかな。

大正麒麟
大正の麒麟さんは現在の麒麟さんと基本的に同じデザイン。
『キリン』の隠し文字は見当たらない。


その後、クラシックラガー、生ラガー(現行ラガー)と時代に沿って呑み比べてみたけど、どんどんスッキリ呑みやすいビールに変わっていったんだなと分かる。
クラシックラガーは苦味は強いものの、スッキリと軽い印象だし、現行のラガーに至っては順番に呑み比べてみるとかなり薄い(スッキリ?)味だった。でも、最後に呑んでても(けっこう腹が膨れてから)呑みやすかった印象はある。
このあたりは時代とともに消費者の好みが変わってゆき、それにあわせてキリン・ラガーも変わってきたのだなぁ~と実感。


そして4種呑み比べてみた結果は・・・

明治>大正>昭和(クラシック)>平成(現行ラガー)

となりました。
懐古趣味ではないけれど、個人的には明治のが一番美味しかったな。
香りと苦味と奇麗な印象が良かった。もうちょっとだけコクが欲しかったけど。


明治ラガー
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):350ml/207円

個人的お好み度:★★★★



大正ラガー
●原材料:麦芽、ホップ、米
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):350ml/207円

個人的お好み度:★★★





ラガーおかず
ちなみに今夜は金平牛蒡、小松菜とお揚げの煮物、鶏肝煮などビールに合わせてちょっと古めの献立です。
(って、いつもうちはこんなのばかりですけどね)


| 麦酒系 | 23:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ 畑から育てた麦芽100%まろやかビール

畑から100%
12月4日発売、「サッポロ 畑から育てた麦芽100%まろやかビール」
サッポロビールとイオングループの恊働企画商品。
しかし長い名前ですな。

『原料は、ドイツ・ラインモーゼル地方の大麦生産者7軒とハラタウ地方のホップ生産者26軒がサッポロビールのフィールドマンと一緒に育て、産地・品種・生産者・加工・運搬まで完全に管理されたものだけを使用しています。』とのこと。

酸味と旨味を感じさせる爽やかな香り。
炭酸は弱めで、最初はやや甘味を感じ→旨味→麦芽の香りへと徐々に変化していくのがよく分かる。
濃厚さやコクがあるタイプではないけれど、まろやかで丸みのあるしっかりした味わいのビール。
重過ぎないので飲み飽きないタイプ。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(ジャスコ):350ml/214円

個人的お好み度:★★★★



しかし最近、金色缶ばかりだね。
第3ビールからプレミアムビールまで。

| 麦酒系 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

翁鶴 冬の酒

冬の酒
大石酒造の四季の地酒シリーズ「翁鶴 冬の酒」
新酒と古酒をブレンドした冬季限定酒。

香りはあまり無い。
甘めでもったりした印象。かすかにフレッシュな酸味も感じる。
これが新酒と古酒のブレンドだからかな?
燗して少し酸味は増すものの、全体的な印象は変わらず。
味は澄んだ感じとはほど遠いもったり感&アルコール感。そしてぐわ~んと来る酒臭い香り。
好みでは無いというか、嫌いな味でした・・・

■酒造会社:大石酒造株式会社(京都府亀岡市)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:?
●アルコール分:15~16度
●購入価格:720ml/1,050円

個人的お好み度:
としましたが、これは冷や~ぬる燗での評価で、後日熱燗にしてみると、もったり感は幾分和らぎ、やや辛味も増して★★くらいでした。



山
山が紅葉と夕日で真っ赤です。
気温も随分下がってきました。
いよいよ冬到来かな。

冬の酒おかず
ちなみにこの日はあんこう鍋でした。

| 普通酒・その他日本酒系 | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。