2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

円熟 黒

円熟 黒
2月21日発売、キリンの新製品「円熟 黒」
製品情報→http://www.kirin.co.jp/company/news/01/d/061130_1.html



あれ? 薄いよ。
見た目の黒さに対し、すごい拍子抜けな濃さ。
やや香ばしさはあるけれど、酸味も甘味も感じ、黒ビールの濃厚さは無し。
む~、スッキリし過ぎの喉を潤し系か。

●分類:発泡酒
●原材料:




・・・・
どうも酔っぱらって途中で投稿してたみたいです。
3日後に気づいた^^;

改めて。
●分類:発泡酒
●原材料:麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)、ホップ、大麦、小麦、コーン、糖類
●アルコール分:6%
●価格(コンビニ):500ml/211円、350ml/152円

個人的お好み度:★★
スポンサーサイト

| 麦酒系 | 23:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰りたい帰れない

nomikai
今日は会社の飲み会。
結構飲みました。
でも一次会が終わって会社に戻って今日中に片付けなくてはいけない仕事を酔っぱらいながら片付ける悲しきサラリーマン稼業なり・・・・
あぁ、これだけの文章打つのに誤字しまくりで時間かかった。
シャックリ止まらんぞぉぉぉぉ






| 酒雑記 | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんさくの花 七山 生詰純米酒

七山
秋田のうんめぇさげっこ2007其の二。
「まんさくの花 七山 生詰純米酒」
山田錦をあえて70%精米に抑え、米本来の旨味を味わうべく醸された酒。
七割磨きの山田錦だから「七山」か。今さら気付いた^^;

すっきりとした、かすかにフル~チ~な香り。
気持ち甘めで軽い口当たりだけど、しっかりとした「米の旨味~」を味わえる。
燗するとさらに「ふんわり」とした口当たりで、旨味と酸味が増しキレも良くなる。

冷やでスッキリ&旨味
燗でふんわり&旨味

どちらも軽やかなのに、しっかり旨味で美味しいな。
大吟醸とかの30%精米みたいな澄んだ味ではないけれど、知らずに呑むと精米歩合70%の低精白なお酒とは気付かない上品な味。もっとガツンとワイルドな味をイメージしてました。
う~ん、これは美味しいですねぇ。


●酒造会社:日の丸醸造株式会社(秋田県横手市増田町七日町)
 創業元禄2年(1689年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:70%
●アルコール分:16~17度
●日本酒度:+4
●酸度:1.9
●製造年月:2006年12月
●価格:1.8L/2,625円

個人的お好み度:★★★★


七山おかず



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサヒ 本生ドラフト

本生ドラフト
アサヒの新商品「本生ドラフト」
「泡まで飲みほす、本格・生の発泡酒」らしい。
製品情報


香り無し。
「売り」である泡は、わりときめ細かくクリーミーで泡立ちもいいです。
最初はスッキリ味?
・・・で、後からじんわりと麦っぽい旨味(弱いけど)
若干甘味と酸味が気になる。コクとかキレはあまり感じない。逆に言えば穏やかだけど特徴の無い味。やっぱり全体にちょっと薄いかも。

●分類:発泡酒
●原材料:麦芽、ホップ、大麦、大麦エキス、コーン、スターチ、糖類
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/211円、350ml/152円

個人的お好み度:★★


ドラフトおかず
夜中に腹が減って、ラーメン食べながら。
もう若くないので、こんな時間に食べると翌朝つらい・・・


| 麦酒系 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー 春旨

春旨
サントリーの春の新商品、その名も「春旨」(はるうま)
商品情報→http://www.suntory.co.jp/news/2007/9666.html

昨年の「春生」は発泡酒だったけど、今年は第3ビールになって登場。
最近のサントリーお得意の発泡酒+スピリッツ。
このパターンはハズレが無いので今回も期待。


香りは「春生」同様、カスケードホップ使用でとても爽やか~~ん。
非常に清々しく、甘味&旨味にちょいと酸味も。
ただ、ちょっと全体に薄っぺらく感じるし、余韻はあまりなし。
しかし第3ビールとしては満足度高し。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格(近所のスーパー):350ml/135円

個人的お好み度:★★★★


春旨おかず
夕べはヒラメと牡蠣飯と謎の煮物など。
春旨で喉を潤した後、残り酒のぬる燗でまったり。

・・・したかったけど、机の上を荒らしに来る子どもと格闘呑み^^;




| 麦酒系 | 17:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春霞 純米吟醸活性にごり酒「瞬」

瞬
秋田のうんめぇさげっこお取り寄せしました。
いつものたかりょうさんのお店からです。
な~んか秋田のさげっことは相性がいいんですよね~。

まずは春霞 純米吟醸活性にごり酒「瞬~そのひととき~」
背後に写ってる座敷童は気にしないでください。

吹きこぼれないように慎重に開栓。
・・・しゅわしゅわしゅわ・・・おぉ来た来た!・・・
が、思ったほど吹き上がってこない。
パーシャル室(-4℃)に入れてたから冷え過ぎた?
酵母が冬眠してるようなので、ちょっと起こしてみようと瓶を一度逆さまに。

再び、栓を開けてみると・・・
シュワシュワシュワシュワ!!!! おぉ、目覚めたようだ。
やっぱり活性にごりは、こうでナイト。


新酒のフレッシュ感と、爽やかでちょいとフルーティ。
醗酵ガスのシュワシュワ刺激でちょっと辛口に感じるけど、お上品な旨味あり、美味しいですぞ。
爽やか~ → シュワシュワ刺激~ → 鼻に抜けるほんのり上品な酒の香り~
→ 後味スッキリ、すぐに続きが呑みたくなる~
という感じで、どろっとした濃厚にごりではなく、シュワっと爽やか奇麗な旨味のお酒でした。
しつこくなくて、するする飲んでしまう。
新酒だけどトゲトゲしさも無くて、美味しいにごりでした^-^


●酒造会社:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町)
  創業明治7年(1874年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:55%
●アルコール分:17~18度
●日本酒度:+2
●酸度:1.7
●製造年月:2007年2月
●価格:720ml/1,575円

個人的お好み度:★★★★


瞬おかず
この日は謎の赤魚の西京漬とか粕汁とか。
スッキリ&旨味のにごりなので食中酒としてもOK。
あ、それから、たかりょうさんからいただいた「いぶりがっこ」
初めて食べましたが、最初は「焦げくさい~&濃いな~」だったのがポリポリ食べて行くうちに「おぉ、止まらなくなってきた・・・旨い」とクセになる味です。
たかりょうさん、おおきに~^O^/

チュウチュウ
座敷童さんもチュウチュウ美味しそうに吸ってました。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:12 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

黒帯 悠々(特別純米)

黒帯
先日呑んだ、石川県は福光屋の「黒帯 悠々」
多くのブランドを持つ福光屋の中でも、この「黒帯」シリーズは、燗でも善し。冷でも善し。酒を酒として楽しむことができる堂々とした日本酒とのこと。
学校のお習字の時間なら、絶対添削されそうな滲んだロゴが印象的。
ボーリングしてる黒ダコにも見えま・・・(せんかね?)


香りは地味~で、すっきり、すぅーっと入る飲み口。
軽やかながら、しっかりと重み(厚み)も感じる味わい。
軽い?重い?矛盾してるがこう感じたんだから仕方ない。

燗すると酸味が増し、冷やの時には無かった、ふんわりした米の旨味がぱぁ~っと広がります。
派手さは無いけど、ゆったりした味わいに、スッと切れ良いチョイ辛口のじっくり味わえるお酒。
お値段も安めなのがイイ。


●酒造会社:株式会社福光屋(石川県金沢市石引)
  創業寛永2年(1625年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(兵庫県中区産)55%
     金紋錦(長野県木島平村産)45%
●精米歩合:68%
●アルコール分:15~16度
●日本酒度:+5
●酸度:1.5
●価格:1.8L/2,310円、720ml/1,155円

個人的お好み度:★★★



イカ
この日は自分で何か作るからと買ってもらったスルメイカ。
さて、何にしようか?

イカわた
で、出来たのが「わた焼き」
というか、このくらいしかよう作らん。でも美味しく作れたよ。
ただし皮が上手く剥けず、嫁さんに助けてもらった^^;



>>楽天で「黒帯 悠々」を一発検索!!


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

| 純米・特別純米 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ うまい生

うまい生
サッポロの新製品「うまい生」
「キリッとうまくて、しっかりした飲みごたえ」の新ジャンル(第3ビール)商品。
新ジャンル商品としては初めてアルコール分5.5%を実現したらしい。

すっきりシャキーンで、かすかにフルーチーな気が。
旨味もあるけど、すぐにスーっと消えてしまい余韻はあまり無いかな。
じっくり飲むより「ぐびぐびっ」といくと薄っぺらい印象を感じる前に、コンセプトの「キリッとうまくて、しっかりした飲みごたえ」は味わえる気がします。


●分類:その他の醸造酒(発泡性)(1)
●原材料:ホップ、糖類、エンドウたんぱく、カラメル色素
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/190円、350ml/135円

個人的お好み度:★★


| 麦酒系 | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒龍 酒ボンボン

酒ぼんぼん1
バレンタインに嫁さんから「黒龍 酒ぼんぼん」貰いました。
以前に食べてみたいな~と言ってたら、どこからか本当に仕入れてきてくれたようです^^
黒龍の「石田屋」、「しずく」といったちょっと入手困難な高級限定酒の入った日本酒ボンボン。


酒ぼんぼん2
こっちの小さい方は「石田屋・しずくボンボン」


酒ぼんぼん3
大きい方のには、?き猪口に大吟醸入りの生チョコが入った「チョコ入り猪口」も入ってましたよ。


石田屋・しずくボンボンは、お酒がチョコの濃い味(チョコの内側でお酒をコーティングしてる砂糖の甘さ?)に完全に負けてましたT_T
よ~く味わえば、とろりとした舌触りと日本酒っぽい味は分かるんですけど、お酒自体に砂糖の甘さが混ざってしまってて、なんとも微妙な印象・・・

猪口チョコの方は、やや渋味を伴う、ほろ苦濃厚生チョコで、こっちは日本酒入り!ってよく分かる味で美味しかったですよ。

ともかく、わざわざ探して買ってくれてあんがとね >嫁さん


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 
 

| 酒雑記 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー モルトセレクション ~カナダ産麦芽使用~

モルトセレクション カナダ
2月13日発売
サントリー モルトセレクション~カナダ産麦芽使用~

サントリーのコンビニ限定商品の2007年第一弾。「カナダ産麦芽使用の芳醇な旨みとしっかりしたコクが味わえるプレミアムビール」とのこと。
カナディアンロッキー?を背に、麦穂を手に持つクマさんのイラストが、ちょっとレトロっぽくもあり外国っぽくもあり、メタリックなグリーンのベース色と良い調和で、なかなか良さげな外観。

香りは控えめながらもフルーティで爽やか。
炭酸はかなり弱めで、ややまったりとした飲み口。最初に甘味を感じるけれど、後になるとじんわり苦味と麦芽の香りが残る。濃いんだけれど、しつこく無い芳醇な旨さは、ゆったりじんわりした印象。たしかに『リッチ&マイルド』のコンセプト通りかも。
甘味、旨味、苦味、共にしっかり出てるけど、どれも出しゃばり過ぎずに上手くバランスしてる感じ。炭酸弱めでまったり美味しい。
かな~り好みの味です。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:6%
●価格:500ml/308円、350ml/238円

個人的お好み度:★★★★




| 麦酒系 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

居酒屋『焜炉前』

コンロ前1
昨日は嫁さんが体調不良でダウンしてたので、会社休んで主夫業してました。
いやいや、起きてる時はひたすら動き回り、イタズラし続ける1歳児の相手しながらの家事はとても大変! 日頃の嫁さんの苦労が分かりました。

嫁さんと子供の夕飯を終え、さて自分の晩飯作ろうかと思いましたが、たいしたもの作れるわけでもなく、簡単にネギでも焼き浸しにして酒のつまみにしようと焼き始めたのですが、皿に盛るのもめどくせ~という事で、コンロの前に椅子を持ってきてそのまま焼きながら食べました。
炭火じゃなくてガスですが、即席網焼き居酒屋の出来上がりです。名付けて居酒屋『焜炉前』^^

最初はネギやお揚げなどあっさりしたものだけでいいやと思ってたのですが・・・


≫ 続きを読む

| 酒雑記 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

越後鶴亀 純米しぼりたて生原酒 復刻明治ラベル

越後鶴亀復刻
新潟県、上原酒造の越後鶴亀 しぼりたて生原酒
蔵元さんが芸大卒という異色の酒蔵であります。
横尾忠則氏デザインのラベルでも有名。


越後鶴亀ラベル
このお酒のラベルは明治時代の復刻版。
む~、明治時代からこんなイカすデザインのラベルだったのか。
色使いもレイアウトも、ちょっと横尾忠則の作品に通ずるところもあるような気がしますね。


控えめなリンゴのような爽やかな香り。
口当たりは生原酒らしいまったり感と、しぼりたて新酒のフレッシュ感。
米の旨味も濃厚なやや辛口。渋味と苦味がちょっとあり、やや固い角張った印象。

生原酒ですが、お燗してみると、味が丸みを増し、ほんわりとしたお酒に変化。
冷や&常温推奨ですが、ぬる燗も美味しいですよ。



●酒造会社:上原酒造株式会社(新潟県西蒲原郡巻町)
  創業明治23年(1890年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:60%
●アルコール分:18~19度
●日本酒度:+4
●酸度:1.8
●アミノ酸度:1.6
●価格:1.8L/2,730円、720ml/1,365円

個人的お好み度:★★★



鶴亀おかず
この日はおでんくんとカレイの干物など。
嫁さんコンニャク入れるの忘れてる>_<


>>楽天で『越後鶴亀』を一発検索!!


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

| 純米・特別純米 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MDゴールデンドライ

マグナムドライ ゴルデンドライ
2月6日発売。サントリー「MD ゴールデンドライ」
「マグナムドライ」が刷新され、コクとドライを両立した「MDゴールデンドライ」として新登場。

缶の見た目は、「うまみ」を連想させない銀&黒の無機質っぽいデザインから、金&銀&黒の「うまみ」を連想させる配色へ。
やっぱり金色が入ると、黄金色の小麦をイメージするのか、なんだか随分と美味しそうに見えますね。

香り、ふつー。
最初は軽めで薄いかな?
中盤まろやか&爽やかな香り
終盤ちょっぴり麦芽の風味

以前のマグナムドライと比べると、スカっとしたキレは無くなったけど、まったり感と旨味は確かに増してる。この変化はスカっと切れ味を求める人にはモノ足りなくなってしまっただろうけど、個人的には旨味&コクで「美味しくなった」と思いますよ。
でも、ちょっと味が薄っぺらい印象。

●分類:発泡酒
●原材料:麦芽、ホップ、大麦、糖化スターチ
●アルコール分:6%
●価格(コンビニ):500ml/206円、350ml/146円

個人的お好み度:★★★



MD-okazu.jpg
休肝日なので一本だけです><
今日は冷蔵庫の残り野菜いっぱい入りハンバーグ。今日のはゴボウやセロリも入っていて美味でした。
ノミ太蔵は肉ばかりのハンバーグより、野菜のたくさん入ったハンバーグが好きなのです。
体にもいいしね。

| 麦酒系 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

検定ブーム

世の中、検定ブームとの事で、京都検定やら世界遺産検定などの有名どころ検定から、変わったところでは時刻表検定とかお墓ディレクター検定
さらには境港妖怪検定タコ検定
タイガース検定バカ検定顔検定など多種多彩な検定があるようです。
その中でも特に人気なのが「漢字能力検定」通称『漢検』。
今年度は受験者数250万人以上の見込み!

どちらかというのと就職や進学にあまり役立たない雑学系検定も多い中、この漢検の成績は、内申書に加算したり、推薦入試の評価対象とする学校が増えているそうで、実に受験者の9割が小中高生が占めるとか。
この「漢検」ブームのせいなのか、テレビのクイズ番組でも難読漢字の読み方なんかが、よく問題として出されてますね。

漢字
そういう我が家でも、DSの「漢検」で遊んで勉強してます。

2級までは普段でも使う漢字や熟語だけど、1級は途端に難しくなりますね。これ。
1級は「なんじゃこりゃ~?」というが多数。読めないの多いし、書けないのがほとんど。
いつも文章はパソコンで打って変換してるもんなぁ。

単語を構成する一部分で、単独では意味が無いアルファベットなどと違って、漢字は一文字でも意味を成し、さらには組み合わせる事によって、意味が変わったり逆の意味になったり、なかなか面白い文字であります。
その分、非常に多くの種類がある漢字を憶えるのは、かな~り大変なわけですが。

難読漢字と言えばお酒の名前も「なんて読むんじゃ~???」っていうの多いですね。
ちょこっと調べて、難しそうなの書き出してみました。
いくつ読めますか?

掬水
乾坤一
占飲
古典寫樂
福賑榮
燦爛
春鶯囀
霊泉汲不盡
初鶯
朱鷺の里
鳴り瓢
篝火
甕口
鈿女
喜量能
浅茅生
乾風
猩々
当麻蹶速
櫛羅
天平の甍
八咫烏
簸上正宗
寶劒

蜻蛉
似花


答えは↓の「続きを読む」をご覧ください。

≫ 続きを読む

| 酒雑記 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特撰 黒松白鹿 本醸造四段仕込み 

黒松白鹿
いただき物の「黒松白鹿 本醸造」
この手のお使いものにされる大手酒蔵の特撰・上撰あたりでよく目にするのは、うちが京都だけに圧倒的に月桂冠。次いで松竹梅が多いかな?
消防団とか田舎の寄り合いで呑んでるの、大体が月桂冠。
白鹿は少数派で、この本醸造は初めて呑みます。

このお酒、四段掛けで、四段米にもち米が使われてるらしい。
香りは穏やか。「むおっ!」とか「ツ~ン」とかはこない。
やや甘味を感じるも、のどごしは辛味もある。そして旨味もそこそこ。
派手なところの無い、昔ながらの古い味を感じさせるお酒。(古酒っぽいという意味じゃないよ)
可も無く不可も無く、するっと呑みやすく、味に飛び出たところのない、個性は少ないお酒。逆にいうとハズレの無い無難な味といえる。

燗すると、ぬる目のときは、ほんわり旨味でちょっと熱めにすると辛味が増してくる。
変なクセのない、やや甘の奇麗な印象の味。

ところで気になるのが、瓶の中央に貼ってあるシールに「蒸米仕込」と書いてある。
こう書かれるとなんかすごそうだが、日本酒って普通お米を蒸して作るものなのに何故わざわざ書いてあるのか????


●酒造会社:辰馬本家酒造株式会社(兵庫県西宮市建石町)
  創業寛文2年(1662年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:掛米・麹米65%、四段米(もち米)70%
●アルコール分:15~16度
●日本酒度:-1
●酸度:1.4
●価格:1.8L/2,128円

個人的お好み度:★★★



白鹿おかず
この日は焼き野菜、水菜と大葉のハム巻き、もずくなど。
焼きネギうま~い!


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ



| 本醸造・特別本醸造 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。