2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍乃幹&舞香

先日、実家に行ったとき飲んだ焼酎。
以前、父ちゃんにプレゼントしたのを一緒にいただきました。

龍乃幹
まずは「龍乃幹(りゅうのみき)」
原料の麦を焙煎してから蒸留し、樫樽で3年熟成させたものです。

やや酸味を感じさせる清々しい上品な香り。
口当たりは非常にまろやかで、甘味を感じさせるしっとり落ち着いた旨味。余韻も奇麗で心地よい。
味も香りもガツーンと来るものは無いけど、とてもまろやか且つ奇麗にまとまった焼酎だと思いますよ。サラリとしていて、じっくり旨い。

父曰く「何が特徴かと言われると、あえて特筆すべきところは無いのに『記憶』に残る旨さだ」だって。
う~ん、上手い事言いますねぇ。まさにそんな感じの美味しさ。

■酒造会社:研醸株式会社(福岡県三井郡大刀洗町)
 創業:昭和58年
●原材料:麦、米麹
●アルコール分:25%

個人的お好み度:★★★★



舞香
もう一本、「舞香(まいか)」
常圧蒸留による、昔ながらの完全手造りの焼酎で、こちらも3年熟成。

甘く香ばしい香りが非常に強く、グラスに鼻を近づけて嗅いでるだけで味わえる。
父曰く「昔、刈り取った麦穂を干しておいたのが、雨に濡れて発酵してしまう困った状態の香り」だって。
困ってしまうが良い香りだったんだな・・・

さてさて味の方も香り同様非常に強く、主張がすごいのにまろやかな口当たりでトゲトゲしさを全く感じさせないまとまりのある味わい。
同じ麦焼酎でも上の「龍乃幹」とは対照的な味・香りだけど、非常に「飲み応え」のある美味しい焼酎。
同じ蔵の「特蒸泰明」を、よりまろやかでコクのある味にしたような感じ。

●酒造会社:藤居醸造合資会社(大分県大野郡千歳村)
 創業:昭和4年
●原材料:麦、麦麹
●アルコール分:25%

個人的お好み度:★★★★


この日のはどっちも旨かった。
いやいや、焼酎もたまに飲むといいもんですね。


スポンサーサイト

| 焼酎・泡盛 | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサヒ 醍醐味

醍醐味
アサヒビールとイオンの協働企画商品、「醍醐味」(だいごみ)
なんだか発泡酒みたいな名前だけど、麦芽100%ビールです。

缶デザインは濃い緑に、さらりとお上品なロゴ。
最近、緑缶多いなぁ。流行なのか?

香りは控えめだけど、ホップの華やかな清々しさが。
最初は爽やかな味わい&適度な苦味が感じられ、後から甘味が顔を出す。
このホップの苦味が強いようで強くなく、かといって苦味の主張はしっかりある。
スッキリクリアな爽快感のある苦味というかなんというか・・・
『ひと手間ホップ製法』(※特許出願中)のお陰なのだろうか?

麦芽の風味は控えめで、全体にちょっととんがった印象。
薄くはないけど、余韻があまり無いのが惜しい気がする。
「醍醐味」という名前から、もっとコクのある濃厚ビールをイメージしてたから。
これはこれで、スッキリ後味のキレ良いビールと言えなくもないけど。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(帰り道のジャスコ):350ml/204円

個人的お好み度:★★★



醍醐味おかず1
今夜はタケノコ。
む~日本酒向きだなぁ。

醍醐味おかず2
と思ってたらビール向きのが出てきました。
空豆とエビと鶏の炒め物。
空豆の薄皮むくの忘れてる・・・・


| 麦酒系 | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

郷の清水 平成15年醸造 火入れ原酒

郷の清水15年醸造火入れ原酒
なんとなく勿体ぶって開けてなかった「郷の清水 平成15年醸造 火入れ原酒」
先日、この秋に誕生予定の第二子の帯祝いの宴に登場していただきました。

さて、この「郷の清水」の原酒、以前にも平成14年醸造のを飲んで美味しかったので、15年醸造のも購入。生もあったけど、燗向きに火入れ原酒をチョイス。


見た目はほんのり黄色く、香りは穏やかで落ち着いたもの。
熟成原酒のまろやかな舌触りに、濃厚で力強い米の旨味と程よい酸味で切れの良い後味。
生酒とは違う、火入れ酒の落ち着いた旨さが光ります。

常温でも美味しいんだけど、販売店のたかりょうさんのコメント通り、やや固めで地味な印象。
しかし、それが燗すると解き放たれたように「ふわぁ」っと旨味&酸味が広がり、後味に旨さを伴う甘味が余韻として残るお酒に表情を変える。
変な例えかもしれないけど、冷や&常温では正座して「美味しいですね」と飲んでたのが、燗ではあぐらかいてリラックスし「うめぇ!」と飲んでるような印象。
う~ん、美味しかったですねぇ。


■酒造会社:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町)
  創業明治7年(1874年)
■販売店:高良酒屋(秋田県仙北郡美郷町六郷)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(六郷産)
●精米歩合:55%
●アルコール分:17~18度
●日本酒度:-2.5
●酸度:2.4
●価格:1.8L/3,500円

個人的お好み度:★★★★
美味しかったんだけど、14年醸造の方が良かった気がするので、あえて★4つ。
人間の味の記憶なんていい加減なもんでしょうけどね。


コハダ
ちなみに今夜はコハダちゃんでした。
チビチビつまんで旨かった。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伏見の酒○巡り?

酒樽1
先週の日曜日、嫁さんの安産祈願に訪れた伏見の御香宮神社。
ノミ太蔵は子守役だったので、嫁さんが祈祷してもらってる間、お嬢を連れて(連れられて?)境内をぶらぶら・・・
酒処伏見にある神社だけに、境内にも日本酒関連グッズ(?)が。


酒樽2
伏見の地酒がいろいろ奉納されてます。


舞台
他にもこんな能の舞台や
 

ソテツ
神社に似つかわしくない南国風なお姿のソテツがあったり
(京都市登録天然記念物という樹齢約400年の由緒ある木なのですが)



水
そして、一番驚いたのがこれ!
なんと日本酒がこんこんと湧き出ているではないか!!
もちろん飲み放題!!
さすが酒処伏見!!


・・・という妄想をしてみましたが、ただの水です。
いや、ただの水というと失礼ですね。
「御香水」と呼ばれる、名水百選にも認定されている、ありがたいお水なのです。



そうこうしてるうちに、ご祈祷も終わり、いざ、伏見の酒蔵巡りへ!!

・・・といきたい所ですが、この日は予定が詰まってたのでおあずけT_T
まぁ酒樽巡り?は出来たけど・・・


伏見の酒蔵は、どこにも行った事無いんです。
行こうと思えばいつでも行けるんですけど、逆にいつでも行けるから・・・で、行った事が無い。
近くて遠い伏見の酒蔵たちよ。
ちなみに金閣寺も行った事無い。京都タワーも上った事が無い。
死ぬまでには行くよ。多分・・・



| 酒雑記 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お福正宗 生一本 特別純米原酒

お福 生一本
お福正宗セットその3
「お福正宗 生一本 特別純米原酒」

するりと軽い口当たりで香りはあまり無し。
甘味のあるマイルドな味わいで、少し酸味も見え隠れ。お米感もそこそこ感じる。
原酒だけど、アルコールは16%とさほど強くなく、濃厚だけどズドーンという重厚さはないかな。
お燗で酸味が増して、やや強い味に。
ただ、後味のべた~っとした甘さが好みではないな~。


■酒造会社:お福酒造株式会社(新潟県長岡市横枕町)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会9号
●アルコール分:16%
●日本酒度:+4
●酸度:2
●アミノ酸度:1
●価格:1.8L/2,760円、720ml/1,390円

個人的お好み度:



お福 生一本おかず
この日はワカサギの天ぷらに、筍と蕗とひろうすの炊き合わせ。
でも嫁さんと子供はナポリタン食ってた。
父ちゃんだけ日本酒向きのおかずにしてくれたのね。あんがとさん。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

田从 山廃純米吟醸秘蔵古酒12BY

田从
誕生日シリーズ最後の「田从(たびと) 山廃純米吟醸秘蔵古酒 平成十二年醸造」

田从2
ほんのり山吹色で、思ったほど色は濃くない。

穏やかに香る吟醸香&強い熟成香。
さらりと爽やかな酸味と奥でずし~んとくる濃厚な旨味。
やや甘口で、香ばしくも甘味と酸味を混ぜたような独特の強い熟成香がスカーっと鼻に抜ける。
燗すると、もともと柔らかい口当たりが、さらにまろやか&マイルドな口当たりに変身。
長い時間を経て辿り着いた味わいか。

ピリピリとした搾りたての新酒とは対極のまったり酒。
たまには、こういうのをまったり呑むのもいいですね。


●酒造会社:舞鶴酒造株式会社(秋田県平鹿郡平鹿町)
 創業:大正7年(1918年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(秋田県産)
●使用酵母:AK-1(協会15号)
●精米歩合:55%
●アルコール度数:17~18%
●日本酒度:±0
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.3
●杜氏:工藤華子
●価格:1.8L/4,200円、720ml/2,100円

個人的お好み度:★★★


田从おかず
この日はカマスの干物、ホタルイカとワカメの酢みそ和え、冷や奴など。
ちょっと高い豆腐だと、子供がいつも以上にがっついて豆腐を食べたがる。
1歳児なのに贅沢な舌だな。

>>楽天で「田从」を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 13:09 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

有機農法ビール

有機農法ビール
これ飲んだ事なかったので買ってみました。
日本初のオーガニックビール、その名も「有機農法ビール」
そのまんまや・・・

JAS認定の原料を使用した有機農産物加工酒類。
・有機栽培大麦:100%
・有機栽培ホップ:100%
・遺伝子組み換え大麦:不使用
・酸化防止剤:不使用
・殺虫剤、消毒剤、農薬:不使用
う~ん、こう書かれるとスゴイのね、と思ってしまう。実際スゴイんだろうけど。

さてさてお味の方は、苦味とホップの香りがやや強めで、すーっと鼻に抜ける爽快さがある。
味わいは割と強めでガツーンとくるけど麦芽の余韻は少なく、味の厚みというか幅が無く、ちょっと薄っぺらい印象あり。
まぁ、普通に美味しいビールかな。
オーガニックかどうかの違いはさっぱり分かりませぬ^^;

●分類:有機農法ビール
●原材料:有機麦芽、有機ホップ
●アルコール分:5%
●価格(某ジャスコ):350ml/247円

個人的お好み度:★★★



| 麦酒系 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー モルツ

’07モルツ
4/10にリニューアルされたサントリー「モルツ」

むむっ、ずいぶんマイルド路線に戻ってしまった。
やや甘味と酸味のある味で、後味にじわ~んと麦芽の余韻。この辺りはやはりオールモルトならではの味。ただ旨味はあるのに若干薄い気がする。全体にまろやかでバランスが取れてて良いけれど、その反面没個性的な味になった(戻った?)
個人的には、前作のホップ香を強調したちょっと他とは違うぞ系の方が好みかもしれない。
しかしレギュラー価格帯の通年ビールではかなり旨い。
缶でザインは上品で、他社商品とも差別化出来る見た目で良きかな。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(某大手スーパー):350ml/204円

個人的お好み度:★★★



| 麦酒系 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七本槍 純米「吟吹雪」H16BY

七本槍 純米
誕生日シリーズその3「七本鎗 純米(吟吹雪)平成16年醸造」
滋賀県は琵琶湖の湖北に位置し450余年の歴史がある、生産量は年間約250石の少量生産の蔵です。
この「七本鎗」の銘柄は、戦国時代「賤ヶ岳の合戦」で武功を立て秀吉を勝利へと導いた加藤清正、福島正則ら7人の若侍「賤ヶ岳の七本鎗」から由来。
大正初期には、かの北大路魯山人もこの地に逗留し、ラベルはその際に魯山人が蔵元に残した扁額の彫刻文字だそうです。

使用米の吟吹雪(ぎんふぶき)は滋賀県の農業試験場で1998年に命名された、山田錦と玉栄を交配した比較的新しい酒造米。

熟成してそうな黄金色。香りは穏やかで気持ちフルーティ。
爽やかな酸味を伴う旨味のしっかりした味わいで、甘からず辛からず。
柔らかくもガシっと骨太だけど、後味はするっと軽やか。そして最後に熟成された米の旨味がじわ~っと残る。
燗すると酸味とまろやかさが増し、味わいはより強い印象になるけれど、全体にキツい感じになる。個人的には冷や(常温)の方が穏やかにバランスが取れてて美味しかった。

●酒造会社:冨田酒造有限会社(滋賀県伊香郡木之本町)
 創業:天文年間(16世紀半ば)
●原材料:米、米麹
●原料米:吟吹雪(県産米)
●使用酵母:協会1401号
●精米歩合:60%
●アルコール度数:15~16%
●日本酒度:+2
●酸度:1.9
●瓶詰年月:2006年10月
●杜氏:中 鎮夫
●価格:1.8L/2,520円、720ml/1,260円

個人的お好み度:★★★



>>楽天で「七本槍」を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

| 純米・特別純米 | 16:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大関 甘酒

甘酒
今日は休肝日なので、先日のひな祭りのお下がり甘酒。
もともと甘酒はあまり好きじゃないんだけどな~。
ブログネタの為に飲んでみよう。

「蔵元ならではのしぼりたての酒粕を使用し、新鮮な風味を大切に生かした本格派の甘酒です。生姜の風味と蜂蜜を使用し、すっきりとした甘味が特長」という商品らしい。
カップはやはり「ワンカップ大関」と同じものなのかな?

酒粕のドロドロ感は結構残ってます。蜂蜜の甘さでそれほどベタベタした感じはないけど、やっぱり甘い。生姜はあまり効いてないなぁ。
お子様にも飲めるようにか、いわゆる日本酒臭さが残ってない。
子供の頃に神社なんかにお参りに行ったときに飲んだ、生姜のガツンと効いた酒臭~いやつの方が美味しかったなぁ。こんな変な甘さじゃなかったし。

結局、飲み干せなかった・・・>_<


●分類:清涼飲料水
●原材料:砂糖、酒粕、澱粉、生姜、蜂蜜、食塩、酸味料
●アルコール分:1%未満(0.8%)
●内容量:190ml

個人的お好み度:






| 休肝日にはノンアルコール | 23:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヱビス・ザ・ホップ

ヱビス・ザ・ホップ
サッポロ・エビスビールの新商品「ヱビス・ザ・ホップ」
「まろやかな飲み口、チェコ・ザーツ産ファインアロマホップによる心地よい香り。心地よい香りが与えてくれるちょっと贅沢なひとときが味わえる。」というコンセプトらしい。

爽やかなホップの香り。でも穏やかでプンプン香るわけではない。
口に含むとほのかな苦味と共にホップの香りが広がり、じんわりとした甘味も感じる味わい。
割と爽やか&さっぱり系でノーマルヱビスと比べると軽い味わい。
軽いと言っても薄いという事はなく、するっと飲めて、旨味もあって、爽やかな苦味。
全てが主張し過ぎず、程よくまとまってる印象。
なかなか美味しくて好きな味だ。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/315円、350ml/244円

個人的お好み度:★★★★


ホップおかず
缶の色に合わせたわけでは無いが、グリーン一色なおかず。
 

| 麦酒系 | 12:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

而今 特別純米 五百万石 九号酵母 無濾過生原酒

而今純米9号
誕生日シリーズその2
而今(じこん) 特別純米生原酒。
生産量が年間120石だとか150石だとかと言われる、とても小さな蔵のお酒です。(1石で一升瓶換算約100本)
この而今というお酒、美味しいよという評判を最近よく目にします。
一度飲んでみたいなぁと注文。

くんくんくん・・・お~いい香り。
爽やかで甘味を感じさせるフルーティな香り。

濃厚な旨味の甘口でとろ~んとした飲み口。
爽やかな良い香りが口の中で「ふはぁ」と広がり鼻にすぅ~っと抜けていく。
味は濃厚で甘味も強いけれど、酸味が程よく利いていて最後はスッと引いていく。しつこさがまるで無いので次々と杯が進む。
この濃厚な旨味にして、このスッキリ感。ちょっとビックリです。
ちょっと香りが強いので、晩飯のおかずの焼き魚を肴に・・・というタイプではないけれど、それほど料理の邪魔をするわけでも無く、割と何でも合いますね。
評判通り美味しいお酒ですね^^
ぬる燗もウマいです。


●酒造会社:木屋正酒造合資会社(三重県名張市本町)
 創業文政元年(1818年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(富山産)
●使用酵母:9号系
●精米歩合:60%
●アルコール度数:17~18%
●日本酒度:+2
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.4
●杜氏:大西唯克
●瓶詰年月:2007年2月
●価格:1.8L/2,730円、720ml/1,365円

個人的お好み度:★★★★★



而今おかず
この日は実家で娘の為のひな祭り。
うちの田舎は旧暦の4月に行う(らしい)のだ。
父ちゃんはお酒持参で参加。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 19:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

断酒

断酒
先日の発熱以来、体調優れずズルズル・・・・
熱は下がったものの胃腸の調子はずっとガタガタ。
む~、やっぱりここはひとつ、バシっと酒を断たねばなりません。
やっぱり健康な体あっての人生ですから。

いつか、チャンスがあれば、このお酒の世界に戻って来る事があるかもしれませんが、それまで「しばし」お別れです。
ありがとう!
そしてまたいつか会える日まで!!!!!



| 酒雑記 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。