2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御神酒 保津川正宗?

出雲御神酒
先日、二人目の子のお宮参りに行った神社で貰った御神酒。
「出雲大神宮」というところで、再来年に控えた「社殿創建千三百年大祭」記念パッケージ?となっております。

地元の蔵のかと思ってたら、府外の蔵のお酒でした。
まぁ府外といってもお隣の兵庫県で、醸造元は「竹泉」の田治米合名会社となってます。
ラベルには地元の河川の名を冠した「保津川正宗?」なる銘柄が。
この神社となにか縁でもあるのだろうか?
 ↓
解決いたしました

罰当たりですが、この手のオマケで貰える御神酒って、あまり美味しくないものが多い。
今回も期待してなかったけど、開けてラベルを見ると、お!?純米酒。しかも山田錦。
むむ、、少し期待してしまう。しかし油断は禁物。

冷やで一口。
む~、なんだか野暮ったい味でちょっと呑みづらい。
やはり、あまり美味しくない。

燗つけてみよう。
おっ!ちょい辛口になり、ほっこりした米の旨味が。
美味しいではないか! と思ったらすぐ無くなってしまった。
あぁ神様のイジワル・・・

スペックを見てると、どうも「竹泉」の純米燗酒というのと同じだな。
もし中身が同じなら、燗で旨いのも納得。


●酒造会社:田治米合名会社(兵庫県朝来市山東町)
 創業:元禄15年(1702年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(兵庫県産)
●精米歩合:70%
●アルコール分:14%
●製造年月:H19年10月
●価格:神のみぞ知る

個人的お好み度:★★★


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
スポンサーサイト

| 純米・特別純米 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒナノビール

ヒナノ
ヒナノビール
タヒチ(フランス領ポリネシア)のビールです。

タヒチで唯一の現地ビールで、“ヒナノ”の意味は「可愛い女の子」で、現地で最もポピュラーな女性の名前だそうですよ。


爽やかフルーティな香り。
味も爽やかフルーティ。スッキリ甘苦い。
軽やかだけど割と飲み応えあり。後からじんわりと苦味が。
暑いところで飲むのにピッタリなイメージ。

例えるなら、タヒチのビーチの木陰で涼んでいると、海から吹いてくる爽やかな風のようなビールですね。
行った事無いけど(^^;)


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格:316円

個人的お好み度:★★★


ヒナノおかず
ビールのアテは本日発売「Mac OS X Leopard」



インスコ
む~、まだまだ時間かかりますな。
次は何飲もうか?


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯨正宗 純米酒

鯨正宗 純米
「鯨正宗 純米酒」
岡山のお酒です。
ブシュ~っと潮を吹くレトロな鯨イラストがいい感じ。

この「鯨正宗」、もともとは正義櫻酒造(文政2年(1819)創業)の銘柄のひとつだったんですが、正義櫻酒造が2004年春に倒産。その後、平喜酒造に吸収されたようです。
「岡山と鯨」という組み合わせがあまりピンと来ませんでしたが、かつては瀬戸内海にもたくさんの鯨が回遊しており、捕鯨も行われてたんですね。知らんかった。
大鯨供養塔なるものも残ってるし、大きな鯨もいたんですね。

さてさてお味は・・・
程よい酸味と共に地味ながらもしっかりした米の味が。
渋味も伴い地味~に旨い。
冷やではシャキッと硬質。燗でまろやかさUPの「Oh!純米酒!」なお酒。

スッキリ入り、キリッと切れる辛口だけど、じんわりとほのかに残る余韻があります。
切れは良いのに、後を引く不思議な感じ。
でも嫌味な後味ではないので、味わいながらもすいすい呑める。
コストパフォーマンスの良い食中酒。
個人的には上燗にしたのを人肌燗くらいまで冷ますと絶品!!・・・な気がするけど、どうでしょう?


●酒造会社:平喜酒造株式会社(岡山県浅口市)
 創業:昭和3年(1928)
●原材料:米、米麹
●原料米:備前あけぼの
●精米歩合:65%
●使用酵母:協会7号
●アルコール度数:15~16%
●日本酒度:+6
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.2
●杜氏:岡部東一郎
●製造年月:2007年8月
●価格:1.8L/2,061円

個人的お好み度:★★★★


鯨正宗 純米 おかず
鯨料理で・・・とい来たいところですが田舎なので滅多に売ってません。
鶏肝とししゃもでいただきました。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサヒ あじわい

あじわい
10月23日発売「アサヒ あじわい」
大麦由来原料使用率99.9%の「コク」と「味わい」が特長の新ジャンル商品とのこと。


まず一目見て・・・なんだか食パンのパッケージみたいな缶デザインだと思った。
配色と書体と麦穂のイラストのせいだろうか?

さてさてお味は・・・
一口目「うお、甘い!」
二口目「まろやかで、ほんのり酸味も?」
三口目「旨味っぽいのもあるけど・・・・・ん~、なんか変な味」

コンセプト通り「コク」「味わい」を目指したのはわかるけど、ぐっと喉にくるコクではなく口の中だけの変な甘さが少々クドい気がする。
個人的には苦味がほとんど無いのも×


あじわいおつまみ
ちなみにおまけのおつまみは「スタミナカルパス」でした。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/190円、350ml/135円

個人的お好み度:★★


| 麦酒系 | 23:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン スパークリングホップ

スパークリングホップ
10月17日発売「キリン スパークリングホップ」
「フルーティーな香りと爽やかな刺激を実現したリキュールタイプの新ジャンル新商品」とのこと


すっきりした甘酸っぱさの中に爽やかホップ香がほわっと広がる。
全体的に軽快で、炭酸も効いててキリッとした飲み口。
発泡酒ベースなので、ほのかに麦芽感を味わえるのもいい。
ただフルーティかと言われると???

苦味はほとんど無くて、爽やか系。
ビールのつもりで飲むと??だけど、これはこれで甘くないスッキリアルコール飲料として悪くない気がする。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、大麦スピリッツ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/190円、350ml/135円

個人的お好み度:★★★




| 麦酒系 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー ジョッキ濃旨

ジョッキ濃旨
10月16日発売
サントリー「ジョッキ濃旨」
新ジャンル商品の「ジョッキ」シリーズの限定版第5弾
(過去のは→芳醇淡旨夏辛

本家「ジョッキ生」はあまり好きではないけど、この限定「ジョッキ」シリーズは割と好きだったノミ太蔵。
さて今回の「濃旨」は????


見た目は濃厚そうな琥珀色。ロースト麦芽使用とのことですが、正直あまりロースト感無いかな~。
甘味と酸味とコクが無い旨味。
名前の通り新ジャンル商品にしては飲み応えあるほうだけど、若干変なクドさというか甘味と言うか・・・後味がちょっと気になった。

●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/190円、350ml/135円

個人的お好み度:★★


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石鎚 特別純米 ひやおろし

石鎚 特別純米 ひやおろし
'07ひやおろし其の四
「石鎚 特別純米ひやおろし 槽しぼり」
西日本最高峰「石鎚山」の麓、名水の地としても知られる愛媛県西条市のお酒。
こちらも家族経営の小さな蔵です。


すーーーーっとした穏やか&爽やか香。
飲み口はすっきりと爽やか。後味はキリっと締まる辛口のお酒。
酸味も程々で、米の旨味もそれなりに感じられるけど、全体的にやや希薄な印象。
綺麗な印象とも言えなくは無いんだけどな~。
使用米の「松山三井」は淡麗辛口な酒質になるらしいので、こんな感じなのかな?

燗をつけると酸味がたち、全体に丸みを帯びた味わいに。
しかし、やや希薄な印象は変わらず。
例えるなら、二枚目だけど二時間もののサスペンスドラマに脇役でしか出ない俳優?

ん~もう少し日数経ってみないと分からないけど、もうちょっと濃厚なのが好みですね~。



●酒造会社:石鎚酒造株式会社(愛媛県西条市)
 創業:大正9年(1920)
●原材料:米、米麹
●原料米:備前雄町(麹米)、松山三井(掛米)
●精米歩合:55%(麹米)、60%(掛米)
●使用酵母:熊本系自社培養酵母
●アルコール度数:16~17%
●日本酒度:+6
●酸度:1.6
●製造年月:2007年9月
●価格:1.8L/2,600円

個人的お好み度:★★★


石鎚ひやおろしおかず



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ 冬物語'07

冬物語’07
10月10日発売「サッポロ 冬物語」
今年で20年目を迎える元祖冬ビール。
潔いほどのすっきりデザイン。でも売り場ではそこそこ目立つ。

味はすっきりなめらかな口当たりで、苦さは控えめ。ほんのり甘味と酸味を感じます。
濃くはないけど、後からじんわりと麦芽の旨味が感じられ、なかなかバランスの取れた味わい。
すっきりしてるけど地味な旨さ。主張し過ぎない味・香りがどんな料理とも合いそう。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/270円、350ml/207円

個人的お好み度:★★★★


冬物語’07おかず
この夜は、手羽元の辛辛揚げ(甘辛ではない。辛辛なのだ。ヒ~)やキンピラなどの濃い味だったので冬物語のスッキリした味わいといい組み合わせ。


今回の冬商品3種対決個人的評価

味:冬物語>>白麒麟>ぐびなま冬
缶デザイン:白麒麟>>冬物語>ぐびなま冬
冬っぽさ:白麒麟>ぐびなま冬>冬物語


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン 白麒麟'07

白麒麟'07
10月3日発売「キリン 白麒麟」
今年で7年目を迎える冬季限定の発泡酒。
歴代のは青白基調の軽やかデザインだったのに、今年のは黒が入りバシッと引き締まり、より冬っぽくなってカッコいいですね。なんだか高級感もあります。

さてさてお味は…
おだやか・まろやか・やさしくスッキリ。
甘味があり、麦芽感もそこそこ。
変な酸味も無くて、とにかく優しい口当たり。
清涼感のある香りで後味もスッキリ。

先日飲んだぐびなま。冬のやわらかホップと同じような、苦味の無いやわらかマイルド路線。
白麒麟のほうが香りは抑えめで、より優しい感じ。
冬シリーズ、後は来週発売の「サッポロ冬物語」がありますね。
さてさてどんなお味でしょうか?3つ同時に飲み比べてみたいですね。


●分類:発泡酒
●原材料:麦芽、ホップ、大麦、米、コーン、スターチ、糖類
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/211円、350ml/153円

個人的お好み度:★★★



白麒麟'07おかず
そろそろ鍋シーズン突入ということで、この日はちゃんこ鍋。
味付けはもちろん話題の「時津風部屋」風!!
隠し味に入れた瓶ビールが絶妙!
…なわけない^^


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 12:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサヒぐびなま。 冬のやわらかホップ

ぐびなま やわらかホップ
10月2日発売「アサヒぐびなま。冬のやわらかホップ」
ザーツ産ファインアロマホップ使用(全ホップ量のうちの60%)の新ジャンル飲料つーことです。

香りはたしかに爽やかなアロマホップ香。
味わいは優しく柔らかく、爽やかな香りと相まってスッキリとした飲み心地…というか苦さがほとんど無い!
商品名の通り「やわらかホップ」であり、元々こういう路線を狙ったものなんだろうけど、さわやか&優し過ぎて、オジサンな私には物足りない感じです。
そこそこ飲める味だけど、もうちょっと苦味とコクが欲しいかも。
麦芽も一切使ってないようで、ずいぶん軽い印象でした。

ビールっぽい苦さが苦手な人には良いのでしょう。

それから、後味が若干変な甘味というかクセみたいなのがあり、ちょっと気になりました。
香りは良いんですけどね。


●分類:その他の醸造酒〈発泡性〉(1)
●原材料:ホップ、糖類、酵母エキス、大豆ペプチド、カラメル色素
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/190円、350ml/135円

個人的お好み度:★★★




| 麦酒系 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遊穂 山おろし純米 生詰原酒

遊穂 山おろし純米
本日10月1日は「日本酒の日」
日本酒党のみなさん、いかがお過ごしで酒か?

年々日本酒の消費量が減り、廃業する蔵も後を絶たず…という寂しいニュースを目にしますが、一方で家呑み用の日本酒消費量は若干増えているとかいないとか?
日本酒離れに歯止めがかかるといいですね。


ひやおろし其の参
石川県は御祖酒造「遊穂 山おろし純米 生詰原酒」

かすかに酸味を感じさせるリンゴ系の香り。
舌触りはなめらかでするっとしつつも、原酒のどっしりした呑み応えあり。
味はガツンと酸味が効いた濃厚旨口。
米の旨味に、生もとの「これぞ酒」と感じさせるコクや風味が渾然一体となり、なかなか旨いです。甘味もあるけど、酸味が勝り、重さやくどさは感じない。

冷やだと酸味の効いた締まりのある味。
燗つけると穏やかな優しさのある味わいに。

ちなみにアルコール度数のわりには酔い方が穏やかな気がしますぞ。
開けたてより、ちょっと日数を置いた方が味乗りしてきますぞ。


●酒造会社:御祖酒造株式会社(石川県鹿島郡中能登町)
 創業:明治30年(1897)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(麹米)、能登ひかり(掛米)
●精米歩合:60%(麹米)、55%(掛米)
●アルコール度数:18~19%
●日本酒度:+3
●酸度:2.5
●杜氏:横道 俊昭
●製造年月:2007年9月
●価格:1.8L/2,730円

個人的お好み度:★★★★


遊穂 山おろしおかず
合鴨ロースの濃い味にも負けない、しっかり酸味&旨味。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。