2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファミマ 粋(いき)ボトル呑み比べ

ファミマ酒2007
大手清酒メーカー4社とファミリーマートが共同開発したオリジナル清酒「粋ボトル」シリーズ第2弾(各200ml)
30円引きで売ってたので呑み比べ。


●すっきりした味わい大吟醸(日本盛)
原材料:米、米麹、醸造アルコール
精米歩合:50%
アルコール分:16~17%
価格:360円

香り控えめス~~~。
商品名通り、非常にすっきりした味。
でも軽すぎることはなく、じんわり米の甘み有り。
後味もすっきり。なんとなく芳ばしい香りが鼻に残る。
「大吟醸」に期待してたけど香り・味ともに「大吟醸」の満足感はないなぁ。
価格も安いのでこんなものなのか。

個人的お好み度:★★



●キレのある超辛口清酒(松竹梅)
原材料:米、米麹、醸造アルコール
精米歩合:?
アルコール分:14%
価格:298円

香りなし。味もスッキリの中口。
燗してもやや酸味が立つくらいで、スッキリとした中身のないような薄味。
超辛口????
全然辛くない気がします。
若干アルコール感あり。

個人的お好み度:



●豊かなコク山田錦特別純米酒(白鶴)
原材料:米、米麹
精米歩合:70%
アルコール分:14~15%
価格:358円

香りなし。
味もスッキリの中旨口。
燗つけるとほんのり酸味増すもスッキリ感は変わらず。
豊かなコクは、あまり感じなかったなぁ。
どっちかというとスッキリ上品なコクという感じ。

個人的お好み度:★★



●華やかなかおり純米酒(月桂冠)
原材料:米、米麹
精米歩合:70%
アルコール分:14.5%
価格:350円

名前通り華やかフルーティ香。
わざとらし過ぎず強すぎず、結構いい香りしてます。
甘みのあるスッキリ旨口。
後味はスッと辛味を感じさせ米の余韻とともに消えていく。わりと美味しい。
燗つけると華やかな香りが残るものの旨味が消えてしまいますぞ。
しかし、4種の中では頭一つ抜けた美味しさで一番好き。

個人的お好み度:★★★



4種ともサッパリ系で一番嫌われないタイプを狙ってますね。
どれも安いパック酒やカップ酒と比べると、変な嫌みやアルコール臭さも無くて、飲みやすいとは思うけど、ちょっと中途半端な印象。
元々地酒好きの人はこんなの買わないだろうし(→買ってるw)、普段日本酒飲まない人が物珍しさで手に取っても「お~、日本酒ってこんなに美味しいんだ。他のも飲んでみようかな。」となる程のものでもない気がします。
価格や生産量、全国流通のことを考えると、大手メーカー製でこのクラスのものになるのは仕方ないのかもしれないけど、全国展開はせずに地方ごとの商品展開で、その地方の地酒蔵に純米吟醸クラスで出してもらえたらいいのにね。


ファミマ酒おかず
今宵はイクラちゃんとじーまーみーどうふ。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| カップ酒 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃の滴 純米吟醸

桃の滴
松本酒造「桃の滴(もものしずく) 純米吟醸」
地元京都では、どこの酒屋やスーパーのお酒コーナーでもかなりの遭遇率を誇る「桃の滴」。
未だ呑んだ事が無かったので試しに小瓶のを買ってみました。

ちなみに、この「桃の滴」という名前は、蔵の近くにある西岸寺境内にある芭蕉の句碑からとられたそうです。
「我衣にふしみの桃のしづくせよ」
~貞享2年(1685)に当時の住職宝誉上人を訪ねた芭蕉が、再会の喜びを伏見の名物であった桃に事寄せて吟じたものといわれています~



名前から香り高い芳醇系かと想像してたけど、香りはごく控えめな純米酒。
口当たりは非常にやさしく柔らかい。ふんわりした中にやや甘味のあるほのかな酸味と穏やかな米の旨味にスッキリとした上品なキレと後味。
はんなりと優しい、まさに「伏見の女酒」ですね。

個人的にはもうちょっとゴツい酒が好きだなぁ。
女性は「はんなり」がいいけど。
うちの嫁さんは・・・うわ何をするあqswでfrgtyふじこlp;



■酒造会社:松本酒造株式会社(京都市伏見区)
 創業:寛政3年(1791年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:58%
●アルコール分:15~16%
●日本酒度:+4
●酸度:1.4
●アミノ酸度:1.5
●価格:300ml/480円

個人的お好み度:★★



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
>>楽天で「桃の滴」を一発検索!!

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛良泉 山廃純米 槽掛け中取り生原酒

飛良泉山廃純米生
飛良泉 山廃純米 槽掛け中取り生原酒

「飛良泉(ひらいずみ)」創業は室町時代。秋田で最も古く歴史のある蔵です。
5世紀以上にも渡って続いているというのがスゴいですね~。
(ちなみ稼働する日本最古の酒蔵は須藤本家株式会社「郷乃譽」。じつに860年以上の歴史!)
そして飛良泉といえば山廃。

控えめな、す~っとフレッシュ感溢れる香り。
酸味のしっかりしたまろやかな酒質。クドさの無いしっかりとした旨味がたっぷり。
骨太タイプではないけれど、中心に細身で硬質な鉄筋がバシーっと通り、その周りに米の旨味がふんわり巻き付いてる感じ。
後味に渋辛味を伴う、ちょっと複雑な旨味がユラユラ泳ぐように残る。
ちょっと好き嫌いが別れそうな味です。

冷やではやや硬い印象だったのが、これが燗をつけると酸味・旨味がパ~っと広がり、やわらかいまとまりのある味に。やはり生もと・山廃は燗だね~という味わいに。
正直、冷やではちょっと好みでないかもと思ってたけど、やはり燗で呑むとウマ~い。
普段はぬるめの燗が好きだけど、これはぬるい目より、ちょっと熱めの上燗~熱燗あたりがシャキッとした酸味と、やわらかくなった旨味がバランス取れてて好みです。


■酒造会社:株式会社飛良泉本舗(秋田県にかほ市)
 創業:長享元年(1487年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:58%
●使用酵母:協会7号
●アルコール分:17~18%
●日本酒度:?
●酸度:?
●製造年月:2007年11月
●価格:1.8L/2,940円

個人的お好み度:★★★★



飛良泉おかず
シャキッとした酸味が、サンマちゃんの脂とも相性バッチリでした。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

琥珀ヱビス '07

琥珀エビス07
11月21日発売サッポロ「琥珀ヱビス」
昨年も発売された期間限定ビールの2007年版。
「昨年同様、既存のヱビスビールより麦芽使用量を増量し、さらに厳選したクリスタル麦芽を加えることで、琥珀色の深みのある味わいを実現した『アンバービール』」とのことです。

缶のデザインは、昨年のと並べてみても違いが分からんくらいの微妙な変化。どこが変わっているでしょう?


香りはさわやか甘酸香。
酸味の効いたスッキリ味。そして見た目を裏切る?軽い飲み口。
ロースト感はあまり感じないな~。
去年のも薄いな~という感想だったけど、今年の方がより薄いかな?
麦芽使用料もノーマルヱビスより多いらしいけど、コクが無いのでホンマかいな?という印象。
すごく淡麗な日本酒飲んで物足りないなぁと思うのに近い。

味・香りは、軽めだけどしっとり落ち着いた感じでバランス取れてて良いと思うけど、コクや飲みごたえが頼りない。価格も高めの設定なのに、価格分の満足度が無いぞ。

しかし昨年に続き同じ路線でアンコール発売ということは、世間では評価されてるということですね。
でもノミ太蔵はもっとコクのある方が美味しくて売れると思いマス(´・ω・`)


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/330円、350ml/254円

個人的お好み度:★★



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんさくの花 杜氏直詰純米吟醸生原酒 キヨニシキ

まんさくの花杜氏直詰
まんさくの花 杜氏直詰純米吟醸生原酒
食用米「キヨニシキ」を使って仕込み、瓶詰め後氷温(-5℃)で約一年貯蔵熟成とのこと。

「杜氏直詰」か。旨そうな響きだ。
字面でしか見てないわけだけど、杜氏さんが「旨いの出来たぞ~呑んでくれ~」って顔して瓶詰めしてる姿を想像してしまう。
対抗してみよう。
「ノミ太蔵直呑純米吟醸生原酒」
・・・美味しくなさそうだ^^;


控えめだけどす~っと鼻に通る、酸味を感じさせるすっきりした香り。
すぃっと綺麗に呑めるけど、しっかりした飲み応え。
やや際立つ酸味を、まろやかな甘味で包み込んだような感じの味わい。
後から辛味と渋味がじわ~んと広がり、ちょっと呑んだことの無いタイプの独特の香りが残る。
そして、お米感をかなり感じるな。
実際に残ってるわけではないけど、にごりのような米の粒を舌で感じるよう。

以前に呑んだ、福乃友の「冬樹」も同じキヨニシキで仕込んだ無濾過生原酒だけど、味や香りの方向性は似てるけど、こっち(まんさくの花)の方がよりガツンとした酒の印象がありますね。

開けてすぐの時は、「ん~ちょっと微妙」という感じだったけど、2日後くらいにもう一度呑んでみると、「お!味が変わってる。旨い!」に。
たかりょうさんの紹介文にもあるように開けてからの酒質の変化もはっきり感じられます。
なのであと0.5合だけ残してます。さらに日数経ってから呑んでみよう。



■酒造会社:日の丸醸造株式会社(秋田県横手市増田町七日町)
 創業元禄2年(1689年)
●原材料:米、米麹
●原料米:キヨニシキ
●精米歩合:56%
●使用酵母:協会9号
●アルコール分:17~18度
●日本酒度:+4.5
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.5
●製造年月:2007年10月
●価格:1.8L/2,625円、720ml/1,313円

個人的お好み度:★★★★



まんさく直詰おかず
この日は鰯の梅紫蘇包み揚げ。
しっかり味の酒が、しっかり味のおかずにも負けてないですよ。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 19:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴェルテンブルガー・バロック・ドゥンケル

ヴェルテン
ヴェルテンブルガー・バロック・ドゥンケル
カナで書くと随分物々しい名前だなぁ。

西暦1050年からの伝統がある、現存する最古の修道院醸造所のビール、ドイツの「ヴェルテンブルガー」のエクスポート(濃色)タイプのものです。アメリカで開催される「ワールド・ビア・カップ」で2004年に金賞を受賞したビールとのこと。
月桂冠が輸入販売元となっています。

酸味を伴うロースト感溢れる香り。
見た目はかなり濃厚そう。
ずっしり重いのかと想像してたけど、飲んでみるとイメージしてた飲み口を見事に裏切るスッキリさ。
スッキリといっても薄い訳ではなく、あくまで見た目の濃さから想像してたよりは軽い飲み口ということ。
程良い酸味とロースト感があり、濃色ビールらしいしっとり落ち着いた中に爽やかな余韻を合わせ持つ、なかなか旨いビールですね。
6種類あるみたいなので、他のも飲んでみたいな~。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:4.5%
●原産国:ドイツ
●価格:500ml/528円(税別)

個人的お好み度:★★★★



6種の味が一度に試せる6本セット



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やまとしずく 純米吟醸ひやおろし

やまとしずく純米吟醸ひやおろし
'07ひやおろし其の六
やまとしずく純米吟醸ひやおろし
秋田の旨酒。例によってたかりょうさんのお店から。


華やか系ではなく落ち着いた米の香り。
なめらかな口当たりで、つーっと入り、するーっと喉へ。
しっかりした米の旨味とやや強めの酸味。じわ~っと渋みが後を引きなかなかいい感じです。
味わいはしっかりとしているのに、後味はくどさもなく奇麗に引いていく。
冷やでシャキッと引き締まったすっきり辛口。燗をつけると酸味・旨味が広がり幅のある味わいに。どっちも旨いです。

押しが強い訳でもなく、かといって薄い訳でもない。
落ち着いた味わいで、どんどん飲みたくなる。

ひとことで言うと「静かに旨い」酒ですね!


■酒造会社:秋田清酒株式会社(秋田県大仙市戸地谷)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦・秋の精
●精米歩合:55%
●アルコール分:16.8%
●日本酒度:+2.5
●酸度:1.9
●製造年月:2007年10月
●価格:1.8L/2,835円、720ml/1,420円

個人的お好み度:★★★★



やまとしずくひやおろしおかず
鶏の梅味噌焼き、わけぎのぬた和えなど。
「静かに旨い酒」は料理の邪魔をせず、静かに旨さを主張するのだ。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 12:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番搾り とれたてホップ生ビール'07

とれたてホップ’07
11月7日発売
キリン「一番搾り とれたてホップ生ビール」2007

こちらは、先日発売された「とれたてホップ 無濾過〈生〉」と同じく「今年とれたての遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な一番搾り」ですが、こちらは原材料に麦芽以外の副原料入りの濾過ビールです。
しかし新鮮なもの大好きな日本人にはたまらんネーミングですね^^
「とれたて」とか「しぼりたて」とか「直送」とか、なんとなく手が出てしまいます。

さてさて今年のとれたてホップのお味は・・・
ホップの清々しい香りの後に、ちょっと甘味を感じさせるやや重い香りが残る。
味わいは、最初は軽やか&爽やかで鼻に抜けるホップの香りも心地よく、麦芽の旨味を感じる後味もいい感じなんだけど、ちょっと甘味と酸味の合わさった若干の雑味っぽいクドさが気になる。
これは単品で飲んでたらそれほど気にならなかったのかも知れないけど、無濾過のと同時に飲み比べてたので、ちょっと気になった。

比較してみると、無濾過の方が香りもより鮮烈で、クリア感を保ちつつ麦芽の旨味とコクがうまく合わさり、フレッシュなホップの香りを楽しめるビールなのに対し、ノーマル版はホップの香りは清々しいけど、味・香り共に甘味と酸味の若干クドい感じが邪魔してる気がする。やはりオールモルトと副原料入りの差なのかな。

個人的には、価格差を差し引いても、無濾過〈生〉に軍配を上げるな。
飲み比べなければ、ノーマル版でもそれなりに飲めるけど。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/270円、350ml/207円

個人的お好み度:★★★


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

招徳 蔵出し純米ひやおろし

招徳蔵出し純米ひやおろし
11月に入り一気に冷え込んできましたね。
おかげで晩酌の燗酒が、ひときわ旨く感じます。

さてさて今宵は、'07ひやおろし其の五
招徳 蔵出し純米ひやおろし
京都府・綾部市西山農場の契約栽培米で仕込んだ純米ひやおろし。

すっきりとしたやや甘口で、後味はやや辛味を残し切れ良し。
米の旨味も程よく、嫌味のない味わいと柔らかい優しい酒質。
燗でほんのり酸味と旨味が増すけれど、優しい感じはそのまま残る。

・・・とここまで書いてて、以前飲んだ招徳酒造 純米吟醸「花」と感想がすごく似てるな~と思い、スペックを確認してみると数値上は全く同じもの。
ひょっとして同じものなのか?


■酒造会社:招徳酒造株式会社(京都市伏見区)
 創業:昭和18年(1943年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石、日本晴
●精米歩合:60%
●アルコール度数:15度
●日本酒度:+3
●酸度:1.4
●アミノ酸度:1.4
製造年月:2007年10月
●価格:720ml/1,260円

個人的お好み度:★★★


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| 純米・特別純米 | 12:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番搾り とれたてホップ無濾過〈生〉

一番搾りとれたてホップ生
10月31日発売「キリン 一番搾りとれたてホップ無濾過〈生〉」
岩手県遠野産ホップ使用のチルドビール。

見た目は無濾過の割に透明度高い。
それほど強くはないけれど、みずみずしい爽やかな香り。
口当たりは濃密でまろやか。まったりした旨味と酸味にフレ~~~~ッシュなホップの清々しい香りがぶわっと広がる。
その後、麦芽の旨味と香りが心地良く残ります。

ホップの軽やかな清々しさと無濾過のまったり&どっしり感が、一見相反するようだけど、うまく合わさってて旨いですぞ。
間もなく発売の通常版?とれたてホップと早く飲み比べてみたいな。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):330ml/249円

個人的お好み度:★★★★



しかし、最近チルドビール扱ってるお店が少なくなりましたね~。
何件か回ってようやく売ってるところ見つけた。
やはり60日しかない賞味期限が、売る側にとっては大きなネックなんでしょうかね。
ノミ太蔵は賞味期限切れ近くの見切り品が、発泡酒くらいの値段で安く買えるので「ありがたや」ですが^^;



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

| 麦酒系 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。