2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊達政宗 麦酒

伊達政宗 麦酒
『奥州仙台 伊達政宗麦酒(ヴァイツェン)』
かの”独眼竜”伊達政宗も愛飲したという歴史あるビールです。
 ↑
ウソよん。

醸造元は宮城県登米市の長沼環境開発株式会社。
1997年よりドイツスタイルのビール作りが営まれています。
元々は『北緯39°麦酒』シリーズとして「ピルスナー」、「ヴァイツェン」、「エール」の三種類だったそうですが、2004年に『伊達政宗麦酒』と名を改め、リニューアル。
『麦酒工場のある兵粮山は天正年中、伊達政宗が佐沼城の一揆勢を攻略した際に兵粮を貯蔵したところ』からの由来のようです。
缶のデザインにも伊達政宗のトレードマーク(兜の前立てね)である三日月(ホントは新月くらいか?)が描かれています。
他に『奥州仙台 支倉常長麦酒(ピルスナー)』、『奥州仙台 七夕祭り(ケルシュ)』もあるようです。


泡立ち良過ぎ
最初グラスに注いだら7割泡
そして一向に消えない
 ↓
しかたなく泡をすする(←まいるどフワフワ~)
 ↓
また少し注ぐ
 ↓
泡モコモコ…
 ↓
すする
 ↓
モコモコ…
 ↓
中略
 ↓
こっ、このくらいで勘弁してやるよっ
(まだ少し泡多い)
注いだ瞬間から消えて行く発泡酒・第3ビールとはえらい違いだわ。


まろやかでトロリとした口当たり。
爽やかな甘旨味がふは~っと広がる。
苦味は控えめで、刺々しさの無いやさしい味。

なんとなく『伊達政宗』という名前から、勝手にシャキーンと硬派で重厚なビールをイメージしてたけど、正反対の飲みやすい優しいビールでした。
美味しいんだけど、味もちょっと薄めで、個人的にはややもの足りない感じ。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:約5%
●価格:350ml/\370-

個人的お好み度:★★★



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麦酒系 | 20:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生

而今 千本錦 生原酒
「而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生酒」
広島の酒造好適米「千本錦」を使用したお酒。
ピンクのラベルがちょっと可愛げ。


す~っと抜ける若々しくも芳醇なフルーティな香り。
一口すすると最初にまったりした甘味を感じた後、じわ~っと苦味が広がる。
口に含んでいる間は甘味と苦味が混在し、喉を過ぎる辺りから辛味が強くなってくる。

全体的にまったり芳醇な旨味で包み込まれたようなお酒だけど、後半の割と強めの苦味・辛味が個性的で好き嫌い別れそうな感じ。(私は好きですよ)

香り芳醇、旨味濃厚で美味しいんだけど、香りも味もちょっとだけ強過ぎてクドく感じたな~。


●酒造会社:木屋正酒造合資会社(三重県名張市本町)
 創業文政元年(1818年)
●原材料:米、米麹
●原料米:千本錦
●使用酵母:9号
●精米歩合:55%
●アルコール度数:16~17%
●日本酒度:±0
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.5
●杜氏:大西唯克
●瓶詰年月:2008年2月
●価格:1.8L/\3,150円- 720ml/\1,575-

個人的お好み度:★★★★




而今千本おかず
父ちゃん晩酌中。
隣でお嬢様ままごと中。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダムってきました!

日吉2
最近残業続きで、帰宅してから子どもと遊んでやる時間がとれない。
子どもの方もストレス溜まってるようでワガママがひどく、夜もグズって眠りが浅い。(走り回ったり振り回したりする、体を使う遊びはパパ担当)
昼間、ワガママ娘の相手をしなくてはいけない嫁さんもかなり参ってる様子。

ということで、この前の日曜日、お嬢さんのストレス発散企画として広いところで走り回らせてきました。
走り回ると言っても近所の公園ではワンパターンなので、ちょっとだけ遠出して日吉ダムまで行ってきた。
我が家から車で1時間弱。

ダムにはスプリングスひよしという温泉複合施設が併設されており、温泉やら温水プールやらキャンプ場やらレストランやら、休日には多くの人で賑わっています。


日吉ダムは、バイクに乗ってた時はしょっちゅう走りに来てたけど、ゆっくり訪れるのは初めてかも。
(ダムの周遊道路を始め、この辺りは奇麗で走るにはなかなか良い道が多いのです。)

つづき
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 酒雑記 | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

乾坤一 純米酒

乾坤一 純米
『乾坤一(けんこんいち) 純米酒』

「乾坤一」は、初代宮城県知事・松平正直氏により、ことわざ「乾坤一擲」(けんこんいっ てき)すなわち、のるかそるかの勝負をするという意味で、天地を潤すほどの満足を与える酒であれとの思いを込めて命名されたそうです。

宮城県は昭和61年(1986年)に「純米酒の県宣言」を行ない、ササニシキやひとめぼれなどの県産米を利用した純米酒造りを推進してきました。
この「乾坤一 純米酒」も食用米ササニシキを使用したお酒です。


香りはあまり感じられず、す~っと入ると米の甘味がじわ~っとしみ出すように広がる。
薄過ぎず濃過ぎず、しっかりした味ながらしつこさは無し。
やや円みを感じる味わいで美味しい。
ともすれば特徴の無い平凡な酒となってしまうところが、甘味・辛味・苦味のバランスの良さが酒の味を一段押し上げてる感じ。

割高な酒米でなく食用米を使用する事により価格を抑えた、特別に個性的ではないけれど、飽きずに飲める家計に優しい旨酒です。

燗より冷やの方が美味しく感じましたよ。



●酒造会社:有限会社大沼酒造店(宮城県柴田郡村田町)
 創業:正徳2年(1712)
●原材料:米、米麹
●原料米:ササニシキ
●使用酵母:宮城酵母
●精米歩合:60%
●アルコール度数:17~18%
●日本酒度:+2
●酸度:1.5
●アミノ酸度:1.2
●製造年月:2008年2月
●価格:1.8L/\2,345- 720ml/\1,223-

個人的お好み度:★★★




>>楽天で『乾坤一』のお酒を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白と闇の新潟麦酒

コンビニで売ってた新潟麦酒二種呑み比べ。
・白夜のアペリティフ
・闇夜のエスプレッソ
どちらも先日呑んだ「桜」と同じく瓶内発酵熟成するビール。

なんだか詩的な商品名だわ。
新潟麦酒サイトの商品紹介のところに載ってないので、独自企画のOEM商品なのかな?
企画「相和株式会社」、製造者「新潟麦酒」となってます。




新潟麦酒2
まずは『白夜のアペリティフ』
吟味した麦芽・ホップだけを贅沢に使用したピルスナータイプだそうです。

アペリティフ(Aperitif)とは『食前酒』という意味のフランス語で、喉を潤し食欲を増進させる目的で飲まれるお酒です。


ビミョ~な甘味を感じさせる、ややクセのある好き嫌いの分かれそうな香り。
口当たりは軽めで苦味は少なく爽やかな香味。
先ほどのちょっと気になる香りも、飲んでみると意外と味わいとマッチしてて、呑んで行くうちに慣れてきて美味しく感じる。 

しかし見た目が・・・

新潟麦酒2-2
一杯目のグラスに入りきらなかった分を小さなグラスに注ぐと、ドロリと沈殿した酵母が入り、灰褐色に濁ったビールに・・・・
画像で見るよりどんよりと暗く濁ってます。
まるで汚○のよう・・・・


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:4.5%
●価格(某711):350ml/\450-

個人的お好み度:★★





新潟麦酒 闇1
続いて『闇夜のエスプレッソ』
黒ビールの特徴的な香ばしい香りや苦味をさらに凝縮させたものとのこと。


新潟麦酒 闇2
さすがに闇夜と名乗るだけあって全く光を通しません。
まさに漆黒の闇夜です。

酸っぱ甘芳ばしいカラメル香。
苦い!濃い!焦げ臭い!
アルコール度も8%と高めで、ガツンと強く飲み応えのあるビールです。
適度な酸味があるのでベターっとしつこくはなく、それでいてどことなくブランデーのような洋酒っぽい香りもあり、これは結構好きかも。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:8%
●価格(某7・11):350ml/\450-

個人的お好み度:★★★



白夜よりこちらの闇夜の方が好みですね。
やっぱり夜は暗い方がいいです。
ちなみに寝る時は真っ暗派なのですが、今は子ども達と寝てるので、布団を被せ直したりぐずった時にあやしたりするので豆球点けて寝てます。
眩しいです。豆球でも。

早く闇夜に戻りたい…



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ VIVA!LIFE(ビバライフ)

ビバライフ1
4月16日発売『サッポロ VIVA!LIFE(ビバライフ)』
ここんとこ新商品ラッシュの健康志向ビール系飲料。
なんでも「糖質ゼロとアルコール5%を初めて両立した、まさに「ガマンしない糖質ゼロ発泡酒」らしいです。


スィ~っと爽やかな香り。
ちょっぴりカスケードホップっぽい気がしなでもない。
味も爽やか系で苦味はほとんど無くて、むしろ変に複雑な感じのする甘味が気になる。
原材料を見ると・・・ん~なんかいっぱい入ってますね~
甘味料まで入ってるのか。

糖質ゼロにしては軽過ぎることもなく、そこそこ飲み応えもあるように思うけど、やっぱりこの変な甘味があまり好みでじゃありませんでした。

この手の商品は、各社ともかなり研究して商品化してるんだろうけど、どれも通常の商品と比べるとまだまだ味に格段の差があるなぁ。



●分類:発泡酒
●アルコール分:5%
●原材料:麦芽、ホップ、糖類、スピリッツ、エンドウたんぱく、カラメル色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)
●価格(コンビニ):500ml/\221- 350m/\161-

個人的お好み度:★★




ビバライフ2
ほとんど野菜だけの健康食。
でもねこの後、糖質たっぷりの無濾過生原酒呑んでるんですけどね。


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七本鎗 純米吟醸 無濾過生原酒中取り

七本鎗 純米吟醸 生
このところ仕事が忙しスギ~でBlog更新が滞っておりますが、晩酌は滞っておりません
今日は昼休みに時間が取れたので、ちょっとづつ追っかけ更新。

まずは、花見のときに呑んだ『七本鎗 純米吟醸無濾過生原酒 中取り』
滋賀県は湖北「冨田酒造」の醸す、地元契約栽培の山田錦使用、木槽搾りの生原酒。

以前呑んだ『七本鎗』は→こちら


香りは穏やか、控えめな吟醸香。
味は派手さの無い『じゅわ~』っと旨い米エキスといった感じ。
搾りたての瑞々しくフレッシュなジューシーさに、ほのかな甘味の後に適度な酸味と渋辛味で締める、バランス良い綺麗な味わい。
春の行楽のお供にぴったりの1本でした。



●酒造会社:冨田酒造有限会社(滋賀県伊香郡木之本町)
 創業:天文年間(16世紀半ば)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●使用酵母:協会9号
●精米歩合:50%
●アルコール度数:17~18%
●日本酒度:+4.5
●酸度:1.9
●製造年月:2008年3月
●価格:1.8L/\3,990- 720ml/\1,995-

個人的お好み度:★★★★


'08桜15
もちろん肴は桜だけで十分(ウソ)


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 12:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノミ太蔵家も花見に行く

'08桜1
昨日は絶好の花見(酒)日和ということで我が家もちょいとお出かけしてきました。
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 酒雑記 | 19:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヱビス〈ザ・ホップ〉呑み比べ

エビス・ザ・ホップ'08_1
4月2日にリニューアル発売された『ヱビス・ザ・ホップ』
ホップの香り立つ、ノミ太蔵もお気に入りのビールですが、リニューアルされたとのことでさっそく呑み比べ。
ちなみに旧ヱビス〈ザ・ホップ〉の記事は→こちら


メーカーサイトによると
『商品特徴である「香り」を強化。ホップの使用量を増やすことで、香りの引き立つ、よりバランスのとれた味わいを追求しました。』となっている。

左が旧ホップ、右が新ホップ。
缶のデザインは『爽やかなホップの香り』の文字が追加され、リニューアルによりホップの香りが強化されたことをアピール。
その代わり恵比寿様が小さくなってしまいましたよ。




エビズ・ザ・ホップ'08_2
注いでみたところ。違いは無し。
泡の量が違うのはご愛嬌


リニューアルの売りである香りは、さすがに新の方が鮮烈に感じます。
ただ、飲んでみた感じでは、新はまろやかマイルドに感じるのに対し、旧は酸味がありシュワっとした口当たりで、むしろこちらの方がホップの青々しさを感じます。

新・・・香り爽やかで強め。後半に麦芽の甘味を感じる、まとまりのある味。旧と比べるとややぼんやりした印象。

旧・・・新に比べるとやや荒々しく野暮ったさも感じるが、含んだ時の香りや爽快感はこちらの方が強く感じる。

どちらが好みかと言われると・・・う~ン、旧かなぁ。
でもね、やっぱり美味しいですよ。どっちも。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):500ml/\315- 350ml/\244-

個人的お好み度:★★★★



エビス・ザ・ホップ'08_3
おつまみは1才からのかっぱえびせんとベビーチーズ。
共に子どものおやつを失敬しました
ごめんよ。


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 01:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日高見 純米酒

日高見 純米
「日高見(ひたかみ)純米酒」
日本有数の港町、宮城県石巻のお酒です。

原料米に宮城県が初めて独自開発した酒造好適米「蔵の華」を使用。
平成11年に開発された「蔵の華」は、耐倒伏性に優れ、耐冷性があり、大粒で低タンパク質の米で、味わいは一般的に辛口が多く、飲み口が繊細なものが多いとされています。


香りは穏やか&爽やか。
まろやかでふんわりした優しい口当たり。
しつこくないスッキリした甘味があり、後味はじんわりと苦味が出てきて、割合辛めに引いて行きます。
この甘味が独特の甘味で、爽やかでしつこくなく、ふわぁんと円みのある甘味。
これは初めて呑む味だなぁ。

酒質自体はすっきりとした綺麗な印象なんだけど、旨味もしっかり感じられ、なかなか美味しいお酒です。
燗をつけると、ややシャキッとシャープさが出て、こちらも旨いです。


■酒造会社:平孝酒造(宮城県石巻市清水町)
 創業:文久元年(1861年)
●原材料:米、米麹
●原料米:蔵の華
●精米歩合:60%
●アルコール度数:15~16%
●日本酒度:+3
●酸度:1.5
●製造年月:H20.1
●価格:1.8L/\2,548-、720ml/\1,223-

個人的お好み度:★★★★




日高見おかず2
石巻の酒だけあって魚介系と相性が良さそうです。
ホヤの酢漬けが旨かったなぁ。(まだ半分とってあるけど)


>>楽天で『日高見 純米酒』を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。