2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サントリー モルツ ダークビター

モルツ ダークビター
9/30発売サントリー『モルツ ダークビター』

麦芽の一部にローストした濃色麦芽を使用することによる「芳醇な香ばしさとコク」と、ビターホップのみを使用することで「引き締まった力強い苦味」を実現した、コンビニ限定・数量限定商品。

苦味を抑えた商品が増える中、このような苦味を強調した商品もたまに出ますね。
メーカーさんも「苦いの好きな人も忘れてませんよ」ということでしょうか^^
ノミ太蔵的には嬉しいです。


泡はモコモコ。
飲み口はさっぱり軽く、見た目から受ける印象より、さらりとした口当たり。
缶のイメージからもう少しコッテリ系かとイメージしてました。
しかし、飲み口は軽いものの、強めの苦味と麦の風味がじゅわじゅわ~っと押し寄せ、いいですよ!
洋酒?をイメージさせる華やかで広がりのある香り&苦味が長く続く余韻が、大人な感じでグーなビールです。

個人的にはもう少し旨味にコクがあると、尚好みかな。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(ファミリーマート):350ml/\217-

個人的お好み度:★★★★


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麦酒系 | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー ジョッキ芳醇'08

ジョッキ芳醇'08
9月22日に発売された『サントリー ジョッキ芳醇』

昨年も発売されたジョッキ芳醇、今年のは『ロースト麦芽使用比率を全麦芽の25%以上に高めるとともに、酵母を変えることで、芳醇な濃い味わいとやわらかな口当たりを実現』したそうです。


す~っとした酸味と旨味で、見た目から受ける印象よりは軽い飲み口。
華やかな香りがほわっと立ち、なかなか良いです(若干わざとらしく感じるけど)
ロースト感はあまり分からず。
後味も軽く、すっきりサッパリ味。
もう少し味に厚みがあればさらに良くなりそうだけど、価格なりの満足感は十分ありかな。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格(近所のスーパー):\118-

個人的お好み度:★★★☆☆




秋空1

秋空2
一気に寒くなって参りました。
空の雲もすっかり秋仕様。
子供に言わすと「くも ざらざら~」らしいです。



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結人 純米吟醸無濾過 ひやおろし

アタシ
ノミ太蔵
歳?
30代
でも四捨五入で40
みたいな
酒?
呑む
当たり前
てか
好きだし
かなり


うわ~、頭おかしくなりそうな文体。
先頃発表された第3回ケータイ小説大賞の大賞受賞作風に書いてみた。
(「ケータイ」なんですね・・・)

むむ・・これが最新の日本語・・・形態なのか?
これを日本語の崩壊と取るか、進化と取るか。
進化とするなら未来の日本語は単語のみでの会話になるのだろうか?
おっさんなのでついて行けそうもない・・・

---------------

さて、ここ数日仕事を終え、我が家のある駅に降り立つと『ほわ~ん』と秋の香りが漂っています。
この香りを嗅ぐと秋だな~と実感。
さて、何の香りでしょう?

松茸?
秋刀魚?
金木犀?銀杏?

いえ、ノミ太蔵にとっての秋の香りとは『稲刈りの香り』なのです。
今ではやめてしまいましたが、実家は7~8年前?まで米作農家をやってました。
刈ったばかりの藁の青々しさと稲穂の埃っぽい香ばしさの混ざる『稲刈りの香り』は、幼少の頃から嗅覚に記憶として刻み込まれた、一番『秋』を感じさせてくれる香りなのです。

そしてこの『秋の香り』の季節になると、俄然日本酒が美味しくなってきますね。
(年中美味しいけど^^;)
ひやおろしもかなり出揃ってきて、日本酒好きにはたまらん季節到来ですね。


結人 ひやおろし
ということで先日開けたひやおろし。
「結人(むすびと) 純米吟醸無濾過 ひやおろし」
群馬県のお酒です。

「結人」は、「桂川」の地元銘柄を醸す柳澤酒造が数年前に立ち上げた新しいブランドとのこと。
昨年の造りはわずか40石ほどだとか・・・少ねー。
このひやおろしも300本ほどらしいです。



すーっとなめらかに入るやさしい飲み口。
酸味を抑えた、瑞々しくやわらかい旨味がじわっと来ます。
前半はしっとりとした甘味主体ですが、中盤から苦味が顔を出し、最後はキリっと締める辛味もありバランス良好。
飲み口同様、やさしく広がる華やかな香りと相まって、これはなかなか美味しいですよ~。

冷やでもやさしい口当たりが、燗をつけるとさらに丸みのあるやわらかい口当たりに。
軽やかに、ぬるーっと入り、すっと溶けるような旨味。
どっちも美味しいけど、個人的には常温が一番良い気がします。


ただ、この「結人 ひやおろし」。美味しいお酒なんですが個人的にはもう一押し欲しい感じ。
香りと余韻に対し、味わいがあと半歩ほど押しが弱い印象。
ただ、そうすると全体のバランスが崩れるのかも知れませんが。



■酒造会社:柳澤酒造株式会社(群馬県勢多郡粕川村)
 創業:明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:55%
●アルコール度:15.8%
●日本酒度:+2
●酸度:1.5
●出荷年月:H20.9
●価格:1.8L/\2,625-

個人的お好み度:★★★★



結人ひやおろし2
この「結人」、先日じぃじ、ばぁば、ばっちゃんを迎えて、次女の一歳の誕生祝いに開けました。
深い意味は無くて、単に子供の名前っぽいから選んだだけです^^;
ちなみに「結人(ゆいと)」ではありませんよ。




>>楽天で『結人』を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 12:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳳凰美田 芳 純米吟醸生詰

鳳凰美田 芳
少し前に呑んでUPし忘れてたお酒。
『鳳凰美田 芳(かんばし) 純米吟醸生詰』

有機無農薬栽培の酒米『若水』を使用したお酒。
『芳』の酒名は米生産者の“藤田 芳(かんばし)”氏より由来。
しずく絞り斗瓶取りと豪華版。


爽やかに抜ける果実香。
口に含むと最初は薄~く感じるものの、徐々に酸味のある澄んだ旨味と香りがふわ~っと広がります。
後半は辛目でスッキリ切れる感じ。

爽やかさと綺麗な旨味が合わさったお酒ですね。
サラリとした呑みやすい口当たりだけど、若干固い気がします。

ならばと燗をつけてみると、香りは薄まるものの、まろやかさが増し固さは無くなるが、ややツンとしたアルコール感が気になり出します。
ムズカシイですな。

開栓してから、もうしばらく置いといたら丸くなったのかな?



■酒造会社:小林酒造株式会社(栃木県小山市卆島)
 創業:明治5年(1872年)
●原材料:米、米麹
●原料米:JAS規格無農薬米「若水」(栃木県芳賀郡益子産)
●精米歩合:55%
●アルコール度数:16~17%
●日本酒度:+4
●製造年月:2008年8月
●価格:1.8L/\3,000- 720ml/\1,800-

個人的お好み度:★★★☆☆



鳳凰美田 芳おかず
もずくとろろ、ひろうすの含め煮など薄味のものでいただいております。

奥に見えるは、最近新車で購入した子供の車です。
丸みのあるノスタルジックなフォルムながら、室内空間を広く取り快適な食事を約束するとともに、“走り”をイメージさせる低く構えたボディラインが、箸の移動を妨げない現代的なデザインとなっています。




>>楽天で『鳳凰美田 芳』を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奴奈姫 純米吟醸

奴奈姫
『奴奈姫(ぬなひめ)純米吟醸』
新潟県は糸魚川のお酒です。
「奴奈姫」とは糸魚川に伝わる伝説「奴奈川姫」より名付けられたそうですよ。


奴奈姫2
ラベルにも奴奈川姫像が描かれてます。
・・・が、ちょっとした事故で写真撮る前にラベルが破れてしまった。
奴奈川姫様のご尊顔もビリリと(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)
お許しくだされ~


「奴奈川姫(沼河比売)」は日本神話に登場する神で、『古事記』の中で「大国主」に見初められ、求婚の歌を詠んだ大国主に、奴奈川姫がそれに応える歌を返し結婚したという。

うわ~!相手超大物やん!

ということで、奴奈川姫にあやかり将来「玉の輿」に乗れますように?、先日の次女の1歳の誕生日にいただきました^^



香りは穏やかな完熟果実香。かなり控えめです。
するりと滑るように入り、じゅわ~んと旨味と少しの苦味。
さらりとした軽い飲み口の辛口酒で、やや繊細な印象ですがしっかりとした静かに滲み渡る旨味・コクがあります。
派手な香りもなく、主張し過ぎず、雑味感のないクリアな旨辛口酒ですね。

燗をつけると少し線の細い印象だったのが、ふくよかな旨味が増し丸みのある太さが出てきます。これもいいですね~。
ノミ太蔵はこっちの方が好みです。



■酒造会社:猪又酒造株式会社(新潟県糸魚川市)
 創業:明治23年(1890年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石、山田錦
●精米歩合:50%
●使用酵母:901
●アルコール度:15~16%
●日本酒度:+3
●酸度:1.4
●製造年月(出荷年月):2008年8月
●価格:1.8L/\3,307- 720ml/\1,911-

個人的お好み度:★★★☆☆


以下おまけ
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月桂冠 糖質ゼロ

月桂冠 糖質0
9月8日に発売された糖質ゼロの日本酒『月桂冠 糖質0(ゼロ)』
なんでも「糖質スーパーダイジェスト製法」により、糖質を極限までカットしながらも旨味成分をできるだけ残したそうですよ。
(栄養表示基準では、100mlあたりの糖質が0.5g未満の場合には「糖質ゼロ」表示が可能なので厳密には完全な「ゼロ」では無いらしい)

ビール系では「糖質ゼロ」商品は当たり前になってきてますが、日本酒でも「糖質ゼロ」商品が登場したわけですね。
しかし日本酒で糖質カットしたら味が無くなりそうな気がしますが、「糖質スーパーダイジェスト製法」に期待してみましょう。


ツーンとアルコール臭。
す~っと軽い飲み心地。
予想通り旨味は無いな~。水みたい。
およそ日本酒を飲んでる感じはまるで無し。
当然甘味もなく、アルコール?の辛味は感じる。

たしかに「超淡麗辛口」の表記は間違ってないな・・・
といっても固い感じの辛口ではなく、月桂冠らしいやわらかい味わいの酒ではあります。

メーカーは冷やして呑むのを推奨してますが、どうしても飲み続けられないので、燗をつけてみた。

・・・さらに味が無い-_-;

最後まで呑めませんでした・・・・・


このジャンルは、ビール業界の方が一歩も二歩も(もっと?)進んでますね~。
糖質オフの日本酒は、まだまだこれからの商品かな。



■酒造会社:株式会社月桂冠(京都市伏見区)
 創業:寛永14年(1637年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:?
●アルコール度数:13.5%
●日本酒度:+22
●酸度:1.0
●アミノ酸度:0.8
●製造年月:2008年9月
●価格(コンビニ):200ml/\169-

個人的お好み度:☆☆☆☆



月桂冠 糖質0おかず
鶏と茄子の酸っぱ煮withオクラをいただく。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| カップ酒 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

キリン スムース

キリン スムース
9月17日発売『キリン スムース』
既成概念の打破にチャレンジした、嗜好のライト化・ソフト化の流れをとらえた「ふわっとうまい、が軽やかにつづく」がコンセプトの新商品とのこと。


見た目は普通のビール風。
泡立ちも良い。
コンセプト通り、ふわっとやわらか~い口当たりで、炭酸の刺激が少なく非常にまろやかな飲み心地。
苦味はほとんど感じず、ほのかな酸味と微妙な甘味。
『ゆるゆる系』なので、何飲んでるんだか分からなくなってくる^^
たしかに『スムース』だわ。

ビールのつもりで飲むと『?』な味ですが、軽やかな味わいでクドさやエグみも無く、これはこれでアリかと思わせる味。
コンセプトからして、あまり期待してなかったんですけど、商品の出来としては良好な気がします。
普段ビール飲んでる人には、思いっきり物足りないと思いますが、ビールの苦味や味が苦手な人でも飲めそう。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類)、大麦スピリッツ
●アルコール度数:4%
●価格(ローソン):500ml/\197- 350ml/\147-

個人的お好み度:★★★☆☆


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:48 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦「手打 とおる蕎麦」

とおる蕎麦5
この前行った蕎麦屋さん。
「手打 とおる蕎麦」
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 食べ太蔵 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山間 純米吟醸 亀口瓶燗無濾過原酒 H19BY

山間 純米吟醸火入れ19BY
先頃発売になった「山間(やんま) 純米吟醸 亀口瓶燗無濾過原酒 H19BY」
要するに「山間 純米吟醸火入れ19BY」ですね。
これまた本数極少なので、すぐに売り切れた模様。


穏やか且つ爽やかな果実香。
舌の上から喉にかけて、濃厚な旨味が『ぐりゅん』と回るように流れて行きますぞ~。
う~んウマ~い!

前半は甘味の乗った旨さがドバっと来て、後半は適度な苦味・酸味が味を引き締め、スーっと綺麗引いて行く。
ん~、新潟酒らしからぬ旨さは健在。
味わいはしっかりと濃いんですが、それを重く感じさせない爽やかさがあり、むしろ軽~く感じさせる余韻が、次の一杯を誘いますよ。

燗をつけてみると・・・
うぅ、味と香りがバラバラ・・・に感じたんですが、ちょっと冷ましてみると見事にまとまりました。(´▽`) ホッ
それをもう一度温めると、先ほどとは違い調和のとれた味香。
こちらも旨いです。


生で飲んだときよりも格段に丸くなり落ち着きが出て来てますが、まだまだ若いと感じる部分も残されています。
現状でも十分美味しいんですが、もう少し熟成の進んだのを呑んでみたい気がします。


・ちなみに過去の山間
 →山間 純米吟醸生原酒19BY
 →山間 純米吟醸火入れ18BY



●酒造会社:新潟第一酒造株式会社(新潟県上越市)
 創業:大正11年(1922)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(契約栽培米)
●精米歩合:麹米(50%)、掛米(55%)
●アルコール分:16~17%
●製造責任者:武田良則
●製造年月(出荷年月):H20.9
●価格:1.8L/\2,800- 720ml/\1,400-

個人的お好み度:★★★★



山間19BY火入れおかず
ちょっと涼しくなってきたので湯豆腐で。
嫁さん湯豆腐嫌いなので独り占め^^


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ ラガー〈缶〉

サッポロラガー缶1
9月10日発売「サッポロ ラガービール〈缶〉」
業務用を中心に瓶商品のみの展開だったサッポロラガーが、缶入りになり数量限定でコンビニにて発売。あまり家庭で飲む機会の無かったサッポロラガーが、限定ながらも家呑み出来るようになったわけです。

缶のデザインは瓶のラベルデザインと共通で、現存する日本最古のビールブランドらしく風格のあるものです。赤星がカッコイイですね。
この手のレトロなデザインはキリンのラガーくらいしか残ってないので、売り場に並んでるとかえって目立ちます。

以前に飲んだ瓶入りラガーの記事
http://nomitaizou.blog49.fc2.com/blog-entry-137.html



サッポロラガー缶3
せっかくですのでサッポロ三兄弟で呑み比べ。
クラシックは麦芽100%で、ラガーと黒ラベルは同じ副原料入り(米、コーン、スターチ)
アルコール度数は共に5%。
エネルギー・糖質も同じです。(40kcal・2.9g/100ml当たり)
ちなみにプリン体はクラシックが一番多い。
ラガーのみ熱処理ビールで、似ているようで結構違う三兄弟。


サッポロラガー缶2
この日は揚げそばでした。

さて、三者の味を形で表現すると、

ラガー・・・・・○
クラシック・・・△
黒ラベル・・・・☆

こんな感じでしょうか?


ラガーはあまりにも普通に美味しいビール。
トンがったところの無いマイルドまろやかな口当たりで、厚みのある旨味と苦味。
以前の感想と同じく、地味な印象だけど、なんだかじんわり懐かしい美味さのビール。

クラシックは、ラガーと比べると味わいに少々キレがあるというか、シャープさがあります。
やはり麦の風味がよく分かるんですが、味の厚みはラガーに軍配が上がるかな。

黒ラベルは前の2つと比べると、炭酸強く、酸味強く、味わい薄い。
苦味もやや強めで,シュワっとスカッと刺激系ですね。
軽い分だけグビグビ飲むタイプの印象です。


と、まぁ呑み比べてみると結構違いがあるもんだなという感想です。
個人的には

ラガー>クラシック>>>黒ラベル

という感じでした。
食べるものによってはもう少し印象変わるかも知れませんが。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/\284- 350ml/\217-

個人的お好み度:★★★★


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

久在屋 秘伝おぼろ豆腐

秘伝1
久在屋さん、今月のお豆腐。
青森県産『秘伝』豆を使ったおぼろ豆腐。


秘伝2
まったり&ちょいザラつきのある舌触り。
濃厚で丸みのある優しい旨味です。
ほのかに香る、さわやかな豆の風味もいいですよ。


350g/525円也


| 食べ太蔵 | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤ちゃん生活

本日は嫁さんお出掛けなので、仕事が休みのノミ太蔵は子守り兼留守番。
上の子は保育園へ、残った下の子とダラダラ赤ちゃん生活。


昼酒1
昼食用になにやら総菜が買ってありましたが、
どうも「呑んでもいいよ」的なものだったので遠慮なく昼酌^^



昼酒2
「また呑んでのかよ!」という冷めた視線・・・

その後、一緒に午睡zzz
食っちゃ寝の赤ちゃんの生活ってすこぶる快適だわ。
益々駄目人間になりそうだけど^^;



最近、上の子とままごとしてる時、こちらが「お茶下さい」と言うと、
「おしゃけあるよ!」、「おしゃけどうじょ!」となります。
完全に「父の飲む物=酒」と刷り込まれているようです。
普通にお茶やコーヒーも飲んでるのに・・・


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ

| 酒雑記 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

而今 純米吟醸 八反錦火入れ19BY

而今 純米吟醸八反錦 火入れ19BY
而今 純米吟醸 八反錦火入 H19BY

昨年も呑みましたが今年のはどうでしょう?
数値の上ではアミノ酸度が1.5→1.2になってる以外は同じです。


濃厚なフルーツのような甘味と酸味。
瑞々しくそれでいて濃醇。それがサラリと入り、旨味濃厚ながらもクドくなスイっと引いて行く。
でも後味に割と苦味が目立つ気がするな。
甘味と苦味がなんだかアンバランスな印象。上手く調和してるタイプではなく、それぞれが主張し合って反発してる感じです。

むぅぅぅぅぅ・・・
去年のは、こんな印象は無かったんだけどな。

しかし、これが燗をつけると嘘のようにまとまりが良くなった(・∀・)イイ!!
全体に円みが出て、後の苦味もまろやかになり旨いです^^



●酒造会社:木屋正酒造合資会社(三重県名張市本町)
 創業文政元年(1818年)
●原材料:米、米麹
●原料米:八反錦
●使用酵母:協会9号
●精米歩合:55%
●アルコール度数:16~17%
●日本酒度:±0
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.2
●杜氏:大西唯克
●出荷年月:2008年6月
●価格:720ml/\1,365-

個人的お好み度:★★★☆☆



而今 八反錦 火入れ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おらが村の祭り

祭り1
夕べはおらが村の神社で祭りでした。
仕事が終わり、遅れて到着。


祭り5
今年は平日なので人出が少な・・・・・過ぎる!!
年々寂しくなっていってますが、今年は例年に増して寂しいぞ。
限界集落ほどではありませんが、実家のある集落も高齢化が進み、子供の数は減少の一途。
かつては夜店の屋台もたくさん並び、他の地区からも大勢の子供が遊びに来て賑やかだった記憶が、いまや見る影も無し。
数少ない夜遊び出来る日だったので、夜店の人たちが準備し始めるころから、祭りが終わり撤収するまで入り浸ってたのに。(←最後に余ったの貰う魂胆)
今の子どもは忙しいんですかね。



祭り3
お参りを済ませ、爺婆と一緒に先に来てた子供と合流。
・・・・・したんですが、夜店に夢中!目がキラキラ
話しかけても上の空。
かき氷を食べ始めて、ようやく落ち着いたところで初めて気付いたように
「あ!パパおかえり!!」

今更かい!!!!ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡☆コラーッ!



祭り2
唐揚げ食べながらビール呑んでたんですが、
この唐揚げ、食べてる時には気付かなかったが
超にんにく臭い!!

今朝起きた時、自分の匂いでクラクラきた。
電車通勤で、翌朝のにんにく臭がどれほど迷惑かは熟知しております。
臭い消し飲み過ぎて?なんだかお腹がユルい-_-;



山間19BY 火入れおかず
さて、今宵は「山間 純米吟醸19BY亀口瓶燗」を試し呑み。

むふふ・・・


山間19BY火入れおかず2
半熟&生卵が嫌いな嫁さんにしては珍しく半熟卵にしてくれた^^



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 酒雑記 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆめごごろ 活性にごり

ゆめごころ活性にごり
今日から9月。
ジリジリ焼け付くような日差しも随分優しくなり、雲も高く秋らしくなってきました。
ということで、8月最後の日だった夕べは「さようなら夏」企画で、ちょっと夏っぽい酒で晩酌。

「ゆめごころ 活性にごり 生」
「奈良萬」を醸す福島県・夢心酒造の地元向け銘柄「夢心」の本醸造の活性濁りです。


ゆめごころラベル
裏に開栓注意!と赤地のラベルが貼られており、爆発系かと思い恐る恐る開けてみたが、小さく「プシュ!」と微炭酸でした。


リンゴのような爽やかな香りが涼しげ。
序盤は甘味を伴う味わいが、炭酸のシュワシュワと高めのアルコールでダレずにシャキッと引き締められる感じ。
米の旨味もよく分かり、飲みごたえはあるけど重くない、夏らしい爽やかなにごり酒です。
米味の炭酸ジュースみたいな感じ。

でも、なんとなく途中から飽きてくる味。


●酒造会社:夢心酒造株式会社(福島県喜多方市字北町)
 創業明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:まいひめ
●使用酵母:901号酵母
●精米歩合:68%
●アルコール度数:19%
●日本酒度:+3
●酸度:1.3
●出荷年月:2008年7月
●価格:720ml/\1,365-

個人的お好み度:★★☆☆☆




ラストプール
子供も最後のプールに入りました。
風があったので、ちょっと涼しかったかも。


ゆめごこち活性にごり おかず
晩酌も、ジュンサイや獅子唐や冷や奴など夏っぽいもので、去り行く夏を惜しみつつ(ウソ。暑いの嫌い)盃を傾けるのでした。


ちなみに今日9月1日は防災の日です。
災害はいつ来るか分かりません。
みなさんもいざという時は、大事な酒を慌てず持ち出せるよう訓練しておきましょう^^



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 本醸造・特別本醸造 | 12:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。