2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春霞 郷の清水 純米吟醸 平成二十年醸造

郷の清水 H20瓶燗
『春霞 郷の清水(さとのしず) 純米吟醸 平成二十年醸造(19BY)』
秋田のたかりょうさんとこのオリジナル酒。
19BYから瓶燗火入れにグレードアップなんし~。

このお酒、先日実家に持って行って呑んでましたが、だらだらチャンポン状態で呑んでたので味をよく憶えてない。
ブログ用に1合だけ残しておいたのを、改めてじっくりといただきました。


香りは控えめ。ほのかに爽やかな香りが。
キュ~~~っと締まった綺麗な飲み口。
さすがに名水百選にも選ばれる六郷の名水!
(たかりょうさん、仕込み水のオマケ、いつもありがとうございます^^)

爽やかな苦味があり、キリリとした辛旨口の酒ですね。
軽やかなようでありながら、しっかりした旨味と呑み応えで旨い!
ただ、以前呑んだ時の記憶より(あまりアテになりませんが^^;)やや固くて辛口になってる気がします。

燗をつけてみると、ほろりと溶けてまろやか~な口当たりに。
米の旨味が生きてくる感じです。
が、その旨味の中にも冷や同様カチっとした固さを感じ、個人的にはもう少し味に広がりが欲しいかな。
 ↓
そんな人は熟成版買えってことですね。




■醸造元:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町六郷)
 創業:明治7年(1874年)
■販売店:高良酒屋(秋田県仙北郡美郷町六郷)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(六郷産)
●精米歩合:55%
●アルコール度:15~16度
●日本酒度:±0
●酸度:1.8
●製造年月:2008.10
●価格:1.8L/\2,730- 720ml/\1,365-

個人的お好み度:★★★☆☆



郷の清水 20火入れおかず
この日はアンコウ鍋。
といっても、どこにいるのよ?アンコウちゃん鍋ですが^^;


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ ダブルオフ

ダブルオフ
11月24日発売『サッポロ ダブルオフ』
名前の通りカロリーと糖質を『ダブルにオフ』した機能系新ジャンル商品。
イオン系列店で限定発売だそうです。

ちなみにカロリーは40%オフ、糖質は70%オフらしいです。
(同社「その他の醸造酒」比)

すごく手抜き感のあるデザイン・・・
買って呑んでみたいと思わせないところも健康的と言えたりして^^;
(失礼なこと言ってスミマセン)


注ぐと泡がどんどん消えていく。
ちょっとイヤ~な感じのある香り。
期待せずに一口・・・

うわ~!薄い!!

『ダブルオフ』を実感出来る薄さ。
炭酸は強めで荒い感じ。
苦味が強く、甘味旨味はほとんど無し。
アルコール分も3%と軽いので、苦味のある炭酸水という印象。
麦芽の風味は皆無。
と、思って原材料見たら麦芽入ってないのね。そりゃ皆無だわ。

ただ、後味の嫌な感じはあまり無いので、慣れてくると意外と呑めたりする。
しかし、二回目は無いな^^;


●分類:その他の醸造酒(発泡性)1
●原材料:ホップ、糖類、水溶性植物繊維、エンドウたんぱく、カラメル色素
●アルコール分:3%
●価格(帰り道のジャスコ):500ml/\155- 350ml/\105-

個人的お好み度:☆☆☆☆




ダブルオフおかず
柿と大根と水菜のサラダ。
実家の母親が作ってたの食べたら美味しかったので、早速我が家でも登場。
大根は辛いものの方が、柿の甘味との相性が良く美味しいと思います。
二日酔い予防にも良いし^^



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 02:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森嘉の嵯峨豆腐

森嘉店舗
京都・嵯峨にある森嘉(もりか)さんの嵯峨豆腐をいただきました。
安政年間(1854~1860)創業の老舗豆腐店。
この森嘉さん無くしては京豆腐は語れないほどの有名店ですが、どんな風に有名なのかはググってね(手抜き)


何かのついでの際には是非買いに行こうと思ってたんですが、中々ついでが無く結局食べられず仕舞いだった。
(通販はやってないし、基本的にこの店舗のみでの販売)

・・・が、「食べたいな~」と聞こえるように独り言を言ってると、嫁さんが病院行った帰りに寄り道して買ってきてくれました。
お店の写真まで撮ってきてくれるあたり、分かってるぅ。
39



森嘉
白豆腐、ひろうす、お揚げさん。



穂乃花おかず
先日、お酒と共にいただきました。
もちろん湯豆腐で。
せっかくだから冷や奴状態でも。

2丁分の大きさと聞いてましたが本当にでかい。
冷や奴のが1/4個サイズ。


冷や奴状態での味は、非常にスッキリシンプル。
水が良いんだろうな~と分かる非常に綺麗な味です。
ただ、ちょっとザラザラした感じもあり、正直それほど評判になる味か???

でしたが、湯豆腐にすると一転、

ぐわっ!美味しい!!

ぷるぷるつるりん!
冷や奴の時には無かったなめらかさ。
きめ細かく密度の高い、それでいてとろけるような柔らかさ。
濃厚な大豆の味があるタイプではありませんが、味わうほどに優しく深い旨味を感じられます。
いや~美味しかった。

また買ってきてもらおう。




森嘉ひろうす
こっちは百合根たっぷりのひろうす。
こちらも美味しくボリュームたっぷりの食べごたえでありました。



大きな地図で見る

| 食べ太蔵 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン スパークリングホップ'08

スパークリングホップ'08後期
昨年10月に発売された「キリン スパークリングホップ」がリニューアルされ、11月26日発売。

「ニュージーランド産ホップのフルーティで華やかな香りをさらにグレードアップさせるとともに、よりすっきりした軽快な味わいに仕上げました。」とのこと。



スパークリングホップ呑み比べ
例によって呑み比べ。

 旧← →新

旧と比べると、新の方がメリハリのあるシャキっとした味わい。
苦味もやや強くなって、全体的にしっかり感が増したように感じます。
後から来る麦芽の風味も強くなってるし。

香りはどちらも青々しくフルーティな香りで、新の方がやや強い気がしないでもない。
最後にちょっと嫌味のある香りが残るところは一緒。

スッキリしてるけど2本同時に呑むと、もういいやとなる味。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、大麦スピリッツ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/\197- 350ml/\141-

個人的お好み度:★★★☆☆




スパークリングホップおかず
実家の畑で採れ始めた蕪を漬け物にしてポリポリ。



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日はだらだらだらだら・・・

五郎八
古くなったソーラー給湯器を屋根から下ろすとのことで、労働後の夜の酒持参で実家に赴いた所、なぜか父ちゃん居間にデンと陣取り、昼間っから宴の様相???

「酒呑んで屋根登ったら危ないで。」と、遠回しに聞いてみると、
「ちょっと下ろしかけてネジ緩めたけど、重すぎてあかんわ。プロに任すわ」だって。
ちょうど伯母さんが五郎八やら自家製の干物やら酒の肴やら持ってきてくれたので、とっとと(むしろ積極的に)諦めて呑み始めたとこらしい。

人を呼び出しておいて、なんじゃそりゃ!!

・・・な~んて怒るはずも無く、いたってスムーズに合流^^


現在は不定営業になってますが、伯母さんが小料理屋やってるので、いつも美味しいお酒に合う料理を作ってくれます。
特に変わった材料じゃなくても、冷蔵庫にあるものからチャチャっとひと味違うプロの味。
この日も嫁さんが、和え物や漬け物の作り方教わってました。
そのうち晩酌時に登場するかな?



丹波ワイン新酒2008白
ジャム造り用に買ってあった丹波ワインの新酒を飲んだり。


郷の清水 H20瓶燗
持参の酒を飲んだり。ビールを飲んだり、パック酒飲んだり。
子供も連れてきてたので、子供の相手しながら(呑んでる時にこれが結構キツい。抱っこしてぐるぐる回れとか言われるし)
昼から夜まであれやこれやチャンポンでだらだら飲み続け。

おかげで翌朝ちょっと気持ち悪く、朝ご飯食べられませんでした^^;


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 酒雑記 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

穂乃花 特別純米酒

う゛~、本当に寒くなってきましたね。
特に寝るときによくわかります。
朝、布団から出られない・・・では無く寝る時の「まくら」で!
我が家の冬の訪れを告げる風物詩みたいなもの。

ノミ太蔵が使ってるのは低反発枕。(なんちゃっての安物だけど)
普段はじゅわ~と沈んでいくのが、寒くなると堅くなってしまいます。
それも気温の下降と共に徐々に堅くなっていくのではなく、ある温度を境に突然堅くなってしまうのです!
尋常じゃない堅さ。
そりゃもう、カッチカチやぞ!状態です。

石みたいな枕の上に頭を乗せ、待つこと10分ほど。
体温で緩んできた枕がようやく柔らかくなってきます。
今年も2~3日前にこの状態が訪れました。
そろそろ冬に突入だなぁ。


穂乃花
寒くなってきた夜にいただいたお酒。
「穂乃花(ほのか) 特別純米酒」
先日、若宮酒造で買ってきたお酒。
試飲した中で一番お気に入りだったやつ。

このお酒は、「綾部の米と水でオリジナルの酒を作ろう!」と綾部市の生産農家、酒販店が「綾部の酒を創る会」を発足。地元綾部産の山田錦を使用し、地元の酒蔵「若宮酒造」で醸されたもの。
ラベルにも綾部市特産の黒谷和紙を使用し、題字も綾部の書家にのよるものとオール綾部にこだわっている。


香りはおだやか。穂乃花だけにほのかな
飲み口は非常にまろやか。
最初は甘味を強く感じ、その後にやさしい酸味が顔を出します。
柔らかさの中にしっかり芯のある上品な旨味です。
若干、甘味が強い傾向だけど、後味はしゃきっと呑み飽きないタイプ。

燗をつけると酸味が強まり、甘味・旨味とのバランスがグーです。
なによりス~っととろけるような飲み口がたまらん!。
これは文句無しに旨い!


・・・と、思ってたんですが、後日半分残ってたのを呑むと、上記ほどの感動は無し。
割と普通の旨さ。

う~む・・・。



■酒造会社:若宮酒造株式会社(京都府綾部市)
 創業:大正9年(1920年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(綾部産)
●精米歩合:60%
●アルコール度:15~16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●出荷年月:2008.10
●価格:720ml/\1,575-

個人的お好み度:★★★★


穂乃花おかず
森嘉のお豆腐で湯豆腐。

評判どおり美味しいお豆腐です^^



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホフブロイ オリジナル

ハフブロイ
『ホフブロイ オリジナル』
ドイツ・ミュンヘン地方のビール。
このオリジナルはピルスナータイプのです。


開栓と同時にホップの青々しく芳醇な香りが広がる。
味わいはすっきりとしてるけど苦味はしっかり。
はっきり主張はしないけど、すっきりさを邪魔しない旨味があります。
エーデルピルスみたいなタイプだな。

含んだ時に、あまり呑んだことの無い独特の香り。
どんな?と言われても言葉で表しにくいんですが、嫌みやエグみのある香りではないので、慣れると結構美味しい。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5.1%
●原産国:ドイツ(ホフブロイ本家サイト→http://www.hofbraeu-muenchen.de/index.html
●輸入者:日本ビール株式会社
●価格:330ml/わすれた

個人的お好み度:★★★☆☆



ハフブロイおかず
冷凍庫にあったハッシュドポテトで3時のおやつ。
贅肉と相談し、オーブントースターで焼いたけど、やっぱり揚げないと美味しくないな~。


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久在屋 蒸し豆腐「蒸衛門」

蒸衛門1
久在屋さんの蒸し豆腐「蒸衛門」(むしえもん)

先月の限定豆腐でした(←記事書くの遅過ぎ)
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 食べ太蔵 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刈穂 山廃純米 ひやおろし

刈穂 山廃純米 ひやおろし
朝晩は随分寒くなってきましたね。
寒がりの我が家では、随分前から暖房全開(反エコだなぁ^^;)
寒いのは嫌いですが、気温が下がるにつれ、お酒が美味しさが増してくる。
あぁ悩ましい。


さて、今回のお酒の感想は夕べ呑み終えた秋田の酒っこ。
『刈穂 山廃純米 ひやおろし』

香りはあまり感じません。
冷えてると、爽やかな酸味と苦味のある辛口酒。
思いのほか軽い印象。

常温~ぬる燗くらいの温度帯では、旨味と酸味のバランスがぐっと良くなります。
柔らかく「しなやか~」な奥深い味わいです。

上燗↑は、酸味がしっかり出てきて、山廃らしい力強さを感じます。
米の旨味もしっかり。


と、まぁどの温度帯でも様々な顔を楽しませてくれる旨酒ですね。
個人的には常温あたりが一番好みでした。
ただ、味の濃さに対して少々薄っぺらいというかドライ?な印象があります。
(味が薄いとか水っぽいというわけではありませんよ)
以前に呑んだ、番外品の印象が強かったから、そのイメージを引きずってるからかも。

1~2年熟成させても良さそうな気がしました。


■酒造会社:秋田清酒株式会社(秋田県大仙市戸地谷)
 創業:慶応元年(1865年 )
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:60%
●アルコール度:15~16度
●日本酒度:+3
●酸度:2.5
●アミノ酸度:1.2
●杜氏:斉藤 泰幸
●出荷年月:2008.10
●価格:1.8L/\2,520- 

個人的お好み度:★★★☆☆



刈穂ひやおろし おかず2
ここんとこ嫁さんが風邪気味。
「自分で何か作るしいいよ」って言ったんですが、チャチャっと作ってくれました。
イカと大根おろしのマヨぽんがけ。
さっぱり旨~い。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 22:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー 冬道楽

冬道楽
11月11日発売「サントリー 冬道楽」
鍋料理に合うすっきりとした味わいが特長の新ジャンル商品。

メーカーサイトによりますと、
発酵度を高め、糖質20%カットのすっきりとした味に仕上げました。また、アロマホップとビターホップを最適にブレンドし、煮沸工程でホップを2回に分けて投入することにより、冬の味覚を引き立てる香りと味わいを実現しています。
とのこと。

~~~~~~~~~~~

潔い程のコテコテデザイン・・・
カッコいいかどうかは別として、実に分かりやすくて良いです→鍋専用。
この缶見たら、鍋食ってこれ呑んで~という姿が容易にイメージ出来る、というか無性に鍋が食べたくなる。秀逸なデザインなのかも。
鍋物セットと並べといたら、よく売れそうな気がするぞ。



泡立ち、泡持ちは悪くない。
香りは、ほとんど感じず。
では、一口・・・

やわらか~いスッキリ味。
ほのかな酸味を感じた後、じわ~っと旨味が顔を出します。
苦味はほとんど無くて、ややぼんやりした、つかみ所の無い印象。

コンセプト通り、すっきりした嫌味のない味ですが、水っぽい薄さというわけでもなく、それなりに味に厚みは感じます。
でも、やっぱりすっきり味。すいすい~と呑めます。

単体で呑むと物足りないけれど、鍋食ってガンガン呑むのには丁度良さそう。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格:買ってきてもらったので不明

個人的お好み度:★★☆☆☆



冬道楽おかず
この日は湯豆腐。
すっきりvsすっきりで、ちょっとアンバランスだったか?
濃い味や辛い味の鍋にはスゴく合いそうです。

湯豆腐にはやはり日本酒ですね。
刈穂の山廃純米ひやおろしをぬる燗で。
染み入る旨さ^^


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 22:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七五三で宿敵と対決

753-01
七五三参りに行ってきましたよ。
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 酒雑記 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一番搾り とれたてホップ 2008

とれたてホップ一番搾り2008
ブログ更新遅れ気味です。せっせと追っかけup。
呑む方はしっかり呑んでるんですけどね^^;

というわけでちょっと遅くなりましたが、11/5日発売、キリン「一番搾り とれたてホップ 生ビール 2008」
今年で5年目になる、岩手県遠野産のホップを収穫後凍結保存し、旬のとれたてホップのみずみずしく華やかな香りを楽しめる。

ちなみに過去の「一番搾り とれたてホップ」の感想。
2007年→http://nomitaizou.blog49.fc2.com/blog-entry-352.html
2006年→http://nomitaizou.blog49.fc2.com/blog-entry-187.html


鮮烈とまではいかないけれど、青々しいホップの香り&爽やかな苦味。
ただ、今年のはちょっと軽い(薄い?)なぁという印象。
ノーマルの一番搾りはまったりした感じだけど、このとれたてホップの方は随分とサッパリドライな感じで、麦芽の風味も希薄。
悪く言えば発泡酒や第三ビールのような軽さ(薄さ)と香りにも感じる。

さらっと呑んでるとあまり分からないんだけど、じっくり呑むほどに余計にそう感じてしまう。
一回呑んだだけでそう感じたなら、体調だとか気候の加減だとかあるかもしれませんが、本日で四回目の呑み。全て同じ感想。
んー・・・今年のはちょっと好みから外れるかなぁ。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格(近所のスーパー):350ml/\183-

個人的お好み度:★★☆☆☆



とれたてホップ一番搾り2008_2
プレミアム無濾過ホップの香りと呑み比べ。
さすがに直接対決だと無濾過の圧勝かな。
ホップの青々しく爽やかな感じは、一番搾りバージョンが勝ってるけど、無濾過のまろやかなコクのある味の前では、余計に薄っぺらく発泡酒のように感じてしまうぞ。



とれたてホップ一番搾り2008_3
軽い飲み口なので、日本酒前の喉を潤すビールとしてはいいかも。


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春霞 純米吟醸ふなくち 平成10年醸造

春霞 H10by
『春霞 純米吟醸 ふなくち 生原酒』
ノミ太蔵たちが結婚したのと同じ、平成十年醸造の生原酒。
先日の結婚記念日当日は、お外でご飯だったので翌日にいただきました~。

購入したのは秋田の陽気な酒屋「たかりょうさん」とこ。
10周年だから10年ものでも呑もうと、何かありませんか~?と相談したところ、平成10年のは上記の酒が2本だけ保存されてたので、「1本だけならOKですよー」ということで譲っていただきました。
ありがどさんだし!


春霞H10byスペック
製造年月は1998年3月になってますね。
ちょっと先輩だ。


春霞 H10byおかず1
もっと琥珀色になってるかと思ってたけど、ほんのり黄色く色づいてる程度。
バッチリ冷蔵保存されてたからかな。
栓を開けると「ブシュ」とまだまだ活きが良い。

9号酵母使用となってるけど香りはに派手さは無く、控えめで落ち着いたちょっぴり洋風な甘酸香。
老ね香も全く無しで、いい具合に熟成してそ~。


まずは一口。
お!まだシュワっとした爽やかな刺激残ってるぞ。
まったり濃厚な甘味と酸味。
う~ん、とろける旨味。熟れ熟れです^^

「くふ~」っと抜ける熟成された米の風味。ゆら~りと深みと広がりのある余韻。
濃厚なんだけど、爽やかな酸味で後味はスッキリ。
キレも良く、アルコール度数の高さを感じさせない呑みやすさ。

旨いわ~。
呑み過ぎるわ~。

子供をお風呂入れるのも忘れて・・・

たかりょうさん、ありがと~旨いです^o^/


燗をつけるとシュワっと感が消え、マイルドな味わいに。
個人的には冷やして~常温で呑む方が美味しく感じますね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このお酒は10年の月日を重ねて見事に「熟成」してたわけですが、
自分たちの10年を振り返ってみると・・・

序盤・・・お金の怖さを思い知る。冗談ヌキで。
     おかげであまり経験しないであろう社会勉強を色々とできた。

中盤・・・夫婦揃って病院三昧。切ったり貼ったり。
     おかげで保険やら訴訟やらに詳しくなる。

終盤・・・子供たちが生まれ、それに振り回される。
     おかげさまで皆元気。ようやく生活が落ち着いた感じ。

と、まぁ早いようで思い返すと随分色々なことがあった濃い10年であった。


自分たち夫婦も、老ねずに上手く「熟成」してると思います。
(嫁さんはどう思ってるか知らんが)
これから先も、20年古酒、30年古酒、50年古酒を目指して、じっくり「熟成」させていきたいですね。



■酒造会社:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町)
 創業:明治7年(1874年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:55%
●使用酵母:9号
●アルコール度:18~19度
●日本酒度:±0
●酸度:1.9
●アミノ酸度:1.5
●出荷年月:1998年3月
●購入価格:1.8L/\3,500-

個人的お好み度:★★★★★



春霞 H10byおかず
前夜とは打って変わって平凡ないつもの晩酌。
しかし、この落ち着いた家呑みがいいんだな~。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「匠 奥村」でフランス懐石

奥村02
先日の結婚記念日に食事に行ったお店「匠 奥村」
祇園町南側にあるフランス懐石のお店。

基本は和食党の我が家。
結婚記念日くらいフレンチでも・・・
といっても、いつまでたっても完全フレンチはどうも気が引ける(田舎者だから)

じゃあ、間とってフランス懐石!
お箸でも食べられるし(←ココ大事^^;)

子供二人をじぃじ・ばぁばに預け、久しぶりに夫婦二人だけで行ってきました。
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 食べ太蔵 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10回目の・・・

何を隠そう(隠してないけど)今日は10回目の結婚記念日でした~パチパチおめでと~!
(って大げさな・・・)


ということで、今宵は子ども二人をじぃじ、ばぁばに預けて夫婦二人でディナー。
すごく久しぶりにゆっくりさせてもらいました。
完全フリーでディナーというのは、多分、子どもが生まれて以来初めてかも。

残骸
画像は食後の残骸・・・^^;

詳細は後日(多分)
今日は寝ます。オヤスミナサイ。



| 食べ太蔵 | 23:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

綾小町 純米吟醸

綾小町 純米吟醸

『綾小町(あやこまち)純米吟醸』
先日、若宮酒造に立ち寄った際に購入したお酒。
京都特産の酒米『祝』を50%まで磨いた純米吟醸酒。
「京ブランド食品」認定清酒のひとつでもあります。

酒名の由来は先の蔵訪問の記事に書いたように、養蚕の街「綾部」で機を織る優しく美しい娘をイメージして名付けられたそうです。


酸味を感じさせる穏やかな吟醸香。
すっきりとした味わいの中に、酸味と甘味が上手くとけ込んでますねぇ。
繊細な印象なのにしっかりとした旨味のあるお酒です。
キレも良く、『祝』独特?な余韻もあり。
苦味も程よく、しっとり&しっかり呑めるお酒。


ラベルには「このお酒はお燗をせずに、冷やして10℃前後でお飲みください」と書いてある。
こう書かれると余計燗をつけずにはおれませんね^^;
というか、ほとんどのお酒を燗も試してますけど。

冷やの時は、優しい繊細な酸味だったのが、燗をつけるとハッキリとした酸味に。
好き嫌いはあるでしょうが、ノミ太蔵的にはOKな酸味です。
爽やかさは少々無くなるものの、「とぅる~」っと、とろける口当たりになり十分いけますよ。


■酒造会社:若宮酒造株式会社(京都府綾部市)
 創業:大正9年(1920年)
●原材料:米、米麹
●原料米:祝(京都産)
●精米歩合:50%
●アルコール度:15~16度
●日本酒度:+3
●酸度:1.6
●アミノ酸度:1.3
●出荷年月:2008.10
●価格:1.8L/¥3,990- 720ml/¥1,890-

個人的お好み度:★★★☆☆



綾小町 おかず
またまた実家に晩飯をたかりに?行きました。
この日は明太子づくし。大量の明マヨパスタ、その他明太子料理諸々。
ノミ太蔵はこの日も明太子をほぐすという大役?を無事こなし^^;
出来上がった頃には、すっかり味見でお腹いっぱい。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ


以下、おまけ
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。