2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常山 純吟生ひとつ火 春のかすみ酒

ようやく日本酒ネタ。


常山 春のかすみ酒1

『常山(じょうざん) 純吟生ひとつ火 春のかすみ酒』

福井県福井市「常山(とこやま)酒造」のお酒。



常山 春のかすみ酒2

しぼり立ての純米吟醸を一度火入れ後、即瓶詰し貯蔵した春の限定品。
花見用にと買いましたが、今年は結局花見に行けず仕舞いで家呑みです。

ちっちゃい女性陣に囲まれ、両手に(鼻を垂らした)華状態の鼻見酒ですが(^^;)



常山 春のかすみ酒3

薄っすらおりが絡んでますが、よ~く見ないと分かんないレベル。
すべて手洗いで、650kgの少仕込みというちょっと贅沢仕様です。



香りは華やかさ無し。
少~しアルコール臭。

すっきりとした甘味にしっかりとした旨味。
春らしい柔か~い味の淡麗旨口ですね。
瑞々しくきれいな味で、クセも嫌味も無く・・・だけど、ちょっと印象薄い味かも。

個人的にはちょっと物足りない感なお酒でした。
桜の下で呑めばまた違ったのかも知れませんが。


『常山 純吟生ひとつ火 春のかすみ酒 H21BY』
■酒造会社:常山酒造合資会社(福井県福井市御幸1丁目19-10)
 創業:文化元年(1804年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:麹米50%、掛米55%
●使用酵母:-
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:-
●酸度:-
●アミノ酸度:-
●杜氏:栗山雅明(社員杜氏)
●製造年月:H22.3
●価格(税込):1.8L/\2,835- 720ml/\1,418-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 
スポンサーサイト

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 01:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ 麦とホップ やわらか小麦

麦とホップ やわらか小麦

『サッポロ 麦とホップ やわらか小麦』

サッポロビールのクローズドキャンペーン(シール集めて送るやつね)のプレゼント商品(を貰いました)
通常の麦とホップには使われていない「小麦麦芽」を使用した、キャンペーン限定醸造品。
このキャンペーンは終了しています。

同じく小麦麦芽を使用した同社「シルクヱビス」と同様の白基調のデザイン。
ノーマル「麦とホップ」と一緒に呑み比べてみました。

きれいな泡。持ちもいいです。
香りはノーマル版と一緒。
ほんのり酸味を感じさせる香り。

一口呑んだ瞬間から、ず~っと丸くてやわらかい味が続きます。
ほのかにフルーティな爽やかさ有り。
どことなく掴みどころの無い味のようにも思えます。
ちなみにビールとは間違えません(^^;)

これと比較するとノーマル版は随分とトンガリ酸っぱ味に思えるな。
単独で呑んでたら分かんないけど。


『麦とホップ やわらか小麦』
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5%
●価格:-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 

| 麦酒系 | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ 厳選旨口

上唇裏側に口内炎出来かけてる、ちょっとお疲れモードのノミ太蔵です。

まだ遡って更新中です。


厳選旨口

『SAPPORO 厳選旨口』
嫁さんが知らぬ間に買って来て冷蔵庫に入れといてくれた。
「新発売」と積んであったので1本買って来たとのこと。
ありがたや。ブログネタにご協力感謝です。


・・・ところでこんなのあったっけ?


新ジャンル商品(第3ビール類?)ですが、サッポロのサイトには何も載ってません。
PBかな~?と調べてたらやはりニチリウグループ限定の夏向け新商品(5月11日発売)だったようです。


夏らしいブルーの缶には「素材の旨味、キリッと爽快」「国産大麦麦芽にこだわりました」とあります。

スッキリ且つほんのりとした甘味。
割としっかり旨味も感じられます。
そんで後口は爽やか~。
夏向きでスッキリ爽快だけど、軽過ぎない水っぽ過ぎない「普通の」第3ビールという感じです。




『SAPPORO 厳選旨口』※ニチリウグループ限定商品
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5%
●価格:分からないでごじゃる

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 

| 麦酒系 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロファイブスター

黄砂の影響か?
最近、目がショボショボ痒いノミ太蔵です。

滞るブログ更新、パパッと片付けようとは思うものの中々進まず。
もう少しだけビール系ネタが続きますよ。


ファイブスター1
5月12日発売『サッポロファイブスター』
北海道のサッポロビール園でしか飲めないビールを数量限定でコンビニのみで販売。

某ロボット漫画のような名前ですが、歴史のあるビールなんですね。
ちなみに華奢なスタイルのMH(だったかな?)より、水陸両用MSとかAT、CBアーマー、デストロイド系などが好きでした(爆)



ファイブスター2

サッポロビール園がオープンした翌年の1967年(昭和42年)に、当時としては珍しいプレミアムビールとして発売された「サッポロファイブスター」。
とても高い人気を博したとのことですが生まれてないので知りません。
その後、1971年(昭和46年)に復活発売された「ヱビスビール」にプレミアムビールとしての看板は譲る形になり、1972年(昭和47年)に終売。

しかし、2006年(平成18年)にサッポロビール園40周年を記念して、サッポロビール園限定で「サッポロファイブスター」が復刻発売されました。

今回はその限定ビールを家庭で呑めるということで、サッポロさんイイ企画してくれたな~です(^^)



きめ細かいクリーミィな泡の下から、綺麗な苦味とほのかな甘さをを伴ったバランスの良い味。
味自体は濃くないけど、クリアな中にもしっとりとした深みのある味ですね。
後味もスッキリ。綺麗で嫌味・クドさは無く喉ごし良好。
飽きずに呑める味ですね。

ただ、近年のプレミアムビールにある麦々感とか芳醇なアロマホップの香りみたいなのはありません。
レトロな味です。
昭和的と言うか。
ドーンと押しの強さや分かり易い旨さみたいなのは無いけれど、しみじみと味わう良質なビールという感じです。


『サッポロファイブスター』
●分類:ビール
●原材料:麦芽,ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格:500ml/\294- 350ml/\224-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 

| 麦酒系 | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あわぢびーる

淡路ビール
お土産に貰った「あわぢびーる」
淡路島の地ビールです。
製造はユーアールエー株式会社
「ピルスナー、ヴァイツェン、アルト、ケルシュ」の四種があるようです。
貰ったのは謎の花柄とアルト。


あわぢびーる
こっちの花柄はピルスナーでしょうか?
5月30日まで開催されている淡路島花博2010「花みどりフェア」会場で売られてるラベルみたいです。

ほんの~り甘い香り。
しっとりとした甘酸味で、南国フルーツっぽい味がします。
苦味は少ないですね。
しっかりと味はあるのに濃くない、むしろ少々薄く感じる不思議な味。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、酵母
●アルコール分:4.5%
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)




あわぢびーるアルト

こちらはアルト。通常ラベルです。

これも甘いわ。
そして、個人的には少々水っぽい。
カラメルの甘苦感も控えめです。
しかしながらフルーティさはシッカリ。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、酵母
●アルコール分:5%
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)



どちらも個人的には少々ライトで物足りない印象でした。
貰っといてなんですが。
「あわぢびーる」
どうせなら淡路島にちなんで、タマネギビールとか際物もやって欲しいぞ。


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 13:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サントリー 絹の贅沢

一気に片付けようと思ってたけど寝てしまった・・・


絹の贅沢
4月20日発売「サントリー 絹の贅沢」
略してキヌタク?

原材料となる発泡酒の熟成期間を1.5倍とした長期熟成&アロマホップ100%使用の贅沢仕様な新ジャンル商品。
ちょっぴり少ない330ml&京都工場製造で「京都」をプッシュし、謎の贅沢感を演出。

「琥珀の贅沢」に続き、またしてもヱビスを○クったか!と言われるのは承知の上という開き直りを感じますね。
好きですけど。そういうの。


甘濃ですね~。
ググッとしっかり旨味としっとり酸味。
長期熟成故の?落ち着きのある味。
派手過ぎず「くふ~ん」と良い香りが広がります。

ビールとはまた違う旨さですね。
ノミ太蔵は好きな味ですよ。


『サントリー 絹の贅沢』
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:6%
●価格:忘れましたでございます。

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 

| 麦酒系 | 08:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休む日のAlc.0.00%

GWも終わり、少し落ち着いたかな~と思ってたんですが、どうやら現実逃避から生ずる願望的な思い込みだったようで、相変わらずバタバタとした状態が続いています。
これが儲かるバタバタだったら良いんですけど、「貧乏暇なし」とは昔の人は実に上手い事言うよね~とか感心しきりの状態です(^^;)

今日は子供が熱を出したので?ちょっと早く帰って来れましたので晩酌しながら更新を試みてみます。
少し溜まったネタを片付けましょう。
まずは、ちょっと麦酒系から簡単に片付けますよ。(と言いながらノンアルコールから)

いつも簡単やん!という突っ込みは無しで。
もっと簡単に行きますから。


休む日の0.00%
4月14日発売『キリン 休む日のAlc.0.00%』

名前の通りアルコール0.00%のノンアルコールビールテイスト飲料。
キリンにはノンアルコールの「フリー」があるのに、何でまた?と、思ったら、こちらは休肝日にはノンアルコールで肝臓を休めましょう・・・だけでなく、『しじみに多く含まれる成分「回復系アミノ酸オルニチン」を400mg(しじみ900個分に相当)配合』されており、休肝日までわざわざそんなん呑まんでもいいやんと言われるお父さん待望の「肝臓にいいんだよ」と言い張れる商品なのかも。

ノンアルコール系独特の香り。
甘酸味の後、ほんのり苦味。
後味に嫌味は無いかな~。この味は個人的にはまだ呑めるか?
割と重みのある味だけどカロリーオフでヘルシー志向。


『休む日のAlc.0.00%』
●分類:炭酸飲料
●原材料:麦芽、オルニチン、ホップ、麦芽エキス、酸味料、香料、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
●アルコール分:0%
●価格:?忘れた

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(2)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 

| 休肝日にはノンアルコール | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリンラガービール ブラッシュアップ

キリンラガー2010
呑み比べようと思って忘れてました。
3月中旬よりリニューアル(キリン曰くブラッシュアップ)された『キリン ラガービール』
※ブラッシュアップとは「磨き上げる」こと。

 旧 ← → 新

下部のゴチャゴチャした英字や『生』の文字が無くなりスッキリとしたデザインに。
佐藤可士和氏デザインだそうです。


キリンラガー2010 その2

爽やかな苦味とコクです。
旧と比べるとシャープでやや軽くなったかな?
フルーティさも加わったようで、これらはホップ使用量を従来の1.3倍に増量され、ドイツ・ハラタウ産「ヘルスブルッカーホップ」の使用比率が上げられたことによるものでしょうか。
一番搾りほどの変化では無いけど、キリンラガーらしい苦味を残しつつ、より現代的に洗練された印象です。
まさにラベルデザインの変化と同じようなイメージですね。
ノミ太蔵的には良いリニューアルな気がします。
(ラベルは旧の方が好きだったり・・・)


一方、旧の方も呑み比べると、旧きキリンの面影を多分に残した味だなあ。(クラシックラガーほどでは無いけれど)
これはこれで良い気もしますが、旧き味わいはクラシックラガーに任せて、というところでしょうか。



●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5%
●価格:忘れた

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 

| 麦酒系 | 12:59 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

惣邑 純米酒 出羽の里 21BY

ゴールデンうぃ~っく いかがお酒ごしでしたか?

気付けば一ヶ月以上更新してなかったんですね。
4月上旬から仕事が忙しく、家に寝に帰るだけみたいな生活が続いてまして、GWも5月3日からようやく休める・・・と思ったら母方の祖母が亡くなり、なんやかやで今日に至ります。
ようやく少し落ち着いたかな~。
とか言いながら、今日も絶賛出社中でしたが(^^;)

その間、ブログ更新する気力は無くとも、寝る時間を削ってまで晩酌は続けてましたので少しネタが溜まってます。
ぼちぼち更新していきます。



惣邑 純米 出羽の里

『惣邑(そうむら) 純米酒 出羽の里』

山形の新しい酒米「出羽の里」(なんか四股名みたい)を使用した純米酒。

山形には「出羽燦々」という吟醸酒向きの酒米がありますが、「出羽の里」は県が安価で高品質な県産酒開発を目指して育成された新品種。
「吟吹雪」を母に、「出羽燦々」を父に用いて交配され、2001年に「山形酒86号」として育成。
穂長が短いので倒伏しにくく、収量はやや少ないものの葉いもち・穂いもちに強く、寒さにも極めて強いという栽培のし易さや、芯白が大きく原料米を効率的に使える(あまり磨かなくても良い)といった特徴を備え、2005年頃から一般栽培され始めました。

この「出羽の里」を使用した純米酒はいくつかの蔵から、1900円~2000円台前半あたりの低価格帯で発売されてますね。
今回の「惣邑」のは一升2,500円と他の蔵に比べるとちょっと高めですが、他の蔵が70~80%辺りの精米歩合が多いのに対し、「惣邑」は60%とやや高精白だからかな。
ともかく初めての「出羽の里」なので楽しみです。




すっきり澄んだ香り。
冷えてると口当たり軽やかな淡麗な味わい。
凛とした瑞々しく綺麗な味ですね。
水っぽい端麗さではなく、スッキリとした中にも米の味はしっかり感じられる、キレのあるお酒。
温めるとややマイルド傾向になるけどスッキリ感はそのまま。

開栓後数日経つと、スッキリ感は一緒だけど、旨味がスぃ~っとなめらか+しっかりになってるような気が。
最初の一杯だけだと物足りないな~だけど、二杯三杯と呑むほどにじんわり旨さを感じられる味ですね。


個人的にはもっとしっかりとした旨味のお酒が好きだけど、嫌~な感じやクセが皆無のとにかく綺麗な旨味のお酒でした。




『惣邑 純米酒 出羽の里 21BY』
■酒造会社:長沼合名会社(山形県長井市十日町1-1-39)
 創業:大正5年(1916年)
●原材料:米、米麹
●原料米:出羽の里
●精米歩合:60%
●アルコール度:16度
●日本酒度:+2
●酸度:1.5
●製造年月:H22.3
●価格:1.8L/\2,500-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)



惣邑 純米 出羽の里おかず
濃い味もスッキリ流してくれる・・・タイプではなく、ちょっと負けちゃいますね。
逆にあっさりとした肴とは相性が良かったように思います。



惣邑 純米 出羽の里おかず2
・・・・かと思いきや秋刀魚でした(^^;)
これはこれで美味しいんですけどね。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

| 純米・特別純米 | 23:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。