2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

だぢゅー 

だぢゅー1

『だぢゅー 22BY』

醸造元は福島県南会津町、大正9年創業の「花泉(はないずみ)酒造」さん。
かつては「南会醸造」という社名でしたが、平成元年に主銘柄と同じ「花泉」に社名変更。蔵の近くに咲くヒメサユリと桜をイメージした名前だそうです。

で、今回のは『純米酒』・福島県開発の『うつくしま夢酵母』にこだわった特約店限定の新ブランド「ロ万(ろまん)」シリーズのひとつ。
「ロ万」シリーズは『先入観を持たずに飲んでもらいたい』 という想いからスペック非公開となってます。

・一ロ万(ひとろまん)初搾り無濾過生原酒 12月発売
・だぢゅー 二回火入れ 4月中旬発売 
・七ロ万(ななろまん)無濾過生貯蔵酒 7月発売
・十ロ万(とろまん)ひやおろし 10月発売
・ロ万(ろまん)無濾過一回火入れ 通年販売




だぢゅー2

「だぢゅー」とは、裏ラベルにもありますように、蔵のある南会津南郷地区に受け継がれる方言で、親しみを込めた強調語を表す言葉。
『 この酒 (さげぇ) 飲んみゃれ、うんめえ だぢゅー 』みたいに使うそうです。



初日、香り無いな~だったのが、後日呑むと強く無いけどスーっと抜ける清々しい香りが出てきた。
含むと「むわふわっ」とした柔らかく甘い香味が広がります。
バニラのようなメロンのような奥の方にほのかな苦・渋味を伴った甘味が、キュっと締まった酸味が合わさり、とろ~り旨味の「うんめぇだぢゅー」ですね。

花泉のお酒は、餅米を使用した四段仕込みが特徴です。(一般的なお酒は初添→仲添→留添の三段仕込み)
この餅米が「とろ~り」感を作り出してるんでしょうか?
このとろ~りな旨味が口の中を「ぐりゅん」と一回りした後、後半やや辛味にシフトし、ダレずに綺麗に呑めますね。
余韻に米の旨味が爽やかに残ります。

2度火入れなのでキリっとキレ良く、熟成期間がまだ短いのでフレッシュ感も残ってます。
温度が緩んで来ると少々甘クドさがあったかな。



『だぢゅー 22BY』
■酒造会社:花泉酒造合名会社(福島県南会津郡南会津町界字中田440-4)
 創業:大正9年
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/五百万石(喜多方産)、掛米/たかねみのり(旧舘岩村産)、四段仕込み/ひめのもち(下郷町産)らしい
●精米歩合:非公開
●使用酵母:F7-01(うつくしま夢酵母)
●アルコール度:16度
●日本酒度:非公開
●酸度:非公開
●アミノ酸度:非公開
●杜氏:斉藤明
●製造年月:2011年(H23年)4月
●価格:1.8L/2,850円(税込) 720ml/1,430円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



だぢゅ-4
青系の薬味買い忘れた鰹のタタキ。
奥はカレーおでんだぢゅー。(間違った使用例)



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金
スポンサーサイト

| 純米・特別純米 | 03:16 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風が吹く 山廃仕込純米吟醸生酒 うすにごり 22BY

東北地方太平洋沖地震 義援金


風が吹く 山廃しずく1

『風が吹く 山廃仕込純米吟醸生酒 うすにごり 22BY』

福島県会津美里町「白井酒造店」のお酒。
250石規模の小蔵ですが、創業は明和2年(1765年)と歴史があります。
主銘柄は「宮川屋 萬代芳」。



風が吹く 山廃しずく2
面白い字ですね。
まさに風が「ひゅる~ん」と吹き抜けるかのようなイメージ。

「風が吹く」の由来は・・・と調べてたら、ある酒屋さんのサイトにこの題字についての説明がありました。
新シリーズの銘柄を何にしようかと考えていた蔵元が、ある料理屋の障子に貼ってある書を見てビビーン!と来た。「これだ!」黄金色の稲穂が風に揺れる、そんな情景の浮かぶような酒を造りたい。
なんでもこの書は料理屋のご主人が自ら書かれたもの。ならば、とお願いして障子をはがし、酒名・ラベルになったそうです。

「宮川屋 萬代芳」が火入れ、「風が吹く」が生酒と分けられているようです。



風が吹く 山廃しずく3

原料米には地元、自然農法「風」の会によって栽培されたJAS認定会津産無農薬有機栽培の五百万石。
酵母は「M310」(10号酵母の改良版)。



香りは控えめ。ほのかに甘酸っぱく香ります。
うすにごりだけど滓は少なめですね。よ~く見ると霞んでるかな?くらい。

酸味主体で、トロリとした口当たり?
何と言うんでしょう。サラリとしてるようで、湿り気のある「ねっとり感」があるんですね。
派手さの無い、果実様の甘熟味と苦渋味が混ざった深みのある味が、舌の上で「ひゅる~ん」と舞い踊ります。

山廃だけど「らしさ」は少なく、気付かずに呑んじゃいそうなスルスルさ。
しかしながら、よく練れた感のある味は、やはり山廃故かと感じさせます。
濃厚でないけど、いい具合に旨味、深みがありますね~。


燗をつけると甘旨味がゆる~り溶け出しまろやかさUP。
「ひゅる~ん」な風が「にゅる~ん」になった。
これもいいですよ~。

突出した個性がある訳でもなく、ど~んと強い山廃でもない。
ともすれば没個性的な地味な酒になりそうなのに、不思議と気になる味。


会津の田園を吹く風を感じるような、米の素性の良さを自然に味わえる、いいお酒でした。




■酒造会社:合資会社白井酒造店
 〒969-6251 福島県大沼郡会津美里町永井野字中町1862番地
 TEL.0242(54)3022 FAX.0242(54)4867
 創業:明和2年(1765年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(会津産有機栽培 JAS認定)
 自然農法『風』の会栽培
●精米歩合:50%
●使用酵母:M310(明利酵母)
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:+3
●酸度:1.6
●アミノ酸度:?
●杜氏:高橋恒雄(南部杜氏)
●製造年月:2011年(H23年)3月
●価格:1.8L/3,150円(税込) 720ml/1,575円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



風が吹く 山廃しずく4
お土産に貰った鰹の生節と。
ちなみに今、我が家ではお姉ちゃんが「風邪をひく」です^^;





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酒蔵探訪「不老泉 上原酒造」

上原酒造2
「びわ湖こどもの国」の帰りに、そういえばここから近かったハズとカーナビで検索してみると・・・わずか2.9km!
ちょっとだけ父ちゃんのワガママも聞いてくれ!ということで急遽寄り道してきました。
「不老泉」醸造元、上原酒造さん。



上原酒造1
創業は文久2年(1862年)。
初代が酒造用の井戸を掘った際に、お地蔵様が掘り出されたのと同時に水が湧き出し「不老の泉」と名付けられ、現在でも仕込みに使われています。
酵母無添加(蔵付き酵母)の山廃を中心とした、香りの少ない食中酒向きの旨~い酒を醸される蔵ですね。
木槽天秤しぼりや木桶仕込みといった、伝統的な製法にもこだわっておられます。




上原酒造3
蔵の横の水路にはきれいな水が流れています。
酒林もたくさんぶら下がっております。



上原酒造4
こちらが正面の入り口。
所々に古い建物の残る街道から細い路地を一本入ったところ。



上原酒造12
いきなり訪ねてみましたが「商い中」で一安心。



上原酒造5

上原酒造6

上原酒造11

上原酒造7
玄関から入ると見本がズラリ。



上原酒造8
こちらが「不老泉」の酒名にもなりました湧水「不老の泉」。
社長さんがおられまして是非呑んでみてと。
多分、安曇川水系伏流水と思われるとのこと。
そのまま外の水路へと流れ出ています。
う~む、トロリと甘味のある、いかにも旨口の酒になりそうな味^^



上原酒造10
この奥に木桶や天秤があるのですね。
是非、搾りの時に見に来たいなぁ。



上原酒造9
写真撮り忘れたけど、冷蔵庫に全ラインナップ?がズラリ。
どれでも好きなだけ試飲どうぞと嬉しいお言葉^^
では早速と始めるも、すぐに飽きた子供らが逃走開始。
ちょ、ちょっと待て(汗
6種呑んだところで強制退場、諦めてサヨナラT_T

古いお客さんからは、ここ10年ほどで酒が甘くなったと言われるそうです。
でも蔵付きの天然酵母だから、こればっかりはどうしようも無いねぇと。
お話ももう少し聞きたかったんですが。




上原酒造13
この二本買って来ました。
三年熟成原酒(赤ラベル)と渡船。
三年熟成の原酒と加水したのと呑み比べてみましたが、やっぱり原酒の圧勝だった。
雄町も良かったなぁ。No.91も。

ノミ太蔵がいた20分ほどの間にも何組も買いにこられてましたよ。
先に出られた常連らしきおじさんが、ノミ太蔵の持ってる赤ラベル見て
「お!やっぱりそれ買ったか。旨いもんなぁ。ワシもいつもこれや^^」
と、赤ラベル2本リュックに入れてスクーターで帰ってった。
きっとあの夜はこれでお楽しみだったのでしょう。



ブログ書いてて気付いたんですが、ラベルの「不老泉」の文字、泉の字が違うな。
よく見ると老も。
この手の酒名文字は全部使い回しかと思ってたので意外。




●上原酒造株式会社
〒520-1512 滋賀県高島郡新旭町太田1524
電話:0740-25-2075 Fax.;0740-25-5463
定休日:?
銘柄:『不老泉』、『杣の天狗』、『亀亀覇』、『奥琵琶湖』
ホームページ http://www.ex.biwa.ne.jp/~furo-sen/


大きな地図で見る

クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 酒蔵探訪 | 18:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おでかけ「びわ湖こどもの国」

琵琶湖01

ギョロリ・・・

≫ 続きを読む

| おでかけ | 12:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ ホップ畑の香り

ホップ畑の香り1

5月18日発売『サッポロ ホップ畑の香り』

震災以降、各ビールメーカーとも生産縮小を余儀なくされ、新商品どころかレギュラー品ですら製造中断という状況でしたが、久々に新銘柄が登場。



ホップ畑の香り2

ホップー部ではありません。
ホップ一部です。(明朝体にでもしないと違いが分からん^^;)

なんでも ~ 日本初、摘みたての生ホップの香りを再現する新製法を採用した新ジャンル! ~だそうです。
摘みたてホップ使用かと思いきや、あくまで「再現」(香料)なのですね。
しかしながら一部使用されてるホップは、サッポロが14年もかけて開発した「フラノビューティ」という希少な新品種。みずみずしい柑橘系の香りが特長とのことです。

ホップの収穫時期は夏の終わり頃。
よって、摘みたてホップの商品が出回るのが秋頃になります。
だんだん肌寒くなる頃ですね。ビールより日本酒の方が恋しくなる季節です。

むしろ、これから梅雨に向かい、どんどん蒸し暑くなるこの時期にこそ、摘みたてホップの爽やかな味を呑みたいと思ってましたので、この季節に発売というのは嬉しいですね。



お~、清々しい、青々しい香り。
若干わざとらしくも感じなくはありませんが、爽やかさとほのかな甘味を感じさせる香りです。

味は、甘味と酸味がしっかり感じられ美味しいです。
後半もスッキリと爽やかな香りが続き、苦味と共に余韻まで引っ張ります。
軽くならずにしっかり呑み応えも有りながら、スッキリとした爽やかさ。
イイんではないでしょうか。

ただ、最後の方は、この香りのせいか、ちょっと飽きてくるかも。
でも嫌いじゃないです^^




『サッポロ ホップ畑の香り』
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、香料)、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/197円(税込) 350ml/141円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)





ホップ畑の香り3
この日は鰤大根だったので、とっとと日本酒へチェンジ。


福島の酒
今はこの辺りの呑んでます。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 麦酒系 | 22:42 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

郷の清水 純米吟醸 袋吊り雫取り おりがらみ生原酒 22BY

ちょっと間が空いてしまいました。
明治時代よりノミ家に伝わる『皐月十日ヨリ一週間、電脳網接続ヲ禁ズ』の家訓によりネット断ちしていた為です。


郷の清水 雫 22BY 1

では、禁も解けましたので早速お酒の紹介。
『郷の清水(さとのしず) 純米吟醸 袋吊り雫取り おりがらみ生原酒 22BY』


秋田のうんめぇ酒っこのお店「高良酒屋」さんオリジナル酒『郷の清水(さとのしず)』。
昨年、「郷の清水」10周年を記念して初めて「雫取り」バージョンが限定発売されました。
この時のが実に旨かったんですよ~。
 ↓
http://nomitaizou.blog49.fc2.com/blog-entry-818.html


醸造は歩いて10秒(笑)、お隣の「春霞」醸造元、栗林酒造店さんです。


郷の清水 雫 22BY 2

10周年限定だけの企画かと思ってましたが、嬉しいことに今年も発売されました。

ラベルには通し番号入り。
ノミ太蔵のは六番でした。
(今年は27本取れたそうです)


滓の写真撮り忘れた(汗
去年と同じくらいでたっぷりです。



郷の清水 雫 22BY 3

控えめながらス~っときれいな、正に「清水」をイメージさせる澄んだ香りです。

開けたてはピリシュワの刺激もあり。
一口目は苦辛く感じるも、すぐに米の甘旨味がじゅわわ~んと広がり、二口目からは、
んが~!旨いっ!

米の甘旨味主体ですが、爽やかな苦味・酸味が合わさり、華やかな流行の味でもなく、古臭いタイプでもない実に好みのバランス。
果実様でない、まさに米のジュースです。

これが華やか系だったりするとだんだんクドくなるところが、ん~~~~旨い~が続くんですね~。
ぎゅ~っと溢れる旨味、しゅわ~っと広がる苦酸味。
ノミ太蔵のイメージするおりがらみ生原酒の理想系です。
今年も旨かったな~。

来年もありますよね?



『郷の清水 純米吟醸 袋吊り雫取り おりがらみ生原酒 22BY』
■醸造元:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町六郷)
 創業:明治7年(1874年)
■販売店:高良酒屋(秋田県仙北郡美郷町六郷)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(六郷産)
●精米歩合:55%
●アルコール度:17.6度
●日本酒度:+0.5
●酸度:1.4
●上槽年月日:H23.1.17
●製造年月:H23.1
●価格:1.8L/\3,150-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓(9)




郷の清水 雫 22BY 4
筍と冷や奴。
何故か写真撮る時はヘルシーメニュー^^;



郷の清水 雫 22BY 5
お豆腐は「京仁助」の。
ここのも美味しいんですよね~。
トロントロンで濃厚な旨味。
これ150円くらいのでしたが、かなり良かった^^


クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:49 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

巌 純米 五百万石 瓶燗火入れ 22BY

巌 1

『巌(いわお) 純米 五百万石 瓶燗火入れ 22BY』




巌 3

群馬県藤岡市「高井株式会社」のお酒。(酒造とか銘醸とか付かないと酒蔵じゃないみたい)
創業は享保14年(1729年)。
京大卒の経歴を持つ、11代目 高井幹人専務を中心に、日常で呑む旨い酒を醸しておられます。
銘柄は、この「巌」をはじめ、「上州の寒梅」、「十代目作右衛門」、「勝運当選」など。

「巌」の酒名は、日本陸軍の創成期から日露戦争にかけて活躍した軍人「大山巌」元帥に名に由来。
七代目当主が、日露戦争での元帥の活躍に感銘を受け、直接面会の機会を得た際に名を冠する事を許されたことが始まりだそうです。



巌 2

香りは強くありませんが、ほのかにイチゴのような甘酸っぱいイメージ。

味は静かですね。
「巌」の文字・響きからイメージするようなゴツい酒ではなく、スタイルの良い(ガリじゃない)スマートさのある酒。
しっとりとした瑞々しさの奥に、横方向へとスーっと広がるフラットな辛旨味。
透明感がありながらも、スっと通り過ぎない、ねっとり感のある味です。

ただ、開けてすぐは、正直言ってビミョウだな~、あまり進まないな~、なお酒だったわけです。
固い?開いてない?伸びが無い?深みが無い?
燗をつけても同じような印象。
「巌」は、どっしり旨口の酒と聞いていたので、ちょっとイメージしてたのと違うなぁ。


開けてから伸びてくるタイプとのことだったので、ちょっとずつ呑み進めて行ったわけですが、2~3週間経っても、あまり印象変らず・・・


しかぁし、
開けてから一ヶ月後、
ついに来ました。


おぉ、明らかに旨くなってる。
開けたてよりぐぐ~っとノって来ましたね~。
トロリとした旨味ですよ~。
甘味・酸味が柔らかく出て来て、綺麗にバランスしてます。
そして、後半は苦味と共にカッチリ締め、旨味の余韻へと続く・・・
う~む、これで一升2,300円はかなりお買い得なのでは。


・・・・でも、悲しいかな、この時すでに残り一合だったのです T_T
で、よく確かめられず。
多分、この先さらに味がノッて来てたんじゃないでしょうか。
常温放置すれば良かったかも。




『巌 純米 五百万石 瓶燗火入れ 22BY』
■酒造会社:高井株式会社(群馬県藤岡市鮎川138)
 創業:享保14年(1729年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(富山県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会1401号
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:+3.5
●酸度:1.8
●アミノ酸度:?
●杜氏:山口和典(越後杜氏)
●製造年月:H23年(2011年)3月
●価格:1.8L/2,300円(税込) 720ml/1,150円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 純米・特別純米 | 22:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノミ家のGW 2011

鯉のぼり1
GW、皆様いかがお酒ごしでしたか?
ノミ太蔵は暦通りの休みでしたが、(子供には申し訳ないが)休みも夫婦で交互に仕事出てましたので、連休だったのか?よく分からんGWでした。

という訳で遠出もせず、ごく近場でやり過ごしたのでした。
とりあえず端午の節句ということで、近くの鯉のぼり養殖場へ見学に行って来ましたよ。


つづき(注:お酒ネタはありませんよ~。親バカ日記です。)
 ↓
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| おでかけ | 09:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三千櫻 純米薄にごり 春Ver. 呑み比べ

東北地方太平洋沖地震 義援金


三千櫻にごり春 1

『三千櫻 純米薄にごり 春Ver. 渡船&愛山』

以前、三千櫻酒造さんにお邪魔した際に「おためし」として呑ませていただいたのが商品化。
しかも、渡船と愛山の2バージョンッス!
こちらは通常6月出荷に先駆けての春出しVer.。




三千櫻にごり春 2

薄にごりですが、澱はたっぷりですね~。


三千櫻にごり春 3

では早速、上澄みから。

愛山・・・華やかでキュイ~ンと迫り来るチャーミングな香味。
ストレートに旨味がやってきます。スパっと広がりますね。
上澄みですが、やはり薄にごりですのでノーマルVer.より溶け込んだ旨味のクリーミーさがあります。

渡船・・・こっちは静かな香り。
愛山より辛口ですね。そして、香味の出方が穏やか。
甘くて苦くてトータルでは辛くも感じる味がまろやかにまとまり、旨味がじわじわせり出して来るようです。
旨いです。



三千櫻にごり春 4
混ぜ混ぜして・・・

愛山・・・う~ん、まろやかマイルド。
キュワ~ンとさらに愛らしい旨味に。
ふんわりと芳醇な香りと米の甘味がふんわり広がります。
華やかだけど派手ではなく、締める所はキュッと締めた旨味です。
日が経ってから呑むと、味と香りにまとまりが出てきたように感じます。
ただし、どことなく掴みどころの無いぼんやり感

渡船・・・こちらもマイルドクリーミィ。
こちらは華やかさは無く、朴訥な印象もありますが、味に深みと落ち着きがありますね~。
辛旨で純米感たっぷり、かなりいい感じです。
ちょびっと味の膨らみが足りない気もしなくは無いですが、この辺りは夏Ver.で熟れてくるとさらに良くなるんではないでしょうか。

愛山がラベル色通りのギャルっぽい印象なら、渡船は落ち着いた大人の印象。
しかも女性でなく男性的なイメージでした。





『三千櫻 純米薄にごり 春Ver. 愛山(22BY)』
■酒造会社:三千櫻酒造株式会社(岐阜県中津川市田瀬25)
 創業:明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹
●原料米:愛山(兵庫県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会14号
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:山田耕司
●製造年月:H23年(2011年)4月
●価格:1.8L/3,440円(税込) 720ml/1,720円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



『三千櫻 純米薄にごり 春Ver. 渡船(22BY)』
■酒造会社:三千櫻酒造株式会社(岐阜県中津川市田瀬25)
 創業:明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹
●原料米:滋賀渡船6号
●精米歩合:55%
●使用酵母:協会14号
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:山田耕司
●製造年月:H23年(2011年)4月
●価格:1.8L/3,540円(税込) 720ml/1,770円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



去の「三千櫻」記事
・三千櫻 純米 愛山 直汲みVer. 22BY
・三千櫻 純米 愛山 火入れ 21BY
・三千櫻 純米 五百万石 袋吊り生 22BY
・三千櫻 純米責め 花あかり





三千櫻にごり春 5

たらの芽とこごみの天麩羅(全部漢字で書くと高級感UP^^)
春の味覚を春Ver.で。
ウマウマ^^


三千櫻にごり春 6
最近ベジタリアンみたいになってますが、肉もたまに食べてます。
これは新タマとセロリの肉巻き。
混ぜ混ぜにはこっちの方が合うなぁ~。



~~~~ 以下おまけ ~~~~

黄砂1
これは5月3日。
黄砂で山が霞んでる~。


黄砂2
子供達は黄砂から逃れる為シェルターへ
・・・じゃなくて獅子舞が怖いから隠れてるのです^^;



獅子舞1
今年もやって来ました、獅子舞さん。

『伊勢大神楽(いせだいかぐら)』といって、かつては伊勢神宮に直接参拝出来ない地域の家々をお祓いして回ったことが始まりといわれる、およそ600年の歴史を持つ伝統芸能です。
家と竃(かまど)のお祓いをしてもらった後、子供の無病息災・学問成就を願い頭をガブリとやってもらいます。
ノミ太蔵が子どもの頃から、毎年この季節に笛と太鼓の音とともにやってきてガブリとしてもらってたので、実家ではGWの風物詩みたいなもんです。
(でも、頭は良くならなかった・・・)



獅子舞2
恒例のガブリ。
お姉ちゃんは余裕の笑み。



獅子舞3
妹ちゃんは始まる前から「怖い~」連発で泣いてます^^


獅子舞4
諦めたのか、硬直しながらガブリしてもらいました。



過去の獅子舞記事
・2009
・2008
・2007

クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 純米・特別純米 | 23:19 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三千櫻 純米 五百万石 責め “花あかり”

三千櫻 花あかり1

『三千櫻 純米 無濾過生原酒 責め “花あかり” しぼりたて(22BY)』ッス!




三千櫻 花あかり2

年三さん企画(ご要望?)、親爺さんネーミング、三千櫻さん初の責め取り、Sakezukibitoさんとこだけのスペシャル酒ッス。


花あかり?
「花あかり」とは、満開の桜で辺りの闇がほんのり明るく感ぜられる様。
もう散っちゃいましたが、夜桜見物のお供にピッタリ。




三千櫻 花あかり3

裏ラベルにも『T&O Special 責め』の文字が。
このお二人のSpecialな責め。
この絵を思い出してしまいました。
いや、責められてる図ではないんですけどね^^。




それほど立ってませんが、スゥ~っと抜ける綺麗な香り。
トロリとした甘味と、相変わらずしっとりとキレイな酸がシュイ~ン。
後半はギリっとした苦味が出てきて味にしっかり感が増し、トータルでは辛めの味わいです。

今まで呑んだ三千櫻の中では味の出方が強めですね。
濃いって訳でなく、後半ガツッとくる感じです。
でもこれが強過ぎるでもなく、キレイな透明感にじゅわ~んと来る甘酸苦が混じった強さ。旨いです^^


このお酒、開けてから日が経つと味に円みが加わってきますね~。
そして、米の甘旨味がはっきりと出てきましたよ。
う~~、これは良くなってきました。
開けてからすぐのシュっとしたキレある味もいいんですが、この少し緩んできたのも好きだな~。
それでいて三千櫻らしい綺麗な酒質・しんみりな酸は健在。
花あかり、良かったッスよ~。



『三千櫻 純米 無濾過生原酒 責め “花あかり” しぼりたて(22BY)』
■酒造会社:三千櫻酒造株式会社(岐阜県中津川市田瀬25)
 創業:明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会14号
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:山田耕司
●製造年月:H23年(2011年)4月
●価格:1.8L/2,700円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)




過去の「三千櫻」記事
・三千櫻 純米 愛山 直汲みVer. 22BY
・三千櫻 純米 愛山 火入れ 21BY
・三千櫻 純米 五百万石 袋吊り生 22BY





三千櫻 花あかり4
このお酒にはこれを合わせました。
朝堀りのフレッ酒筍。
今年の京筍は、昨夏の猛暑の影響で不作(と、JAのおっちゃんが言ってた)。




三千櫻 花あかり5
木の芽和えと若筍煮。
筍のフレッシュな香味に山椒の風味、「花あかり」に良く合います^^




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 純米・特別純米 | 09:47 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。