2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩の蔵 純米吟醸 しぼりたて生無濾過 23BY

岩の蔵 しぼりたて 1
『岩の蔵(いわのくら) 純米吟醸 しぼりたて生無濾過 23BY』

ゴツい顔した力士みたいな名前ですね~。
『天山、七田』を醸す、佐賀県小城市「天山酒造」さんのお酒。


創業は明治8年(1875年)。
それまでは水車業を営み、製粉・製麺業の他、酒米の精米なども手がけていたところ、廃業する酒蔵から酒造道具だけでなく蔵そのものまで買い取るように頼まれ、やむなく買い取り。ところが蔵を買い取ったことから酒造を始めるらしいとの噂が広まったため、本当に酒造業まで始めてしまったという面白い成り立ちの蔵です。

詳しくは→コチラ




岩の蔵 しぼりたて 2
蔵元の名を冠した「七田」は首都圏・都市圏向きの銘柄であるのに対し、こちらの「岩の蔵」は、地元佐賀県を中心とした九州圏向けの特約店限定銘柄だそうです。
酒名の由来は、酒蔵のある小城町岩蔵の地名にちなんだもの。




ラベルの文字がちょっと見づらいので角度を変えてみましょう。

岩の蔵 しぼりたて 4

お、今回は見やすくなりましたね(^^)
レフ板(dancyu)使用です。


岩の蔵 しぼりたて 3
表記されてませんが使用米は、さがの華、山田錦らしい。ともに佐賀県産です。
「さがの華」は初めてかな。
「さがの華(佐賀酒12号)」は佐賀県農業試験センターにて育成、2000年に品種登録された酒米。
若水と山田錦を交配させた、耐倒伏性に優れ心白の発現率の高い品種。
一般公募にて、華やかな宴にふさわしい佐賀の酒をイメージして命名。



香り過ぎない、爽やかスッキリ香。
しぼりたて新酒らしく、ほのかにピリピリ感があります。
綺麗な甘味にシュワ~っと爽やかな苦味が合わさる、「ムロナマッ!」って感じの生き生きとした味ですね~。
とにかく元気ハツラツゥで走り回るような「生き生き」さでなく、一見落ち着いて佇んでいるようだけど、内に秘める生気が溢れ出すようなエネルギッシュイメージの「生き生き」さです。(←分かりにくいなぁ^^;)

しっかりとした強さとコクがありますね。酸味がくく~っと押し流して苦味が引き締める。
力強くもグイグイと呑みススム味。ん~~、いいですね~。


2~3日経つとピリピリ感も消え、しゅるんとした丸みのある味に。
ふわっと軽めに入り、ぐわァ~とコクと旨味。
これが芯にある旨味の周りを、口の中でふわっと溶ける柔らかい酸味がほんわり包み込む、カドは無いけど丸過ぎない絶妙のバランス。
旨いです~!!


その後、最後の方ではこのふんわり感が消え苦味が目立って来たようで、割と変化のある酒かもしれません。
しかし、あのピークの旨さは好きでした~(^^)


「岩の蔵 純米吟醸 しぼりたて生無濾過 23BY」
■酒造会社:天山酒造株式会社(佐賀県小城市小城町岩蔵1520 )
 創業:明治8年(1875年)
●原材料:米、米麹
●原料米:さがの華(佐賀県産)、山田錦(佐賀県産)
●精米歩合:55%
●使用酵母:?
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:後藤潤
●製造年月:2012年(H24年)2月
●価格:1.8L/3,045円(税込) 720ml/1,535円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)
ピークがもう少し持続すれば+1だったかな~






岩の蔵 しぼりたて 5
冷や奴の塩麹乗せに自家製なめたけ。


岩の蔵 しぼりたて 6
ただいまノミ家で大ヒット中!
早い、安い、簡単、旨い!
出来立ての温かいところを酒の肴に。
翌朝残りを朝ご飯のお伴に(^^)




~~~~~~~~~~~~~~~~

卒園式
今日は上の子の保育園の卒園式でした。
3年4ヶ月お世話になりました。

卒園式2
まだオムツつけてて何ひとつ自分で出来ないところから始まり、今ではすっかり生意気口調のお姉ちゃんに。
知らぬ間に出来るようになってることが多々。
成長著しい3年だったと思います。

ちなみに君が代斉唱はありませんでした。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:57 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサヒ ドライゼロ

ドライZERO 1
2月21日発売『アサヒ ドライゼロ』
アルコール分0%のノンアルコール新商品。

キリンビールの社長が「スーパードライ」に酷似しており誤飲を招くとコメントし物議を醸しましたが、たしかにパっと見はスーパードライですね。
でも、艶がないので普段からビール飲んでる人はすぐに違いには気付くでしょう。
むしろ、見た目より味で。
そして、普段飲まない・飲めない人が飲む場合も(わざわざノンアルコールを飲むシーンというのもあまり無さそうですが)、こんだけ似てたら、逆に「え!?これビールじゃないの??」と慎重になり間違えないような気がします。
むしろ、『0(ゼロ)』表示を大々的にしてる糖質0のアルコール入りの方が間違えそう。




他社製品より少なめですが、ノンアルコールビール特有の飴っぽい香りがします。
シュワっと炭酸強めです。この辺りもはスーパードライイメージかな。
「DRY」と付くだけあって、スッキリ爽快感があり、他のノンアルコール製品と比べると、もったりした嫌味な部分が少ないかも。
・・・でも、やっぱり後からじんわりくるなぁ。嫌な感じ。
しかし、これまでのノンアルコール商品群より酸味と苦味がハッキリしてて、呑みやすい気がします。


「アサヒ ドライゼロ」
●分類:清涼飲料
●原材料:糖類(水あめ、果糖ぶどう糖液糖)、大豆ペプチド、食物繊維、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)
●アルコール分:0.00%
●価格(コンビニ):350ml/147円(税込)だったかな?

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)




ドライZERO 2
呑まないと早いな~。
5分で晩ご飯が終わる(^^;)



~~~~~~~~~~~~~~~

マッサージ
怪し気な商売が始まりました。
「チョットオ兄サン、マッサージシナイカ? キモチイイヨ~」
クイックマッサージ2,000円とは園児にしてはリアル価格設定だ。





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 休肝日にはノンアルコール | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

篠峯 遊々 純米山田錦 無濾過生原酒 23BY

篠峯 遊々1

『篠峯(しのみね) 遊々 純米山田錦 無濾過生原酒 23BY』

奈良県御所市「千代酒造」さんのお酒。
試飲してなかなか酔い感じだったので購入です。



篠峯 遊々2
ラベルの配色が見づらいですね。
ちょっと角度を変えてみましょう。

・・・あんま変わんないですね(^^;

「遊々」というサブネームが付いてます。
(ちなみに「凛々」という純米吟醸雄町もあります)

篠峯 遊々3

篠峯 遊々4


穏やかながら、果実感とミルキーな酸を感じさせる香り。
ほわ~んと漂い奥行きを感じさせるものです。

キュキュっと実に溌剌チャーミングな甘酸が主役の旨口。
まだまだピリピリとしたフレッシュな刺激を残しつつ、まろやかでくく~っと伸びる綺麗な旨味。しっかりコクも感じられ、ほんのり苦味も合わさり、たくさん呑み続けたくなる味です。
華やか過ぎず地味過ぎず、溌剌としながらも懐に「遊々」とした余裕を感じさせる酒。
ん~~~、これはイイですね~(^^)

最後の方は初日に感じなかった辛味とセメ臭がほんの少しあったように思いますが、なかなか酔い好みの味でした。



『篠峯 遊々 純米山田錦 無濾過生原酒 23BY』
■酒造会社:千代酒造株式会社(奈良県御所市大字櫛羅621番地)
 創業:明治6年(1873年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:麹米60%、掛米70%
●使用酵母:協会7号
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●製造年月:2012年(H24年)2月
●価格:1.8L/2,730円(税込) 720ml/1,365円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



◆過去の篠峯記事◆
・篠峯 山田錦 生もと純米 一火原酒 H18BY 約五年熟成





篠峯 遊々5
全方位形ホタルイカ(笑


篠峯 遊々6
〆豆腐はスンドゥブ(辛






クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

十四代 中取り大吟醸 播州山田錦

十四代大吟醸01

『十四代 中取り大吟醸 播州山田錦』たぶん21BY

先日の誕生日の晩酌に呑んだ酒。
冷蔵庫の肥やしになりつつあったので、四十代のスタートに十四代を。ベタですが(^^;)
ちょいと熟していい感じになってるのではと勝手に期待。



十四代大吟醸02 十四代大吟醸03
特A地区産山田錦、35%磨きの大吟醸。
美味しくないはずがありません。


十四代大吟醸04

香りは思ったより穏やか。
色々な果実をミックス凝縮したようないい香りです。

あ~まろやか。抵抗無くするするトロ~ン。
きれいな甘さが思いのほか濃厚な旨味の中に溶け込んでいます。
35%磨きの大吟醸なんかだと綺麗過ぎて物足りないのもありがちですが、これはしっかり旨いですね~。
本当に滑らかトロリの旨味です。(でも粘るようなトロリでなく瑞々しいトロリなんですね)

中盤からはシュッとした苦味が加わり、ス~っと静かに引いて行きます。
でも、スッキリ消え去らずに美味の余韻を楽しめます。
さすがの「むふふ」となる高級感の漂う美味しさですね~。
止まりませんね~。

しかし、しかし・・・、「おぉ!」と感性にビビビン!とくる旨さでは無いんですね。
とか言いながらやっぱり旨~い(^^)



『十四代 中取り大吟醸 播州山田錦』
●酒造会社:高木酒造株式会社(山形県村山市富並1826)
 創業:元和元年(1615年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:山田錦(特A地区吉川産)
●精米歩合:35%
●アルコール分:16%
●製造年月:2010年(H22年)5月
●価格:720ml/5,000円+税くらいだったかなぁ。

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓(9)


◆過去の十四代記事◆
・十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰
・十四代 中取り純米 無濾過生詰





十四代大吟醸06 十四代大吟醸07
カサゴ、ねっとり旨い。


十四代大吟醸05 十四代大吟醸08
ちらし寿司に、大好きな久在屋のお揚げ。


そして、誕生日といえばやっぱこれですね。

十四代大吟醸09
バースデートーフ!(笑

でも火を付けられない。
この状態を数秒しか保てません。
おぼろ豆腐は無理だったか(^^;)






顔
嫁画






クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 恐れ多い純米大吟醸・大吟醸 | 22:55 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近江藤兵衛 純米 無濾過生原酒 22BY

近江藤兵衛 純米 1
『近江藤兵衛(おうみとうべえ) 純米 無濾過生原酒 22BY』

滋賀県湖東、東近江市の増本藤兵衛酒造場さんのお酒。
明治初期の創業で、主銘柄は「薄櫻(うすさくら)」。
80歳を超えるベテラン杜氏、坂頭宝一氏が、40年以上も造りに携わっておられます。


近江藤兵衛 純米 2 近江藤兵衛 純米 3
この「近江藤兵衛」は、創業者、そして現在の当主(何代目か不明)の名である「藤兵衛」から取った限定酒シリーズ。


お~、コクと旨味をたっぷり感じさせる期待の香り。
華やかさはありません。あくまで旨そう系の香りです。

まずは冷えてる状態で。
静かに落ち着きながらもたっぷり目の旨味がどん!
後半、苦辛味がキュッと締め、これはいい味ですね~。
華やか綺麗系好きの人には、ちょっと好みが別れそうな味ではあります。

次にぬる燗で。
酸味が出てきますね。味もさらにしっかり濃い口に。
ほっこり米旨~な、これぞ純米生原酒といったコクと幅のある味。

ノミ太蔵的には常温辺りが一番好みかな。
綺麗でしっかりな米の甘旨味、その奥にあるほのかな苦味。
ぐぐ~っと濃いけど濃過ぎない。
キュッとキレの良い後味。
ん~~、かなり好き系の味でした(^^)



『近江藤兵衛 純米 無濾過生原酒 22BY』
■酒造会社:増本藤兵衛酒造場(滋賀県東近江市神郷町1019)
 創業:明治元年頃(1868年頃)
●原材料:米、米麹
●原料米:玉栄(滋賀県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:?
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:+4
●酸度:1.5
●杜氏:坂頭 宝一(能登杜氏)
●製造年月:2011年(H23年)12月
●価格:1.8L/2,630円(税込) 720ml/1,365円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)




近江藤兵衛 純米 4
好物のツバスとお揚げで幸せ(^^)



40歳の誕生日
そして、今日は何を隠そう(隠してないけど)、ノミ太蔵40回目の誕生日だったりします。
夜は家族がプチパーティしてくれるようですので、そろそろ宴の準備を(^^)







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 17:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新政 低酒精 特別純米 碧蛙 22BY

ず~っと忙しいので、夜パソコンに向かえずバタンQ~が続き、昼休み等にセコセコと書いて予約投稿です。
お返事等レスポンス悪くすみませんm(_ _)m


碧蛙1
秘醸酒 其之参
『新政 低酒精 特別純米 碧蛙(アヲガエル)22BY』

新政の実験的な小仕込み「秘醸酒」シリーズ。
風水四神をテーマに造られてるそうです。
・白麹仕込みの「亜麻猫」
・貴醸酒の「茜孔雀」
・「茜孔雀」再仕込み貴醸酒の「紫八咫」
・乳酸無添加の「翠竜」
なんかがあるみたいです。(全部呑んだ事無い^^;)


碧蛙2 碧蛙3
で、この碧蛙は「低酒精」、すなわち低アルコールの日本酒。
その狙いとは・・・
こちらを拡大して読んでね。
 ↓
碧蛙4
「酒母の製法を応用して造った」とありますね。
段仕込みじゃない一発仕込みでアルコールの生成を抑えたってことなんでしょうか???

今回の22BYは初年度ということで特に実験的な存在。
(ゆえに秋田県限定500本のみ販売)
どんな味か気になりますね~。


香りはやや少ないかな。ほんのり爽やかな酸を感じさせる香り。
味は、軽く優しい甘酸味。
存在感のある柔らかい甘味です。
日本酒度-10という数値ほどベッタリとした甘味ではなく、酸味といいコンビで軽やかに爽やかに呑めます。
やまユにも通ずる、なめらかしっとり酸だな~。
また、軽いとは言っても淡麗な軽さではなく、しっかりと酒の厚みを感じつつも水のようにス~っと入る軽やかさ。
呑みやすいと言うより、常に優しく、アルコールを気にしないで呑めるような感じです。
見事にコンセプト通りですね~。


でも・・・、ん~~~~~~~・・・・・びみょう?

しっかり味はあるようでいながら、どうも中盤以降、霞を掴むような捕らえ所の無さ。
口に入ったところまではいいんだけど、その後がふにゃふにゃ~と消えていくようで、ちょっと物足りないかなぁ~。
そして、最後の最後にちょっとクセのようなものが。

これは個人的な好みかもしれません。どっしり旨口のほうが好きなので。
さらには瓶詰め後、半年近く経ってるので、出荷直後の風味とは違ってるかも知れません。


しかし、この軽快でいながら味のある呑み口はとても面白いお酒です。
低アルコールで旨い酒をというコンセプトもいいし、さらに進化するであろう23BYにも期待してるケロ




『新政 低酒精 特別純米 碧蛙 22BY』
■酒造会社:新政酒造株式会社(秋田県秋田市大町6丁目2番35号)
 創業:嘉永5年(1852)
●原材料:米、米麹
●原料米:酒こまち(秋田県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:六号酵母
●アルコール度:12度
●日本酒度:-10
●酸度:2.0
●製造年月:H23年(2011年)10月
●価格:720ml/1,400円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)




碧蛙5
こんなノミ家のような和風なおかずにはちょっと合わない気が。
もっとオシャレ~な肴の方がいいかも。







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くどき上手 旬のにごり酒 つや姫 23BY

つや姫6

『くどき上手 旬のにごり酒 つや姫 23BY』
(撮る前に呑んでしまった^^;)

初くどきです。
「未だくどかれてません」などとコメントしてたら、年三さん三千櫻合宿の際に「お土産!」とわざわざ買って来て頂きました。
ありがたく頂戴致します(^^)



つや姫2
「つや姫」ってこの酒のペットネームかと思ってましたが、米の品種名だったんですね~。
2008年に推奨品種に採用された、山形県が目下売り出し中の食米。
コシヒカリを上回る食味特性を持つ、とてもおいしいお米だそうです。
いつも地元米ばかりなので全然知りませんでした。


つや姫4
まずは上澄みを。
うふふ~んとろ~ん、まろやかな丸い甘味ですね~。
香りも品の良い程よいフルーティな吟醸香。
初っぱなから口説かれそうです。
かなり甘いんですけど、苦味や辛味も上手く溶け込んでいて、クドさの無い甘さです。


つや姫5
続きましてまぜまぜ。
ん~~、ミルキーな濃厚な旨味が加わり、ますます口説き落とされそうです。
綺麗で嫌味の無い甘さ・旨さ。
後半の苦辛味も増したようで、キレも上々。
本当に甘味の割にしつこさを感じさせない味です。
旨いですね~。

2日目、ちょっと香りが和らぎ辛味が増して来ました。
日本酒-5ほどには甘味は感じませんね。

3日目、底だまり。さらに辛味増した感じ。
甘味が減った分、後半ややアルコール感が出て来た気が。
早めに呑み切った方がいいのかな?



ともかく初くどき、美味しく口説かれました。
他のも呑んでみたいですね。
本当にありがとうございますm(_ _)m




『くどき上手 旬のにごり酒 つや姫 23BY』
■酒造会社:亀の井酒造株式会社(山形県鶴岡市羽黒町戸野字福ノ内1)
 創業:明治8年(1875年)
●原材料:米、米麹
●原料米:つや姫(庄内産)
●精米歩合:50%
●使用酵母:小川10号、M310
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:-5
●酸度:1.3
●杜氏:今井俊治(社長兼杜氏)
●製造年月:H24年(2012年)1月
●価格:いただき物につき不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




つや姫3
2日目ですかね。
鰯の甘露煮。
こんなのと合わないかな~と思いましたが、意外と好相性でした(^^)



~~~~~~~~ 本日のおまけ ~~~~~~~~

京都水族館2
明日3/14オープンの京都水族館、一足早く内覧会に行ってきました。
 ↓
 ↓

≫ 続きを読む

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山崎醸 純米吟醸生原酒 春の蔵出し 23BY

山崎醸 春01

『山崎醸(やまざきかもし) 純米吟醸生原酒 春の蔵出し 23BY』
(ホントは山+立+可の「さき」だけど、文字化けしちゃうようなので「崎」で代用してます)

Sakezukibitoさんとこの頒布会酒(2月号)です。
愛知県西尾市「山崎合資会社」さんの春の限定酒。
「奥」や「幻々」、「尊皇」といった銘柄がありますが、「山崎醸」は香味バランス重視の食中酒向きっぽい?最も新しい銘柄。
蔵元自らの名を冠しているところからも、この銘柄への意気込みを感じます。
「やまざきかもし」平仮名で書くとあまり格好良く感じませんが、読んでみると実にカッコいい響き(^^)



山崎醸 春02



山崎醸 春03


薄っらほわわ~んと、何とも春うららなイメージの香り。
つるりなめらかな口当たり。
つややかな丸みのある旨味が舌の上を「するりん」と滑っていきますね~。
後口はほんのり辛味で、す~っと綺麗に締めます。
香り同様、ほんわか春うららな、優しくしっとりとした綺麗な味乗りのお酒です。

「奥」みたいな味香りド~ンではなく、しっかり旨味を感じさせながら柔らかく軽やかさも併せ持つ、とても品のあるバランスの良いお酒ですね。
もう少し待って、花見に持っていきたいような味でしたね(呑んじゃいましたが)
春の山菜なんかで呑むと、とても合いそうでした。


『山崎醸 純米吟醸生原酒 春の蔵出し 23BY』
■酒造会社:山崎合資会社(愛知県西尾市西幡豆町柿田57)
 創業:明治36年(1903年)
●原材料:米、米麹
●原料米:夢山水(愛知県産)
●精米歩合:55%
●使用酵母:?
●アルコール度:16度
●日本酒度:+1.5
●酸度:1.7
●アミノ酸度:1.0
●製造年月:H24年(2012年)2月
●価格:1.8L/2,835円(税込) 720ml/1,365円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



◆過去の山崎合資会社のお酒記事◆
・奥 夏かすみ吟醸生 22BY
・奥 熟成生原酒 2009BY






山崎醸 春 おかず
嫁さんが体調悪く寝込んでたので、自分で市販の黒胡椒焼きのタレか何かで炒めたものだったかな。
濃厚ピリ辛過ぎだったので、ちょっとお酒が負け気味。早々に引っ込めたような…。
菜の花の芥子和えなんかで呑みたいな~と強く思ったのを憶えてます。

後日、残りを白和えだかお浸しで呑んだら、あ~これこれ!こんなのがいいよ~!って感じでした。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 06:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

星自慢 特別純米 無濾過生原酒 23BY

星自慢2

『星自慢(ほしじまん) 特別純米 無濾過生原酒 23BY』


福島県北西部の喜多方市「喜多の華酒造場」のお酒。
創業は大正8年(1919年)、2007年より自ら杜氏も務める現当主「星 敬志」氏で三代目となる蔵です。
銘柄は「喜多の華」、「金澤屋」、そしてこの「星自慢」など。
由来はもちろん「星さん自慢の酒」という意味で、日本酒プロデューサー中野 繁氏の命名だそうです。



星自慢4

星自慢3
掛米が「タカネミノリ」となってますね。これは初めてかも。
酒米ハンドブックで調べてみる(ノミ太蔵も買いました^^)
・・・載ってない(^^;)
「たかね錦」はありましたけど。

もう少しだけ調べてみる。
秋田県農業試験場で育成された食米。昭和59年(1984年)推奨品種として「あきたこまち」と同時にデビュー。
「あきたこまち」が比較的温暖な平野部での栽培に適しているのに対し、「たかねみのり」は寒さに強く、山地・高地向きの品種。漢字で書くと「高嶺実り」だそうです。
しかし、収量が多く、だんだんと高地での栽培法も確立されてきた「あきたこまち」に押され、マイナー品種になってしまったようです。



ではでは、「たかねみのり」の勉強も終わったところでいただいてみましょう。

やや控えめの、しっとりとした酸を思わせるいい香り。
呑み口もしっとり爽やか~。
静かで落ち着きのある酸味ですね。
軽爽やかの後に旨味と苦味がしゅわ~っと出てきます。
ん~、もうちょっとコクが欲しい気もしますが、スイスイいける美酒ですね~。
スイスイの中にもしっかり旨味を感じます。
日本酒度-1よりは辛口に思えますね。

欲を言えば、もう少し味に波が欲しい気がします。
美味しいんですが、少し抑揚に欠けると言うか平坦と言うか・・・
呑んでて、2杯目3杯目となっても変わらず坦々というイメージです。

もちろん変わらぬ酒質・味というのは、よく出来たお酒であるとも言えるわけでして。
ま、これは個人的な好みだし…、何か訳の分かんないことゴチャゴチャ言ってスミマセン。


『星自慢 特別純米 無濾過生原酒 23BY』
■酒造会社:合資会社喜多の華酒造場(福島県喜多方市字前田4924)
 創業:大正8年(1919年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(麹米)、タカネミノリ(掛米)
●精米歩合:麹米50%、掛米55%
●使用酵母:9号系
●アルコール度:18度
●日本酒度:-1
●酸度:1.7
●杜氏:星 敬志(蔵元杜氏)
●製造年月:H23年(2011年)12月
●価格:1.8L/2,520円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)




星自慢5
トマト高いです~(^^;)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金

| 純米・特別純米 | 22:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

亀の尾蔵舞 2011

亀の尾 蔵舞1

『亀の尾蔵舞(かめのおくらぶ)2011(23BY)』
買い物に行ったら試飲販売してたので、1本購入。

京都府北部、丹後半島の真ん中辺り「竹野酒造」さんのお酒。
昭和22年創業と比較的新しい蔵です。
主銘柄は、蔵のある弥栄町にちなんだ「弥栄鶴(やさかつる)」(だったと言うべきか?)

2009年(21BY)より、まだ20代の若き次期蔵元:行待佳樹氏が杜氏を務めています。
東京農大を卒業後「常きげん」の鹿野酒造、あの能登四天王の一人農口杜氏の元で蔵人として修行。
蔵に戻り、先代杜氏の引退に伴い杜氏就任。
初年度こそ、造りに迷走があったようなことが書かれてますが、2年目の2010年には、この亀の尾蔵舞で全国酒類コンクール純米部門1位を獲得。
まだまだお若いので今後にも大いに期待出来ます。



蔵舞パンフ
「蔵舞(くらぶ)」は、酒米のそれぞれの旨味を引き出したこだわりの純米酒シリーズ。
亀の尾蔵舞(亀の尾)
旭蔵舞(旭)
祝蔵舞(祝)
錦蔵舞(山田錦)
祭蔵舞(祭り晴)などがあります。

「弥栄鶴」が地元密着イメージなのに対し、こっちは都会を向いてるのかなぁ?
サイトでもこの「蔵舞」がメインになってるし。


亀の尾 蔵舞2
いたる・・・


亀の尾 蔵舞3
ところに・・・


亀の尾 蔵舞5
米の生産者さんの名が入っています。
(本田さんの名前が、首のラベルと、裏ラベル・添付カードで違うのが気になりますが)

この亀の尾蔵舞だけでなく、他の酒も生産農家さんにスポットを当ててますね。
それぞれの酒の成り立ち・解説にも詳しく書かれてます。
生産農家も含め、丹後の地酒「弥栄鶴・蔵舞」として売っていこうという姿勢の表れかな。



香り、ケバケバしさの無い可憐な華やかさ。
口当たりはまろやかでややトロり、甘い果実系の綺麗な香味です。
昨年12月上槽の23BYですが、火入れということもあり既にじっくり呑める落ち着き具合。
甘く爽やかな香りと、しっかりコクのある旨味が見事に調和。
そこへ舌の上をするんと滑る酸味が加わり、最後に亀の尾らしい苦味。
んん~~~~、美味しいです!

亀の尾蔵舞は、「日本酒に馴染みの無い方へ初めての日本酒として」
とありますが、たしかに呑みやすく分かりやすい美味しいさです。
でも初心者が満足するだけで終わる酒ではなく、中級者、上級者の人が呑んでも十分満足出来るお酒でしょう。
と、永遠の初心者ノミ太蔵は思うのでした(^^;)




『亀の尾蔵舞 2011』
●酒造会社:竹野酒造有限会社(京都府京丹後市弥栄町溝谷3622-1)
  創業昭和22年(1947年)
●原材料:米、米麹
●原料米:亀の尾(京都丹後産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:K-1801?
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:行待佳樹
●製造年月:H24年(2012年)2月
●価格:1.8L/2,730円(税込) 720ml/1,365円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)


◆過去の竹野酒造のお酒記事◆
弥栄鶴 山廃純米60





亀の尾 蔵舞4
そろそろ梅も見頃を迎えますが、まだまだ寒いですね。


亀の尾 蔵舞6
ということでまだまだ湯豆腐が美味しい^^
亀の尾蔵舞、派手過ぎない香味で湯豆腐でもOKです。





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロイヤルビター&麦のごちそう

ロイヤルビター
2月14日発売『サントリー ザ・ロイヤル・ビター』

「しっかりとした苦味と、調和したコク・旨味」が特徴の麦芽100%生ビール。
(コンビニ限定)
缶のイメージより淡い色合い。
ふふんと際立つフルーティで強い苦味。
きめ細かで上質な苦味ですね~。
口当たりはまろ~んとして、しっとり系。
味は深い・・・感じはあるんですけど、幅というか厚味が無いというか。
この存在感のある苦味(&価格)にしては、ぐぐっと来るものがちょっと足りない気がします。
もう少し、コクがあると尚好きかも。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:6%
●価格(コンビニ):350ml/247円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)




麦のごちそう
もう一本、2月22日発売『キリン 麦のごちそう』

「日常の食卓の幸福」をテーマにした「コク・麦のうまみがありながら、酸味や雑味が少なく、飲みやすい“やわらかいうまさ” が特長」の新ジャンル商品。

口当たり、ちょびっとトロリ甘口。
酸味は結構ありますね。
「麦ごち」という名前だけに、もう少し麦の味がダイレクトに来るタイプかと思ってたけれど、思いのほか頼りない感じです。
でも、嫌味なく呑める味ですね。・・・あ、後からじんわり麦感が出て来ました。
やわらかくてフルーティな麦感。
がっつり呑むぞ~!とうよりは、肩の力を抜いてゆるりと呑める、リラックス系の味でした。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ、糖類)、大麦スピリッツ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):350ml/141円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、本日は全国的に3月3日の様子!
ということは、
♪今日は楽しい~・・・



餃子1
餃子の日~♪

耳の日にちなんでかどうか分かりませんが、王将の安売り餃子でした。


餃子2
冷蔵庫に残ってた季節外れの秋味さんにも登場してもらいました。
ちょっと熟成失敗気味の変な味でした(^^;)もちろん賞味期限切れデス…




餃子3
お雛様は本日飾りました~。
例によって一ヶ月遅れです。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長良川 立春朝搾り 純米吟醸生原酒 23BY

長良川 立春搾り23BY 1

『長良川 立春朝搾り 純米吟醸生原酒 23BY』

昨年も呑みましたSakezukibitoさんとこの頒布会のお酒。

昨年は、思いもよらぬトラブルで「うすにごり」直汲みのレア仕様でしたが、今年は大丈夫だったようです(^^;)


長良川 立春搾り23BY 2

香りは・・・奥の方に、わずかに・・・あるかな?
控えめです。
スルリと軽く入るスッキリ辛味で始まり、徐々に「んふふ~」と丸みのある旨味が顔を出します。
その旨味の余韻を残しながら、軽やかに引いていきますね~。
上澄みはシャープ、底の方は少し滓が絡んでまろやかテイスト。

ほのかに爽やかフルーティ&しぼりたてらしいキュッと締まりのあるキレ辛酸味&その奥に広がる旨味、いいバランスですね。
去年のより好みです(^^)タブン…


『長良川 立春朝搾り 純米吟醸生原酒 23BY』
■酒造会社:小町酒造株式会社(岐阜県各務原市蘇原伊吹町2-15)
 創業:明治27年(1894年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(岡山県産)
●精米歩合:50%
●使用酵母:自社酵母(香気性酵母)
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:金武直文(蔵元杜氏)
●製造年月:H24(2012年)2月4日
●価格:1.8L/3,150円(税込) 720ml/1,575円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)





長良川 立春搾り23BY 3
おつまみセットとお好み焼きの残り。



長良川 立春搾り23BY 4
(^^)


長良川 立春搾り23BY 5
たなくじも大吉でした♪
しかもLLサイズ。
特に何も無かったけど(笑





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:49 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。