2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒呑童子 純米吟醸原酒 『赤の大鬼』 ひやおろし 23BY

大鬼 ひやおろし 1

『酒呑童子 純米吟醸原酒 『赤の大鬼』 ひやおろし 23BY』

京都府北部、天橋立のほど近く、ハクレイ酒造さんのお酒です。
お盆に買って呑んだものですが、もうひやおろし!?
随分早いな〜。



大鬼 ひやおろし 4
主銘柄は「白嶺」、「酒呑童子」など。
今回の「酒呑童子」は、蔵の近くの「大江山(おおえやま)」に伝わる鬼伝説に由来したもの。
平安時代、京の都を荒らし回った大江山の鬼「酒呑童子」を、山伏に化けた源頼光が、酒呑童子を酒に酔わせて騙まし討ちに退治したという話。
大江山連峰の湧き清水により酒を醸されています。


大鬼 ひやおろし 2 大鬼 ひやおろし 3
この「大鬼」は、「大江で地酒を作る会」栽培による五百万石を使用した純米吟醸。
春には生詰の「青の大鬼」として、秋にはひやおろしの「赤の大鬼」として出荷されます。ラベルも栽培者有志による、木版画の手刷りです。


香りは、ちょっとレトロな「これぞ地酒!」って感じのもの。
純米吟醸ですが吟醸香は全く無し。

口当たりはヌルっとなめらか。
かなり濃厚な、味わい重視のお酒です。
五百万石でこの味はかなり濃いですね〜。
みずみずしさを残しつつ、トロ〜ンと練れた旨味です。


開けてすぐの常温。
最初は甘旨なんだけど最後はキリっと辛く、どっしり濃いのにするりと流れる。
でも後から「グワッ」っと、多様な旨味が「鬼」のように攻め立てて来ます。
味が多いと言うよりは、味が出過ぎて、ややクドく感じるかな〜。
ちょっと置いといてみることに。

開けてから約1週間後、冷えてる状態。
酸味がハッキリしてます。
味も濃厚さはそのままに、ちょっと落ち着いてまとまり感。
米の旨味と完熟ブドウの酸味を合わせたような味ですね〜。

燗してみますと、味の出過ぎ感は無くなり酸味が効いてていい燗じです。
味は濃いけど重くなく、なかなかいいですね〜。
暑いけど(^^;)

まさに「大鬼」という名にふさわしい、ガッツリ濃厚芳醇な強いお酒でした。



『酒呑童子 赤の大鬼 純米吟醸原酒 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:ハクレイ酒造株式会社(京都府宮津市字由良949)
 創業:天保3年(1832)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(大江町産)
●精米歩合:60%
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:+4
●酸度:2.0
●製造年月:2012年(H24年)8月
●価格:1.8L/3,465円(税込) 720ml/1,733円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)


◆過去の「ハクレイ酒造」のお酒◆
・酒呑童子 ひょうたんからこま




大鬼 ひやおろし 5
スーパーで湯引きされて売ってるのは、旨味抜けてパサパサだなぁ。
面倒でも自分でやった方がいい。







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012 秋のビール4種呑み比べ

日本の夏の終わりを告げる風物詩? 秋のビールの季節です。
今年はついに(初めて?)国内大手4社全てから秋商品が出ました〜!
(サッポロはちょっとコンセプト違うけど)


2012秋ビール 1

というわけで、先週から発売されてたのもありますが、4種揃うまで我慢我慢・・・・
で、全部揃ったところで待ちに待った呑み比べです。
(嘘、秋味だけは何本か呑んでます^^;)


う〜ん、並べる順番全く考えてなかった・・・


左から
・サッポロ『日本の彩(いろどり)PREMIUM 秋の幸』
 ビール 8月29日発売(コンビニ限定)

・アサヒ『秋宵(あきよい)』
 リキュール(発泡性)(1) 8月21日発売

・サントリー『旨味たっぷり 秋楽(あきらく)』
 リキュール(発泡性)(1) 8月21日発売

・キリン『秋味(あきあじ)』
 ビール 8月22日発売

 つづき
  ↓

≫ 続きを読む

| 麦酒系 | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泡波

泡波 1

『泡波(あわなみ)』

日本最南端「波照間島」で唯一醸造される泡盛であるとともに、(安価で)入手困難な「幻の泡盛」として知られるお酒。

夫婦二人(+息子さん?)の家族経営。
島民が呑む為にだけ造っているので極端に製造量が少なく、故に「幻の泡盛」となりプレミアムな価格で取引されるようになってしまったそうで。
現地ではこの600mlも数百円なのに、島から離れるほどにその価格は倍々ゲームの様相を呈し、本州にたどり着く頃にはとんでもない価格に。
直売は無く、不定期に島の売店に並ぶそうで、現地で手に入れる為に1ヶ月も島に滞在する人もいるとか。

両親が石垣島旅行に行った際に、一度呑んでみたいので運良く売ってたら買って来て〜と期待せずに頼んどいたものですが、何軒か酒屋を回ってGETして来てくれました(感謝)
波照間島までは行ってないので、石垣島価格での購入だったようですが、「泡波」だけ鍵付きのケースに入れられてたそうです(^^;)



泡波 2 泡波 3

泡波 4
創業当時、粟(あわ)で造っていた事から「泡波」という何なったそうで。
待ってる人が多いので熟成はさせず出来たところを新酒で出荷。
瓶熟成を試みる・・・衝動に駆られましたが、呑みたい衝動には勝てずとっとと開けてしまいました。


むわんと広がる、泡盛らしいみっちり酸と穀物香。
口当たりはトロリとやさしく、ホクホク芳ばしい甘旨味が来たかと思うとすぐにクワっと苦辛味。
さわやかで呑みやすい泡盛です。
よく言われる変な言い方「普通に美味しい」がピッタリはまりますね〜。



泡波 5
氷を入れるとさらに爽やかさも感じられます。
水割りは、鼻に抜ける風味は薄まらずに呑みやすくなるんですけど、味自体は薄まっちゃってちょっとドライに。
水割りよりはストレートorロックの方が好みですね。


泡波 6
シークヮーサー投入!
ん〜、爽やかな和風南国柑橘系、泡波にも合いますね〜。
水割りでちょっとドライになり面白みに欠けるかなぁとなっていたところに、いいアクセントです。

残り1/3、大事にゆっくり呑みます。
取り合えず1年放置してみよう。




『泡波』
■酒造会社:波照間酒造所(沖縄県八重山郡竹富町字波照間156番地)
 創業:昭和28年(1953年)
●原材料:米こうじ(タイ産米)
●アルコール度:30度以上31度未満
●杜氏:波照間忠夫
●製造年月:H12年(2012年)3月31日
●価格:600ml/?円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 焼酎・泡盛 | 22:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿櫻 山田錦仕込み 純米吟醸無濾過生原酒 23BY

阿櫻 ピンク 山田錦 1 阿櫻 ピンク 山田錦 2

『阿櫻(あざくら) 山田錦 純米吟醸無濾過生原酒 23BY』

静岡酵母(HD−1)の秋田版「秋田今野No.15a(HD-1) 」使用のお酒です。
出てすぐはちょっと硬いかも〜との事でしたが、そろそろ呑み頃?との事で購入。


ピンクの艶かしいロゴから、もっとぷ〜んと香りそうなイメージだったけど、それほど・・・というよりかなり控えめな感じですね。
スッキリ爽やか柑橘系っぽい香り。

するりんなめらかしっとり〜んな口当たり。
爽やかな酸味主体のスッキリ旨口。
夏酒?と思わせる、きゅるきゅる瑞々しい酸味がいいですね〜。
そして、この滑らかな柔らかい旨味、呑み口。
どこかほっとする秋田酒らしくて好きです。

全体には軽やかながらも、旨味はしっかり感じられ、スッとキレ良し。
特に喉ごしが好印象。
呑んだ瞬間に「おぉ!」とは来ないけど、喉元を過ぎる辺り〜余韻に至るところが好き。
よく冷えてる状態より、ちょっと緩んだくらいがすこぶるいい感じです。
でも、最後の最後にちょっとアルコール感が残るかな?

夏酒じゃないけど、爽やかでキレ良し、この季節にピッタリな味わいでした。




『阿櫻 山田錦 純米吟醸無濾過生原酒 23BY』
■酒造会社:阿桜酒造株式会社(秋田県横手市大沢字西野67-2)
 創業:明治19年(1886年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:50%
●使用酵母:秋田今野No.15a(HD-1)
●アルコール度:16度
●日本酒度:+2
●酸度:1.9
●アミノ酸度:1.0
●杜氏:照井俊男(山内杜氏)
●製造年月:2012年(H24年)5月
●価格:1.8L/3,400円(税込) 720ml/1,700円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)


◆過去の「阿櫻」記事◆
・阿櫻 亀の尾仕込み 生詰原酒 21BY
・阿櫻 純米80生詰 美郷錦 21BY
・阿櫻 特別純米 無濾過原酒火入れ 21BY
・裏阿櫻 純米大吟醸 無濾過原酒「隠し酒」


阿櫻 ピンク 山田錦 3
アナゴの炙り刺しだったかな?
美味しかったのだけしっかり憶えてます(^^;)



今朝は、冗談抜きでよけて歩かなきゃならないくらいトンボがうじゃうじゃ飛んでました。
もう秋がそこまでやって来てますね〜。
昼間はまだまだ暑過ぎ(=_=;)ですけど。





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仙禽 かぶとむし

かぶとむし 1

『仙禽(せんきん) かぶとむし』

雄町50%磨きの夏(休み?)酒です。



かぶとむし 2
虹色かぶとむしが輝いてますね〜。
(でもこのスタイル、ノミ太蔵的にはゾウムシに見える・・・)


かぶとむし 3

無濾過ということでかなり滓も混ざってます。

酸味と穀物感を思わせる香り。

ゴクリと一口。
おぉ!酸っぱい!
酸味しゅわじゅわたっぷりですね〜。
でも「酸っぺー!」じゃなくて、甘味旨味の溶け込んだ、トンガリ感の無いしっとり艶やかな酸味です。
なめらかトロリで呑み応えもあり。
ボリューム感のある旨味を感じながらも、すっきり爽やかに引いていきます。
このあたりは加水調整による、夏酒らしいバランスになってますね。

後口にみっちり系白ワインのような、中華風果実のような(nameさんが「アンズ」って表現されてましたが、まさにそんな感じ)、どことなく懐かしい風味が残ります。
なんとなく、子供の頃の駄菓子屋で食べた「何か」のような風味にも感じる・・・。
「かぶとむし」イメージで、そんな風に思いたいのかも知れませんけど。

酸味と旨味が美味しい、どこか懐かしい夏酒でした。



『仙禽(せんきん) かぶとむし』
■酒造会社:株式会社せんきん(栃木県さくら市馬場106)
 創業:文化3年(1806年)
●原材料:米、米麹
●原料米:雄町
●精米歩合:50%
●使用酵母:?
●アルコール分:15度
●日本酒度:-5くらい
●酸度:+3くらい
●製造年月:2012年(H24年)6月
●価格:1.8L/2,800円(税込) 720ml/1,400円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




かぶとむし 4
タレの味と食感はなかなか・・・


でもやっぱりコンニャクでした。







ノミ家の夏休み2012

2012夏

子供の頃から変わりません。田舎の夏休み。



裏ラベルにあった
『あなたの少年時代はいつですか』の問いかけ。

大人になりきれないノミ太蔵は、いつだって少年時代みたいなものなんですが、
(少年と呼ぶには腹に額に脂が乗り過ぎてて、いささか抵抗がありますが)
やっぱり小学生の時、特に夏休みが一番少年してたかなぁ。
一日がすごく長くて、いろんな事がたくさんギュっと詰まってて、
毎日新しい発見・驚き、明日は何があるだろう?のドキワク感。
ちなみにカブトムシはザコキャラだったので、見つけても誰も獲らない・・・

そして今、自分の子供たちを見てると、あの頃の一生懸命さが懐かしい&眩しい。
朝ラジオ体操に行く時も「行ってきま〜す!」と元気に玄関を出ると、公園まで全力疾走。(単に遅れそうって時もありますが)
泣くのも、笑うのも、遊ぶのも、話すのも、常に一生懸命。
明日に期待はあっても心配なんてない。
毎日が[冒険」の連続。
それが、大人になるにつれ、打算的になり、先を考えて、リスクを避けて・・・
なかなか「冒険」出来なくなってしまいました。

・・・な〜んて、ちょっとおセンチな事を考えながら呑んでしまいました。

せめて、お酒は色々「冒険」して、新しい発見・出会いを楽しみたいなぁと。







最後にワタクシの少女少年時代の思い出の一コマを少し・・・(^^;)

少女時代








クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信濃鶴 特別純米 無濾過生原酒 23BY

信濃鶴 特純生 23BY 1 信濃鶴 特純生 23BY 2
『信濃鶴 特別純米 無濾過生原酒 23BY』

コスパに優れる美味しいお酒として知られる?信濃鶴。
なぜか特別純米だけ生酒で発売されてませんでしたが、今期(23BY)より無濾過生原酒が登場。
しぼりたてでなく、少し寝かせてからの発売ですね。


鶴つるしゅる〜ん
澄んだみずみずしさと、生酒のナマナマしいコクのある旨味。
綺麗な透明感にミネラルたっぷりの岩清水的なイメージですねぇ。

味は、甘いようでいて甘くなく、辛いふりして辛くない・・・
いや、甘くもあり辛くもある、要するにどちらも合わせ持った旨さです。
この透明感と濃くのあるキレイな味はイイですね〜。

ただ、開けてすぐは、ちょっと古いタイプの派手な華やかさが鼻につく感じです。
プンプンまき散らす程じゃないけど、今風の自然な華やかさでなくおばちゃんのお化粧香的な。
2〜3日経つと少し和らいできた気もしますが、やっぱりちょっと気になる・・・。
好みの問題でしょうけど。

また、呑む時々でかなり印象が変わりますね。
すごく香りが気になる日と、あまり気にならず旨いな〜の時と。
もちろん体調や肴、温度によるところもあるんでしょうけど、今日はどんな感じで来るのか???と呑んでみるまで分からないところがありました。
とかなんとか言いつつ、それなりに美味しく呑んじゃいましたが。


『信濃鶴 特別純米 無濾過生原酒 23BY』
■酒造会社:酒造株式会社長生社(長野県駒ヶ根市赤須東10-31)
 創業:明治16年(1883年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:55%
●使用酵母:?
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:北原岳史
●製造年月:2012年(H24年)6月
●価格:1.8L/2,780円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)
味は好きだけど、香りがちょっと合わナカッタ




信濃鶴 特純生 23BY 3
蛸と茗荷の和えたの。
同系色で分かんないですね(^^;)
胡麻油風味で美味しかったです。


信濃鶴 特純 生 23BY
おまけ
鮎にシークワーサーは合わない・・・




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 22:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏期休暇のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

勝手ながら、当ブログでは下記期間を
「夏のパソコンから離れ気味期間」とさせていただきます。

2012年8月14日(火)〜17日(金)

更新ならびに得意先様へのご訪問など、疎かになります(既になってます)ことをお詫び申し上げます。
尚、呑む方は休まず継続しております。





あ〜、やっと休みです。
お盆前にドド〜っと怒濤の残業続きで疲れました(-_-)
実家回りなどなどであまり家にいませんので、ちょっとお休みです。
今日もそろそろ出なくては。
天気悪いな〜・・・

~~~ 本日のおまけ ~~~
相撲部屋入門
相撲部屋に入門しました(笑




| NNN | 09:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石垣島地ビール

石垣島ビール 1

夏休みを利用して離島に行ってきました〜♪

ってのは嘘で、先日、両親が八重山諸島へ旅行に行ったので地ビールや泡盛買ってきてと頼んどいたのです。
日本最南端の地ビールですね。
『石垣島ビール』


石垣島ビール 10
餞別も渡してないのにどっちゃり貰い過ぎ(^^;)
この他にもTシャツやら何やらゾロゾロと。
ありがとうございます。



石垣島ビール 2 石垣島ビール 3
まず『マリンビール』
ヘレスタイプのスッキリ軽めなビール。
紅型風の珊瑚と熱帯魚が描かれたラベルが南の島っぽい。

ん〜爽やかな酸味です。
とてもまろやかで丸みのある酸。
するするっと溶けるように抵抗なく入り、酸味同様柔らかまろやかな芳香が鼻へ抜けます。

マリンビールの名の通り、石垣島の青い海と空を思い出させるような、
(行った事無いけど(笑)
スッキリ爽やか、でも丸〜いコクのあるビール。



『石垣島地ビール マリンビール』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、酵母
●アルコール分:5%
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)






石垣島ビール 4 石垣島ビール 5
続きまして『石垣島地ビール』(ヴァイツェン)
これは八重山ミンサー織風のラベルかな?

ヴァイツェンなのに珍しく褐色です。
香りはあまり立ってません。
滑らかな口当たりだけど、シャキシュイ〜ンな酸味が特徴的。
ほんのりロースト感。
色の割にはスッキリ軽く、爽やか酸っぱい味ですね。
呑み込むあたりで、くっとコクのように感じる部分もあるけど、後口はス〜っと引いていきます。

石垣の浜辺で出会った、小麦色に焼けた少女って感じです。
(もちろん行った事もないし会ったこともありません(笑)



『石垣島地ビール ヴァイツェン』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、酵母
●アルコール分:5%
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)







石垣島ビール 7 石垣島ビール 8
最後は『黒ビール(デュンケル)』
大陸風の龍柄ですね。
台湾も目と鼻の先ですし、やはり琉球は大陸文化が色濃く
(行った事無いけど(笑)


ん〜これもまたまろやかな酸味。
マイルドな横方向に広がるような甘旨味。
舌の奥に感じるロースト感と苦味。
余韻の麦々風味。
いいですね〜。
3つの中で一番好きです。

喩えるなら・・・やめとこ。


『黒ビール デュンケル』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、酵母
●アルコール分:5%
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



石垣島ビール 9
3つとも、気候風土に合わせてか、3つとも比較的爽やか系の味でしたね。
そして、まろやかな酸味が特徴的。
ツンときたり嫌味だったり出過ぎたりしない、例えるなら黒糖的なコクと優しさのある丸い酸味なんですね〜。
美味しかったです。

ちなみにコースターもお土産の八重山ミンサー織の。







沖縄お土産シリーズおまけ

シークワーサーカルピス
シークヮーサーカルピス パイナップルカルピス
ン〜南国風味


トリス シークワーサー
「トリスハイボール 夏季限定沖縄シークヮーサー缶」
この夏のお気に入り
さらにシークヮーサー投入でダブルシークヮーサー(^^)


オリオン ワッター島
オリオンビール 夏限定缶【ワッター島の夏ビール】
オリオン本家、夏季限定のトロピカルデザイン。

中身は同じでもアサヒ版より美味しく感じる不思議。
夏にはぴったりの味ですね〜。

ワッターとは「私たち」という意味で、「私たちの島の夏ビール」ってことです。
ちなみに「ワー」で単数系の「私」になります。






クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:34 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノミ家の海水浴 2012

2012海水浴 15
暑い、暑過ぎる!
とうことで海に行って来ました。

≫ 続きを読む

| おでかけ | 23:57 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヱビス スタウト クリーミートップ缶

ヱビス スタウト1
8月1日発売『ヱビス スタウト クリーミートップ缶』

これまで、飲食店の樽生ビールとしてのみ販売だった黒ビールを、缶入り商品として発売。
缶の注ぎ口に工夫があるそうで、細めの開口部とその周囲にプツプツと凹凸加工が施してあり、グラスに注ぐときめ細やかな泡が楽しめるということです。
ヱビス スタウト 4
d様のご要望にお応えして画像UP



ヱビス スタウト2
特に何もしなくても、綺麗に泡立てて注げます。
逆に、いつものようにブログ写真用に泡立て気味に注ぐと・・・泡だらけで、写真撮るために泡が引くのを待たなければならず、しばらく呑めませーん(^^;)



わ〜お!
泡もふもふ、なめらかやわらか〜い。
ギネスほど滑らかじゃないけど、かなりクリーミー。

甘く芳ばしい香りが広がります。
ロースト感、苦味は控えめですね。
炭酸は少なく、まろやか柔らかな口当たり・のどごし。
酸味も控えめなようで存在感あり。

深〜い、じっくりゆっくり呑みたくなる、重過ぎない旨味。
個人的にはもう少し苦めで濃い方が好きかな〜。
ちょっと薄い気がします。
でも、美味しい。

泡は、これが売りだけに、缶ビールでこの泡!と思わせるプレミアム感ですね〜。
逆に、液体部分はちょっと物足りない、準プレミアム感。



『ヱビス スタウト クリーミートップ缶』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、窒素
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):320ml/240円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




ヱビス スタウト3
呑み終えても泡だけ残る泡持ちの良さ。


この注ぎ口、ヱビス全商品に採用して欲しいかも。
特に琥珀ヱビスには。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 22:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。