2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一番搾り とれたてホップ生ビール 2012

ん〜、ちょっと更新が滞ってますね。
ちょっくらタイムマシ〜ンで一週間ほど過去へ・・・


一番搾り 採れたてホップ 2012 1

10月31日発売『キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール 2012』

今年で発売9年目になる、夏に収穫したばかりの「岩手県遠野産」ホップを使用した、旬の限定ビール。
これまではホワイト×グリーンで爽やかなイメージのデザインだったのが、今年は黄色っぽくなりました。
味の方もイメージチェンジしてるのでしょうか???

鼻ではさほど香りは感じません。
呑むと爽やか〜ん+甘味と酸味を感じる綺麗な香りが広がります。
フレッシュなんだけど、スカッと切れるタイプではなく、やわらかい味わいです。
このあたり、今年のは「富良野VINTAGE」と同じ傾向ですね。

苦味は例年のより控えめで、やや水っぽく軽い気がするような・・・。
味が舌の上でしゅっと消えてしまうようで、甘い旨味の余韻は残りますが、最後は軽く頼りない感じ。
フレッシュなんだけど、スカッと切れるタイプではなく、やわらかい味わいです。

個人的には柔らかい風味は好きだけど、ちょっと物足りない感のある味だったかな〜。




『キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール 2012』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(イオン):350ml/180円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)


◆過去の一番搾りとれたてホップ記事
 2011
 2010
 2009
 2008
 2007
 2006




一番搾り とれたてホップ 2012 4
いっぱい貰いました。
キノコ大好きな妹ちゃんムハー(゚∀゚)=3



一番搾り とれたてホップ 2012 2
というわけで今宵はメガ椎茸です。



一番搾り とれたてホップ 2012 3
焼いたら随分縮んじゃいました(^^;)
とれたてホップの華やかな香りに、この和風な旨味はちょっと合いませんね。
これにはやはり日本酒です。





ハロウィン2012
プリキュアパジャマですみません。
しかもどっちも現役じゃないし(^^;)





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麦酒系 | 23:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロクラシック 富良野ヴィンテージ 2012

富良野ヴィンテージ2012 1

10月23日発売『サッポロクラシック 富良野ヴィンテージ 2012』

今年で発売5年目になる、摘みたての富良野産「生」アロマホップ(フラノスペシャル)を使用した、旬の限定ビール。今年も北海道からお取り寄せです。

冷蔵庫の賞味期限切れストックも無くなってきましたが、こいつはまだ残ってました。

   2011 ← → 2012

今年は、間違い探しレベルのデザイン変更です(^^)
が、こうやって並べると2011が野暮ったく見えるところはサスガですね。


富良野ヴィンテージ2012 2

ということで例によって呑み比べ。
2011富良野VINTAGEは賞味期限切れのもので、あくまで興味本位の呑み比べです。メーカーさんが意図した味とは違ってると思いますので、ご理解のほどを。

2012
爽やかな青々しさと甘味を含んだ香り。
口当たり柔らかく、その後すぐにスカッと爽やかな香味。
柔らかい甘味とフレ〜ッシュな酸味・苦味が合わさり、旨味の名残を舌の上に残しながらスッキリと引いていきます。
今年もなまら旨いですね。
昨年、まろやか傾向になってきたのかな?って感想だったのが、さらに進んだ印象ですね。
スカッと青々しい爽やかさを保ちつつ、丸みの増した味です。



一方、2011は・・・さほど香りません。
さすがに一年経って香りと共に爽や感も引いちゃった感じですが、
まるみ・まろやか・まとまりの「3ま」にコクが加わり、
ん〜〜〜これもいいですね。
正直、2012とどっちがいいか迷っちゃう味でした。
今年も1本残しとこ〜


『サッポロクラシック 富良野VINTAGE 2012』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(お取り寄せ価格):350ml/186円(税込送料別)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)


◆過去の「富良野VINTAGE」の記事◆
・2011
・2010
・2009





富良野ヴィンテージ2012 3
我が家の定番素材「砂ずり」!
「安い・安い・旨い」と三拍子?揃った、懐に優しく舌に嬉しい食材。
じょりこり食感がたまりませんね。
ビールにも日本酒も合いますし。





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初日の出 純米原酒 ひやおろし 23BY

初日の出 ひやおろし 23BY 1

『初日の出 純米原酒 ひやおろし 23BY』

先日の「清水焼の郷まつり」で買って来たお酒。
2005年、京都市と合併し消滅した旧京北町にある「羽田酒造」さんのお酒。
京北の名の示す通り、京都市の北部、北山杉の山林が広がる自然豊かな山間の町にある蔵です。



初日の出 ひやおろし 23BY 2

使用米は、たしか五百万石だった・・・と思います。

香りは極控えめ。
トロリとした口当たりで、米の旨味エキスが充分に溶け出した味わい。
最初はやや甘いかなと感じるも、次第に酸味・苦味が加わり、最終的には良い具合のバランスに。
原酒ですが、ズドンと濃厚ではないものの、しっかりとした呑みごたえとコクがあります。
個性が際立つような味ではないものの、嫌味無くしっかり味わえる佳酒でした。



『初日の出 純米原酒 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:羽田酒造有限会社(京都市右京区京北周山町下台20)
創業:明治26年(1893年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石(たぶん)
●精米歩合:60%
●アルコール度数:17度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●製造年月:2012年(H24年)10月
●価格:720ml/1,360円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



◆過去の「羽田酒造」のお酒記事◆
・六友 純米吟醸生原酒
・初日の出 吟醸生原酒
・丹波のめぐみ 純米酒
・酒蔵探訪「羽田酒造」




初日の出 ひやおろし 23BY 3
実家の方の神社で祭り(神事)があったので見に行ってきました。
田舎で祭りと言えば、鯖寿司と巻き寿司。
ご飯みっちり田舎使用でお腹パンパン。
個人的には上のしめ鯖だけで呑みたいんですけど(^^;)






芋掘り 2012 1
祭りに先立ちまして、孫一同はじいちゃんの畑で芋掘り。


芋掘り 2012 2
うぎ〜!


芋掘り 2012 3 芋掘り 2012 4
お、重いわ・・・
ゲジゲジ&ムカデ天国でしたが逃げずに頑張りました(^^)



初日の出 ひやおろし 23BY 4
その後、村の神社へ。
毎年10月21日と決まってるので、今年は久しぶりに日曜と重なり見に行けました。


初日の出 ひやおろし 23BY 5
子供の頃遊んでた境内は今も変わらず。
時間の流れが止まってるような気がしますね。
(ちょっとずつ改修されてますけどね)



初日の出 ひやおろし 23BY 6
テレビのニュースで流れるような勇壮なものではありませんが、流鏑馬で来年の豊穣を占います。
この距離でもなかなか当たんないんですよね。

で、結果は???
どうだったんでしょう????
全部見えないからよく分かりません(爆)






クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

養老ピルスナー&元祖柿ラガー

養老ビール 1

養老公園に行った時に買って来た地ビール(正確には地発泡酒)。
『養老ピルスナー&元祖柿ラガー』

醸造元は岐阜県大垣市の「西濃ブルワリー」
フルーツやハーブを使った、ちょっと変わった地発泡酒を造られてるところです。



養老ビール 2
まずは、『養老ピルスナー』


甘く酸味も感じる香り。
結構強い香りです。香料?っぽくちょっとワザとらしいくらい。

口当たりはしっとり系。
炭酸はほとんど感じませんが、酸味がシュワワ〜ンと広がります。
熟果実風味だけどサッパリ系の呑み口。
口当たりの軽さに対し、のどごしはコクを感じますね。
苦味は少なく、ちょびっと果実風の甘味の余韻が切れずにもたつく感じで残ります。
バランスがちょっと微妙な感じでした。


『養老ピルスナー』
●分 類:発泡酒
●原材料:麦芽、大麦、ホップ、糖類
●アルコール分:4.5%
●価 格:330ml/550円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)







養老ビール 3

続きまして『柿ラガー』
柿エキス入りの発泡酒です。

柿に含まれるタンニンは二日酔いに効くとされてます。
呑みながらにして二日酔い予防も出来る優れもの?



香り、ほんのり柿?・・・なのか??
気のせいかも知れませんが、柿っぽい気がします。

最初にすっきりとした酸味と苦渋味が来て、後からじんわり甘味。
見た目の色合いよりスッキリ爽やかな印象。
でもアルコール度はやや高めの6%です。

柿の味は・・・よく分かりません。
渋味余韻がず〜っと残りますね。
もしかして渋柿エキスなのかな?

もう少し、熟柿のような濃厚な味にして欲しいかな〜。



『元祖柿ラガー』
●分 類:発泡酒
●原材料:麦芽、大麦、ホップ、柿、柿葉、糖類
●アルコール分:6%
●価 格:330ml/550円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

琥珀ヱビス〈缶〉2012

琥珀ヱビス 2012 1
10月17日発売『琥珀ヱビス 2012』

7年目になるクリスタル麦芽配合の数量・期間限定商品。
今年のはヱビス様は大きいなぁ。



すぃ〜っと甘美な香りが静かに漂います。
口当たりもすぃ〜っと流れるなめらかしっとり。
きめ細やかな旨味と酸味・苦味がいいハ〜モニー。
何かが突出するでも無く、綺麗に美味しくまとまってますね。
喉の奥に残る、果実味風の苦さの余韻がいい感じです。

前からこんなに旨味とコクあったかな〜?
これまでの琥珀ヱビス、やや物足りないと感じた記憶が・・・
濃いってほどでもないですけど、今年のは好きです(^^)


『琥珀ヱビス〈缶〉2012』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/344円(税込) 350ml/264円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



過去の『琥珀ヱビス』記事
・2011
・2010
・2009
・2008
・2007
・2006



琥珀ヱビス 2012 2
ビーフシチューパイ。
生地が足りず膨らまなかった模様(^^;)
でも味はグ〜でした。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

李白 特別純米 ひやおろし 23BY

李白 ひやおろし 23BY 1

『李白(りはく) 特別純米酒 生詰 ひやおろし 23BY』

島根県松江市、「李白酒造」さんのひやおろし。
五百万石58%磨きの特別純米酒生詰です。



李白 ひやおろし 23BY 5

李白酒造は明治15年(1882年)創業。
酒名・社名は、中国・唐の時代の詩人「李白」に由来し、松江市出身の政治家(第25・28代総理大臣)「若槻 禮次郞」によって命名されたものだそうです。
詳しくは蔵のホームペ—ジに書かれています。→コチラ



李白 ひやおろし 23BY 2 李白 ひやおろし 23BY 4

香りはあまり感じません。
一口呑んでみますと、する〜り自然に入る、スゴく呑みやすい「しみ渡る系」の旨口ですね。
派手さ華やかさは無く、かといって気難しい修行系でも無い。
濃過ぎず淡麗過ぎず、コクはあるのにスッキリ呑める、
食中酒としてちょうど良い位置の味わい。

最初は、爽やか穏やかな甘旨味がしゅわ〜〜〜っとしみ渡った後、
ほんのりほろ苦さとトンガリ感の無い酸っぱく無い酸っぱさ(なんだそりゃ?)が続きます。
派手過ぎず、滋味旨ですね。

燗をつけてみると、すっと透明感の後、きゅいい〜〜んと、とても滑らかな旨酸味が広がる。
冷やの時より酸味の存在感が強くなりますね。
この辺りは好み分かれそうです。
酸味好きな人は燗の方がいいんじゃないでしょうか。
ノミ太蔵は燗の方が好きでした。

温度は、ぬる燗〜上燗くらいが好みですね。
冷めてくるとちょっと苦味・エグ味を感じますので、冷まさないように呑んだ方が美味しかったかな。


ちょっぴり生らしい風味を残しつつ、食事を邪魔せず、それでいて控えに回るほど大人しくも無い。
料理と酒を同時に楽しめる、素直で旨い食中酒って感じでした(^^)



『李白 特別純米 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:李白酒造有限会社(島根県松江市石橋町335番地)
 創業:明治15年(1882年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:58%
●使用酵母:?
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:+3
●酸度:1.5
●製造年月:H24年(2012年)9月
●価格:1.8L/2,520円(税込) 720ml/1,260円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)









李白 ひやおろし 23BY 7
ノミ家にも遅ればせながらズゴックが配備!


李白 ひやおろし 23BY 8
早速、醤油ちゃんこで水中テストです。


李白 ひやおろし 23BY 9
ちょっと水位が高く沈没気味ですが、鍋用とのことで確かに柔らかいのに型くずれしにくいですね。
しかし、味の方は「昆布エキス入り」となっており、わざとらしい昆布風味。
あまり美味しくはありませんでした(-_-;)


空き容器は湯船に浮かべて「ジャ風呂〜」・・・なんてやってませんからね!


ザクとうふ デザート仕様
まだ食べてません。
美味しいのだろうか??





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 22:42 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清水焼と名画鑑賞で○○の秋

清水焼2012 01
今年も行って参りました「清水焼の郷まつり」

京都・清水焼の窯元が集まる山科・清水焼団地で開かれる、今年で38回目を迎える陶器市。

≫ 続きを読む

| おでかけ | 22:15 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

養老でよ〜ろよろ

養老 01
先週の土曜日、家族皆が休みになったので急遽、秘境探検に・・・

というのは冗談で、ノミ太蔵が行ってみたかったところへ連れ出してみました。

≫ 続きを読む

| おでかけ | 23:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

亀泉 純米吟醸 山田錦 火入 23BY

亀泉 純吟 山田錦 23BY 1

『亀泉(かめいずみ) 純米吟醸 山田錦 23BY』

高知県土佐市にある、明治30年(1897年)創業「亀泉酒造」さん、社長兼杜氏(利き酒日本一になったこともある)の西原一民氏が造る酒。
蔵の近くの街道にどんな干ばつ時にも枯れることの無い湧き水があり、この水を仕込みに使ったことから、「万年枯れることのない泉」→「万年=亀&泉」って感じで「亀泉」という酒名に。





亀泉 純吟 山田錦 23BY 2

今回のお酒は、兵庫県産山田錦と高知県オリジナルのCEL-19酵母の組み合わせの純米吟醸。
香りは、プンプン系ではないけど分かりやすいオーソドックスな吟醸香。

しかし、これ、開けてすぐは堅い・渋い・酸っぱい・・・・
3日ほど経っても変わらず。
ん〜これはどうしたものか・・・


こんな酒質なのか〜?と蔵のHPを見てみると「1年ほどして本来の味が出てくる」とか書いてあります。
じゃあ一年置いてから出荷してよ!な〜んてちょっとだけ思いながら、
ともかく、このままではあまり好みでないのでしばらく放置。

 ・
 ・
 ・

約一ヶ月あまり
久しぶりに呑んでみると・・・

おぉ!すっかり堅さ・渋さが取れまろやかな酒質に。
香りもより穏やかになり、鼻にス〜っと抜ける綺麗なもの。
するっと軽く入り基本は淡麗な印象。
一口目はやや物足りなく感じるものの二口、三口と呑み進めるうちに、すかっと爽やかさに「みみっ」としみ入る旨味が加わり、しっとりとした酸味、後口のキレの良さで、ん〜旨い!
と、ついつい呑み続けてしまうお酒でした。


1年置いといたらどんな感じか気になりますね。
また機会があれば、より熟したの呑んでみたいです。





『亀泉 純米吟醸 山田錦 火入 23BY』
■酒造会社:亀泉酒造株式会社(高知県土佐市出間2123-1)
 創業:明治30年(1897年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(兵庫県産)
●精米歩合:50%
●使用酵母:CEL19号
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:+6
●酸度:1.5
●アミノ酸度:1.1
●杜氏:西原一民(蔵元杜氏)
●製造年月:H24年(2012年)6月
●価格:1.8L/3,129円(税込) 720ml/1,627円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)







亀泉 純吟 山田錦 23BY 3
落ち鮎〜♪
開けた時の写真だから9月の初めですかね。


亀泉 純吟 山田錦 23BY 4
ほくほくほろほろ卵も美味しいです。
放置後の味で食べたかったなぁ。








若くて可愛いおねえちゃんと寿司屋に行ってきました(娘じゃないぞ)

≫ 続きを読む

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 21:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丹波ワイン 新酒 2012〈白〉

丹波ワイン 新酒 白 2012 1
今年は10月4日発売だったかな?
『丹波ワインヌーボー 白 2012』

何か毎年同じこと書いてる気がしますが、このワインが発売される頃から一気に冷え込みが強くなり丹波地方は霧の海へ。
燗酒&湯豆腐のおいしい季節となります。


丹波ワイン 新酒 白 2012 2

昨年のはちょっと爽やかさが足りず、元々甘口なので持て余し気味になる味だったけど、今年のはフレ〜シュ!!
酸味とほんのり残る渋味が若々しい、これぞぬ〜ぼ〜な爽やかさ。
ぶどうの果実感・甘味を残したままスッキリとキレよく呑める味になってます。
料理に合わせるならもう少し辛い方がいいけど、チーズかじりながらこれだけ呑んでるとなかなか幸せな気分になります。



『丹波ワイン ヌーボー 2012〈白〉』
■酒造会社:丹波ワイン株式会社(京都府船井郡京丹波町)
 創業:昭和54年(1979年)
●品種:国産デラウェア種
●醸造本数:30,000本
●飲み頃温度:約8℃程度
●アルコール度数:約9%
●価格:720ml :1,000円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)





贈り物 4
「贈り物」攻撃はまだ続きます。
机の上は少し片付いたので安心してました。
朝起きて、ちょろっとニュースや天気予報を見るくらいなんですが平日使用禁止にされてしまいました・・・


贈り物 5
日曜だけOKらしいです。


ひきつり
ひきつってますな(^^;)


| 葡萄酒 | 23:19 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三千櫻 渡船 ひやおろし 23BY

三千櫻 渡船 ひやおろし 23BY 1

『三千櫻(みちざくら) 純米 渡船 ひやおろし 23BY』

愛山のひやおろし開栓から遅れること3日。
呑み比べ開始です。



三千櫻 渡船 ひやおろし 23BY 3 三千櫻 渡船 ひやおろし 23BY 2

渡船の方がほんのり黄色く色付いてます。
愛山がさらりと綺麗な味だったのに対し、渡船は、甘味・旨味・酸味がしっかり出てますね。こちらの方が熟した感じです。
でも、苦辛味も強く、ちょっとアルコール感も。
味はそれぞれがしっかり出てるものの、まとまりに欠ける印象。
ん〜〜〜、これは愛山の圧勝か!?

しかし、3日目以降にぐ〜っと、ぐぐ〜〜っと伸びてくるとの情報を「ベルトの上のポニョ」様よりいただいております。


おぉ!ホントに乗って来ました!!3〜4日目。
初日の苦辛味は消え、温度が緩んで来るにつれまろやかな旨味がじゅわ〜っと増し増しです。
味の出方がちょっと強いか?と思ってたのが綺麗にまとまりいいバランスです。
これはうひょ〜(・∀・)です!!

スタートでは出遅れた感じでしたが、この時点で愛山を抜き去りましたね〜。
逆に愛山は中盤やや失速気味。
このまま逃げ切り・・・

かと思ったけど、渡船、後半伸び悩む。
3〜4日目のまろやかな旨味うひょーだったのが影を潜め、また苦辛味がちょっと強まった気が。
最後は愛山が序盤の軽やかな旨味を取り戻し逃げ切りました〜。


三千櫻グラフ
グラフにするとこんな感じです。


三千櫻23BYのひやおろし、ノミ太蔵的には愛山の勝ちでした。
渡船も十分旨く、ピークはかなり良かったのですが、
愛山を呑んだ時にふわっと広がる、舌と心に響くような味。
これが勝敗を分けたかな。

ま、あくまで個人的なお好みですけど。



『三千櫻 純米 渡船 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:三千櫻酒造株式会社(岐阜県中津川市田瀬25)
 創業:明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹
●原料米:渡船6号
●精米歩合:50%
●使用酵母:協会14号
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:山田耕司
●製造年月:2012年(H24年)9月
●価格:1.8L/3,500円(税込) 720ml/1,750円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




三千櫻 渡船 ひやおろし 23BY 4
サンマの刺身もサンマの生姜煮にも合いましたね〜。
もちろん湯豆腐にも♪



以下、ノミ家日記。

≫ 続きを読む

| 純米・特別純米 | 22:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッポロ 冬物語 2012

冬物語 2012 1

ビールネタが残ってるので済ませちゃいます。
10月3日発売『サッポロ 冬物語 2012』
今年で25年目となる季節限定ビールのパイオニア。
25年の節目ということで、今年は『1988年発売当時の深みのあるコクとキレの良い後味を再現』とのことです。
デザインも発売当初〜2000年頃までのすっきり白基調に。


しゅわわ〜んしっとりの口当たり。
静かに染み渡る、スッキリとした旨味と酸味。
苦味もじわじわ広がり、冬の景色をイメージする味です。
キーンと冷えきった氷の世界でなく、しんしんと雪の降るちょっと湿った空気の夜みたいな。

復刻レシピってこともあり?、昨今の麦感モリモリでなく、酸味苦味を程よく効かせたスッキリ旨口って感じですね。
すいすい進む感じですが、ちょっと印象薄い味でした。


『サッポロ 冬物語 2012』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格(コンビニ):350ml/217円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



◆過去の「冬物語」の記事◆
・2011
・2010
・2008
・2007
・2006



冬物語 2012 2
牛すじの煮込み(牛筋が見えないけど・・・下に隠れてます)
ちょっと脂にやられた感じでした(-_-;)






先日の
贈り物の続き。
また置いてありました。


贈り物 2
まだ片付いてないのに痺れを切らし書いたようですが、ちょっと優しい文体に。
片付いたら褒めてくれるようだし顔マークも笑顔に。

ん? 最後に小さく「うしろをむけてね」とあります。

きっと「おとうさんだいすき」とか書いてあるんだな。
(*´ω`)デレデレ


くるり






贈り物 3

さらに怒られてしまいました(;´▽`)

普段パソコンはスリープ運用。
ノートは閉じるだけですが、デスクトップは5分放置でスリープ設定にしてるので、いつも使い終わったら放ったらかしなんですね。
どうもそれがいけなかったようです。
そりゃそうですね。子供には終わったら片付けなさい消しなさいって言ってるのに父親は出来てないんですから。


スリープの設定を2分にしときました(^^;)






クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサヒ 冬の贈り物 2012

冬の贈り物 2012
10月2日発売『アサヒ 冬の贈り物』
今年で2年目になるアサヒビールの冬季限定新ジャンル商品。

赤いリボンも付いて昨年のより贈り物感UPですね〜。
デザインもより幻想的なイメージに。

成分的には「糖類、アミノ酸(ロイシン)」の添加が無くなってるようです。


冬の贈り物
   ↑ 参考画像 2011年Ver.↑



やわらかくもシャン!とした酸味と苦味。
ちょびっと柑橘系っぽい爽やかな香味。
旨味・コクも程よい濃さで、余韻はス〜っと苦味が引っ張る感じです。
後口はアルコール+水みたいな感じがなきにしもあらずですが、バランスの良い味。
去年のより美味しくなってますね〜・・・たぶん。

冬らしいか?と言われるとよく分かんないですが、
夏向きのものをシュワシュワ喉越し重視としたら、その逆の味ですね。
あ、ということはやっぱり冬らしいのか。




『アサヒ 冬の贈り物 2012』
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):350ml/141円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)
贈られるならやっぱり本物ビールがいいなぁ・・・



◆過去の「冬の贈り物」記事◆
・冬の贈り物 2011








上の子から贈り物をもらいました〜♪


贈り物

朝起きるとパソコンデスクに置かれてました。
オ〜怖い


しかし、何を「おくって」くれるのでしょうか?(^^;)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キリン 冬麒麟 2012

2012冬麒麟

10月3日発売『キリン 冬麒麟 2012』
おなじみになりました冬季限定の新ジャンル商品。

一斉に冬ビールも発売となりましたが、売れ残りの夏ビールたち、
これから秋本番なのに9月末の時点で叩き売りされてた秋ビールたち、
冬と言われてもまだピンと来ない冬ビールたちと、
コンビニの棚は季節感なにそれ?の混沌とした状態です(笑


それはそうと、ついに定番となっていた昨年ものとの比較が品切れのため終了。
ちょっと寂しい気もしますが、ドンドン増えていく謎の賞味期限ビールたちに占拠される冷蔵庫も限界です。



冬麒麟2011-1
ということで参考までに過去冬麒麟画像を。
    2011 ← → 2010
2012は、これまでの静なイメージから吹雪チックな動きのある絵柄に。
ブ〜リザ〜ドブリザ〜ド♪


それでは早速味見の方を。

すぃ〜っと柔らかくやさしい酸味。
炭酸控えめで、甘味と酸味がしっとりにゅわ〜んと緩やかに広がります。
中盤からほんのり苦味・旨味がもり〜っと出て来る、とろ〜りゆる〜り「まいるど」風味。
最後にリキュール系特有のアルコール感のある余韻が残ります。
この辺があまり好きじゃない。

去年と同じ?いや、少しマイルドさが増したような気もしますが気のせいかも知れません(^^;)
柔らかくやさしいしっとり味でした。



『キリン 冬麒麟 2012』
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、大麦スピリッツ
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):500ml/197円(税込) 350ml/141円(税込) 

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)



◆過去の白麒麟・冬麒麟の感想◆
 → 2011 冬麒麟
 → 2010 冬麒麟
 → 2009 白麒麟
 → 2008 白麒麟
 → 2007 白麒麟
 → 2006 白麒麟





ベビースター 天一 1
〆ラーはこちら!
じゃなくて、おつまみはこちら!
『ベビースタードデカイラーメン (天下一品こってりラーメン味)』
ベビースターラーメンの「おやつカンパニー」と、こってりラーメンでお馴染みの「天下一品」のコラボスナック。

10月1日(天一の日)より全国のコンビニで、10月8日より一般スーパー等で期間限定発売となっています。ちなみに画像のこってり味の他にあっさり味もあります。


ベビースター 天一 2
これ、包装の背面に「天下一品」のラーメン100円割引券が印刷されてます。
スナックの価格が120円(コンビニ)なので100円割引券使えば実質20円ということなんでしょうか。
思わず天下一品食べにいきたくなるワナですね〜。

ちなみにノミ太蔵のご贔屓は桂五条店です。



ベビースター 天一 3
さてさて、肝心の味の方ですが、

・・・ん〜?

・・・んんん〜〜〜?

味はしっかり濃くてビールのおつまみにはなるでしょうけど、天下一品のこってり味とは全く違います。
あの独特の天一風味を期待してただけにちょっと残念。
あの味をスナック化するのは難しいのでしょうか。


 ゜∀゜!!

これ、スナック形状だからダメなんじゃね?





ベビースター 天一 4
お湯で戻してみました〜(笑
もちろんネギもトッピングです。
ニンニクは抜きで。
スープのお味は・・・

・・・

・・・

・・・

やっぱりダメでした〜(^^;)
全く天下一品味ではありません。
でも、それなりに食べられなくもないです。
麺じゃないのでフニャフニャだけど。







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三千櫻 愛山 ひやおろし 23BY

今日は10月1日、日本酒の日ですね!
皆さん美味しい日本酒呑んでますか〜。
秋の深まりとともに・・・な〜んて書こうと思ってたら、昨日は見事にいい気分で寝てしまいました(^^;)

(主に)日本酒ブログやってるのに日本酒の日に更新なしとはいけませんね・・・


三千櫻 愛山 ひやおろし 23BY 1

ではでは気を取り直して、日本酒の日に飲み終えたお酒。
『三千櫻(みちざくら) 純米 愛山 ひやおろし 23BY』

春のしぼりたて生がとても良かったので期待の一本です。




2012運動会 6 三千櫻 愛山 ひやおろし 23BY 2

ん〜〜旨い!
じゃなくて、同じウマイでも「美味い!」ですね。
三千櫻のイメージは。

香りは穏やか。スッキリした酸味を感じさせます。
するりと軽やかに入り、さらりとした柔らかい甘味にしっとり艶やかな酸味。
落ち着きはあるけど重厚ではなくみずみずしい。
米の旨味が綺麗に上品に溶け出した味です。
後味は優しい苦辛味でスッキリと引いていきます。

ひやおろしらしい、いい具合の半熟感です。
軽やかながらも充実した旨味で、すいすい呑み続けてしまいますね〜。

とても品のある、ちょっと地味目な美人さんイメージ。(スタイルはかなり良い)
品があると言っても上流階級イメージなお上品さでなく、あくまで一般家庭でも良い環境で育ったんだなと、自然ににじみ出てくる品の良さ。
(うちの子にはありませんね^^;)
女優さんやタレントさんのようなハッキリ目鼻立ちじゃななく、ちょっと控えめな印象の美人さん。
美人は3日で飽きるが・・・なんて言葉がありますが、ド派手な美人酒は最初の一杯で飽きちゃいます。
この三千櫻は、飽きないな〜いつまでも一緒にいたいな〜と思わせるような美人さん具合。

例えると誰でしょう??
こういうの苦手だな〜。


と、思いめぐらせてると目に付いた三千櫻のラベル。
あぁ、このラベルのイメージだ。

地酒のラベルって、太くて男性的なイメージの筆文字が多いですよね。
でも、三千櫻のラベル文字は例外的にかなり細く女性的なイメージです。
柔らかく優しくも、芯はスっと一本通ったイメージ。
今まで呑んだ三千櫻で、一番このラベルイメージに合ってる気がしました。

普段は濃醇旨口好きを自認してますが、この三千櫻 愛山ひやおろしはツボにハマりました(^^)




『三千櫻 純米 愛山 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:三千櫻酒造株式会社(岐阜県中津川市田瀬25)
 創業:明治10年(1877年)
●原材料:米、米麹
●原料米:愛山
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会14号
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:山田耕司
●製造年月:2012年(H24年)9月
●価格:1.8L/3,350円(税込) 720ml/1,700円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓(9)



◆過去の「三千櫻 愛山」記事◆
・三千櫻 愛山 火入れ 21BY
・三千櫻 愛山 生 22BY 直汲み
・三千櫻 薄にごり生 愛山 22BY
・三千櫻 愛山 生 23BY 直汲み




三千櫻 愛山 ひやおろし 23BY 3
ツバス(イナダ)の刺身となめろう。
安くて脂っぽ過ぎず好きなんですけど、この三千櫻 愛山ひやおろしとはちょっと合わなかったな〜。


三千櫻 豆腐
野菜や豆腐がよく合いました。
季節外れですがゴーヤーのサラダなんかバッチリぐ〜でした。
湯豆腐も(^^)


以下、親バカおまけ日記

≫ 続きを読む

| 純米・特別純米 | 23:59 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。