2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大晦日2012

今年もあと30分を切りました。
皆様、大晦日いかがお酒ごしでしょうか?


京都水族館1
ノミ家は小雪の舞う中、子供がどうしても行きたいというので水族館へ。


京都水族館2
大晦日なのに満員ですね。
水族館内も人多過ぎで、ほとんどまともに見られませんでした。
大晦日くらいお家でお正月の準備しててください(笑



猪肉2012
今年も義父さんから猪肉いただきました。
今年のはちょっとダイエットし過ぎ?で体脂肪率少ない猪だったようです。


大晦日呑み
夕べはぼたん鍋だったので今日は網焼きで食べてます。
んふふ〜旨いですね(^^)

猪肉ですから、酒は丹波のお酒、山名酒造の。
んふふ〜合いますね(^^)




年越し蕎麦2012
年越し蕎麦〜。
今年は鴨南蛮にしてみました。
いい出汁でますね〜。
残り汁を蕎麦湯で割るとうひょひょ〜。


あ〜、もう日付変わりそうです。
今年も酔い一年でありました。
来年もまた酔いお酒に巡り会いますように。

それでは皆様、良い酔いお年を〜。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 酒雑記 | 23:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ大掃除 麦酒系いろいろ

ブログ大掃除です。
書きかけでやめてたの、書いてなかったの。
麦酒系ばっかりです。

≫ 続きを読む

| 麦酒系 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旭蔵舞 2011

旭蔵舞 1

『旭蔵舞(あさひくらぶ) 2011(23BY)

京都府北部、京丹後市「弥栄鶴」の竹野酒造さんのお酒です。
「蔵舞(くらぶ)」は、酒米それぞれの旨味を引き出したこだわりの純米酒シリーズ。
亀の尾蔵舞(亀の尾)
旭蔵舞(旭)
祝蔵舞(祝)
錦蔵舞(山田錦)
祭蔵舞(祭り晴)などがあります。

蔵と杜氏さんの簡単な紹介は過去記事にて→コチラ




旭蔵舞 2
例によって米生産者さんの氏名が大きく表示されています。


旭蔵舞 6
例によって表と裏で生産者さんの名前が若干違います。
 表「田淵竹男」
 裏「田淵竹三郎」
苗字+竹まで一緒だから父ちゃんと息子なんだろうか??



旭蔵舞 4
さて、今回のお酒に使用されている「旭」米ですが、明治末期〜昭和中期まで西日本一帯で広く栽培されていた品種です。
大粒で食味極めて良好。酒米としても使用されてましたが、倒伏しやすく病気にも弱い・籾が脱粒しやすい等の理由から、改良されていった後継の品種に取って代わられることになります。
しかし、コシヒカリ・ササニシキ・あきたこまち等の現代の美味しい米は、ルーツを辿るとすべて「亀の尾」・「旭」に行き当たります。
当時は、東の「亀の尾」、西の「旭」と称されるほど代表的な米だったそうです。

竹野酒造さんのサイトににも詳しく書かれています。

そういえばうちの父も、かつて米作していた時、「アサヒが・・・」「アサヒ系統だから・・・」と言ってたのを耳にしましたが、この米の事だったのかな?(さらに選抜改良された「朝日」かもしんない)



やわらかい甘果実香。
さらり爽やかに香ります。

するりと軽く入る、きめ細やかで爽やかな旨味です。
鼻につくような派手な香りは皆無。
ほんのり甘くやさしく、綺麗で自然な味ですね。
程よい辛味もいい仕事してます。
最後にちょっと苦味が目立つかな〜ですが、美味しい酒ですね〜。

他の酒(先に呑んだ七水)と呑み比べると明らかにスッキリ軽やかなのに、単体で呑むと全くそれを感じさせない充実の旨味。
主張し過ぎず自然体、それでいてしっかり味わえる満足感。
不思議な旨さです。
一升瓶で呑んでみるべきでした。



『旭蔵舞 2011』
●酒造会社:竹野酒造有限会社(京都府京丹後市弥栄町溝谷3622-1)
  創業昭和22年(1947年)
●原材料:米、米麹
●原料米:旭(滋賀県産無農薬栽培)
●精米歩合:60%
●使用酵母:?
●アルコール度:15度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:行待佳樹
●製造年月:2012年(H24年)10月
●価格:1.8L/2,730円(税込) 720ml/1,365円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



◆過去の「弥栄鶴・蔵舞」記事◆
弥栄鶴 山廃純米60
亀の尾蔵舞 2011
祝蔵舞 原酒 2010



旭蔵舞 5
向こうが透けて見える程薄い鯛の刺身。
こってり濃厚なのより、こんなのによく合うお酒です。


おまけ
祝蔵舞
父が「祝」の酒吞みたいと言ってたので買って行った「祝蔵舞」。
一升、2,100円(税込)
安くて旨い(^^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



キーボード掃除
今日で仕事納め(というか大掃除)。
最後は恒例のキーボード清掃です。
撮ってから気付いた。何かの形にしとけば良かった・・・

今年も残すところ後2日。
ブログは更新なるか???





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NEXT5 ECHO 2012

NEXT5 ECHO 1

クリスマスにやって来た『NEXT5 ECHO 2012』

秋田の若手蔵元5人が、各工程を分担しリレー形式に醸造を行う「NEXT5」シリーズ第4段!!



NEXT5 ECHO 2 NEXT5 ECHO 3
今回は「春霞」の栗林酒造店さんでの仕込み。
酒米は美山錦。
乳酸添加の山廃酒母。
目玉は「亀山酵母」ですね。
本年度、「春霞」栗林酒造店の蔵の梁に供えられた昭和8年の相撲勧進札から採取され、秋田県醸造試験場との共同開発で培養された蔵付き分離酵母。
長年、栗林酒造店で杜氏を務められた故亀山杜氏に敬意を表し「亀山酵母」と名付けられたそうです。
9号酵母
まだまだ醸造段階の未知の酵母とのことで、どんなお酒になるか???

各工程の分担は↓です。







Beginning
2010
PASSION
2011
EMOTION
2011
ECHO
2012
酒母
ゆきの美人
新政
新政
新政
白瀑
春霞
ゆきの美人
白瀑
蒸米
一白水成
白瀑
春霞
ゆきの美人
春霞
一白水成
白瀑
一白水成
新政
ゆきの美人
一白水成
春霞
原料米
酒こまち
美郷錦
酒こまち
美山錦
酵母
協会6号
秋田12号
非公開
亀山酵母


甘酸っぱ〜い果実香。
ぷ〜んときますが鼻につくような香りでなく、しっとりしんみり華やかに香ります。
奥でちょっとツンとくるかな。

呑み口するするする〜。トンガリ感、固さ無し。
とてもなめらかしっとりな舌触りと喉越し。

甘爽やかな風味、のち、スッとしているようでドバッとくる酸味主体のきれいなしっかり味。
きゅいぃ〜〜〜んと瑞々しい酸味です。
華やかなようでいて、米の旨味もしっかり引き出されてますね〜。
この酸味と深い旨味は山廃酒母によるものか、はたまた亀山酵母によるものか??
じわじわじわっと旨味がせり出してきます。

そして、喉の奥から鼻腔にスイィィィィィと響くような芳香。
ECHOですねぇ。



『NEXT5 ECHO 2012』
■醸造元:合名会社栗林酒造店(秋田県仙北郡美郷町六郷字米町56番地)
 創業:明治7年(1874年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦
●精米歩合:55%
●使用酵母:亀山酵母(栗林酒造店蔵付分離酵母)
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:NEXT5 五人衆
●製造年月:2012年(H24年)12月
●価格:500ml/1,500円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)


◆過去の「NEXT5」記事◆
NEXT5 The Beginning 2010
NEXT5 PASSION 2011
NEXT5 EMOTION 2011





NEXT5 ECHO 4
葱とお揚げの焼いたのとカレイの煮付け。
もうちょっとシャレオツな肴の方が合いそうです。

奥に見えるは下の子がサンタさんにお願いしたレゴのお家。
まだ2部屋しか完成していないようです。



NEXT5 ECHO 5
なぜ壁の上に立ってるのか謎です。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:26 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新政 霞発泡生酒 23BY その2

新政 霞発泡 クリスマス 1

みなさまメリ〜クリスマ酒♪
ということでイブに呑んだお酒です。
クリスマス用は特に用意してなかったので、どれ呑もうかな〜と冷蔵庫探ってたら、一番奥に忘れられてた残してあった『新政 霞発泡生酒 23BY』発見!

二本買って一本熟成の旅に出してたのでした〜。
前回の記事

瓶内二次発酵のうすにごり生酒。
瓶詰め後10ヶ月経過。
どうなってるでしょうか???


新政 霞発泡 クリスマス 2

栓をひねるとかすかにプシュ=3

口に含むと、ほんのわずかにピリピリっと感じるような感じないような・・・。
ちょっとモワっとくる重苦しい香り+ツンアル香。
むむ、熟成失敗か!?

爽やかな甘酸味を感じた後、すぐにガツンと強い辛味の塊に苦味が加わり、ちょびっとエグ味も。
前回はやや物足りない感だったのが、物足りないどころか逆に目の前にガン!と壁が出来たようで、するする喉に流れるていきません。
実際に口の中で流れが止まってるわけじゃないけど、舌の上で壁にぶつかり一瞬立ち止まって、ジワリと喉へ流れ込む感じ。
重苦しくは無いけどこの抵抗感、ちょっと呑みづらいですね。
とか言いつつ無くなりましたけど。

ん〜〜生熟成は難しいと、改めて考えさせられる聖夜でした。



『新政 純米歳時記 霞発泡生酒 23BY』
■酒造会社:新政酒造株式会社(秋田県秋田市大町6丁目2番35号)
 創業:嘉永5年(1852)
●原材料:米、米麹
●原料米:酒こまち(秋田県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:六号酵母
●アルコール度:16度
●日本酒度:+3~4
●酸度:1.3~1.4
●製造年月:2012年(H24年)2月
●価格:720ml/1,300円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)
参考記録ということで・・・




新政 霞発泡 クリスマス 3
長女作
実にクリスマスらしいデコレーション(笑)







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七水 純米吟醸 無濾過生原酒 23BY

七水 1

『七水(しちすい) 純米吟醸 生 23BY』

栃木県宇都宮市「虎屋本店」(和菓子屋さんみたいだ)のお酒。
創業は天明8年(1788年)、宇都宮の名水といわれた「虹乃井」の井戸水で酒造りをしたのが始まり。
主銘柄は「菊」で、その他、今回呑んだ「七水」や「虹乃井」など。
昭和50年生まれの社員杜氏「天満屋徳(てんまやまこと)」氏が造る酒です。



七水 3
このお酒をチョイスしたのは、先日長女が七歳の誕生日だったので、何か「七」のつく酒呑もうと探してたわけです。
父ちゃんが何呑もうが子供本人には関係ないんですけどね(^^;)
七田、七賢、七本鎗、七笑、大七・・・お、これ知らないやで買ってみました。



七水 2
山田錦45%精米の純米吟醸無濾過生原酒。
「七水」とは宇都宮にあった七つの名水のこととなってますが、仕込み水に7種の水を使ってる・・・って訳ではないみたいですね。


きれいな吟醸香。
香り過ぎず、澄んだ爽やかな香り。

するっと入る清らかな旨味。
甘味に爽やかな香りが混ざり、口の中が幸せ〜な世界に。
その後、きゅっと優しい苦辛味で締める。
大吟醸クラスの雑味の無い綺麗な呑み口に、濃厚まではいかないしっかり味。
くっと旨味を感じた後、スッと引き爽やかな香りの余韻。
立ち香も含み香も見事に出過ぎず、嫌みの無いバランス。
ス〜っと呑めて、旨味もしっかり味わえ、飽きずにいける口です。

綺麗でお手本的な味ですね〜。
その分、美味しいんだけど目立たず、その他に埋もれちゃう系かも知んない。

ちょっと温度が上がってくるとバナナっぽい香りに。
旨味もより濃厚に感じます。
が、そこは精米歩合45%の綺麗な呑み口は保ったままで全体のイメージは崩れず。
酔いお酒でした。




『七水 純米吟醸 無濾過生原酒 23BY』
■製造元:虎屋本店株式会社(栃木県宇都宮市本町4番12号)
 創業:天明8年(1788年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:45%
●使用酵母:栃木酵母T-F/T-ND
●アルコール度:17度
●日本酒度:-1
●酸度:1.7
●杜氏:天満屋 徳(下野杜氏)
●製造年月:2012年(H24年)11月
●価格:1.8L/3,675円(税込) 720ml/1,838円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




七水 4
お子様リクエストのハンバーグで。


七水 5
デザートタイム
ケーキ&イチゴ嫌いなお姉ちゃんは、バースデーケーキじゃなくサンタカップに入ったプリン。
しかし、上に乗ったクリームは残してた(笑


七水 6
ノミ太蔵は「お酒たっぷり〜」表示に惹かれて買ったラム酒のケーキ?デザート??
カップの下の方に溜まってる液体は完全に酒そのものです。
スポンジからもじゅわ〜っと酒が滲み出す。
ん〜、酔っちゃいそう、ってもう酔ってますが(^^;)




七水 7
ちなみにこの日は、下の子の保育園の発表会もありました。
桃太郎を熱演?してます。
通り魔に襲われてるシーンではありません(笑)



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:14 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そばんち オリジナルラベル酒

そばんち酒 1

『そばんち オリジナルラベル酒』

奥丹波の蕎麦屋「そばんち」さんで買ってきたお酒。
似てるような似てないようなご主人の似顔絵が描かれてます。


そばんち酒 2 そばんち酒 3
醸造元は「そばんち」さんのすぐ近く「奥丹波」の山名酒造さん。
中身は本醸造かな?


香りは感じません。
すっきりしたキレの中に、素朴な米の旨味がギュ〜っと詰まってますね。
キリリと締まりつつ旨味しっかり味わえます。
しつこさや重さはなく、凛としたイメージを漂わせる味ですね〜。

酒単体ではちょっと面白味無いかな〜って味なんですけど、蕎麦やだし巻きなんかに合わせると、す〜っと邪魔せず寄り添ったかと思うと、じわりと米の旨味が出てきてなかなか酔い感じでした。



『そばんち オリジナルラベル酒』
■酒造会社:山名酒造株式会社(兵庫県丹波市市島町上田211)
 創業:享保元年(1716年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:70%
●使用酵母:?
●アルコール度:15度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:青木卓夫(丹波杜氏)
●製造年月:H24年(2012年)7月
●購入価格:300ml/700円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)





そばんち酒 4 そばんち酒 5
「そばんち」で呑めなかったので蕎麦で。
もちろんあんなに美味しい蕎麦じゃないけど、雰囲気は味わえたかな〜。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 本醸造・特別本醸造 | 23:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本泉 純米吟醸 無濾過生原酒 槽口 直汲み 24BY

年末は何かとバタバタ・・・
仕事も掃除も年賀状作りもブログ更新もなかなか捗りません。
が、なんとか隙をみて遡り更新〜。


日本泉 槽口取り 24BY 1

『日本泉 純米吟醸 無濾過生原酒 槽口 直汲み 24BY』

岐阜県、岐阜駅の真横にどど〜んとそびえる自社ビルの地下に蔵を構える「日本泉酒造」さんの24BY新酒です。
Sakezukibitoさんとこの頒布会酒。


日本泉 槽口取り 24BY 2 日本泉 槽口取り 24BY 3

昨年も呑みましたが、今年は直汲みSpecということです。


ふ〜んと漂う、甘果実香。
色はわりと黄色い。

ひとくちゴクリ。
ん〜、みずみずしくフレッシュだけど直汲みにしてはピチピチじゃない。
ちょっと置いとくとガス感出るかも・・・とのことでしたが出ませんね〜。

フレッシュだけど妙にしっとり落ち着いてる。
このイメージは・・・
高校生の頃、クラスにいた大人顔の人。
完全におっさん顔の人もいましたが、そこまで老け顔じゃなく、青年って感じのちょっと大人びた顔。
若々しさと落ち着きを併せ持ったイメージです。
ちなみのノミ太蔵は完全童顔の中学生顔でした(^^;)


で、味の方ですが、開けてすぐは辛い・苦い・強い感じで、ムムム・・・。
しかし、昨年も序盤固く徐々に味が解れてきた記憶がありますので、慌てずじっくりいただきます。
 ・
 ・
 ・
やはり日が経つにつれ味が馴染んできますね〜。
よく冷えてる状態ではややトンガリ感のある味ですが、少し温度が緩んでくると甘味増し、まろやか果実感。
派手華やかさは無いけれど、フレッシュ米ジューシ〜な旨味。
みずみずしくスルッと入るけど、ぐっとくる旨味。
アルコール度の高さ故か、ガツンと強さも感じますが、のどごし超なめらか。

ん〜旨いですね。尻上がりに良くなってきます。
呑み終えたの10日目くらいだったと思いますけど、最後が一番良かった。


開けたてと日を置いてから。
よく冷えてるのと、ちょっと温度が戻ってきたの。
時間・温度でかなり印象の変わるお酒でした。



『日本泉 純米吟醸 無濾過生原酒 槽口 直汲み 24BY』
■酒造会社:日本泉酒造株式会社(岐阜県岐阜市加納清水町三丁目八番二号)
 創業:江戸末期
●原材料:米、米麹
●原料米:飛騨誉?
●精米歩合:60%
●使用酵母:1801号酵母
●アルコール度:18度以上19度未満
●日本酒度:+4
●酸度:?
●杜氏:武山孝広(製造責任者)
●製造年月:2012年(H24年)10月
●価格:1.8L/3,200円(税込) 720ml/1,600円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



◆過去の「日本泉」のお酒記事◆
日本泉 純米吟醸 無濾過生原酒 ふなくちとり 23BY



日本泉 槽口取り 24BY 4
イカと里芋と大根の煮物ですね。
ゲソは焼いて食べました。
日本酒に合います(^^)



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会津中将 純米吟醸 ひやおろし 23BY

会津中将 ひやおろし 23BY 4

『会津中将 純米吟醸 ひやおろし 23BY』

撮ってませんでした。空き瓶です・・・



会津中将 ひやおろし 23BY 7
京都駅近辺に用事があって出かけた際、ちょっと喉が渇いたな〜と、いつもの伊勢丹酒売り場の試飲販売コーナーへ(笑)
鶴乃江酒造、林ゆりさんが試飲販売に来られてました(嘘、知ってて行った^^;)
「ゆり」も美味しかったんですけど、やっぱり濃醇な会津中将の方が好みかな〜ってことで、ひやおろし購入。
喉の渇きも潤せましたし。



会津中将 ひやおろし 23BY 6 会津中将 ひやおろし 23BY 5
五百万石58%磨きの純米吟醸ひやおろし。

穏やかな甘爽やかな香り。
しっとり甘辛ですね〜。
ベースの甘旨味と締めの辛味の融合+ちょい酸味。
この瑞々しくも落ち着きのある(でも落ち着き過ぎてない)味、旨いです〜。
五百万石らしい軽やかさに時間の経過と共に加わった深さのある旨味。
さらさら&しっとりでコクもある。
ん〜いいバランス。するするススム旨さです。
二日目残り半分、ちょっと味の出方が強くなったかな?という気もしましたが、気のせいかも知んないです。


『会津中将 純米吟醸 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:鶴乃江酒造株式会社(福島県会津若松市七日町2番46号)
 創業:寛政6年(1794年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:58%
●使用酵母:?
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:坂井義政(会津杜氏)
●製造年月:2012年(H24年)10月
●価格:1.8L/3,045円(税込) 720ml/1,575円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)


◆過去の「鶴乃江酒造」さんのお酒記事◆
会津中将 純米吟醸 夢の香 22BY





会津中将 ひやおろし 23BY 2 会津中将 ひやおろし 23BY 3
小蕪の煮物と牡蛎の味噌マヨホイル焼き。
しっぽり〜といただきました。


会津中将 ひやおろし 23BY 1
今年もいつの間にか残り半月。
早いですね〜。
やり残しはいいけど、呑み残しの無いよう・・・いや、皆さんそんな心配ないですね(^^)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:27 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀そば せいいち

銀そば 14
気になっていた蕎麦屋さん?に行ってきました。
うちから車で30分。

『銀そば せいいち』

≫ 続きを読む

| 食べ太蔵 | 22:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奥丹波 ひやおろし 寒露 23BY

奥丹波 ひやおろし 23BY 1 奥丹波 ひやおろし 23BY 2
『奥丹波 秋季ひやおろし 寒露(かんろ) 23BY』
こちらも先日、蔵で買って来たお酒です。


山名酒造さんのひやおろしは、9月にもう少し若い味の「白露」が。
11月からはさらに味の乗ってきた「寒露」が発売。

奥丹波 ひやおろし 白露
「白露」では緑瓶に青い栗の絵でしたが、
「寒露」では茶瓶に栗の絵も茶色になり、栗の味もポトリと落ちてますね。
ラベルの中でも季節の移ろいが描かれています。


スペックは詳しく書いてありません。
五百万石と兵庫北錦を使用しているようです。


香りはあまり無いですね。
ほのかにすぅ〜っと通る繊細な香りがあるかな?

冷や
する〜り入る、ほのかな甘さの綺麗な米の旨味。
かすかに酸味も伴い、しっとり爽やかな印象。
ちょっとインパクトに欠けるも、するする呑めます。
飾り気のない旨味って感じです。



酸味増しキュッと締まった旨味に。
結構表情変わりますね。
冷やでは優しく涼やかな顔が、ちょっとシャープなメリハリのある顔に。
温度が上がるにつれ、味の強さ・酸味が増してきます。
上燗以上では味の出方がちょっと強いかな?でしたが、ちょっと冷ますとまろやかになって、いい燗じです。
ぬる燗まで来たところで止めた温度で呑むより、熱燗から冷ました方が美味しい。
アルコール度も14度なのでスイスイ入りますね〜。

呑みやすい半面、ちょっと物足りなさも。
もう少し濃醇かと思いましたが、ちょっと線が細いかな〜。



『奥丹波 秋季ひやおろし 寒露 23BY』
■酒造会社:山名酒造株式会社(兵庫県丹波市市島町上田211)
 創業:享保元年(1716年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石・兵庫北錦
●精米歩合:?
●使用酵母:協会10号(明利小川酵母)←たぶん
●アルコール度:14度
●日本酒度:+3
●酸度:?
●杜氏:青木卓夫(丹波杜氏)
●製造年月:H24年(2012年)11月
●価格:1.8L/2,625円(税込) 720ml/1,260円(税込)


個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)


◆過去の「山名酒造」のお酒記事◆
山名 純米原酒 生 22BY
山名 純米吟醸しぼりたて 23BY




奥丹波 ひやおろし 23BY 4
酒粕鍋でポッカポカ〜(*^-^*)





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 22:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小鼓 純米吟醸 生酒 23BY

小鼓 生 1
『小鼓 純米吟醸 生酒 23BY』

蔵で買って来たお酒ですが、24BY搾りたて新酒はその時点でまだ1週間程先になる〜残念、とのことで23BYの。
兵庫北錦を使用した純米吟醸の生酒。


小鼓 生 2 小鼓 生 3


香りひんやり清々しい。
とても爽やかなサクっとした甘旨味。
後半、キリっと切れ上がるほのかな苦味の後に、ほんのり甘さの余韻がいいバランス。
小鼓らしく軽やかで上品な、呑み飽きないくくっと上質な旨味ですね。
ピチピチじゃ無いけど若々しさを保ったまま、良い具合に味が乗ってきてます。
ん〜〜旨いですね〜。
呑んでると心が爽やかになるような味。



『小鼓 純米吟醸 生酒 23BY』
■酒造会社:株式会社西山酒造場(兵庫県丹波市市島町中竹田1171)
 創業:嘉永2年(1849年)
●原材料:米、米麹
●原料米:兵庫北錦
●精米歩合:58%
●使用酵母:10号(小川酵母)
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:八島 公玲(丹波杜氏)
●製造年月:2012年(H24年)7月
●価格:1.8L/2,835円(税込) 500ml/998円(税込) 300ml/599円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓(9)


◆過去の「小鼓」記事◆
・小鼓 特別純米酒




小鼓 生 4
アマダイの刺身です。
ねっとりもっちり、甘く粘りのある旨味。
ん〜〜美味ですね〜。
小鼓とすこぶる相性良し。
そして、酒が足りな〜い(^^;)



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 15:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玉の水 蔵出し純米生酒 23BY

玉の水 1 玉の水 3
『玉つるぎ 蔵出し純米生酒 玉の水 23BY』

こちらも奥丹波の酒蔵巡りの際に買って来たもの。
「中大槻酒造場」さんのお酒です。


丹波の酒蔵 40
明治5年(1872年)創業の中大槻酒造場。
主銘柄は「玉つるぎ」。
「玉のようなまろやかさと剣のような冴えとキレ味の酒」という意味を込めて命名されたそうです。



玉の水 2
純米生と本醸造の生がおススメってことで、こっちの純米のを買ってきました。
アルコール度17度、精米歩合65%以外は不明です。


香りは控えめ。かすかに爽やかな香り。
口当たりする〜りなめらかなれど、旨味とコクはしっかり。でも、どっしり重くも無い。
ん〜、このバランスがいい。
蔵のイメージから、もっと田舎臭い風味なのかと予想してたので、この味は少しビックリ。(申し訳ありません)

華やかではありませんが、さらりとしたきめ細かいパウダー状の旨味の後、やや青味がかった苦さがジワリ・・・
酸味はあまり感じませんね。
その後、カドの無いまろやか〜なコクがぐぐっ。

そして、つるんと流れる実に良い喉越し。
まさに「玉の水」。
もたつかず、すっと引いていきます。

名水の湧く「小鼓」の西山酒造場から2〜300メートルしか離れてませんから、こちらも良い水なのでしょう。


生酒らしい瑞々しさと、洗練され切ってないややザラついたイメージの旨味・コクのハーモニー。
青年の爽やかさと、(ちょっと脂のテカリとヒゲの伸びが気になる夕刻の)中年の渋味が同居したイメージですね。
ちょうど呑み頃な熟成具合だった気がします。


が、開けてから日が経つと、ややアルコール感が出て来たやうな。
味の出方も、ちょっと強くなってきたやうな。
呑み終わるのに一週間はかかってなかったと思いますが、序盤と終盤ではイメージが変わりました。
序盤の軽やかなのにぐぐっと来るバランスが好きかな〜。



『玉の水 蔵出し純米生酒 23BY』
■酒造会社:中大槻酒造場(兵庫県丹波市市島町中竹田908-1)
 創業:明治5年(1872年)
●原材料:米、米麹
●原料米:?
●精米歩合:65%
●使用酵母:?
●アルコール度:17度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●製造年月:H24年(2012年)11月
●価格:1.8L/3,000円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




玉の水 5
初日、刺身で。
アカヤガラ(右)初めて食べましたが旨い〜。
でもこの酒に合わない〜。
ちょっと酒の旨味・コクが勝ってしまう〜。
ちなみに左はタラ〜。


玉の水 4
後日ブリの照り焼きと。
ん〜、この組み合わせはいいですね(^^)
美味しく呑み、美味しく食べました。
もちろん豆腐も旨い。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 22:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丹波 吟醸酒

丹波吟醸 1

『丹波 吟醸酒』

先日の奥丹波の酒蔵巡りの際に、唯一行けなかった「打田酒造」さんのお酒です。
蔵には行けませんでしたが、帰り際に立ち寄った道の駅売ってたのでお酒は買えました。


江戸時代は織布業、明治時代は醤油製造、昭和11年(1936年)より「打田酒造」として酒造業に。
主銘柄は「黒松大観」。盆栽っぽい渋い名前だ。
蔵の井戸水で仕込まれるらしい・・・
あまり詳しい情報が無いのでこのくらいしか分かりません。


今回買った「丹波」には「深山霧海」のサブネームが付いてますね。ラベルも丹波の霧を描いたものです。
全国に霧の名所はたくさんありますが、ノミ太蔵の住む丹波盆地も霧の名産地(?)としても知られてまして、晩秋〜春先にかけて、天気の良い日の午前中は霧の中。五里霧中を地でいく土地です。(正確には篠山盆地、由良盆地、亀岡盆地に分かれますが、ひっくるめて丹波盆地ともいいます)
「丹波霧」で画像検索してもらったら雰囲気分かると思います。
こちらの方のブログに分かりやすい比較画像が。
ちなみに上の写真のどこかにノミ太蔵の実家が写ってます(笑


湿度100%、ミスト効果抜群。
こんなところで育ったから、お肌も潤うを通り越して、水も滴る中年オヤジです。
電車はしょっちゅう遅れるし、車もたまに追突事故起こしてるし、
バイクだとシースン中は完全レイン仕様でないとずぶ濡れです。
で、峠越えて京都市内に入るとピカーン
あんた、何でカッパなんか着てんの?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話が随分逸れました。
\(・_\)ソノ話 (/_・)/コッチ



嫌味な程じゃないけど、甘華やかな吟醸香ぷわ〜ん。
翌日にはちょっと落ち着いてました。

口当たりは、さらり軽やか。
みずみずしくも、さらさらする〜りですね。
香りほど甘味やクドさは無く、本当にさらり軽やかな味。
そして、引っかりのないナチュラル〜な喉越し。

ほのかな甘旨味の後にキュッと苦辛味が出たかと思うとスッと引く。
この起伏がとてもなだらかで、あまり抑揚の無い味とも言えます。
その分とても呑みやすく、それでいて淡麗過ぎて物足りないってほどでもないので、どんどんずんずん進みますね。

居酒屋で無名の冷酒として出されてるような味でもあり、割烹で料理に合わせた綺麗な旨味吟醸酒として出されるようでもある。
明確にこの酒って個性があるわけでもないけど、マラソン大会で気付けばそこそこの位置にいるぞ的な・・・
ん〜、何とも捕らえ所の無い感じの表現ですね。

例えるなら旨い霞を呑んでる・・・いや、霧だな。
そう、空気が流れると水の粒が肌に触れながらさ〜っと流れていく感じ。
そんな呑み心地です。

だからこんなラベルなんですね。
勝手にそう思うことにします(笑



『丹波 吟醸酒』
■酒造会社:打田酒造株式会社(兵庫県丹波市氷上町谷村520)
 創業:昭和11年(1936年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:書いてないですねぇ
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●製造年月:H24年(2012年)11月
●価格:720ml/1,470円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)
もう少し濃い方がいいなぁ



丹波吟醸 2 丹波吟醸 3
またしてもなめこ豆腐鍋(^^)





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そばんち

丹波の酒蔵 62

丹波の酒蔵巡りの際に寄ってきました「そばんち」。
美味しいと評判の蕎麦屋さんです。
こちらの方面に来たら是非行ってみたかったところ。

≫ 続きを読む

| 食べ太蔵 | 23:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みがき麦・100%MALT・カラメルブラウン

みがき麦
11月26日発売『サッポロ みがき麦』

イオングループ限定の新ジャンル商品。
穀皮に含まれる雑味成分を減らす「穀皮分離仕込」製法により、純粋な麦のうまみを味わえる商品とのこと。


第3ビール香ぷ〜ん。
ちょっと粗いけど、泡立ち、泡持ちが良好。

スカっと軽い味ですね。
甘味・旨味少なく、あとからほんのり麦風味。
製法による雑味のないクリアな味とも取れますけど。
機能系のカロリーoffっぽい味です。
でもcalは普通(100mlあたり41kcal)でした。
1本100円とお買い得だし、飽きずにスイスイ呑めるかもしんない。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5%
●価格(イオン):350ml/100円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)





100%MALT]
11月27日発売 サッポロ『セブンプレミアム 100%MALT』
セブン&アイグループ限定の100%MALTビール。
氷点下熟成による雑味のないキレ味を実現。刺激・ドライ感高めのコクとキレを両立したビールとのことです。

す〜っきり旨口。
まろやか爽やかな苦味。
すっきりサラサラ呑みやすい、スイスイ系ですね。
その分、コク・旨味は物足りないかなぁ。
後味もす〜っと消え、こちらもスッキリ感。
価格分の満足感は無いかも・・・。

どこか既視感のある缶デザインイメージ通りの味ですね。


●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格(セブンイレブン):500ml/258円(税込) 350ml/198円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)





カラメルブラウン
11月27日発売『サントリー カラメルブラウン』

欧州産カラメル麦芽を一部使用した甘やかな香りと豊かなコクに、北米産ビターホップ100%使用によるほろ苦さが調和した上質な味わいが特長の。

しっかりブラウンですが、名前と見た目からイメージするほど甘くも無く濃くも無い。
すぃ〜っと爽やかな酸味の割とあっさり味ですね。
カラメル香は少な目で、香りは甘酸っぱい感じです。
後味に第三ビールっぽさはなく、旨味の余韻が残ってていいかな。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格(コンビニ):350ml/139円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



2012秋1
先週までは秋〜だったのが、今週は雪も舞い、さむ〜い冬に突入。
あっという間にこたつむりになってしまいました。


2012秋3
冬桜
ピント合ってなかった・・・



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:41 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。