2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幻舞 特別純米 山田錦 おり絡み無濾過生 24BY

幻舞 特純山田 おりがらみ 24BY 1
『川中島 幻舞 特別純米 山田錦 おり絡み無濾過生 24BY』

長野県長野市川中島、
創業は室町時代の天文9年(1540年)。
長野県で一番長い歴史を持つ蔵です。
武田信玄もここのお酒を呑んだとかなんとか。

口にするのは長野合宿以来です。
あの綺麗で近代的な蔵と、歴史のある旧蔵のコントラストのある風景が思い出されます。



 幻舞 特純山田 おりがらみ 24BY 2幻舞 特純山田 おりがらみ 24BY 3


今回は山田錦を使った特別純米のおり絡み。
甘&酸が混じる、ぴち〜っと旨そうな香りが上品に漂う。

まずは上澄み。
するりとなめらかな口当たり&舌の上ではピチピチフレッシュな刺激。
甘さと同時にさらり爽やかな苦味。
ンガ〜! 初っぱなから旨しですね。

続いて混ぜ混ぜ。
旨味がぐっと濃くなります。
ちょこっと苦辛味に振るかな?
初日は上澄みだけの方が好み。


2日目以降、日に日にピチピチ感は引き、落ち着きが増していきます。
混ぜ混ぜした方が俄然良くなってきます。
甘味・旨味がまろやかに押し寄せる〜。
さらりと呑みやすく、きれいな満足感のある米フルーティなコク。
立ち香より含んだ時の方が香り広がりますね。
でも邪魔するような香りでなく、ジューシーな米旨味と綺麗に合わさり絶妙の一体感。
7日目あたりにピークを迎えるらしいけれど、それまでに無くなりそうです(汗)


7日目、辛うじて残した1合。
かなり落ち着いてきました。
ラムネっぽい香りと苦爽やかな甘味。
ん〜旨い、たしかにピークかも。
しかし、これ以上日が経つと、もたついた感じになりそうかも。

ここで初日のピチピチ感を思い出す。
落ち着きのある大人風味もいいけれど、若々しい肌も忘れ難し。
しかしながら、終始、価格以上の満足感のあるお酒でした(^^)



『川中島 幻舞 特別純米 山田錦 おり絡み無濾過生 24BY』
■酒造会社:株式会社酒千蔵野(長野県長野市川中島町今井368-1)
 創業:天文9年(1540年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦
●精米歩合:59%
●使用酵母:?
●アルコール度:17度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:千野麻里子
●製造年月:2013年(H25年)4月
●価格:1.8L/2,730円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)





幻舞 特純山田 おりがらみ 24BY 4 幻舞 特純山田 おりがらみ 24BY 5
揚げ物にも煮タマネギちゃんにも何でも合わせられる味です(^^)



======================================

今週のピックアップ

ぼう人間 1巻 2巻

『ぼう人間 1巻、2巻』(ノミ書房)同時刊行!

何の脈絡も無く突然移り変わる場面構成が魅力です(笑)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 純米・特別純米 | 22:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長陽福娘 山廃純米無濾過生原酒 直汲み 24BY

長陽福娘 山廃直汲み 24BY 1

『長陽福娘(ちょうようふくむすめ) 山廃純米無濾過生原酒 限定直汲み 24BY』

山口県萩市「岩崎酒造」さんは明治34年創業。
24BY?より、社長であり四代目でもある岩崎洋二氏が杜氏を務めておられる?
酒名の由来は、「創業当時岩崎家に女子が続けて誕生したのをうけて、子供が福々しい良い子に育つようにと願いを込めて名付けられました。」とのこと。

我が家もほっぺだけは福々しい娘たちに育っています(笑)



長陽福娘 山廃直汲み 24BY 2
さて、
今回は山廃純米無濾過生の直汲み。
冷酒・冷や・燗酒 全て◎ですね。(って、燗してなかったT_T)

ぴりぴり〜っと直汲みらしい刺激と共に、しみ〜っと酸味主体の旨味。
さわやかに呑める旨口ですね。
山廃らしからぬ、洗練されたきれいな呑みやすさ。
クセのない正統派っぽい味は、やはり山田錦だからかな?

みちっと密度がありながら、重からずもたつかず、くいくい呑めるバランスがいいですね。
呑みやすくも深みのある味わいは、やはり山廃仕込みかなという部分も見える。
数日経って、ぴりぴり感が無くなって来たくらいが一番いいですね。
美味しかったデス(^^)


『長陽福娘 山廃純米無濾過生原酒 直汲み 24BY』
■酒造会社:岩崎酒造株式会社(山口県萩市東田町58番地)
 創業:明治34年(1901年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(山口県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:-
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:+6
●酸度:2.4
●杜氏:岩崎洋二(四代目蔵元、社長兼杜氏)
●製造年月:2013年(H25年)4月
●価格:1.8L/2,940円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)






それでは我が家の「ふくむすめ」を紹介しましょう。


長陽福娘 山廃直汲み 24BY 4
鶏ムネ肉のチリソース炒め・・・をつまみ、
火を噴く娘 なんちゃって(笑)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 21:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビタープレミアム 極ZERO ヱビスプレミアムブラック 澄みきり GREEN STYLE

自宅の無線LANルーターが壊れました。
調子悪かったのを騙し騙し使ってましたがついにご臨終。
使えなくなるとなかなか不便です。
これを機にネット断ち・・・・?



ビタープレミアム
6月11日発売『アサヒ ビタープレミアム』

〜厳選した4種のホップによる華やかな香りと旨い苦味が楽しめるプレミアムビール〜

日本および台湾のファミリーマート限定商品です。
「厳選した4種のホップをひと手間かけた2段添加する事により、華やかな薫りと旨い苦味が実現したプレミアムビールです。」とのこと。

香り酸味ほわん。
とろ〜んとなめらかな口当たり。
抵抗無くするする喉に流れ込んでいきます。
4種のホップは分かんないけど、香り華やかで強めです。
でもプンプン香らず嫌みなし。

まろやかな甘旨味の後、すぐに苦みがガツーン。
でもこの苦みも柔らかいな。
全体を通してまろや感でトロっとコクのある香味で好印象。
やや奥深さが物足りない気もするけど好き系です。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:6%
●価格(コンビニ):500ml/284円(税込) 350ml/217円(税込)

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)






極ZERO
6月19日発売『サッポロ 極ZERO(ゴクゼロ)』

なんでも世界初の「プリン体0.00」を実現し、さらに「糖質0」も達成した機能系新ジャンルだそうです。

泡すぐに消えーる。
ノンアルコールか???と錯覚する、飴のようなトマトのようなノンアルビール風味。
味は軽くて苦味少なく、スカ〜っと溶けて消えるよう。
プリン体0.00、糖質0だからでしょうか。
でも、このノンアルビール風味がどうしても好きになれない。
「0」の為にいろいろ入ってるのも気になる。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・苦味料・カラメル色素・スピリッツ・水溶性食物繊維・香料・酸味料・酸化防止剤(ビタミンC)・安定剤(アルギン酸エステル)・甘味料(アセスルファムK))・スピリッツ(大麦)
●アルコール分:4%
●価格(コンビニ):500ml/197円(税込) 350ml/141円(税込)

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(3)








ヱビス プレミアムブラック
5月22日発売『ヱビス プレミアムブラック』
「ヱビス<ザ・ブラック>」を、「味わい」「香り」「パッケージ」において全面的にリニューアルし、


香り甘くねっとりなカラメル香。
たしかに香り濃厚になった気が。

しゅる〜っと酸味しっかりの、チョビっと甘く、チョビっと苦い。
香りの割に味は軽い感じなのは一緒かな。
もう少し濃い味のが好みです。

●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:5%
●価格:わすれ〜タ

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)






澄みきり
5月14日発売『キリン 澄みきり』

麦100%を力強く澄みきらせた、飲み飽きないうまさを実現した“傑作”新ジャンル商品との事。

新ジャンルなのに麦芽100%??

泡モコモコ。
酸っぱい系の香り。
味も酸味主体で程々の苦味。

ん〜〜〜ん〜〜〜〜ん〜〜〜〜〜
たしかに雑味無く、後にも残らない澄みきり具合。
全体は麦の風味でまとめられててクリアな味わいなんですが・・・物足りない。


●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、大麦スピリッツ
●アルコール分:4.5%
●価格:わすれータ

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)






GREEN STYLE
麦酒系じゃないけどおマケで。
5月21日発売『サントリー グリーンスタイル』
グレープフルーツを発酵させた低アルコール(4%)飲料。
ローソンオリジナル商品です。

香りグレープフル—ツ・・・当たり前。
「甘味果実酒」となっているので、チューハイみたいな甘味をイメージしてたら全然甘く無いですね。
スッキリと軽やかな酸味とグレープフルーツの苦味。
よく読んだらグレープフルーツを発酵となっているのでワインみたいなものなのかな?

大人風辛口ドライな果実感。
グレープフルーツの風味が死んでないですね。
これは好きかも。


●分類:甘味果実酒(発泡性)(1)
●原材料:グレープフルーツ発酵酒、乳酸発酵ぶどう果汁、糖類、香料、酸味料、酸化防止剤(亜硫酸塩)
●アルコール分:4%
●価格:わすれた〜

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)








野菜中心
野菜中心の食事ですが全然痩せないなぁ。
ガッツリ食べても食べなくても今月は±700g以内で超安定。




にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 12:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若駒 あさひの夢65 無加圧採り 無濾過生原酒 24BY

若駒 あさひの夢 無圧 1

『若駒(わかこま) あさひの夢65 無加圧採り 無濾過生原酒 24BY』

栃木県小山市「若駒酒造(株)」のお酒。
若駒酒造は万延元年(1860年)創業。
社名は、地元の飾り馬神事にちなんだもので、神事の馬が店舗に飛び込んできたことに由来したとかなんとか。
そして、こちらの蔵、テレビドラマの「Jin~仁~」が撮影された蔵でもあります。
(ノミ太蔵、Jin見てませんでしたが)

ちなみに富山県に、同じく「若駒」銘柄の「(名)若駒酒造」があります。
こちらも呑んだ事ありません。

さて、こちら、栃木の「若駒」は、「風の森」で知られる奈良県の油長酒造にて3年間修行をし、杜氏として蔵に戻って来た六代目 柏瀬幸裕氏が、21BYより立ち上げた地酒専門店向けのブランド。
これまでも「若駒」銘柄は一部商品に使われてたようですが、心機一転、蔵の顔となるべくラベルも一新。
「若」の文字に馬の絵で「若駒」と読ませるようです。



若駒 あさひの夢 無圧 2

今回のお酒、使用米は栃木県産「あさひの夢」。
知らない米だなぁ〜と思ってたら、これ一般の食米なんですね。
栃木、群馬、岐阜、愛知辺りで作付けされてるみたいですね。
修行した油長酒造さんでも一般米で美味しい酒を醸しているので、栃木の一般米でってことで「あさひの夢」を使用。



乳酸飲料を思わせるミルキー酸な香りがほのかに。

まずは上澄み → シャープでやや辛。

続いてまぜまぜ → ん〜トロピカル〜♪ やっぱこっちだな。

トロンと濃厚な甘味に、ほろ苦さをまとった若々しい酸味・渋味が加わる・・・、ん〜例えるなら、まだ若くて青いのと完熟したパインを同時に食べてるようなイメージです。(そんな食べ方したことないけど)

しっかりミチっと詰まった旨味で、口に含むとハムハム噛みたくなる、さも食べてる?ような呑み応え。
重さは無いですね。むしろクリアーな印象。
ジューシーでありながら、さらりとしたドライな部分もあるかな?

良く言えば溌剌、悪く言えばやや荒々しい表情を残してる。
それを旨味の勢いで押さえ込んでる感じです。
まさに酒名の通り、そしてラベルの絵柄通りの若々しく元気な馬が跳ねるイメージ。
でも毛並みや血統の良さが感じられますよ。


ガツっと濃厚な味に合う、これもまたなかなか馬し・・・じゃなく旨しなお酒でした。



『若駒 あさひの夢65 無加圧採り 無濾過生原酒 24BY』
■酒造会社:若駒酒造株式会社(栃木県小山市小薬169-1)
 創業:万延元年(1860年)
●原材料:米、米麹
●原料米:あさひの夢(栃木県産)
●精米歩合:65%
●使用酵母:Newデルタ
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:柏瀬幸裕
●製造年月:2013年(H25年)4月
●価格:1.8L/2,450円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




若駒 あさひの夢 無圧 5
この日は鹿の燻製と。
地元で害獣駆除された鹿を地元の山桜で燻したリサイクル?な逸品です。
鹿は臭みがなくていいですね。シカしウマい。
そして、この酒とすこぶる合うな〜。

ま、馬と鹿ですから名コンビ?ですかね(笑)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 12:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蔵宅 5月号 千寿酒造

蔵宅 5月号 千寿 4

『蔵宅(くらたく) 5月号』
(号でいいのか?)のお酒です。

蔵宅とは・・・お酒とおつまみの通販サイト『NOMOOO(ノモー)』さんが始められた「市場にあまり出回ってない新鮮な日本酒を毎月届けてくれるサービス」です。
720ml×1本、ニュースレター付き 送料税込み¥2,680です。(初回のみお猪口付き)


ノミ太蔵、3ヶ月の無料モニターさせていただいてまして、今回2ヶ月目となります。
前回の「蔵宅」記事は→コチラ





蔵宅 5月号 千寿 1 蔵宅 5月号 千寿 3

今回は、静岡県磐田市「千寿酒造」さんの「純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり」です。
これまた知らないお蔵さんです。

明治35年(1902年)創業。
酒名の「千寿白拍子」は、源平の戦乱の世に当代一の白拍子(舞姫)といわれた千寿が、地元に残した悲しい恋物語に由来。
創業以来越後杜氏による酒造りが行われていましたが、2009年より以前の杜氏より越後流を継承した五代目の現当主が自ら酒造りをなされています。
仕込水は自家井戸で汲み上げられる天竜川の伏流水で、シャネルの香水の原液製造にも使われているそうです。

『酒造りの原点は手造りの吟醸酒にあり』をモットーに、戦後の米不足の際にも途切れること無く、妥協を排した高精白の吟醸酒を作り続けているとのこと。





蔵宅 5月号 千寿 5 蔵宅 5月号 千寿 6
このようなニュースレターがついてきます。
造り手さんや蔵の様子を見ながら呑めるのがいいですね。


ではでは、読みながらいただいてみます・・・


おぉ!シャネルの香り!・・・な訳無い(笑)
強くはありませんが、ス〜っと突き抜ける、やや酸&アルコール感のある香り。
この時点では淡麗酸っぱ系辛口のイメージ。

しかし・・・んんん・・・

お!?香りからイメージする味とは随分かけ離れた、柔らかい甘味主体の味です。
さら〜り爽やか柔らかな甘味とカドのない丸い酸味。
しんみりとしみ渡ります。
最後にさらりと主張し過ぎない苦味。
香りは立ち過ぎず、食べながら呑むのに最適な、綺麗に寄り添う感じな香り。
そして、アルコール度17〜18度の原酒とは思えぬ呑みやすさ。
全体に軽やか淡麗系ですが、しっかり芯のある旨味です。
ん〜いいですね〜。

2日目残り半分。
初日に比べて割と硬派な印象に。
柔らかい甘味が薄らぎ、カチっとした辛味が増した気がします。
でも全体にソフトタッチなのは変わんないですけどね。
あくまでその中でも硬派な辛味が出て来たかな?って感じでした。
個人的には初日の柔らかい甘味主体の方が良かったかな。


みんなでワイワイ呑む酒よりも、時間をかけてのんびり楽しめる酒を目指しておられるそうで。
ガツンと個性や華やかさは無いけれど、存在感はさりげなく、しかし、ひしひしと感じさせる。
なるほど、たしかに自宅でじっくり味わいたい酒という感じでした。



と、好きに書かせていただきましたが、
「蔵宅」今回もなかなか魅力的なお酒でした〜(^^)




『千寿酒造 純米吟醸 無濾過生原酒うすにごり』
■酒造会社:千寿酒造株式会社(静岡県磐田市中泉2914-6)
 創業:明治35年(1902年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦、出羽燦々
●精米歩合:55%
●使用酵母:?
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:鈴木繁希(蔵元杜氏:越後流継承)
●製造年月:H25年(2013年)5月
●価格:2,680円(税込)※蔵宅価格

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)


『蔵宅』ご興味のある方は→コチラ





蔵宅 5月号 千寿 7
この日はnameさんとこの真似して冷製トマトおでんです。
(レシピありがとうございます!)
んほほ、これはいいですね。
あ、ちなみにバジル無かったので青のりで代用してます(笑)




蔵宅 5月号 千寿 9
このトマトを煮た出汁が、トマトの酸味も加わりかなりいい味になってまして。
鍋にまだたくさん残ってたので、翌日も作ってもらいました。
今回は茄子も追加で。
トマトは完熟気味だったので丸っといかず。
茄子は出汁にちょいと調味料&胡麻油追加です。
ん〜、これも旨し。
また作ってもらおう(^^)






クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:29 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮の松 純米吟醸 あらばしり 24BY

宮の松 あらばしり 24BY 1

『宮の松(みやのまつ) 純米吟醸 あらばしり 24BY』

佐賀県、松尾酒造場さんのお酒。
有田焼で知られる有田町にある蔵です。
創業は江戸末期。
国見連山の中腹に広がる「日本棚田百選」にも選ばれた西有田の棚田で育つ山田錦と、蔵の敷地に湧き出る「日本名水百選」「日本の水源の森百選」にも選ばれた「竜門の清水」の伏流水で仕込まれます。



宮の松 あらばしり 24BY 2
菊?の透かし風地紋に西有田の棚田の風景が描かれています。
酒名「宮の松」は、金色夜叉のお宮の松・・・ではなく、明治41年の歌会始の勅題「社頭の松」に由来。
しかし、商標の都合で「宮の松」になったらしいです。




やわらかい甘味と香りが、ふわ〜っと溶けるように広がります。
口に入った瞬間は甘く柔らか。すぐに割合しっかりとした苦辛味にシフトし、最後はひゅっ消えるように引く。
抵抗無くするする流れますね〜。それでいて山田錦らしい正統派の旨味がしっかり。

少し含むと、とても柔らか。綿飴のようなやさしい口当たり。
ぐいっといくと、やさしさは残しつつ舌の奥で甘・酸・苦をぐぐっと感じる呑み応え。
そして、変わらず奇麗にさばけますね。

やや淡麗だけど、物足りないなんて感じは無く、上質な旨味を楽しめます。
柔らかい風を纏った好青年のようなイメージ。
すいすい進みますね〜。
呑み過ぎてしまいます。
奇麗で旨味もしっかりとした酔いお酒でした〜(^^)





『宮の松 純米吟醸 あらばしり 24BY』
■酒造会社:合名会社松尾酒造場(佐賀県西松浦郡有田町大木宿乙617)
 創業:江戸末期
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(佐賀県産)
●精米歩合:50%
●使用酵母:?
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:±0
●酸度:1.2
●杜氏:井上満(肥前杜氏)
●製造年月:2013年(H25年)
●価格:1.8L/3,360円(税込) 720ml/1,680円(税込)

ノミ的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



宮の松 あらばしり 24BY 4 宮の松 あらばしり 24BY 5
若竹煮やキンキの干物と。
濃過ぎず薄過ぎずな和風の肴によく合いましたね(^^)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 





以下おまけ

≫ 続きを読む

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 12:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。