2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まんさくの花 吟醸かち割り原酒 24BY

夜空を見上げるとすっかり秋の月夜。
もう冷やおろしが出始めてるのに書いてなかった夏酒を。
夏休みの宿題を必死のパッチ(最近言わないのか?)でやってる小学生の気分です(^^;)


まんさく かちわり 1

『まんさくの花 吟醸かち割り原酒 24BY』

氷を入れて美味しく飲める旨辛口に仕上げたお酒だそうです。
ラベルも夏〜♪な雰囲気バッチぐ〜(最近言わないのか?)
涼しげな瓶の色とも相まって、300mlなら間違えてかき氷に掛けてしまいそう。



まんさく かちわり 2

使用米は秋田県産酒造好適米表記のみですが、精米歩合60%、アルコール度数19度以上のガツーン原酒で、
1.8L/2,200円(税込)
720ml/1,100円(税込)
とお手頃価格です。


まんさく かちわり 3


ほんのり甘味を感じさせる涼し気な香り。
そのままチビリと呑んでみますと、アルコール度数ほどはガツンと来ないけど、ちょっとムォっと濃い感じ。
まずはロックで。(かち割り氷じゃなくてスミマセン)

きれいな爽やかな甘味ですね。
ん〜例えるなら氷砂糖みたいな。
後半ギュワ〜ンと苦味が出てくる。
キュッと詰まった濃さだけど重苦しく無く、スハ〜っと抜けていきますね。
余韻に若干アルコール感あり。



まんさく かちわり 4

翌日、残り半分をニテコ炭酸水割。
秋田同士なので合わないわけありません。
酒2:炭酸水1くらいの割合です。

さっきは氷砂糖みたいな甘味って言ってましたが、炭酸水で割ると、あれ!?柑橘系?
炭酸水の苦みと合わさるとスッキリ爽やかな印象の甘味に。
ん〜大人サイダーっぽくなりますね。
これは旨いです。
かち割りロックよりこっちの方が好きでした。

日本酒ハイボールとして売ってるのも、このくらいの味で出してくれたらもっと流行りそうなのに。




『まんさくの花 吟醸かち割り原酒 24BY』
■酒造会社:日の丸醸造株式会社(秋田県横手市増田町七日町114-2)
 創業:元禄2年(1689年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:秋田県産酒造好適米
●精米歩合:60%
●使用酵母:?
●アルコール分:19度以上20度未満
●日本酒度:+5.5
●酸度:1.5
●杜氏:高橋良治(山内杜氏)
●製造年月:2013年(H25年)6月
●価格:1.8L/2,200円(税込) 720ml/1,100円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)

来年はかき氷にもチャレンジしたい(^^)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:57 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青春ノヤマト やまとしずく 純米吟醸スパークリング〈生〉24BY

青春ノヤマト 1

『青春ノヤマト やまとしずく 純米吟醸スパークリング〈生〉24BY』

「刈穂」「出羽鶴」を醸す秋田清酒の会員店限定酒「やまとしずく」。
その「やまとしずく」シリーズ初のスパークリング生酒。


青春ノヤマト 2 青春ノヤマト 3

青春ノヤマト 4

『吹き出し注意!!』にビビりながら開栓。
ブシュー=3っと元気なシュワシュワですが、噴きこぼれるほどではなかった。

ラムネっぽい涼しげな爽やか香。
ピリシュワの発泡感のある口当たり。

軽やかでコクのある甘旨味に、先ほどの炭酸の刺激と苦みが加わり、余韻は大人っぽい風味の苦辛味。
甘くてシュワシュワ元気のよい少年が、ちょっぴり大人の世界へ足を踏み入れるほろ苦さ。
ん〜青春ですね〜。


青春ノヤマト 5
(悪い意味じゃなくて)米の研ぎ汁的なイメージの味です。
旨コクなのに軽やかにサラ苦で呑ませる、清涼感のある夏向きの味ですね。
スイスイ呑めて薄っぺらくない味わい。
あ゛〜、これは好きかも〜。



『青春ノヤマト やまとしずく Sparkling純米吟醸〈生〉24BY』
■酒造会社:秋田清酒株式会社(秋田県大仙市戸地谷字天ケ沢83-1)
 創業:大正2年(1913年)
●原材料:米、米麹
●原料米:酒こまち
●精米歩合:55%
●使用酵母:秋田酵母No.12(らしい)
●アルコール度:15度
●日本酒度:+2
●酸度:1.6
●杜氏:佐藤賢孔
●出荷年月:2013年(H25年)6月
●価格:720ml/1,575円(税込)

お好ノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)








24H_1
24時間テレビの募金、早速行ってきました。
1番乗りではなかったようですが、始まってすぐなのでまだ誰もいませ〜ん。


24H_2
正装してやる気満々みたいですが、まぁ嵐がらみで着てるだけです。
夏休み中しょっちゅう来てるので既にヨレヨレ。
ちなみにノミ太蔵だけ買ってもらってません(^^;)


24H_3
市内の園児たちが描いた「将来の夢」の絵が貼り出してあるので、それを見に行くのが目的だったのですが、募金会場のすぐ横(3mくらい)に貼り出してあるので、見に来た親たちは必然的に募金せざるを得ないレイアウトなのでした(^^;)





アゝ、遠カリシ我ガ青春ヨ。
スリムナ腹ヲ今イチド・・・

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 20:10 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蔵宅7月号 西堀酒造

みなさま、お盆休みいかが酒ごされましたか?

ノミ太蔵は、仕事がお盆前進行でドタバタ〜 → そのままお盆突入〜 → そのままサボり突入

・・・してしまい、久しぶりの更新です(^^;)




蔵宅7月 西堀 1

『蔵宅7月号 西堀酒蔵 純米生酒』


3ヶ月無料モニターさせてもらってたNOMOOOさんの旬な日本酒の定期購入サービス「蔵宅(くらたく)」。
6月分でモニター期間は終わりましたが、続いてどんなお酒がやってくるか気になるので自己負担でもう少し続けてみることに。

7月分は栃木県小山市「西堀酒造」さんの純米生酒。
西堀酒蔵産の主銘柄は「若盛(わかざかり)」。
「飲んでいただく方が、いつまでも末永く若々しく盛りますように…」との願いが由来だそうです。
これは知らない銘柄です。
もう一つ主に地元向けに出してる純米酒限定の「門外不出」。
こっちは聞いた事あります。
呑んだ事はありませんが。



蔵宅7月 西堀 2 蔵宅7月 西堀 3
西堀酒造は、滋賀県蒲生郡朝日野村(現東彦根市)出身の西堀三左衛門氏が明治5年に蔵を譲り受け創業。
現当主で五代目だそうです。
西堀家は30代以上も続く近江商家で、現在も本宅は東近江市にあるそうです。
蔵の建物は江戸末期〜明治・大正時代の歴史あるもので、長屋門・仕込蔵・ビン詰場・煙突は有形文化財に登録されています。
リーフレットに書いてありましたが、牛丼の吉野家がまだ一店舗だった時、西堀酒蔵のお酒が使われてたそうですよ。


蔵宅7月 西堀 4
今回は栃木県の酒造好適米「とちぎ酒14号」を使用した純米生酒。
度数17度以上18度未満となってますが原酒ではなく、ほんの少し加水調整されてるそうです。
仕込み水は小山市粟宮の井戸水。日光山系の天然水です。



蔵宅7月 西堀 5
今回は『若盛』お猪口付きでしたので、これでいただいてみましょう。
濾過されてるのかな?無色透明です。




香り穏やか。
ほんのり酸を感じる、旨味を期待させる味わい系の香り。

口当たりも派手なところの無い穏やかな甘味・酸味の正当派(言い換えると古いタイプの)旨口純米ですね。
酒質は重くはなく、さらさら入りじゅわ〜っと広がり、苦みを伴うしっかりとした旨味が広がります。
新酒のフレッシュ感・荒さは無くなり、かといって熟成までは行かない、酔い加減の熟れ具合。
程々に爽やかさを残し、適度に練れた旨味とカドの取れたなめらかさ。
嫌味なところ無く、かといって物足りなさも無いしっかり旨味。
割とさっぱり切れる感じです。

ん〜、これは、だらだら呑み続系ですね。
味・香りともド〜ンとインパクトは無い分、飽きずにずるずる行ってしまいそうです。
開けたては若干エグ味を感じましたが、残り半分を3日程置いときましたら馴染んで良くなってましたよ。




『蔵宅 西堀酒蔵 純米生酒』
■酒造会社:西堀酒造株式会社(栃木県小山市大字粟宮1452番地)
 創業:嘉永5年(1852)
●原材料:米、米麹
●原料米:とちぎ酒14号
●精米歩合:70%
●使用酵母:?
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●製造年月:2013年(H25年)7月
●蔵宅価格:720ml/2,680円(税・送料込)

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



蔵宅7月 西堀 6
鶏とキノコのなんちゃら焼き。
旨味しっかりしてるので肉との相性良さそうです。







工作2013 1
さて、今年はお盆休み5日ありましたが、そのうち3日は子供の工作手伝ってました。
なかなか進まない&途中で飽きちゃうのをなだめて空かして、なんとか休み中に完成で一安心。
去年は夏休み最後にドタバタ〜ってやってたので。



工作2013 2
妹ちゃんも何か造るって一緒にやってましたが、紙粘土で謎のギョウザらしきものを造ったあとは、いつのまにか絵の具遊びに。


工作2013 3
ご満悦のようですが来年から貴女もやんなきゃいけないんですよ。
とても出来る気がしない。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新政 不思議純米酒 天蛙 24BY

天蛙 24BY 1

ケロケロケロ
最近雨が多くて、田んぼの蛙の合唱もひときわ大きく聞こえます。
そんな夜に頂きました『蛙』ちゃん。

『新政 不思議純米酒 天蛙(あまがえる) 24BY』



天蛙 24BY 2 天蛙 24BY 3

四神をモチーフにした「秘醸酒」シリーズの中で、『不思議純米酒』と名付けられた低アルコールに主眼をおいたお酒。
昨年同様、瓶内二次発酵手法を応用した活性にごり。
氷温管理必須、賞味期限は未開封で2ヶ月。

過去の『天蛙』記事
天蛙 23BY
・碧蛙 22BY




天蛙 24BY 4z

今年もなかなか元気よろしな〜。
レマコム(5℃くらい?)保管だとブシュブシュ噴きます。
しばし格闘しながらようやく開栓。

香りはさほど感じず。
昨年以上に爽やかな酸味が印象的!
去年はパイナポ〜と表現しましたが、今年は柑橘系ですね。
苦味を伴う柑橘類。
ライム?グレープフルーツ?
ピリピリと炭酸の刺激心地良く、キュッと軽やか且つしっとり感のある甘酸っぱさです。その後、じわ〜っと苦味がせり出てくる。

第一印象はジンライムかソルティドッグか?みたいな蒸留酒ベースっぽい日本酒らしからぬ味。
すいすいゴクゴク入ってしまいます。
昨年より『ドライ感を強く表現してみました』とあるように、口に入れた瞬間の軽やかさ・爽やかさ・呑みやすさは日本酒を全く意識させません。

・・・とは言ったものの、日本酒呑めない嫁さんに言わせるとチョビっとすすろうとしただけで、うわぁ十分日本酒や・・・みたいですが^^;
普段、日本酒呑んでる人ほど「らしからぬ風味」を楽しめるかも。

でも、余韻は日本酒らしい、というか薄にごりらしい米由来な甘味・コクも。
しかし、ベタついた感は無く、あくまでさらりと呑みやすい。


とても爽やかで呑みやすい低アルコール酒ですが、水で伸ばした薄っぺらさがなく、日本酒(醸造酒)ならではの厚みをある程度保った味というのがいいですね。
日本酒好きは蒸留酒に無い、この舌に残る厚みというかボリューム感も好きだと思うのです。多分。
その辺りもしっかり残しつつ、序盤の日本酒らしからぬ風味。
まさに『不思議純米酒』であります。



しかし、この不思議純米酒にも大きな欠点が!



コスパ悪過ぎです。
美味しくて呑みやすいのですぐ無くなる(笑)



『新政 不思議純米酒 天蛙(あまがえる) 24BY』
■酒造会社:新政酒造株式会社(秋田県秋田市大町6丁目2番35号)
 創業:嘉永5年(1852)
●原材料:米、米麹
●原料米:酒こまち(秋田県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:六号酵母
●アルコール度:9度〜
●日本酒度:−37程
●酸度:3.6程
●製造年月:2013年(H25年)7月
●価格:720ml/1,500円(税込)

おこノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)





天蛙 24BY 7
野菜中心のメニュー。
でも体重減らない・・・







塩トマト
このガム、全然トマトの味がしませんね。
トマト嫌いの人が開発したのではないかと疑いたくなるレベル。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 純米・特別純米 | 23:51 | comments:14 | trackbacks:2 | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。