2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒屋八兵衛 山廃純米 備前雄町 24BY

八兵衛 雄町 1 八兵衛 雄町 2

『酒屋八兵衛 山廃純米 備前雄町 24BY』


黒いビンに山吹色のラベルが映えますね。
備前雄町を使用した山廃純米酒。
山廃×雄町 好きな組み合わせです。
ではでは・・・

香りはス〜ンとほんのり甘酸香。
山廃ですが軽めの呑み口ですね。するっと呑めます。
中盤辺りからくくっと山廃らしい乳酸風味とコク。
でも重さは微塵も無く、丸くてするする呑みやすい。

終止、口当たりはあくまで軽やか。
嚥下するタイミングで「ふは〜」っと広がる旨味。この広がる丸さ・旨味は雄町ならではでしょうか。
どっしり重量感は無いけど山廃らしい味のボリュームはあります。
最後はやや辛口傾向で余韻に乳酸風味。
しつこくないのでするする呑み続けられます。

冷やでも美味しく呑めますが、燗をつけると味わい広がりますよ。
ぬる燗がウマ〜です。

野趣あふれる感じではなく、上品な洗練された細マッチョなお酒でした(^^)
ノミ太蔵的にはもう少しゴツイのがさらに好きですね。



『酒屋八兵衛 山廃純米 備前雄町 24BY』
■酒造会社:元坂酒造株式会社(三重県多気郡大台町)
 創業:文化二年(1805年)
●原材料:米、米麹
●原料米:雄町(岡山県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:自社培養酵母
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:+4
●酸度:1.6
●アミノ酸度:1.6
●製造年月:2013年(平成25年)10月
●価格:1.8L/2,800円(税込) 720ml/1,400円(税込)

お好ノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



◆過去の『酒屋八兵衛』記事◆
酒屋八兵衛 特別純米 無濾過生原酒 21BY





八兵衛 雄町 3
ハマチとイカの刺身。

八兵衛 雄町 4
〆のネギトロ丼。
魚介系より肉、揚げ物系の方が合いそうではありました。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 純米・特別純米 | 19:14 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蔵宅9月号 蔵王酒造 純米吟醸生原酒 24BY

蔵宅9月 蔵王 1

『蔵宅(くらたく) 蔵王酒造 純米吟醸生原酒』

リカーイノベーションさんの「一般販売されていない旬なお酒」の定期購入サービス「蔵宅(くらたく)」
(現在、KURANDにサービス名変更)

9月分は、宮城県白石市の「蔵王酒蔵」さんの純米吟醸生原酒。
明治6年(1873年)5代目渡邊佐吉の個人営業で創業。25石の造りだったそうです。
昭和初期までは「白石梅正宗」「羽衣の露」という銘柄でしたが、昭和6年に「蔵王」に改銘。
蔵王連峰の伏流水と冬の蔵王颪の寒風という自然の恵みを活かした酒造りを行っておられるそうです。




蔵宅9月 蔵王 2
蔵王酒造さんのラベルは緩急をつけた面白い字体ですね。
杜氏さんが書いてるのかな?



蔵宅9月 蔵王 3
今回のお酒は、麹米/山田錦、掛米/美山錦の純米吟醸無濾過生原酒。
-10度の冷蔵庫で低温貯蔵され、フレッシュな品質が保たれてるとのこと。



蔵宅9月 蔵王 5 蔵宅9月 蔵王 6
いつものようにリーフレット付き。



蔵宅9月 蔵王 4

今回はロゴ入りグラスが付いてきましたのでこれでいただいてみます。
「山も酒も蔵王」
ちなみに小学生の頃、『ザ・王』だと思ってたのはナイショです。


ほは〜っと綺麗な甘い香り。
すっと軽やかに入り、じわりと押し寄せる旨味。
甘からず辛からず・・・いや、やっぱりちょっと甘いかな?
最後はやや辛味で引く。
個人的にイメージする宮城の酒よりやや甘くしっかり味ですね。

ほのかな華やかさ。
脇役的だけどいい仕事してる苦辛味。
透明感を保ちながらも満足感のあるしっかり旨味。
綺麗に味わわせる優等生的なバランスですね〜。

呑んでて「どん!」とインパクトや「スゲ〜!」って感じでも無く、よくありそうな綺麗旨味系ではあります。
しかし、一見特徴が無いようでいて、それのさらに一歩上を行ってるようなまとまり、レベルの高さを感じる満足感でした。
要するに美味しかったのです(^^)



『蔵宅9月号 蔵王酒造 純米吟醸生原酒 24BY』
■酒造会社:蔵王酒造株式会社(宮城県白石市東小路120-1)
 創業:明治6年(1873年年)
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/山田錦25% 掛米/美山錦75% 
●精米歩合:50%
●使用酵母:?
●アルコール度:17〜18度
●日本酒度:-1
●酸度:1.5
●アミノ酸度:1.3
●杜氏:杉浦哲夫(南部杜氏)
●製造年月:2013年(H25年)9月20日
●蔵宅価格:720ml/2,680円(送料・税込)

お好ノミ度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)




蔵宅9月 蔵王 7
するするっと入る綺麗な軽さは蔵王の雪を。
後に現れるじっくり満足感のある旨味は、どっしり構える蔵王の山々を連想させます。
行ったことありませんが・・・(^^;)あくまでイメージです


蔵宅9月 蔵王 8
クリームソース系の料理とも相性がいいとありましたので、いつもの鮭のマヨクリームホイル焼きです。
たしかに相性よかったです。
すいすい進みました。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹林 純米吟醸 かろやか オーガニック 24BY

竹林 かろやか 2 竹林 かろやか 3

『竹林 純米吟醸 かろやか オーガニック 24BY』
妻の東京土産です。
何故に岡山のお酒???
はせがわグランスタ店でおススメって推されたので買って来てくれたようです。
結構いい値段したような・・・



醸造元は岡山県浅口市の丸本酒蔵さん。
創業は大政奉還のあった慶応3年(1867年)ですから江戸時代のほんとに最後ですね。

自社栽培「山田錦」を使用した純米酒ブランド「竹林(ちくりん)」シリーズ。
伏流水が仕込み水として使用される、蔵の裏にある竹林寺山が酒名の由来。
その中でも「有機認証」を受けたオーガニック山田錦で仕込まれたのがこのお酒です。
有機米使用のお酒は少なくありませんが、自社で有機認証を得て酒米栽培している蔵元さんは少ないんじゃないでしょうか。





竹林 かろやか 4

香りはそんなに立ってませんね。
すっきり酸味を感じさせる香りをほのかに感じます。

ではでは一口・・・
あ〜なるほど!名前通り「かろやか」ですね。
すす〜っと入ります。
ほのかな甘味と柔らかい酸味、のちにキリっと苦味。
ホントに口当たり軽やかにすす〜っと入るんだけど、下の中程を過ぎるあたりからみりみりみりっとひねり出すような旨味が広がります。(表現があれでスミマセンm(_ _)m)
ぐはっ!旨い!!って感じでは無いけど、呑むほどにじわじわじっくり出てくる、良い米、良い造りだな〜と思わせる味です。

有機米であることが酒の味にどれだけ影響してるか分かりませんが、雑味無くクリーンな旨味なんですね。クリーンだけど突き抜けるような透明感ではなく、軽やかで丁寧な味ってんでしょうか?
穀物、植物由来、大地を感じる味でした。
そんなの感じるのか?
多分酔ってるからだと思います(笑)



『竹林 純米吟醸 かろやか オーガニック 24BY』
■酒造会社:丸本酒蔵株式会社(岡山県浅口市鴨方町本庄2485)
 創業:慶応3年(1867年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(自家栽培 有機米 100%)
●精米歩合:50%
●使用酵母:?
●アルコール度:15度
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●製造年月:2013年(H25年)9月
●価格:720ml/2,478円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)




竹林 かろやか 5
マリネなんかと合わせると・・・って書いてあったのでそんな感じので。
ん〜確かに合いますね。
でもそんなに華やかな酒でもないので、和風のあっさり系の方がさらに合いそうな味でした。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 13:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013 冬ビール(系)呑み比べ

更新サボり〜で、ビールも記事にしてないのが一杯たまってきました・・・
少しずつ片付けます。
まずは冬ビール4種。

今年は大手4社より冬季限定商品が出揃いましたね。
・サッポロ 冬物語
・キリン 冬麒麟
・アサヒ 冬の贈り物
・サントリー くちどけの冬小麦

あぁ集合写真撮ってない・・・



冬物語2013

まずは『サッポロ 冬物語 2013』
26年目を迎える冬ビールのパイオニア。

今年はなんとなく某乳製品メーカーイメージなデザインですね。
香り酸味系。
あ〜、やわらか風味ですね。
麦々してるけど味は軽め。
全体にまろやか丸みのある味。酸味も苦味も丸い。
ゆっくり静かに降る柔らかぼたん雪だね〜。


『サッポロ 冬物語2013』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●アルコール分:5.5%
●価格:?

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)


◆過去の「冬物語」の記事◆
・2012
・2011
・2010
・2008
・2007
・2006


ノミ太蔵の住んでる地域は、冬になると雪というより霧のほうがイメージ強いです。
盆地故に、晩秋から冬の間は午前中深い霧に包まれることが多い。
駅まで自転車で行くと、それはもう水も滴る何とやら状態です。
バイクなんか雨降ってなくても常にカッパか完全防水のスーツですね。
で、体に付いた水滴が凍りシャーベット人間状態になります(笑)
しかし、少し日が射してきて霧が晴れ行く、光と靄の混じるその一瞬の風景は見事なものです。
ちょっと思い出してみましたノミ太蔵の冬物語でした。







冬麒麟2013

10月1日発売『キリン 冬麒麟 2013』
「冬麒麟」となってからは4年目になる新ジャンル商品。
それまでは「白麒麟」という発泡酒。


第3ビールっぽい分かりやすい香り。
最近こんな香りのは減って来たのに、ん〜これは個人的にマイナスポイントです。
ふわっと柔らか味ですね。
丸みとはまた違う、酸味も苦味も輪郭がぼんやり柔らかい印象。
イメージは、降ってるんじゃなくて積もってるふわふわやわらかい綿雪ですね。
柔らか過ぎてやや物足りないかな。

しかし、これ呑んでたの気温が30℃越えしてたいつまで夏やね〜んだった頃。
今呑むとまた違うかも知んない。


『キリン 冬麒麟2013』
●分類:リキュール(発泡性(1))
●原材料:発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・コーン・糖類)・大麦スピリッツ
●アルコール分:5.5%
●価格:?

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)


◆過去の白麒麟・冬麒麟の感想◆
 → 2013 冬麒麟
 → 2011 冬麒麟
 → 2010 冬麒麟
 → 2009 白麒麟
 → 2008 白麒麟
 → 2007 白麒麟
 → 2006 白麒麟


冬のキリンをイメージしてみる・・・
マフラーは50メートルくらい必要ですかね。
タートルネックは首部分がスゴく長い。折り返すから2倍。洗濯大変。
熱い餅を飲み込むと、あちちち!の時間がスゴく長そう。






冬の贈り物2013

10月1日発売『アサヒ 冬の贈り物 2013』
こちらは3年目になる新ジャンル法品。
今年のパッケージは、小樽の運河?っぽい景色が描かれてます。

こちらも第三っぽい特有の香り。
シュワシュワ喉越し系でなく、冬ビールの例に漏れず、じゅわ〜っとまろやか。
味はしっかり、酸味もしっかり。苦味は控えめ。
しかし、口に残る香味は割とキレある爽やかさ。
3つのホップの効果でしょうか。
でも余韻までは続かず口の中で消えちゃいますね。
割と水分の多い、積もってもすぐ融けちゃう雪イメージですね。


『アサヒ 冬の贈り物 2013』
●分類:リキュール(発泡性(1))
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーンスターチ、食物繊維、酵母エキス、甘味料(アセスルファムK))、スピリッツ(大麦)
●アルコール分:5.5%
●価格:?

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)


◆過去の「冬の贈り物」記事◆
・冬の贈り物 2012
・冬の贈り物 2011


冬の贈り物・・・・なんだろう?
冬と言えば鍋。
鍋に入れる野菜達が美味しくなってきますね。
白菜、大根、白ネギ、水菜に菊菜、どれも大好きです。
タラにアンコウにフグ・・・ん〜どれも最高の贈り物ですね(^^)
こうして季節の旬を「最高の贈り物」として楽しめるのは幸せな人生なのかも知れません。





冬小麦2013

最後に、10月1日発売『サントリー くちどけの冬小麦』
こちらは今年新登場のお酒ですね。
“雪のように白い泡、やわらかい口当たりを実現”した新ジャンル商品。

甘酸っぱい香り。
味の方も小気味よい柔らかな酸味主体。
こちらもシュワシュワ感少なく、まる〜い口当たりと旨味です。
見た目の淡い感じも手伝って、ビールっぽさは少ないですね。
ほんのり青々しさを残した柑橘系炭酸ジュースみたいな味です。
何呑んでるか分かんなくなってきました(^^;)
雪イメージ無〜し。



『サントリー くちどけの冬小麦』
●分類:リキュール(発泡性(1))
●原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
●アルコール分:5%
●価格:?

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)


雪の少ない瀬戸内のような気候のところに住む、冬でも小麦色の肌の元気少女みたいな味?





冬Beer肴
一人あんこう鍋ですね。コラーゲンプルプル〜(^^)
食べかけ写真ですみません・・・



以上、ビール大手4社の冬商品呑み比べ。
どれも柔らかくマイルドな味。
方向性は同じですね。「くちどけの冬小麦」だけちょっと毛色が違うけど。
ま、スカッと爽やか喉越し!って季節じゃないので同じようなのになってしまうのか。
しかし、季節限定なんて出してもらえるのは飲み手としては色々と楽しめるので続けていただきたいです。ハイ。


にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ

| 麦酒系 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。