PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポ写リング

ポタ01
先日、駅~職場間用の通勤チャリを買い替えましたのよ。
せっかくですからちょっとぶらぶら、ポ写リングしてきました。


ポタ02
買ったのはKhodaa-Bloom(コーダーブルーム)のRail CS mini(2011モデル)。
先日2012年モデルの展示会があったようで、そちらもすご~く気になるんですが、今まで乗ってたのが崩壊寸前なので、メーカー在庫最後の数台ってとこを駆け込み購入。

おっちゃんにはちょっと可愛い過ぎ?ですが、街乗りゆるゆる仕様で面白そうなの構成が気に入りました。
泥よけもスタンドもライトも標準装備なのが通勤用にもピッタリです。

ダイナパワー
一番のポイントは、知ってる人は知っているが知らない人は知らない(当たり前!笑)、サンヨーダイナパワー。
サンヨーさんをそそのかして?作らせたという、かつて80年代のランドナーなどに装備されていた、後輪発電式ダイナモの復刻改良版。市販はされてないみたいです。
タイヤの側面で回す一般的なリムダイナモでなく、タイヤのセンターに当てて発電するタイプで、非常に抵抗が少なく、3WのLEDライトもとても明るい。
雨の日も滑ることなく、これはイイです(・∀・)


せっかくですから名前をつけましょう。
何がいいかな?

ちゃりんこチエ・・・
快速青雲丸・・・

う~ん、やはり「ノリ太蔵2号」でいいや^^



自転車
ちなみに前乗ってたのがこれです。
日中屋根の無いところに置いてますので、日々の紫外線と雨でボロボロの瀕死状態。
一度前後バラバラになっちゃいましたからね~。
というわけで7~8年くらい乗ってたのかな。おつかれさま~。



ポタ05
まずは、桂川沿いをゆるゆる南下~。
しかし、所持金は千円也。
昼から雨との予報なので、早々に洗濯物を入れに帰らねばなりません^^;



ポタ09
美味しい季節になってきましたね。


ポタ12
桂橋西詰。
ここからぐるっと回って北上してみましょう。


ポタ13
桂離宮の測道。
17世紀に八条宮初代智仁親王と二代智忠親王によって造られた離宮(別荘)。
7ヘクタール、甲子園およそ1.8個分の広さ(関西では東京ドームでは分からない(笑))の広大な庭園は、日本庭園として最高の名園といわれています。
現在は皇居や京都御所と並んで、国有財産(皇室用財産)として宮内庁が管理しています。



ポタ14 ポタ16
入り口だけ^^;
見学は事前予約制で、ガイドさんが付いて案内してもらえるそうです。
死ぬまでには一回見ときたいですね~。



ポタ17
この辺りは、まだ田畑も残ってまして、住宅街の中にもこのような野菜自動販売機が。
ノミ太蔵んとこでは野菜の直売といえば掘建て小屋の無人販売ですけど、これは機器代元取れるんでしょうか?



ポタ18
稲刈りもすっかり終わっちゃって、いよいよ秋本番ですね。


ポタ04
ずず~っと北上してきまして広隆寺。
真言宗系単立のお寺です。
平安京遷都以前から存在する、京都最古の寺院としても知られています。
国宝の「弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)」が有名ですね。歴史の教科書にも載ってたとあれです。
弥勒


ポタ21
こちらも前だけ^^;


ポタ22
広隆寺の脇の小路を・・・


ポタ23
進みますと・・・


ポタ24
先日行きました、映画村のど真ん中を突っ切ってます。
係の人が見張ってるのでこっそり侵入は出来ません。たぶん・・・
黄門様が激写されてますね。



ポタ25
街中で見かけた、ちょっと善いけどやっぱ悪いこと。



ポタ26
さらに北上。丸太町通を越えてしばらく行くと「オムロン発祥の地」の碑がありました。



ポタ27
今は公園になってるようですが、1944年「立石電機製作所」だった時代に当地に社屋を移転、地名である「御室(おむろ)」にちなんで「OMRON」を商標とし、のちに社名へ。
御室だからオムロンだったのか。知らなかった。



ポタ28
あまり見ない組み合わせの店だなぁ。
なぜにこの組み合わせなのか?
中がどんな風になってるのか気になります。
ファンシー文具を買いにきた女児とPET焼酎を買いにきた酔いどれオヤジが一緒にレジに並ぶのだろうか・・・?
また今度覗いてみよう。



ポタ29
さらに北上して仁和寺までやってきました。
国語の教科書にも載ってたヘルシーボランティア・・・じゃなくて兼好法師の「徒然草」。
「仁和寺にある法師」の仁和寺です。
あまり素通りもなんなので、ちょっと寄り道(無料ゾーンのみ)してみましょう。


ポタ30
真言宗御室派総本山。
仁和2年(886年)第58代光孝天皇の勅命により建て始められましたが、完成を待たず翌年崩御。第59代宇多天皇に引き継がれ、仁和4年(888年)に完成。元号から仁和寺となりました。
明治時代まで、皇族が歴代の住職を務めた皇室とも縁のある寺院です。



ポタ32 ポタ35

ポタ31 ポタ33

ポタ34


ポタ36
五重塔(重要文化財)
江戸時代、正保元年(1644年)建築、全高37.1m
ちなみに法隆寺の五重塔(680年頃)は現存する世界最古の五重塔。


ポタ39
またこちらの「御室の桜」も国の名勝として知られています。
遅咲きの桜で、京洛最後を飾る「見納の桜」、樹高が低く、 花(鼻)が低いため「お多福桜」とも呼ばれています。


ポタ43
仁和寺の本尊である阿弥陀三尊を安置する『金堂』。
かつては御所にあった内裏紫宸殿を寛永年間(1624~43)に移築したもので、現存する最古の紫宸殿であり、国宝に指定されてます。
引率の先生が熱心に写真撮ったり説明したりしてるのに、生徒達が皆ぽか~んとしてるのが対照的で面白い^^



ポタ44 ポタ90

ポタ45 ポタ46

ポタ47 ポタ48

ポタ50 ポタ54
あちこち、国宝・重文だらけ過ぎでありがたみが^^;


ポタ53 ポタ55
雲行きが怪しくなってきました。
洗濯もの干したままです。
先を急ぎましょう。


ポタ57
仁和寺を後にしまして、すぐ近くにある龍安寺(りょうあんじ)へ向かいます。


ポタ58
きぬかけの道より龍安寺の参道。
枯山水の石庭で有名な臨済宗妙心寺派のお寺。


ポタ59
自転車はここまで^^;
もう少し良い季節になったら訪れたいですね。


ポタ60
かつては、きぬかけの道を挟んで南側まで境内が広がっていたという龍安寺。
南側に残る参道がその面影を残しています。



ポタ62
龍安寺から南下してきまして、門前町にある豆腐屋「竜安寺禅豆腐ろくた」さん。
二階は湯豆腐のお店になってます。


ろくた
こちらでおぼろ豆腐やお揚げなどを購入。
470円也。


ポタ63
さらに少し南に行くと、噺家一門のような名前の饂飩屋さん。
間もなくお昼なのでここで昼食にしましょう。


ポタ64 ポタ65
一番乗りみたいです。
店内は4人掛けの卓が4つだけ。
昭和アンティークな、まさに街のうどん屋さんといったノスタルジックな味のある店内です。


ポタ69
創業80年あまり。
現在三代目(?)の高齢のご夫婦が営まれてます。
機械類はいっさい使わないこだわりの手打ちに、原材料にこだわった出汁。
そして、何より、京都らしい「京都のおうどん」が食べられるお店です。


ポタ66
また、こちらの饂飩屋さん、作家の井上靖さんが学生時代によく通っていた店としても知られていまして、テレビや雑誌で紹介されたこともあります。



ポタ67
お茶もこんな急須と湯飲みで出され、なんかおばあちゃんの家に遊びにきた雰囲気です。


ポタ71
きつねうどん500円也。
井上靖さんもこのきつねが好きだったそうな。
京都らしくきざみ揚げに葱と山椒。出汁の効いてそうなゴールデンなおつゆです。
ちなみに甘く煮た一枚の揚げ入りは「甘きつね」と言います。「きつねうどん」といってもこちらを出す店もありますし、写真のようなのを「きざみきつね」としてる店もあります。



ポタ72
食欲に負けてブレてしまいました^^;
ちゅるちゅる滑らかな舌触り。
柔らかくも、ブチブチにならない適度なコシ。
出汁のしっかり効いたおつゆ。
これでどうだ!みたいな押し付けがましさの無い、讃岐うどん全盛の今となっては希少な、ゆる~い昔ながらの京都うどん。
美味しかったです^^

食べてる間に営業途中のサラリーマンや買い物途中のおばあちゃんなど、「いつもの」みたいなノリで注文してました。基本的には地域密着のお店のようですね。
厨房に若い方が見えましたが、息子さんが跡を継がれたんでしょうか。



龍安寺駅
さらに南下、嵐電「竜安寺駅」を過ぎまして・・・


ポタ75
うちの菩提寺の本山でもあります「妙心寺」に突入。
臨済宗妙心寺派の大本山。日本最大の禅寺。
広大な敷地には46の塔頭寺院が立ち並び、土塀で仕切られた境内は迷子になりそうです^^;
ちなみに自転車も通行OK(一部不可)ですが、石畳なので小径車はつらい。


ポタ73

ポタ74

ポタ76

ポタ77

ポタ78
日本最古の紀年銘鐘 (戊戌年(698年))である国宝の梵鐘や、法堂天井の雲龍図(八方にらみの竜)などが知られてます。


ポタ79


ポタ80
というわけで、ゆるり修学旅行コースポ写リング(残金30円)でした。
ふらふら彷徨いながら、気になったらふと停まってみたり。
知らない路を行く、こんなのも楽しいですね。
また、時間を見つけてやってみたいと思います。

ささ、雨の降り出さないうちに帰りましょう。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金
関連記事

| おでかけ | 23:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いや~、見ごたえのある記事ですね!
「ポ写リング」という言葉が解らず、ググッたら、
ノミ太蔵さんのこの記事にたどり着いたdiansです(汗)。
娘の授業で「観光地を・・・」とかのがあるらしく、
漠然と「観光地」に連れて行けと言われてます(汗)。
京都、良いですね~♪

| dians | 2011/10/11 09:42 | URL | ≫ EDIT

素敵です

ノミ太蔵さんのブログはいつ見ても(呑んだ後でも)美味しそ…呑みたいわ♪と思ってしまうのですが、その理由の一つがノミ太蔵様のおカメラの腕前にあったのですね!お寺大好きなのでとてもきれいな写真に癒されました。特に桂川と仁和寺の阿吽像の足が素敵ですv めっちゃうちの近くでかなりろーかるなはずなのに、京都ってやっぱり良いなって改めて思いました。酒と文具のよしださんなんて、小学生の頃から通学途中に気になっていました。(どちらも大好きだったからです-;)ノリ太蔵2号さんもハンサム(美人?)ですね。

| kirimaru80 | 2011/10/11 22:59 | URL | ≫ EDIT

>diansさん

ポタリング(自転車で散歩)+写真の勝手に造語です。
う~む、世界初のネーミングのようですね。
ちょっと語呂が悪いですが(笑)

娘さんの課題、観光庁直々の指令でしょうか^^;
京都市内はどこか目指すと必ず観光名所(寺社仏閣)に行き着いてしまいます。結構狭い街ですからね。
しかし、行った事無いところばかり。金閣寺ですら行った事無いです(汗

| ノミ太蔵 | 2011/10/12 01:14 | URL | ≫ EDIT

>kirimaru80さん

んんん!?
kirimaru80さん、あのお近くなのですか?
「酒と文具のよしだ」さん、気になりますね~。どっちが本業なのでしょう?
仁和寺の阿吽像の足、なんだかこっそりお賽銭を指でくすねてそうに見えたので激写しました(罰当たりですね^^;)
ノリ太蔵2号は男の子なのでハンサムくんですね。ありがとうございます。

| ノミ太蔵 | 2011/10/12 01:19 | URL | ≫ EDIT

あ~、やっぱりコメント届いてませんでしたね。
自転車の範囲でこれだけ歴史(or観光)スポットがあるのは羨ましいです。
でも、NEW自転車を漕ぎまくって、写真撮りまくってるノミ太蔵さんも楽しそうで、羨ましいです。
本日の走行距離は、何kmですか?

| 酒呑親爺 | 2011/10/12 22:00 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

お寺の数だけで言えば東京も京都も同じくらいなんですけどね。
京都市内だけ巨大寺院が集中してるというのもありますが。
数では愛知県がぶっちぎり一位だったかな?

3時間ほどふらふらして走行距離は概算で15~16kmでした。

| ノミ太蔵 | 2011/10/13 12:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1003-3a59e2ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。