PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松尾さん参り

松尾01

明けましておめでとうございま酒!
本年も宜しくお願い致します。
 ↓
 ↓
 ↓


松尾04
な~んて、ちょっと気の早い来年の干支の大絵馬です。


松尾05
日本酒ファンならご存知「松尾大社」の大絵馬です。
ちょっと所用でこちらの方までやって来たので、久しぶりに境内をブラブラしてきました。
瓶子のモミュメントが酒の神様らしいですね。
どんよりとした空模様がちょっと怖い雰囲気かも(^^;)

太古にこの地に住んでいた住民が、現松尾大社の背後にある松尾山の山頂に近くの大杉谷に「磐座(いわくら:山中の巨岩などが神霊のやどる聖地)」とされる巨石があり、神霊を祀って守護神としたのが起源と言われています。
その後、5世紀の頃この地に移住してきた渡来人・秦氏が、山城・丹波の両国を開拓・河川の治水を進め農産林業を興すとともに松尾の神を氏神とし、社殿を創建したのが大宝元年(701年)。
祭神は、「大山咋神(おおやまくいのかみ)」、「中津島姫命(かつしまひめのみこと)」別名、杵島姫命(ちきしまひめのみこと)」。 
京都で最古の神社とも言われていますが、上賀茂・下賀茂神社の方が古いという諸説もあり。



松尾09
二の鳥居 
「脇勧請(わきかんじょう)」と呼ばれる榊が吊されてます。
一般的に神社の鳥居の脇に榊が立てられてるものが多いのですが、この吊されたタイプは鳥居の原始的な形状を表す非常に珍しいものだそうです。
古来、参道脇の2本のご神木の間に縄を渡したものが鳥居の起源と考えられていますが、その縄に細紐を下げ作物の作況を占ったとかなんとか・・・
その原始的な風習を元に今に残したのがこの「脇勧請」だそうで、平年は12本、閏年は13本の榊が下げられるそうです。



松尾06
「京都第一酒造之神」
秦氏一族が酒造を伝え、また酒造に長けていたことから、室町時代末期以降は「日本第一酒造神」と仰がれています。
日本三大酒神(松尾大社/京都・梅宮大社/京都・大神神社/奈良)の一つで、日本各地の酒造・醸造家より信仰を集めてます。
ちなみに梅宮大社はここから徒歩10分のご近所です。
日本酒蔵では「松尾さん」のお札が祀られているのをよく目にしますね。



松尾10
楼門。
門前では野菜市が開かれて・・・たようです。
着いた時には撤収作業中でした。


松尾02
この楼門をくぐって、正面にある拝殿に先ほどの大絵馬が飾られてます。
酒の神様だけに、毎年干支と一緒に酒が描かれてますよ。



松尾07
あいにくの雨模様でしたが、境内はちょうど見頃の紅葉。
また、こちらは山吹の名所としても知られ、5、6月頃には水路の脇に奇麗な花を咲かせます。



松尾11 松尾12
松尾大社の境内にはたくさん亀さんがいます。
手水舎の亀さん。


松尾42
その隣にある「撫で亀さん」
高札の説明によりますと、『亀』と『鯉』は古来より松尾大神の使いと伝えられ、特に「亀」は健康長寿のシンボルとして親しまれており、直接手を触れ霊威にあやかってくださいとのことです。



松尾43
拝殿横の神輿庫の脇に並ぶ奉献された化粧樽。側面にも並んでます。
(画像クリックでちょこっと大きくなります)



松尾15
釣殿。
奥にある本殿(重要文化財)は「松尾造り」と呼ばれる両流造りの構造で、国内でこの様式の社殿は、松尾大社の他に、宗像大社(福岡県)、厳島神社(広島県)だけだそうです。(松尾大社が最古)
酔いお酒に巡り会えますように(-人-)




松尾16
楼門の横には日本酒資料館なんてのもあります。(入場無料)


松尾17
古い酒造道具なんかが展示されてます。


松尾44
古いラベルに酒器。
人間国宝さんのもあるそうですがさっぱり分かりません(^^;)
一番上の段は地震で落っこちそう


松尾18
酉偏の漢字いろいろ。(画像クリックでちょこっと大きくなります)
ほとんど読めませ~ん。


松尾19 松尾20
祭事に使うものみたいです。

松尾21 松尾24


松尾22 松尾23
イケメン杜氏もいましたよ。



松尾25
松風苑と呼ばれる三つ(+1)の庭園は、昭和を代表する作庭家「重森三玲(しげもりみれい)」によるもので、昭和五十年に作庭。彼の絶作だそうです。
(有料;大人500円、学生400円、子供300円、小学生未満無料)


松尾26
こちらは「曲水の庭」
奈良・平安期に造られた曲水式庭園を範としてして構成。
現代的な「永遠のモダン」を表現した庭園との事です。


松尾27
こんな生物もいます(笑)


松尾28
「即興の庭」
こちらは当初の計画には無かったそうで、即興的に造られたものだそうです。


松尾29
その隣には宝物庫。
平安初期の木造の御神体三体(男神像二体、女神像一体:重要文化財)などが収められています。(写真撮影禁止)



松尾30 松尾31
宝物庫を挟んで反対側にある「上古の庭」
御本殿が建てられる以前は、神社後方の松尾山々頂上近くにある「磐座(いわくら)」で祭祀が営まれており、この古代祭祀の場である磐座を模して造られたのが本庭です。
人の入れない高山をイメージしてミヤコザサが植えられています。
中央の大きな2つの岩が男神、女神を表し、その周りのが諸神を表しているそうです。


松尾32
宝物の裏手には「磐座」へと続く登り口があります。
手続きしないと入山禁止。


松尾41
「蓬莱の庭」
鎌倉期を代表する回遊式庭園。不老不死の仙界を意味する「蓬莱」の世界を表現したものらしいです。

と、ここまでが重森三玲氏の庭園。
全て帰ってから調べた受け売り(^^;)



松尾35
本殿裏手にある「霊亀の滝」。
松尾大社背後の松尾山「別名:別雷山(わけいかづちのやま)」から流れ出る、枯れる事の無い滝(水量は少ない)。

松尾33
こちらの滝の脇の岩が「天狗岩」と呼ばれてまして、ギロリと睨む天狗に見えるようです。
どこかな~?

松尾36
いました!天狗さん!


松尾37
霊亀の滝の少し下にある「亀の井」という霊泉。
こちらが目的で来ました。


松尾40
その脇のある句碑。
「うま酒の神の韻ある初泉 桂樟蹊子」

  
松尾38
こちらも亀さん。
この泉の水で酒を造ると腐らないと言われており、酒造の際にこの水を造り水に混水される蔵もあるそうです。
その他、茶道や華道、延命長寿の水として一般にも汲みに来られます。



松尾39
ノミ太蔵も加齢臭が漂わぬよう、このお水をいただきに来たのでした(^^;)
ちゃんちゃん♪


松尾大社と梅宮大社はクリア。
こうなると、三大酒神制覇のため奈良の大神神社も参らないといけませんね。



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
人気ブログランキングへ 東北地方太平洋沖地震 義援金
関連記事

| おでかけ | 23:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イケメン杜氏が ohマイキーに出てきそうだ。。。
それだけ?それだけ?

| OIRAn | 2011/12/06 17:26 | URL | ≫ EDIT

う~ん、やはり、浅草寺の雑草というか、庶民信仰を見てもらわなければなるまい。。(ウソ、ぴょん
こんな生物は、すごく可愛い生物だったが、手を合わせてる後ろ姿の謎の生物も気になりました。。

| 酒呑親爺 | 2011/12/06 22:47 | URL | ≫ EDIT

年三の住んでるとこの近くに松尾神社がありますが分社なのでしょうか。
京都は就職試験で某酒造会社行って以来行ってないので、行ってみたいです。

| 年三 | 2011/12/06 22:51 | URL | ≫ EDIT

>OIRAnさん

Ohマイキー?もしかしてあのマネキンの?ってググったらやっぱりそうでした。
TV東京系映んないんですよ。
この手のマネキンっていらなくなったの貰ってきてるんでしょうか。皆イケメン白人さんですね。
脂の乗った渋い親父のマネキンなんて無いからな~。

| ノミ太蔵 | 2011/12/06 23:22 | URL | ≫ EDIT

>酒吞親爺さん

こんな堅苦しい?歴史学的なのは観光した時だけです。普段は土着のゆる~い民族学的な信仰ですよ。
浅草寺は雷門から本堂までブラ~っと一往復だけしたことがあります。
もっとも土産物屋しか見てませんでしたが(^^;)

もう一人の謎の生物とは、境内の団子屋でみたらしとわらび餅を食べ満腹の人のことでしょうか?(笑)

| ノミ太蔵 | 2011/12/06 23:48 | URL | ≫ EDIT

>年三さん

「松尾」の名が付くならその可能性は高いと思います。御祭神が大山咋神なら間違いないと思います。
京都「府」に住んでいながら、京都「市」のことはほとんど知らないノミ太蔵です。
一緒に京都観光しましょう。

| ノミ太蔵 | 2011/12/07 00:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1039-36a2fe80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。