PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥丹波 純米吟醸しぼりたて 23BY

奥丹波しぼりたて1奥丹波しぼりたて4

年越しに開けたお酒
『奥丹波(おくたんば) 純米吟醸しぼりたて 23BY』



奥丹波しぼりたて3 okutanba07.jpg

兵庫県丹波市「山名酒造」謹製、年の瀬に500本←(すみません0が一個抜けてました。5,000本です)ほど発売される、純米吟醸しぼりたて新酒です。
今年は12月21日上槽。
大晦日から正月にかけてが最も味と香りが乗って美味しくなるそうです。



奥丹波しぼりたて5
原料米は、やはり兵庫県を代表する酒米「山田錦」。
蔵の地元、市島町産です。

品種改良により、世代交代の激しい酒米の中で異例の長寿を誇る「山田錦」。
1923年(大正12年)に誕生「山田穂」×「短稈渡船」の人工交配にて誕生。
1936年(昭和11年)に「山田錦」と名付けられ、兵庫県の奨励品種になって以降、酒米の王様の座を防衛し続けるチャンピオンも今では全国各地で栽培されるようになりました。
それでも生産量に占める割合は八割が兵庫県産。
もちろん栽培に適した気候・風土というのもありますが、兵庫県産の山田錦は「酒米試験地」にて徹底した原原種管理によりその品質が保たれているのも、酒米の王様たる所以でしょうか。
ちなみに兵庫県は山田錦の原原種の県外提供を一度も行っていないそうです。

山田錦についてはこちらに詳しく書かれてます。
 ↓
http://www.sakebunka.co.jp/sakemeguri/yamada1/yamada101.htm




ス~っと抜ける(強過ぎない)爽やかで青々しい香り。
搾りたての新酒ですが、荒々しさやトンガリ感は皆無です。
する~んと、とてもなめらか綺麗なお酒。
しかし、新酒らしいフレッシュ感はバッチリ保たれてます。

開けてすぐ(大晦日~元旦)は、なめらかながらもちょっとカチ~ン、味薄~でしたが、三が日を過ぎたところで呑むと・・・
んが~!旨いです。
綺麗ですが、旨味もノリノリになってきました。
これは大晦日でなく、27~28日あたりに開けといて、年越しに呑むのがいいかも。

果実フルーティじゃなく米フルーティ。
最初は爽やかに甘く、徐々にくわっとした辛味へ。
スッキリからしっかり旨口へと徐々に濃くなっていく感じです。
後味は、旨味の余韻を残しスッキリと切れます。


ただ、ちょっと淡麗・・・じゃなく端正?とでも言えばいいでしょうか。
きれいに整い過ぎてて、やや面白みに欠けるというか・・・
呑んでて「いい酒だな~」と唸る、とても上質で美味しいものなんですけどね。



『奥丹波 純米吟醸しぼりたて 23BY』
■酒造会社:山名酒造株式会社(兵庫県丹波市市島町上田211)
 創業:享保元年(1716年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山田錦(市島町産)
●精米歩合:?(55%くらいかなぁ)
●使用酵母:協会10号(明利小川酵母)←たぶん
●アルコール度:16度
●日本酒度:+2
●酸度:?
●杜氏:青木卓夫(丹波杜氏)
●製造年月:H23年(2011年)12月21日
●価格:1.8L/3,885円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)
ノミ太蔵的には価格に対する満足度がちょっと足りないかも…


◆過去の「山名酒造」の記事◆
・山名 純米原種 生 22BY






奥丹波しぼりたて6
大晦日はアンコウ鍋だったかな?
〆豆腐は鍋でした。
あとは年越し蕎麦の残りのニシンやフライングお節など。







初詣2012-2
三が日に行けなかったので、先日初詣行って来ました。


初詣2012-3
家の近くの(ほとんど)地元の人しか来ない神社。
だ~れもいません。うら寂しい。

秋は紅葉が綺麗なんですけどね~。
・・・と、過去画像を探しましたが、このブログ内にはありませんでしたね。
発掘して来ました。たぶん2007年頃のだと思います。
紅葉1

紅葉2

紅葉3
こんなとこです。



初詣2012-4


初詣2012-5
お姉ちゃんは何やら神妙にお祈りしてます。
妹ちゃんは、中国の古式礼法?


初詣2012-6
九頭竜神も祀られています。
辰年だけにこちらも。
ちなみにこちらの九頭竜神様、沓神さんと呼ばれ足の病に効くとされます。


初詣2012-7
山の祠でも願掛け。
一体何をお願いしているんでしょうか?
教えてくれません。
しかし、隣のおじさんに話してるのを盗み聞きしました。
任天堂の「DSが欲しい」だそうです。
神様はサンタさんではありませんよ(^^;)

ノミ太蔵はもちろん、旨い酒を・・・ 家族の無病息災をお祈りしておきました。


初詣2012-1
がお~m(`・Д・´)m



クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:40 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

500本限定なのに、瓶詰番号:が3069 とは、これ如何に?
こちらが、桑田神社というところですか?

| 酒呑親爺 | 2012/01/15 09:15 | URL | ≫ EDIT

青です

すみません、本編と違うところですが....
あの手水は何なのでしょう?
サ・・・ 山椒魚?

| 青の50号 | 2012/01/16 00:51 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

すみません書き間違いです(汗
約5,000本です。
1,000kgタンク5本分だそうです。

桑田神社ご存知なんですか????
あぁ親爺さんならご存知かも知れませんね。
JR山陰線で亀岡盆地から保津峡渓谷に入る最初のトンネルの脇にあるとこです。
昔、湖だった丹波盆地を、山を切り開いて水を抜き開拓したという大山咋命・市杵島姫命などが祀られてます。
御神体は、山を切り開くのに使った鋤(すき)と、その時携帯してた刀だそうです。
氏子じゃないのでこのくらいしか分かんないです。

| ノミ太蔵 | 2012/01/16 12:34 | URL | ≫ EDIT

>青さん

山椒魚に見えますね。
前足で立ってるみたいだし(^^)
実はこちら、ナマズです。
神社の旗にもナマズが描かれてます。

| ノミ太蔵 | 2012/01/16 12:38 | URL | ≫ EDIT

アンコウは茨城に上がったヤツですかねぇ。
茨城の冬はアンコウ鍋,旨いんですよ。
プリン体大盛りなんですがね・・・。
でも,あん肝で呑む日本酒,たまりませんね。

| 星矢馬鹿酒 | 2012/01/16 21:59 | URL | ≫ EDIT

>星矢馬鹿酒さん

う~ん、どこのだったでしょう???
産地は覚えてませんが多分その辺りだった気が・・・(^^;)
プリンプリンといただきました。
〆雑炊でさらに食べ過ぎです。

| ノミ太蔵 | 2012/01/17 06:14 | URL | ≫ EDIT

こちら、またまた知らないお酒です。
アンコウ鍋、やりたいとずっと思っていて、今まで出きていません(泣)
2012年、2011年同様豆腐沢山食べて行きたいと思いますw

| namesan56 | 2012/01/18 23:52 | URL | ≫ EDIT

>namesan56さん

蔵の規模は300石くらいだったと思います。
ほとんど地元および近隣で消費されるお酒ですね。
うちの近所には売ってないので買いに走るか(←もちろん車ですよi-201)お取り寄せです。
アンコウ鍋、嫁さんはプリンプリン嫌いみたいです。美味しいのにね。
今年も豆腐Loveで宜しくお願いします。

| ノミ太蔵 | 2012/01/20 15:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1051-8ceb46c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。