PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八鹿 にごりと純米と吟醸

正月酒1
今更ですが、お正月あたり(+ゆうべ)に実家で呑んだお酒から。



正月酒2金箔
『官兵衛 純金箔入』
兵庫県姫路市の名城酒造さんのお酒。
姫路ということで黒田官兵衛が酒名の由来でしょう。
お正月向け?の金箔入り酒です。普通酒ベースなので味はそれなり…かな。
ま、おめでたい仕様ということで。

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(4)





八鹿にごり1 八鹿にごり2
弟が持参した「八鹿三本セット」。

『八鹿(やつしか)』は大分県中部、玖珠郡九重町の蔵。
江戸時代末期の元治元年(1864年)、初代 麻生東江(とうこう)により酒造が始まるが、村人を飢えから救おうと進めた灌漑工事が上手くいかず、二代目の時に財産や酒造権利も売り払うことに。
しかし、若き三代目・麻生観八が酒造を再興。杜氏・仲摩鹿太郎と造った酒は評判を呼び、二人から一字づつ取った「八鹿」を酒名となりました。
酒造が軌道に乗ってからは、頓挫した灌漑事業を再開。
さらには国鉄久大線敷設といった地域公共事業にも尽力し、その功績を讃え駅前に銅像が建っています。
現在では六代目となり、清酒、焼酎、リキュールを製造する、社員数100名を超える蔵に。

そういえば、以前のお姉ちゃんの祝パンツマン旅行の時、湯布院の宿で呑んだのが八鹿でしたね。
町中にも「八鹿」の看板がたくさんありました。



まずは『八鹿 にごり』
やや粉っぽい口当たりながらも、トロリと甘口フルーティで濃密な美味しさ。
後口もクドさはなく、いい具合の甘旨余韻。
なかなかバランス良く美味しかったです。


『八鹿 にごり酒』
■酒造会社:八鹿酒造株式会社(大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地)
 創業:元治元年(1864年)
●原材料:米、米麹。醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:?
●使用酵母:?
●アルコール度:15度
●日本酒度:-25
●酸度:?
●杜氏:日野益憲
●製造年月:H23年(2011年)11月
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)





八鹿 吟醸 1 八鹿 吟醸 2
つづきまして『八鹿 吟醸酒』


さらりとした軽やかな口当たりの綺麗なお酒。
アル添吟醸らしく、すいすい呑みやすく、適度なフルーティ感、適度な米旨味。
美味しいけど…、個人的にはちょっとお上品で物足りないかなぁと。

『八鹿 吟醸』
■酒造会社:八鹿酒造株式会社(大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地)
 創業:元治元年(1864年)
●原材料:米、米麹。醸造アルコール
●原料米:50%
●精米歩合:?
●使用酵母:?
●アルコール度:14度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:日野益憲
●製造年月:H23年(2011年)11月
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)







八鹿純米1 八鹿純米2
『八鹿 特別純米酒』


ラベルデザインのような、古典的正統派な旨さの純米酒です。
といっても古臭い感じではないですよ。
米の旨味をじんわりストレートに醸し出したような、しっかりコクのある味。
まろやかでいてキレもあり美味しかった。



『八鹿 特別純米酒』
■酒造会社:八鹿酒造株式会社(大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地)
 創業:元治元年(1864年)
●原材料:米、米麹。醸造アルコール
●原料米:山田錦
●精米歩合:60%
●使用酵母:?
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:+1
●酸度:1.5
●杜氏:日野益憲
●製造年月:H23年(2011年)11月
●価格:不明

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ノミ家2012年になって始めたこと その1

ジェンガ
ジェンガ。

子供はコツを憶えるのが早い。
ノミ太蔵が一番負けてます(^^;)

ただし、最近積み木として使われてるような…。





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 23:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

姫路で官兵衛といえば、如水に間違いないですね。
ちゃんと胴ラベルも藤巴の紋になってるし。
今の岡山県瀬戸内市長船町福岡は、備前「福岡」という地名でね、黒田長政が、筑前52万石の国主になった時に、筑前「福岡」という名前を付けました。
それが、いまの福岡県です。

| 酒呑親爺 | 2012/02/14 17:04 | URL | ≫ EDIT

八鹿は,初耳です。
まだまだ知らないお酒がたくさんあります。
WILD TURKEYやら,赤兎馬やら気になるお酒が色々・・・。
※今でもJackDanielは好きなんです。
我が家にもジェンガあります。
もう10年以上やってません・・・・。

| 星矢馬鹿酒 | 2012/02/15 00:08 | URL | ≫ EDIT

>酒吞親爺さん

へ~、福岡県の地名の由来はそんなところにあったんですね。
いやはや、いつも為になりますm(_ _)m

| ノミ太蔵 | 2012/02/15 00:23 | URL | ≫ EDIT

>星矢馬鹿酒さん

お隣の兵庫県に八鹿(ようか)という地名がありまして、てっきり「ようか」だと思ってたら「はちしか」でした。
こちらでも売ってるのは見たこと無いですね。今は焼酎の方が有名みたいです。
ジェンガ、お酒を呑んで屋やると注意力散漫になり面白いです(^^;)

| ノミ太蔵 | 2012/02/15 00:32 | URL | ≫ EDIT

「八鹿」と言えば、麦焼酎「銀座のすずめ」が有名かなあ?。
特別純米酒は去年、仙台の「三越」で売ってましたなあ。四合瓶の1,100円でした。そのうち買おうと思ったら、売り切れてた。

| エクスプロイダー | 2012/02/15 12:45 | URL | ≫ EDIT

>エスクプロイダーさん

焼酎はよく分かりませんが、「銀座のすずめ」人気あるんでしょうか。検索したら画像がいっぱい出て来ますね。
何でもまた今度と思ってると、それっきりの出会いになってしまうことがありますね。
躊躇せず買える財布と大きな冷蔵庫が欲しいです(^^;)

| ノミ太蔵 | 2012/02/16 02:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1055-a6ebfc33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。