PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天穏 神話ノ雫 大吟醸 出雲タケル

出雲タケル1

『天穏 神話ノ雫 大吟醸 出雲タケル 21BY』
神話の国 出雲は「天穏(てんおん)」の板倉酒造さんのお酒。
大吟醸ですが、1SBで2,540円(税込)とお買い得価格&神秘的な響きに魅せられて購入。


タケルといえば、
・ヤマトタケル
・神戸タケル
・ソフトベンダータケル
が日本三大「タケル」として知られますが(嘘ですよ^^)
この出雲タケルさんという方はノミ太蔵知りません。


調べてみますと古事記に出てくる話で、ヤマトタケルが西征から大和に戻る際、出雲の国に立ち寄り、首長である出雲タケルと友誼を結ぶ(に見せかける)。
一緒に沐浴した際、先に水から上がったヤマトタケルが出雲タケルの刀を手に取り「刀を取り替えよう」と申し出たため、後で水から上がった出雲タケルはヤマトタケルの刀を持つことに。
そして、ヤマトタケルが「刀合わせをしよう」と誘い、各々刀を抜こうとするが出雲タケルの刀は鞘から抜けない。
実は出雲タケルが手にしている(元はヤマトタケルの)刀は、事前に用意していたニセの刀で、お!?抜けね!??としているうちにヤマトタケルに切り捨てられてしまったという。

その時、詠んだ歌が
「やつめさす 出雲建が 佩ける大刀 葛多纏き さ身無しに あはれ」
【通釈】出雲建が腰にさした大刀ね、蔓草をいっぱい巻いてご立派なもんだが、肝心の刀の身がないときちゃあ、おかしいったらないぜ!(水垣久さんの「やまとうた」より引用)
ヤマトタケル ひでー(-_-)

そういえばそんな話聞いたことあるような気が。
あぁ悲運の人が出雲タケルさんだったのね。



出雲タケル3

島根県の酒米「佐香錦(さかにしき)」×島根県の酵母「島根K-1」の島根コンビですね。
「佐香錦」は、島根県での栽培に適さない「山田錦」に代わる品種として開発された酒米。名前の由来は、酒造りの神様として信仰されている、島根県平田市の佐香神社(松尾神社)から。
これまた、神話の国 出雲らしい(^^)
酒造年度はH21BYと、ちょっと寝かせた酒のようです。



大吟醸だけど香りは控えめですね。
しかしながらスーっと澄んだ綺麗な香り。

雑味のないキレイな味です。
派手さは無く、落ち着いた、すっぴんor薄化粧の和風美人な印象。

序盤ほんのり甘く、後半辛味にキレていく。
スッキリとした中に旨味・酸味が溶け込んでます。
初日こそ物足りないアレレ?感でしたが、2日目以降味が乗ってきた感じ。
と言ってもスッキリ軽めの味吟醸で、ど〜んと旨味濃厚ってタイプではありません。

H21BYとのことですが、香り・味共に熟成感はなし。
でも、このまとまり感というか落ち着きは熟成によるものでしょうか。
ちょびっとアルコール感がありますが、出しゃばらず、騒がず、ゆったり構える大人な印象のキレイな味でした。




『天穏 神話ノ雫 大吟醸 出雲タケル 21BY』
■酒造会社:板倉酒造有限会社(島根県出雲市塩冶町468番地 )
 創業:明治4年(1871年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:佐香錦
●精米歩合:50%
●使用酵母:島根K-1
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:+5
●酸度:1.6
●酒造年度:H21BY
●杜氏:岡田唯寛
●製造年月:H24年(2012年)5月
●価格:1.8L/2,540円(税込)
個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)




出雲タケル4
こんなのより、もう少しあっさりな肴がいいみたいです。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 恐れ多い純米大吟醸・大吟醸 | 06:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タケルといえば・・・、
「白鳥タケル」さんしか思い浮かばないYBのdiansです。
しかもこってりな肴も好きなdiansです(笑)。

| dians | 2012/07/19 21:16 | URL | ≫ EDIT

こりゃ、また、渋いお酒。
ですが、、ラベル文字の書体が。。ダメだ。(笑

| 酒呑親爺 | 2012/07/19 23:46 | URL | ≫ EDIT

>diansさん

あ゛〜、白鳥王を忘れてた〜(汗
何たること、酒呑みとしてまだまだ精進が足りません・・・

| ノミ太蔵 | 2012/07/20 00:25 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

えらくあっさりしたラベルですよね。
あまり美味しそうには見えませんし(笑
縦組と横組のアンバランスな配置も気になります。
売り場では異彩を放ってましたが^^;

| ノミ太蔵 | 2012/07/20 00:29 | URL | ≫ EDIT

島根には後輩の結婚式で行ったことがあります。
あそこは,神の県ですね。やはり。
その県のお酒,王禄しか呑んだことがないんですが,
神話の雫と書かれては,呑みたくなりますね。

| 星矢馬鹿酒 | 2012/07/20 00:47 | URL | ≫ EDIT

>星矢馬鹿酒さん

島根は一度行ってみたんですけどね〜。微妙に遠い・・・。
今年は古事記編纂1300年記念だとかで、「神話博しまね」が開かれますね。
ヤマタノオロチでも呑まないと。

| ノミ太蔵 | 2012/07/20 08:50 | URL | ≫ EDIT

僕も出雲タケルは初めて聞いたが、この話は昔聞いた事が有るような・・・。

CPの良い大吟醸ですね。晩酌向き。
島根県は宮城県から遠いからなあ。

タケルと言えば、思いついたのが、フードファイターの小林尊。(たけると読むか忘れたけど)

| エクスプロイダー | 2012/07/21 11:49 | URL | ≫ EDIT

>エクスプロイダーさん

古典か日本史の時間にでも先生が話してたのかなぁ。
なんとなくストーリーは知ってるんですよね。

東北から山陰ってよほどのことが無い限り訪れない位置関係な気がします。お互いにどうせなら九州へ、北海道へってなりそうで。

小林尊さん、アメリカに行ったきりでしたっけ?
時々大食い大会のニュース記事で見かけます。
もうそろそろ量を食べられなくなってくる年齢かと思いますけど、大丈夫なんでしょうか。

| ノミ太蔵 | 2012/07/21 12:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1124-91be275a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。