PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泡波

泡波 1

『泡波(あわなみ)』

日本最南端「波照間島」で唯一醸造される泡盛であるとともに、(安価で)入手困難な「幻の泡盛」として知られるお酒。

夫婦二人(+息子さん?)の家族経営。
島民が呑む為にだけ造っているので極端に製造量が少なく、故に「幻の泡盛」となりプレミアムな価格で取引されるようになってしまったそうで。
現地ではこの600mlも数百円なのに、島から離れるほどにその価格は倍々ゲームの様相を呈し、本州にたどり着く頃にはとんでもない価格に。
直売は無く、不定期に島の売店に並ぶそうで、現地で手に入れる為に1ヶ月も島に滞在する人もいるとか。

両親が石垣島旅行に行った際に、一度呑んでみたいので運良く売ってたら買って来て〜と期待せずに頼んどいたものですが、何軒か酒屋を回ってGETして来てくれました(感謝)
波照間島までは行ってないので、石垣島価格での購入だったようですが、「泡波」だけ鍵付きのケースに入れられてたそうです(^^;)



泡波 2 泡波 3

泡波 4
創業当時、粟(あわ)で造っていた事から「泡波」という何なったそうで。
待ってる人が多いので熟成はさせず出来たところを新酒で出荷。
瓶熟成を試みる・・・衝動に駆られましたが、呑みたい衝動には勝てずとっとと開けてしまいました。


むわんと広がる、泡盛らしいみっちり酸と穀物香。
口当たりはトロリとやさしく、ホクホク芳ばしい甘旨味が来たかと思うとすぐにクワっと苦辛味。
さわやかで呑みやすい泡盛です。
よく言われる変な言い方「普通に美味しい」がピッタリはまりますね〜。



泡波 5
氷を入れるとさらに爽やかさも感じられます。
水割りは、鼻に抜ける風味は薄まらずに呑みやすくなるんですけど、味自体は薄まっちゃってちょっとドライに。
水割りよりはストレートorロックの方が好みですね。


泡波 6
シークヮーサー投入!
ん〜、爽やかな和風南国柑橘系、泡波にも合いますね〜。
水割りでちょっとドライになり面白みに欠けるかなぁとなっていたところに、いいアクセントです。

残り1/3、大事にゆっくり呑みます。
取り合えず1年放置してみよう。




『泡波』
■酒造会社:波照間酒造所(沖縄県八重山郡竹富町字波照間156番地)
 創業:昭和28年(1953年)
●原材料:米こうじ(タイ産米)
●アルコール度:30度以上31度未満
●杜氏:波照間忠夫
●製造年月:H12年(2012年)3月31日
●価格:600ml/?円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)







クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 焼酎・泡盛 | 22:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これは凄いものを見させていただきました。
滅多に見られないお酒。
しかも呑んでるし!!!!
すげ~!!!!
1年寝かせるんですね。
1年後吞む時にお伺いしたい・・・。

| 星矢馬鹿酒 | 2012/08/29 00:16 | URL | ≫ EDIT

(΄◞ิ౪◟ิ‵ ) Ʊ ̏ƕ Ʊ ̏ƕ❤
ふぇ~ワタシまったくもって泡盛無知なもので
折角沖縄旅行いっても日本酒も泡盛も買ってこなかった始末
なんだかわからない泡盛一本買ってきましたが・・・
(2年目の夏を迎えておりますw)
あの方の名前 これなのですね。ナルホドナルホド

| OIRAn | 2012/08/29 07:45 | URL | ≫ EDIT

>星矢馬鹿酒さん

自分で買って来てたら勿体なくて開けられませんが、その辺りの苦労がないので躊躇無く...(^^;)
味自体はプレミアムではないと聞いてましたが、「普通に美味しい」という表現がピッタリの味でした。
1年後、どうなってるでしょう?
1年じゃ変わらないかな?
雄町しております(^^)

| ノミ太蔵 | 2012/08/29 12:38 | URL | ≫ EDIT

>OIRAnさん

泡盛は瓶熟成するので、このまま30年くらい放置で自家製クースを目指しましょう。
ノミ家は他に5年目と32年目になるのがいます。

あの方、これ由来のお名前だと思います。

| ノミ太蔵 | 2012/08/29 12:46 | URL | ≫ EDIT

幻の「泡波」ですなあ。
テレビで観たぐらいだ。ご両親には感謝ですね。

自家製の「クース」は楽しみですね。
しかし、泡盛は何で600mlの瓶が多いのか?。

| エクスプロイダー | 2012/08/30 12:01 | URL | ≫ EDIT

>エクスプロイダーさん

600mlの瓶は、戦後島内にガラス瓶製造工場が無く、沖縄駐留米軍払い下げの空き瓶(ビール瓶やウイスキーの瓶)等に詰めてたものの名残らしいです。
今流通してる600ml瓶は、沖縄が返還された1972年頃から使われており、沖縄県酒造連合会による規格・デザインだそうです。

ちなみにこの600mlという量、沖縄の人が一回で呑み切るのにちょうど良いサイズだとか(^^;)サスガ

| ノミ太蔵 | 2012/08/30 13:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1137-450f30a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。