PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

竹雀 ひやおろし 23BY 2羽呑み比べ

竹雀 ひやおろし 23BY 1

『竹雀(たけずずめ) ひやおろし 23BY』


  純米 6号酵母 ← → 山廃純米 7号酵母

某カップ麺ではありませんが、赤い雀緑の雀、2羽呑み比べです。





竹雀 ひやおろし 23BY 3 竹雀 ひやおろし 23BY 5

まずは、緑の雀「純米 6号酵母 ひやおろし」

旨味+渋味
ビターに香る、ちょいと熟した古典的な味わいと言いましょうか。
濃いけど重くは無く、それでいて「にゅるり」とした舌触り。
赤雀よりこちらの方がハッキリしたメリハリある味で、よりコク・クセ(悪い意味じゃなく)も強い。
燗できゅい〜んと酸味増し、旨味も乗ってきますが、あまりまとまった感がなく、ちょっと冷めるとエグ味も感じられます。




竹雀 ひやおろし 23BY 2 竹雀 ひやおろし 23BY 4

続いて、赤い雀の「山廃純米 7号酵母」

旨味+丸渋味
同様のビターな香りですが、こっちの方が強いですね。
緑雀が「にゅるり」なら、こちらは「ぬる〜ん」と、よりまろやかなめらかな口当たりで旨味の広がりが豊かです。
山廃にしては酸味少なく、緑雀より穏やかな印象。
酸味が少ない分、甘旨味が口に残り、ややキレが悪いかな。
燗にすると酸味に苦味が加わってくるようで、こちらももう少しまとまりに欠ける印象。
冷めるてくると、ミルキーな甘味が増して、ややクドくなりますね。



冷やでは 赤雀緑雀
燗は、ん〜〜〜引き分けかな〜。

以前呑んだ、山廃生原酒22BYは、冷やでは気難しいのが、燗で上手くまとまり良くなった印象でしたが、今回のひやおろし23BYの2羽、冷やでは同様にやや難しく、燗でもまだちょっと付き合いづらい感じでした。

とはいえ、この旨口路線、嫌いじゃありません。
まだ羽ばたいたばかりの2年目(24BYで3年目)の竹雀。
「これが竹雀だ!」ってのが来るのを期待しています。

と分不相応なエラソウな批評をしてしまいました(^^;汗汗





『竹雀 純米生詰 7号酵母 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:大塚酒造株式会社(岐阜県揖斐郡池田町池野422)
 創業:明治17年(1884年)
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/山田錦、掛米/五百万石
●精米歩合:60%
●使用酵母:7号酵母
●アルコール度:17度以上18度未満
●日本酒度:+6
●酸度:1.9
●杜氏:大塚清一郎
●製造年月:H24年(2012年)9月
●価格:1.8L/2,625円(税込) 720ml/ 1,312円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)




『竹雀 山廃純米生詰 6号酵母 ひやおろし 23BY』
■酒造会社:大塚酒造株式会社(岐阜県揖斐郡池田町池野422)
 創業:明治17年(1884年)
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/山田錦、掛米/五百万石
●精米歩合:60%
●使用酵母:7号酵母
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:+4
●酸度:1.6
●杜氏:大塚清一郎
●製造年月:H24年(2012年)9月
●価格:1.8L/2,730円(税込) 720ml/ 1,365円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)





竹雀 ひやおろし 23BY 6
定番の焼き浸し&豆腐などなど。

近喜さんの賀茂とうふ(おぼろ)
味わい淡白ながら、甘味強めで、大豆の大地の恵み〜的な旨味が感じられます。
ぐじゅぐじゅとつぶれた時の舌触りがグ〜です(^^)




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 22:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

竹雀か・・・そういえば今日行った、宮城県の酒屋なのに岐阜県の酒に力を入れてる酒屋に売ってたな。ただ、一升瓶だから予算の都合上辞めて、違う酒を買いました。

酒の呑み比べだと、前に某コンビニのPBの芋焼酎の前割りカップの呑み比べしたけど、ちょっとしか解らなかった・・・。

| エクスプロイダー | 2012/11/06 23:23 | URL | ≫ EDIT

なんとも楽しげな飲み比べですね。
赤と緑、CMのあの音楽が
頭の中で響きました~♪

| 粋豚(すいとん) | 2012/11/07 01:21 | URL | ≫ EDIT

>エクスプロイダーさん

宮城で岐阜の酒に力を入れる店・・・
ん〜あまり無さそうな組み合わせですね。
だからこそ商売になるのか、それともご主人が岐阜出身なのか。
呑み比べしても正直よく分かんない時ありますよね。
今回の竹雀は山廃の方がガツンと来るかと思いきや、速醸の方が味・酸味とも強かったですね。
それぞれ単独で呑んでたら、そんなに分かんなかったと思いますけど。

| ノミ太蔵 | 2012/11/07 12:43 | URL | ≫ EDIT

>粋豚さん

「赤いきつね」、当初は「熱いきつね」という名前で販売予定だったのが、パッケージに使った赤色を名前にも入れた方がインパクトあっていいだろうということで「赤いきつね」になったそうです。
ちなみに「緑のたぬき」は赤の補色(反対色)ってだけのシンプルな理由だそうです。
以前、調べたことがあります(笑)

| ノミ太蔵 | 2012/11/07 12:48 | URL | ≫ EDIT

大阪の銘酒居酒屋さんで

ほぼ毎日お邪魔させてもらっています。
先日大阪の有名銘酒居酒屋さんで竹雀味見しました。
私は味の評価が全く出来ないのでそのご店主の銘柄書きのコメントをいつも参考にしています。
表現の仕方もいろいろですね。
記事UPしていますご参考まで。
またお邪魔させて頂きます。

| タンタンさん | 2012/11/08 18:00 | URL | ≫ EDIT

>タンタンさんさん

毎日覗いていただいてるのに気まぐれ不定期更新ですみません。
タンタンさんさん(さんいらない??)ブログで膨大なお酒情報、店舗情報、いつも勉強させてもらってます。

私の方こそよく分からないのに思ったまま書き留めてますので、よくわからない表現多々ですみません。
今回のひやおろし2羽、飛び立ったけれど次に降り立つ枝、あるいは地面を模索中でふらふら飛んでる・・・みたいな印象だったのです。
ん〜味の表現は難しい・・・

また美味しいお酒情報お願いしますね(^^)


| ノミ太蔵 | 2012/11/09 12:45 | URL | ≫ EDIT

すいませんm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

コメントがめっちゃ遅くなってしまいました(^_^;)
厳しい評価ありがとうございます!
竹雀さん、サンプルの小瓶と720mlや1800mlとなんだか少し印象が違うんですよね。来季は泡有り使うので、酸がもう少し効いてきそうです!3季目どうくるか楽しみっす!


| Sakezukibito | 2012/11/26 14:11 | URL | ≫ EDIT

>Sakezukibitoさん

すみません、エラそうに書いてて(^^;)
去年の生原酒が燗をつけると豹変したので、今年のも・・・と期待値が高かっただけに、ちょっと厳しい目の評価になったかも知れません。
もう少し切れのある酸があればいいか〜と思ってたので、3季目楽しみですね。

| ノミ太蔵 | 2012/11/27 13:10 | URL | ≫ EDIT

厳し目ありがたいです!

蔵も、さらに上にいけると思うので、
厳しい意見嬉しいっす!
これからのお蔵なので、どんどん成長して欲しいです♪

| Sakezukibito | 2012/11/27 13:41 | URL | ≫ EDIT

>Sakezukibitoさん

自分には甘いのですが(^^;)
今後も期待しております。

| ノミ太蔵 | 2012/11/28 12:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1169-3025c2f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。