PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きのこでトロピカルな一日

きのこ 01
ちょこっと前にお出掛けしてきました『きのこの森』
福井県西端、大飯町にある「きのこ」のミニテーマパークです。

しかし、そのポーズ・・・タケノコなのでは???(^^;)


注)アルコール分0%記事です。


きのこ 03
広い芝生の先に、ひときわ目立つシンボルマーク、高さ30mの「きのこタワー」。
なんとなく要塞にも見え、少しアッガイにも見える。
10月より、アニメ「サザエさん」のオープニングにも「福井編」として登場してますね。



きのこ 04
傘の裏にはきちんとヒダも再現。
この下にじ〜っと立ってると頭の上に胞子が積も・・・るわけないですよ。

子ども公園系には定番のローラー滑り台ですが、こちらもなが〜い滑り台が目玉です。
ただ、どこでも滑り降りるときは楽しくても、もう一度となるとえっちらおっちら坂道を上らなくてはなりません。
しかし、「きのこの森」は、この「きのこタワー」の中がエレベータになっており、びゅい〜んと労せず山の上へ行けてしまうのです。


きのこ 05 きのこ 06
上から見下ろすとこんな感じ。
結構高い。


きのこ 07
山の斜面い沿ってぐるぐると滑り台が5コース。
全長で460mにもなります。



きのこ 08
利用は敷物レンタル料として一人100円の有料です。
しかし、回数・時間の制限なし、エレベーター代と思えば安いものです。
大人もOK。
では、早速行ってみましょう。



きのこ 09
おおぉ!!
体重のある大人は、かなりスピードが出ます。
呑気にカメラ構えながら滑ってると、カーブでぶっ飛びそうに。
側面に腰をぶつけてちょっと痛い。


きのこ 11
待て待て〜♪
先に滑ってった子どもにあっという間に追いついてしまいます。
また、周りの保護柵が近過ぎて、ちょっと肘が出てるとゴリッと行ってしまうので大人は注意が必要ですね。
肘から流血してる人もいました。



きのこ 12
一度滑って要領が分かったのか、妹ちゃん延々滑っては登り、登っては滑りを繰り返してました。



きのこ 13 きのこ 14
一方、お姉ちゃん。
滑り台に食いつくかと思ってたのに一回滑っただけで後はアスレチック。
う〜ん、乙女心はむムズカシイ。
後で聞くと、子どもの体重ではイマイチスピードが出ず、さらにはコーナーで敷物がずれるのがダメだったようです。
我が家の「三千櫻ボード」なら快速滑りだったんですけどね(^^;)




きのこ 16
こちらは山の斜面を利用した人工芝すべり。
50mの初心者用と70mの上級者用(11歳以上だったかな?)
残念ながら子ども専用なので大人は滑れません。
30分100円です。


きのこ 17
上から見るとこんな感じ。
下から見てるより高さを感じますね。
でも小ちゃい子たちが次々に滑り降りていきます。


きのこ 18
びゅい〜ん!
かな〜り速い。


きのこ 19
どてっ!
着地失敗(笑
乗り方教えたら,後は上手に滑ってました。
滑り台はお気に召さなかったようですが、こちらは面白かったのか何回も滑ってます。
しかし、ここは上まで登るのが人力なのでちょっと大変そうでした。

一方、妹ちゃん。
一回滑っただけで怖くなってしまいダメでした。
完全に恐怖で引きつりながら滑ってきましたから(笑)



きのこ 20
スピードとスリルを楽しんだ後は、(おそらく)日本一遅い新幹線。
手漕ぎのトロッコなんですが、ホントに遅い。
一漕ぎ2cmくらいしか進んでない感覚。
一周するのにどんだけ漕がないといけないのか。


きのこ 15
他にも陶芸体験やパターゴルフ、動物も飼育されてるしバーベキューも楽しめます。
ゆっくり一日遊べそうでした。
「きのこものしり館」に行けてないので、また遊びにいきたい。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


きのこ 22
続きましてやって来たのは「きのこの森」から、海の方に向かって車で15分くらい。
お隣の高浜町にある『若狭たかはま エルらんど』
関西電力高浜原発のPR館、地球科学をテーマにしたサイエンスパーク、となってます。

着いたのが夕方の4時頃ってのもありますが、休日なのにど〜んと広い駐車場に車がわずか3台。(うちの入れて)
人の気配がない・・・
大丈夫なのでしょうか。

中に入ると、案内の綺麗なお姉さんが3人ばかり。
とっても暇そう(^^;)
ま、利益を上げないといけない施設でも無さそうなのでいいのかな。


きのこ 23
こちらは「サイエンスワンダー」という体験型科学展示コーナー。



きのこ 24
節電のためかなり照明を落としてあります。
ただでさえ人がいないのにこの暗さでは、閉まってるのかな?って気分に。


きのこ 25 きのこ 26
手でハンドル回すとわずかに発電し、電磁石によって虫や花の形をしたプレートがゆら〜り動いたり、
ターザンロープみたいなのにつかまると、滑車に付けられたダイナモ?が発電し、わずかにピカピカっと照明が光ったり。
自転車漕ぐとLEDのランプが点灯し、徐々に光が登っていったり・・・

色々な仕掛けを施した展示物たちですが、総じて「地味目の仕掛け」です。
もっとハイテクで電気バリバリな仕掛けを期待したのに。



きのこ 27
一番、電気バリバリハイテク風な感じ?
これは期待出来そうです。


きのこ 28
が、画面に動物のスライドが写ったらブレーキを踏み、秒数で反射神経を計るだけでした。
これまた地味ですね〜。


きのこ 29
でも、これは面白かった。
体重計(子どもがいる所)に乗ると、前にある円柱形の水槽に水が注入され水位が上がってきます。
これは自分の体重に占める水分量が目で見て分かるというものです。
男性なら体重の70%、女性なら60%が水分とのこと。
一般的な男性なら45〜55リットルくらいが水分てとこでしょうか。
実際、この目で見るとかなりの量ですよ。お〜って具合に。
さて、そのうち何%がアルコール分なのでしょうか(笑)

ともかく、人力で出来る発電なんてホントに知れたもの。
いつも何気なく使ってる電気ですが、作り出すのに大変なエネルギーが必要なのは実感出来ました。




きのこ 30
こちらは「アトムプラザ」。
高浜町の風土紹介と高浜原発について紹介されてます。
「アトム」と付くからには、「ASIMO」みたいなハイテクロボがあったりするのかな?


きのこ 31
いきなり現れたのは、ど根性ガエルの「梅さん」を彷彿とさせる、ねじり鉢巻に腹巻きが凛々しい「オトさん」。
きっと、ギュインギュイン動いて寿司でも握ってくれるのかな・・・と思ったらスピーカーから出る音声だけでした。
微動だにせず。
いかにも動きそうな口すら動かない。


きのこ 32
昭和テイストなロボが高浜町を紹介します。
こちらは首と腕が動くぞ!
オトさんよりハイテクだ。


きのこ 33
高浜原発の原子炉圧力容器内の燃料棒模型。
整然と並んでます。
いろいろ考えさせられる模型です。


きのこ 61
唯一、電気っぽかったもの。




きのこ 35
こちらは「トロピカルワンダー」。
熱帯雨林を再現した体験型温室。
「エルどらんど」は基本的に無料なのですが、ここだけ有料です。
(大人400円、子ども200円、幼児無料)


きのこ 36
入り口にピラルクとの比較身長計があります。
ちょうどうちの子二人分の長さですね。
最大のもので4〜5mにもなるそうです。


きのこ 37
中に入ると熱帯林が繁り、むわっと熱気が・・・・来ません。
外と同じく涼しい・・・
トロピカルじゃない・・・
ここも節電なのか?(^^;)


きのこ 38
大きいナマズや、


きのこ 39
大きいカメさんや、


きのこ 42
大きい葉っぱも。


きのこ 40
南国っぽい大きな魚たちが泳いでます。


きのこ 41
ピラルクもいますが、上からじゃ迫力不足だな〜


きのこ 43
と思ってたら、先に進むと横から見えるようになってました。


きのこ 44
ん〜迫力ありますね〜。


きのこ 45
こっちも怖い顔。


きのこ 46
下に潜り込み、ドーム状の窓から顔を出し水槽の中を見ることが出来ます。


きのこ 47
一番、大物っぽいのは、ずっと寝たまま動いてくれません。


きのこ 48
人の顔が見えると魚達が寄って来ます。
なんか変な顔したのがゆら〜り近寄って来ました。


きのこ 49
目の前を通過。ど迫力ですね〜。


きのこ 50
そして、カマが旨そうです(笑)



きのこ 51

きのこ 52
小ちゃいのやイグアナなんかもいます。


きのこ 53
ここは何でしょう?
ジャングルの研究室みたいなとこです。


きのこ 54
さわっていいのかな?
もう触ってますけど。


きのこ 55
でかいタランチュラの標本。
子供に顔を寄せてってリクエストしましたが断られました。



きのこ 56
望遠鏡を覗く妹ちゃん。
「あ!サル!」
ん!?樹上に猿がいるんでしょうか?
こんなオープンな環境なのに!?
そういえば鳴き声が聞こえてます。


きのこ 57
いました!
テナガザルの一種かな。
こっちを見てる・・・・ビデオ映像が流れてました(^^;)



きのこ 58
二階通路から見下ろしたところ。
全体にこじんまりとした温室(なんだと思う)でしたが、それなりに楽しめました。



きのこ 59
屋外にも綺麗な広場や、花の綺麗な庭園が整備されてます。
随分、維持管理にもお金かかってそうです。
もちろん、こちらでもお遊びが始まる・・・


きのこ 60
夕暮れの若狭富士(青葉山)を眺める。
こうして、ノミ家のきのこでトロピカルな一日も暮れていくのでした。




~~~~ おまけ ~~~~

お昼にきのこの森の蕎麦屋さんで食べたの

きのこ 62
ざる(自然薯入り)
平たい麺ですね。あまり特徴は無く「普通」です。
つゆはあっさり。


きのこ 63
かけとミニ牛丼
こちらのそばもスゴく「普通な味」。
牛丼は甘くて家庭的な味でした。


きのこ 64
きのこステーキ
大振りな椎茸がででんと焼かれたもの。
見た目は和風ですが、スパイスの効いたステーキソースでこんがりジューシーに焼き上げられ、かなり美味しかったです(^^)









関連記事

| おでかけ | 12:55 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

茨城にも東海村の原子力研究施設はあり,
それをPRする施設があります。
息子と何度か行きましたが,
なかなかおもしろいところでした。
東海村ではJCOの臨界事故があり,かなり原子力事故の意識は高いです。しかし,3.11もあり,原子力関係の施設はなかなか苦しい状況ですよね。
難しい問題です。

| 星矢馬鹿酒 | 2012/11/13 01:22 | URL | ≫ EDIT

家族旅行頻繁で素敵ですね~。
子供と達も色々なところへいけて楽しそう
なんとなく男の子が喜びそうな所が多い気もしますが
女の子も楽しいのかな?アスレチック系って

| OIRAn | 2012/11/13 08:12 | URL | ≫ EDIT

>星矢馬鹿酒さん

この高浜原発をはじめ、大飯、美浜、敦賀、さらに「もんじゅ」と若狭湾だけで5つもあります。
まさに原発銀座。
関西の電力源を押し付けてる状態。
震災前まではさほど意識したことはありませんでした。
この先の日本の原発はどう進むのでしょう。
次の衆院選の争点でもありますね。
脱原発を進めるドイツでは燃料費などで電気代が高騰してると聞きます。
安全な方がいいけど、高いのは困るなぁと、勝手なことしか言えませんけど。

| ノミ太蔵 | 2012/11/13 13:06 | URL | ≫ EDIT

>OIRAnさん

春、夏はあまり休みが取れないので、この時期に帳尻合わせです。
うちのお子たち、おしとやかざんすから男の子っぽい遊び大好きざんすのよ。
おほほ〜

| ノミ太蔵 | 2012/11/13 13:08 | URL | ≫ EDIT

美浜原発は行った事あります。
年三、原発オタクかも???
福島第一、第二。
柏崎刈羽。六ヶ所村も。
綺麗なお姐さん目当てですから。
原子力、放射性物質が出なければ、
こんなにクリーンなエネルギーはないです。
原発事故の影響で火力発電所フル稼働。
二酸化炭素排出。
真綿で首を絞められてるようです。

| 年三 | 2012/11/13 21:31 | URL | ≫ EDIT

きのこステーキ美味しそうですね。そういえば外に有る椎茸の原木を支えてる棒が折れたり、曲がったりと少しヤバイ状況に・・・。

原発は福島の隣に住んでるや心の中に色々と有るので控えますが。

| エクスプロイダー | 2012/11/13 22:33 | URL | ≫ EDIT

>年三さん

そんなに原発巡りされてるんですか!?
たしかにお姉さん達きれいでした(^^)
各地にメガソーラーの設置が進んでますね。
ただし見学してもパネルだけでつまらなさそうですが・・・

| ノミ太蔵 | 2012/11/14 06:29 | URL | ≫ EDIT

>エクスプロイダーさん

そばは普通って感想しか出て来ない味でしたが、このキノコステーキは美味しかったですね。
うちでもやってみよう・・・と思ったら大きい肉なんて食べられないのでステーキソース無いよ。

| ノミ太蔵 | 2012/11/14 06:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1171-e7b1a5d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。