PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

丹波 吟醸酒

丹波吟醸 1

『丹波 吟醸酒』

先日の奥丹波の酒蔵巡りの際に、唯一行けなかった「打田酒造」さんのお酒です。
蔵には行けませんでしたが、帰り際に立ち寄った道の駅売ってたのでお酒は買えました。


江戸時代は織布業、明治時代は醤油製造、昭和11年(1936年)より「打田酒造」として酒造業に。
主銘柄は「黒松大観」。盆栽っぽい渋い名前だ。
蔵の井戸水で仕込まれるらしい・・・
あまり詳しい情報が無いのでこのくらいしか分かりません。


今回買った「丹波」には「深山霧海」のサブネームが付いてますね。ラベルも丹波の霧を描いたものです。
全国に霧の名所はたくさんありますが、ノミ太蔵の住む丹波盆地も霧の名産地(?)としても知られてまして、晩秋〜春先にかけて、天気の良い日の午前中は霧の中。五里霧中を地でいく土地です。(正確には篠山盆地、由良盆地、亀岡盆地に分かれますが、ひっくるめて丹波盆地ともいいます)
「丹波霧」で画像検索してもらったら雰囲気分かると思います。
こちらの方のブログに分かりやすい比較画像が。
ちなみに上の写真のどこかにノミ太蔵の実家が写ってます(笑


湿度100%、ミスト効果抜群。
こんなところで育ったから、お肌も潤うを通り越して、水も滴る中年オヤジです。
電車はしょっちゅう遅れるし、車もたまに追突事故起こしてるし、
バイクだとシースン中は完全レイン仕様でないとずぶ濡れです。
で、峠越えて京都市内に入るとピカーン
あんた、何でカッパなんか着てんの?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話が随分逸れました。
\(・_\)ソノ話 (/_・)/コッチ



嫌味な程じゃないけど、甘華やかな吟醸香ぷわ〜ん。
翌日にはちょっと落ち着いてました。

口当たりは、さらり軽やか。
みずみずしくも、さらさらする〜りですね。
香りほど甘味やクドさは無く、本当にさらり軽やかな味。
そして、引っかりのないナチュラル〜な喉越し。

ほのかな甘旨味の後にキュッと苦辛味が出たかと思うとスッと引く。
この起伏がとてもなだらかで、あまり抑揚の無い味とも言えます。
その分とても呑みやすく、それでいて淡麗過ぎて物足りないってほどでもないので、どんどんずんずん進みますね。

居酒屋で無名の冷酒として出されてるような味でもあり、割烹で料理に合わせた綺麗な旨味吟醸酒として出されるようでもある。
明確にこの酒って個性があるわけでもないけど、マラソン大会で気付けばそこそこの位置にいるぞ的な・・・
ん〜、何とも捕らえ所の無い感じの表現ですね。

例えるなら旨い霞を呑んでる・・・いや、霧だな。
そう、空気が流れると水の粒が肌に触れながらさ〜っと流れていく感じ。
そんな呑み心地です。

だからこんなラベルなんですね。
勝手にそう思うことにします(笑



『丹波 吟醸酒』
■酒造会社:打田酒造株式会社(兵庫県丹波市氷上町谷村520)
 創業:昭和11年(1936年)
●原材料:米、米麹、醸造アルコール
●原料米:?
●精米歩合:書いてないですねぇ
●アルコール度:15度以上16度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●製造年月:H24年(2012年)11月
●価格:720ml/1,470円(税込)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)
もう少し濃い方がいいなぁ



丹波吟醸 2 丹波吟醸 3
またしてもなめこ豆腐鍋(^^)





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク

  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

丹波杜氏

丹波杜氏の丹波を冠する銘柄ですから期待してしまいますね

この蔵の銘柄も未飲なので気になっているのです

気になる~(笑)

| タンタンさん | 2012/12/07 18:04 | URL | ≫ EDIT

先日の日曜日に酒屋さんの忘年会がありました。
まんさくの花は180mlの雄町55とか山田錦55というラベルが貼ってあるだけでした。なかには無印でノーラベル(持ってきた酒屋が中身がわからないという代物)もありました。
戴き物のイタリアワインもありましたので、3・4人で独占して飲みました。とっても楽しい会でした。

| A&N | 2012/12/07 20:54 | URL | ≫ EDIT

>タンタンさん

タンタンさんの姫路駅の日本酒BAR記事に「丹波」写ってましたね。
もっと近ければ是非行ってみたい(^^)

道の駅に大吟醸、吟醸、純米と三酒置いてありました。
で、松竹梅理論そのままに真ん中グレード?の吟醸を買ってしまいました(笑
純米も試してみたいですね。

あ、それから遅ればせながらリンクさせていただきましたので、また宜しくお願いします〜。

| ノミ太蔵 | 2012/12/08 03:53 | URL | ≫ EDIT

A&Nさん

いいですね〜謎の日本酒パーティ〜(笑
闇鍋ならぬ闇酒ですね。
酒屋さんの忘年会ということは、謎のお酒達は試飲サンプルとかだったんでしょうか?

さぞ盛り上がったことでしょう(^^)

| ノミ太蔵 | 2012/12/08 03:57 | URL | ≫ EDIT

なめこ豆腐鍋たべたひ
霞のように霧ごとし ん~掴みどころがなひ!!と

| OIRAn | 2012/12/11 07:38 | URL | ≫ EDIT

>OIRAnさん

夕べ今シーズン最後のなめこ豆腐鍋でした。
ゲームじゃないけど、採ったらすぐ食べないとすぐカビ生えちゃうんですよね〜。
貰った時ににうちにいれば一緒に食べられます(^^

掴みどころが無いぶん、するする呑んでしまうお酒でした〜。

| ノミ太蔵 | 2012/12/11 15:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1187-a1d26ffb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。