PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小鼓 純米吟醸 丹鼓 23BY

随分日差しが春めいてきました。
と思ったらウヒ〜っと冷え込んだり。
気付けば節分も立春も過ぎてるぢゃないですか〜!

1月は随分サボり気味の「今宵も家呑み」でした。
2月は心を入れ替えてちゃんと更新・・・出来ればいいな(^^;)
すでに一週間経過してるけど


丹鼓 1
『小鼓 純米吟醸 丹鼓(たんこ) 23BY』

兵庫県丹波市「西山酒造場」さんのお酒。
こちらも昨年秋の「奥丹波の蔵巡り」の際に蔵で買って来たものです。まだ残ってました。


丹鼓 2
「丹鼓」は地元市島町産の「但馬強力(たじまごうりき)」を使用した純米吟醸。

「ごうりき」と言えば、世間的には剛力彩芽ちゃんですが(ノミ太蔵はアルパカにそっくりだと思ってます)、酒吞みに取っては、鳥取の「強力」ですよね。
その「強力」から県立農事試験場但馬分場(現在の兵庫県立北部農業技術センター)で純系分離を行い、昭和3年(1928年)に奨励品種として登録されたのが「但馬剛力」。
心白発現率が高く、高精白にも適した高級酒醸造向けの酒米でしたが、在来種の純系淘汰故、野生草丈は140cm以上の長桿品種で倒伏しやすく、イモチ病にも弱く、さらには脱粒しやすいという欠点などがあり、山田錦や雄町といった人工交配の新品種の登場により、昭和10年頃には姿を消してしまった非常に短命な品種でした。
しかし、西山酒造場さんが地元農家と共に復活させ、60数年ぶりに「但馬強力」の酒として蘇ったとのことです。


香り?
よく分かんないですが甘い香りがするような気がします。

一口呑むとすっきり〜な印象ですが、すぐにくくく〜っと濃い旨味と強めの苦辛味が出てきます。
そして、その周りを細いワイヤー状の甘味がぐるぐる巻き付いてるような味。
と、よく分からん表現が感想メモに書いてあります。
一口目で既に酔ってたのでしょうか(^^;)

これらの味が口の中で絡み合い、一瞬「!?」となりますが、次第に「あ〜こういうのもアリでいいかな〜」と納得してしまう味。

・・・旨いかも。
・・・旨いじゃないか。
んん!旨い!

と、ついつい進んでしまいます。
後に残らないスッキリとした辛旨の酒。
でもペラくな〜い濃厚な旨味もあります。
派手さの無い地味目の味わい。
食事に合わせやすく、それでいて酒単体としても旨い。
こういうのが、飽きずにまた呑もうかなとなる酒ですね。

但馬強力の酒は寝かすと良くなるとのことなので、もっと追いとくとさらに良くなったかも。



『小鼓 純米吟醸 丹鼓 23BY』
■酒造会社:株式会社西山酒造場(兵庫県丹波市市島町中竹田1171)
 創業:嘉永2年(1849年)
●原材料:米、米麹
●原料米:但馬強力
●精米歩合:55%
●使用酵母:10号(小川酵母)かな?
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:?
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:八島 公玲(丹波杜氏)
●製造年月:2012年(H24年)10月
●価格:1.8L/3,150円(税込) 720ml/1,890円(税込)
4合瓶がエラい割高だったのね・・・

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)




丹鼓 3
厚めの鴨ロース。脂がキツ過ぎたのでちょっと焼いて脂を落としました。


丹鼓 4
翌日、猪肉で。
鴨や猪肉の旨味をしっかりと受け止められる味でありながら、脂をスッキリと流す苦辛味のキレ。
ん〜いいですね〜♪
肉系にスゴく合います。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ


以下おまけ


本日のおまけ

兵庫つながりネタということで。


福寿1 福寿2
ちょっと前にふらりと立ち寄りました大阪駅前第1ビルB2F
「居酒屋 御影郷ふくじゅ」

「福寿」醸造元 神戸酒心館直営の大衆居酒屋。
量り売りもやってるみたいです。



福寿3
まずはビール・・・の画像は既に無く(^^;)
こちらはしぼりたて無濾過生。
フレッシュふくよかですね〜。


福寿5 福寿4
おつまみは300円台〜500円台中心。
だし巻はどっしりデカイ(^^)


純米を燗・・・の画像が無いですね(^^;)
お銚子で出てきました。



福寿6 福寿7
お燗を呑んでちょっと暑くなって来たので凍結酒。
しゃりしゃりシャーベット状態です。
でも冷た過ぎて味がよくワカンナ〜い。




福寿8
続きまして同じく駅前第1ビルB2F「酒宴 但馬」
これまた兵庫つながりですね。
外にあったメニューに「但馬牛ステーキ」の文字を見つけ、友人が「牛が食べたい」と吸い込まれていきましたので後を追います。


福寿9
プレミアムモルツ250円はお得でした。
日本酒は謎の日本酒と香住鶴のみ・・・だったと思う。
手造りウインナーからししゃもに揚げ物・焼物までリーズナブルな手造り料理が色々ありました。
お通しの高野豆腐、かなり濃い味でした・・・


福寿10
ささ、お待ちかねの但馬牛ステーキ・・・ん?
改めてメニューをよく見ると、但馬牛でなく但馬「風」ステーキでした。
きっと但馬牛の但馬風ステーキだった・・・んだと思っときます(^^;)





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 12:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あれ~!
ノミさん、毎年恒例の、節分の記事が見当たりませんよ~<(・・ )(・_・)( ・・)ゞキョロキョロ
だし巻に紅しょうが!
お、美味しそうです。
オムライスが食べたくなってきました(笑)。

| ず~ | 2013/02/07 20:19 | URL | ≫ EDIT

出た!ノミさん。
鴨ロースに猪肉。さらに但馬風(笑)ステーキ!
肉好きには堪らんUPです。
絶対鴨鍋するぞぅ〜^^

| namesan56 | 2013/02/07 23:02 | URL | ≫ EDIT

>ず〜さん

妹ちゃんの重度鬼恐怖症候群発症の為、本年度のノミ家節分大祭は取りやめとなりましたことを ここにご報告申し上げます。
いい子ちゃんにしてたので鬼さん来なかったことにして、恵方巻きだけいただきました(^^;)

オムライスカラーですね〜。
きざみ紅ショウガ入りの卵焼きもいけますよ。

| ノミ太蔵 | 2013/02/08 11:10 | URL | ≫ EDIT

>namesan56さん

この酒は肉に合いますね〜。
ど〜んと野太いわけではないけど、しっかり骨のある味です。

但馬風ステーキ、とってもヘルシーな味でした(^^;)

| ノミ太蔵 | 2013/02/08 11:13 | URL | ≫ EDIT

鴨がネギしょって猪捕まえてくれたのですね(o ̄∀ ̄)ノ”
お腹空いてきました。。。

| OIRAn | 2013/02/09 11:08 | URL | ≫ EDIT

>OIRAnさん

ついでに馬と鹿も捕まえて来てくれたらえがったのに。
あ〜そうだ、猪蕎麦するの忘れてる。

| ノミ太蔵 | 2013/02/10 17:23 | URL | ≫ EDIT

剛力ちゃんは、好みのタイプでして・・・えっ!?、聞いてないこりゃまた失礼。

強力の酒は兵庫県と鳥取県の酒だけのような・・・。

鴨と猪と何とも野趣溢れる肉料理ですね。

但馬風ステーキとは・・・何とも、摩訶不思議な。

| エクスプロイダー | 2013/02/12 22:34 | URL | ≫ EDIT

>エクスプロイダーさん

剛力ちゃんタイプでしたか(*^^*)
アルパカなんて言ってスミマセン。でも似てると思うんです〜。

強力、鳥取と兵庫だけっぽいですが、もう1県ありますね。nameさんも呑んでた栃木版のを買ってみました。
そろそろ開けてみようかな。

但馬風はどの辺りが但馬風だったのか不明です(^^;)

| ノミ太蔵 | 2013/02/13 12:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1207-811bff28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。