PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蔵宅 6月号 長谷川酒造

蔵宅6月号 長谷川酒造 1

『蔵宅(くらたく) 6月号 長谷川酒造』

蔵宅とは・・・お酒とおつまみの通販サイト『NOMOOO(ノモー)』さんの「市場に出回ってない新鮮な日本酒を毎月届けてくれる定期購入サービス」です。
720ml×1本、ニュースレター付き 送料税込み¥2,680です。(初回のみお猪口付き)


ノミ太蔵、3ヶ月無料モニターをさせていただいておりまして、今回で3回目となります。
過去の「蔵宅」記事
 ↓
蔵宅4月 滝澤酒造
蔵宅5月 千寿酒造




今回は新潟県長岡市の「長谷川酒造」さん。
創業は天保13年(1842年)。
ご先祖は信州の武家だったそうで、屋号は「信州屋」だそうです。
主銘柄は「越後雪紅梅」「初日正宗」など。
明治時代に建てられた有形文化財の母屋や、大正時代からの醸造蔵など、創業時から変わらぬ伝統と手造りの味が受け継がれているそうです。



蔵宅6月号 長谷川酒造 2 蔵宅6月号 長谷川酒造 3
いつもの蔵宅用手書き書体ラベル。
長谷川酒造さんは、かなりカチッとした字体ですね。



蔵宅6月号 長谷川酒造 4 蔵宅6月号 長谷川酒造 5
新潟産五百万石を使用した純米吟醸生酒です。
キャップには何だかカッコいいマークが。
ヘビ?・・かと思ったらクチバシ付いてますね。
鷺っぽい気がしますが・・・


蔵宅6月号 長谷川酒造 7
蔵宅6月号 長谷川酒造 8
ニュースレターの写真を見ると前掛けや奥の障子にもこのマークが使われてますね。
何のマークだろう???


さてさて肝心のお酒の方ですが、
香り穏やか。
開けてすぐはわずかに吟醸香?
時間が経ってくるともう少し香りを感じますが、どちらにしても控えめです。

口当たりさらりとシルキー。
さらさらパウダースノー的な淡い感じの甘旨味。
酸味はあまり感じません。
その後、柔らかくキレのある苦辛味で締めます。

「新潟の酒」とひとくくりに出来ないのは分かってるけど、「あぁ新潟の酒だな〜」って思う味かな。
透明感のある淡辛の旨口。
キレイ目の旨味の余韻を舌に残しながら苦辛でシュッと切る感じです。

香りも穏やかで派手華やかなところ無く、味も特段個性的って訳でもなく、現代的って味でもない。
伝統的な味を綺麗に昇華したような、派手さの無い上質な味です。
昔ながらの変わらぬ手造りと現代の酒造ノウハウの合わせ技ってとこでしょうか。


蒸し暑いこの季節にちょうど良い軽やかさと、夏酒にありがちな物足りなさの無い、さらりと味を楽しめる落ち着いた味のお酒でした。




『蔵宅 長谷川酒造 純米吟醸生酒』
■酒造会社:長谷川酒造株式会社(新潟県長岡市摂田屋2-7-28)
 創業:天保13年(1842年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:55%
●使用酵母:?
●アルコール度:15度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:長谷川昭郎(越後杜氏)
●製造年月:2013年(H25年)6月
●価格:2,680円(蔵宅価格)

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



蔵宅6月号 長谷川酒造 6
この日は安かったマグロちゃんを自家製たたき(フライパンで焼いただけ)と漬け&大盛り豆腐で♪






というわけで、3ヶ月、3回に渡りモニターさせていただきました「蔵宅」。
いずれも初めて呑む蔵の旬なお酒で大いに楽しめました。
自分の好みを追っかけるのもいいですが、このように未知なる酒との意図せぬ出会いは面白いですね。

ただ、割と無難な呑みやすい系が続いたので、個人的にはもう少し個性派なのも盛り込んで欲しい気がします。
日本酒の味の幅はこんなに広いんだぞーという意味でも。
でも、会員全てにまんべんなく楽しんでもらうにはあまり冒険は出来ないのかもしれませんけどね。

・安心コース
・冒険コース
みたいに分けてみるとか(^^;)




ちなみに7月分の「蔵宅」は、美味しくなかったら全額返金!!というメタボリック・・・じゃなくて太っ腹企画をされてます。
ご興味のある方は、この機会に試してみてはいかがでしょう。
あ、ちなみに7月分締め切りは7月10日だそうです。



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 21:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

気になって

マークが気になって蔵に電話してみました。
家紋でも蔵印でも屋号でもないそうです。
長谷川の長の下の部分をデザインした商売のマークらしいです。
大阪の取扱店は阪急梅田本店さんと高島屋大阪店とのこと。
感じのいい女性に応対いだだきました。
そのため飲みたくなってしまいました(笑)

| タンタンさん | 2013/07/06 10:41 | URL | ≫ EDIT

>タンタンさん

おっと、わざわざお問い合わせしていただきましたか。
なるほど〜長の下の部分をアレンジしたものだったのですね。こりゃ分かりませんわ。
ありがとうございます。
蔵宅のニュースレターによると社長の奥様が専務でその娘さん二人が営業と事務をされてるそうです。
写真に写ってる方達ですね。
感じのいい女性はこの中のどなたかでしょうね。
一度呑んでみてください。
あ、ちなみに杜氏の昭郎さんは息子さんだそうです。

| ノミ太蔵 | 2013/07/06 13:07 | URL | ≫ EDIT

宅蔵の2つのコース。
・安心コース
・冒険コース
これ,是非採用して欲しいですね。
できれば超冒険コースも設けて欲しい・・。
前記事ですみませんが,
幻舞澱がらみ,
まったく同感でした。

| 星矢馬鹿酒 | 2013/07/09 00:23 | URL | ≫ EDIT

>馬鹿酒さん

ちょ、超冒険コース。
「なぜ、あなたは超難関を目指すのか」
「そこに酒があるからさ」
呑み終えるまでが飲酒だぞ〜!
手強そうです。

幻舞、馬鹿酒さんの感想通り1週間でピークって感じでしたね。
変化楽しめて美味しかったです(^^)

| ノミ太蔵 | 2013/07/09 12:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/1236-36b7b581

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。