PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白瀑 特別純米生原酒 6号酵母 vs 7号酵母

白瀑6&7
木札と封印シールのみの超スッキリパッケージ。

『白瀑(しらたき) 特別純米生原酒 6号酵母・7号酵母』
秋田のお酒です。
使用米、精米歩合、アルコール度数、日本酒度、酸度、アミノ酸度すべて同じ。違うのは酵母だけ。
すなわち酵母の違いでどれほどの差が出るのかという呑み比べ企画酒。

購入はこちらもたかりょうさんとこから。


完全に同じスペックで、酵母だけ違うというものは呑んだ事が無いので、どれほど差があるのか楽しみ。
しかし、こういう売り方をされると、どうしても2本セットで買ってみたくなりますね~。商売上手だわ。
酵母の種類をさらに増やせば、売り上げもさらに倍増するかも^^



白瀑6号
こっちが6号酵母(協会6号)
6号酵母は、秋田県『新政(あらまさ』の発祥とされ、別名「新政酵母」とも呼ばれるもので、『発酵力が強く、香りはやや低くまろやか、淡麗な酒質に最適』とされています。


白瀑7号
そしてこちらが7号酵母(協会7号)
昭和21年に長野県『真澄』(ますみ)の醪より分離された『華やかな香りで広く吟醸用及び普通醸造用に適す』酵母です。


見た目で差は分かりませんね~。

香りはどちらもプンプン香るものではなく、割と地味目な印象。
(実は花粉症で、このところ若干鼻が詰まり気味なので、香りの違いがちょっと分かりにくかったりします^^;)←あかんやん

まずは冷やで。
●6号・・・さらりと軽めの口当たりで、しっとりとした酸味と落ち着いた旨味があります。全体的にやわらかな丸みのある味わい。

●7号・・・さらに軽やかな口当たり。6号よりやや強めで華やかな香りが残り、シャープな感じがします。こちらの方が強い味に感じます。


次に燗で。
●6号・・・まろやかさが増し、程良い酸味と鼻にす~っと抜ける爽やかな香りが心地良く、しっとり味わえます。
邪魔するものがない、やわらかく旨い燗酒。

●7号・・・こちらもまろやかさが増し、6号より『まろ~ん』な印象。
しかし味の方は辛味・酸味とも6号のより強く感じます。
が、じんわりしみ出すような旨味は無いかな。



6号は含み香の方が強く、印象としては地味目だけど、広がりのあるやわらかい旨味。
7号は立ち香の方が強く、やや派手でシャープな印象。6号のような味の広がりは無いけれど、その分深みがあるように感じました。
それぞれ瓶の色(6号→茶、7号→緑)がお酒のイメージに合ってる気がします。
(以前は瓶の色も同じで、どっちがどっちかワケワカメだったらしいですが^^)
そして、どちらも生原酒だけど、口当たりが軽くすい~っと飲めてしまいます。
が、後から腹にズシっとアルコール感が来ます!(飲み過ぎ注意^^)


■酒造会社:山本合名会社(秋田県山本郡八峰町)
 創業:明治34年(1901年)
●原材料:米、米麹
●原料米:酒こまち
●精米歩合:55%
●酵母:6号 or 7号
●アルコール分:17~18%
●日本酒度:+1
●酸度:1.7
●アミノ酸度:0.7
●製造年月:2008年2月
●価格(税込):1.8L/\2,835-、720ml/\1,470-

個人的お好み度:6号酵母 ★★★★
        7号酵母 ★★★


どちらが良いかは全くお好み次第だと思いますが、ノミ太蔵的には6号酵母の方が好みでした。
冷やではどちらも甲乙つけ難しだったんですが、燗を付けると穏やかで丸みのある旨さの6号の方が勝っていたように思います。

同じスペックで酵母違い。
なかなか面白い呑み比べでした。
ただ、たしかに6号酵母と7号酵母では違う酒なんだけど、どちらも同じ蔵の酒なので基本的な部分は同じ酒だなぁと思いました。
やはり蔵ごとの造りによる差の方が大きいんですかね?
6号と9号だと、もっと劇的に違うと感じたかも。



白瀑 燗おかず
肴は、アカカマスの干物と菜の花の和え物。
秋冬の味覚と春の味覚でこちらも対決?

夜が明けるのも随分早くなってきました。
張りつめた空気も少し緩んできました。
春野菜も出回ってきました。
鼻水の量とくしゃみの回数が劇的に増えてきました。
春近しであります。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 15:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

県北の酒

秋田県の県南地方に位置する六郷、白瀑の八森町は県北地方(青森県寄り)になります。同じ秋田の酒でも、県北の酒は比較的淡麗型の酒質ですねぇ。食文化の違いからだと思いますが、味付けも県南は濃厚でしょっぱいです。典型的な脳卒中多発地帯なんですよ^^;

ところで、もう花粉が飛んでますか!我が家も杉花粉症が4人もいます。
秋田杉の本場なのに^^;
辛いなぁ~

| たかりょう | 2008/02/24 10:05 | URL | ≫ EDIT

なるほど~

>たかりょうさん
たしかにいつもの秋田の酒とは違い、さっぱりとした軽い印象でした。
県北と県南でそんなに違ってたんですね。
あまり蔵の位置まで把握してませんでした。
地方によって酒の傾向に差が出るのも地酒の面白いところですね。
だから全国津々浦々いろいろな地酒を呑んでみたくなる。

京都でも伏見の酒と京都府中部・北部の酒は違いますね。
軽やかで柔らかい感じの伏見の酒に対し、北部のはやや荒々しく重厚な感じがします。うちの辺りの京都中部は、地理的にも酒質的にもちょうどその中間かな?

花粉は天気の良い日は飛んでますよ~。
目はしょぼしょぼ痒いし、鼻の中はずっと潤ってます^^;

春近しなんて書いてましたけど、夕べから雪どっさり!
今日は一日中降ってました。
今宵は雪見酒になりそうです^^

| ノミ太蔵 | 2008/02/24 16:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/402-456c57f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。