PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪鶴 純米吟醸 無ろ過生原酒 袋しぼり

雪鶴 純米吟醸 無濾過生
『雪鶴(ゆきつる)純米吟醸 無ろ過生原酒 袋しぼり』
新潟県のお酒です。
加圧しない袋しぼり(雫取りとも言いますね)による手間のかかった季節限定品。


「雪鶴」を醸す田原酒造は、昭和60年に独自開発した“清酒改良法”(昭和63年特許取得、発明賞受賞)でも知られる蔵です。
この技術は電磁場を利用し、
・水とアルコールの分子のクラスターを小さくし、限りなく水和性を高め、結果熟成感のある柔らかな口あたりのお酒にする
・お酒にマイナス電子を帯加させ強力な還元力を与えることにより、飲酒後体内にて発生する活性酸素やアセトアルデヒドを限りなく抑え、結果二日酔いしない酔い覚め爽快な酒とする

という二つの特性を加える事に成功した画期的なもので、「小さな蔵の大きな技術」と称えられています。
う~ん、字だけを見るとスゴいことみたいです。
さて、実際にその効果を体験出来るのでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フルーティな吟醸香。強過ぎず穏やかに香り良い感じ。
口当たりは、しっとり滑らか。
序盤からじゅわじゅわジューシーな旨味が溢れます。
最初は旨味主体ですが、中盤から全体に苦味が増してきて最後は辛口に。

この苦味がいいですよ!

『旨苦』という今までにあまり呑んだ事の無いタイプで、これがとても美味しい!
透明感のある綺麗な印象ですが、しっかりとした旨味に、味を引き締める苦味と酸味。
最後は切れの良い辛口に。
ややアルコール感があるものの、ツンとした嫌なものではなく、むしろ爽やかで心地良い香りが残ります。

燗をつけると、旨味は増すけれど爽やかな印象が消えるので、個人的には冷やの方が良いかな~。
価格も含め、非常に満足度の高い酒だと思います。

開けたてより、4~5日後くらいが味が乗ってきた感じでしたが、ちょうど無くなっちゃった^^;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、“清酒改良法”による効果ですが、
味わいに関しては、いわゆる新潟の「淡麗辛口」とは一線を画す、味わい豊かな辛口で、「熟成感のある柔らかな口あたりのお酒」は実現してると思います。
また、翌朝にも酒が残ってる感じはありませんでしたね。
遅い時間まで呑んでたら、翌朝自分で「酒くせ~」と分かりますが、このお酒はそんなことも無く、目覚めスッキリ。爽やか吐息の親父でした^^;


と、思い返してみれば、たしかに先に書いた“清酒改良法”による二つの特性が見事に当てはまってますね~。
実際に呑んでる時は、この“清酒改良法”の存在を知らず、ブログに記事を書く段になり、田原酒造の事を調べた際に初めて知った事なので、先入観無くこのような感想を持ったということは、“清酒改良法”の効果は大いにあると見ていいのかな?



●酒造会社:田原酒造株式会社(新潟県糸魚川市)
 創業:明治30年(1897年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:58%
●使用酵母:協会10号
●アルコール度数:17~18%
●日本酒度:+2
●酸度:1.6
●アミノ酸度:1.3
●出荷年月:2008年6月
●価格:1.8L/\2,625- 720ml/\1,260

個人的お好み度:★★★★



彼女の手料理1
この日は若い彼女の手料理。
( ̄m ̄*)ムフフ







彼女の手料理2
だったらいいのに・・・



雪鶴おかず
ホントはこっちです。
「夏野菜の天ぷら」と書くとカッコ良さげだが、「冷蔵庫の残り野菜天ぷら」です・・・
しっかりした旨味が天ぷらの油にも負けず、爽やかな香りと苦味が油をさっぱり流してくれて、おいしくいただきました^^



>>楽天で「雪鶴」のお酒を一発検索!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/472-b3faacf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。