PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山吹極「中級者向食中酒」純米無濾過本生

お正月以降、すっかりブログ更新が滞っておりました。
仕事が忙しいとか、ノートパソコンの調子が悪かったとか、お通夜に行ってたとか色々言い訳はありますが、実は・・・


ただのサボリです(^^;)

鍋
その間も新年会で鍋食ったり

鉄板燗
お好み焼き屋で鉄板燗したり

すきやき
丑年初の牛肉(いただきもの)食べたり

七草がゆ
七草がゆを肴に呑んだり

適当に呑んではおります・・・



山吹極 純米無濾過生18BY
さて、久々に更新するにあたり記事にするお酒は「山吹極(やまぶき)純米無濾過本生」

「山吹極」は山形・朝日川酒造が、万人受けを狙わず、マニア層?をターゲットにしたどっしり個性派酒の新ブランドだそうです。
その中ラインナップの中に、肩ラベルに「中級者向け~」とか「上級者向け~」とか書いたのがある。なんだこれ?
蔵元ページでは「日本酒の本当の旨さを知っている上級者向きの日本酒です」と書かれてますね。

地酒呑み始めてまだ3年ほどのノミ太蔵。
「上級者向き」にはちょっとビビり、「中級者向け食中酒」なる純米無濾過本生を購入。

原料米の「山酒4号」は、地元の県立村山農業高校で交配実験が行われ育種された酒造好適米で、父には山田錦、母には金紋錦を持つ河北町でしか栽培されていない希少なお米だそうです。



少し酸味を感じさせる、穏やかで深みのある香り。
味は序盤の甘酸っぱさの後、非常にしっかり&トロリとした米の味が感じられます。
ん~~、濃い!
生酒のフレッシュ感をわずかに残しつつも、じゅわ~っと溶けるような熟成された濃醇な旨味です。しかし、後味は、濃醇な旨味の余韻を残しつつもスッキリ切れが良いので重過ぎることもないかな。
お燗をつけると芳醇さが増し、味わいにさらなる広がりが出てきてグ~です。

中級者向けとなってますが、濃いのが好きな人なら初心者でもOKな、どっしり旨口食中酒ですよ。
ただ、個人的にはちょっと濃厚過ぎて呑み続けてると飽きてくるなぁ。
その日の体調とか、合わせる肴によって感じ方に多少差はありますが、後半ちょっとクドく感じます。
ほんの少し割り水したらいい具合になりましたけど。




■酒造会社:朝日川酒造株式会社(山形県西村山郡河北町)
 創業:嘉永元年(1848年)
●原材料:米、米麹
●原料米:山酒4号
●精米歩合:58%
●使用酵母:山形KA
●アルコール度:18~19%
●日本酒度:+5
●酸度:1.6
●アミノ酸度:1.9
●醸造年度:H18BY
●出荷年月:H20年12月
●価格:1.8L/\2,415(税込)

個人的お好み度:★★★☆☆



山吹極 純米無濾過生18BYおかず
白身の刺身なんかには少々濃過ぎるかも。
後ろの中華鍋や、おでんなんかにはバッチリでしたよ。

上級者向けはどんなだろう?


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/591-47b42fa1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。