PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祐村 特別純米 無濾過本生

祐村
『祐村 特別純米 無濾過本生』
誕生日に嫁さんから貰ったお酒。

和三盆糖のような甘さと例えられる、新潟のお酒「村祐」。
「村祐」といえば、新潟酒の代名詞とも言える「淡麗辛口」とは一線を画した「旨甘口」の酒として知られてますが、その「村祐」の『裏』バージョンとして醸された「辛口の村祐」がこのお酒。

裏バージョンて銘柄が左右反転して印刷されてるのが多いけど、これは文字が上下入れ替えられて「祐村」に。

誕生日01
しかし違和感無さ過ぎて気付かない^^;
・・・が気付いたら思わずニヤリ。
面白いですね^^


香りは控えめ。甘酸っぱいスッとした香りでややツンとくる。
含んでみると酸味主体の味わい。ほのかに甘味も感じますが、白ワインのようなちょっと渋味も感じる酸味がぶわっと来ます。
後味はキリっと切れて、たしかに辛口なんだけど、シャープな辛口ではなく丸みのある辛さ。この辺りはなんとなく「村祐」っぽいとも感じますね。

味に厚みは感じないのに旨味はある。
濃厚でもないのにしっかりと味はある。
なんだかちょっと不思議な感じのお酒です。
ん~、淡麗旨辛?

燗をつけると、しっかり酸味は健在ながら、まろやかさが増し旨味が濃く感じます。
燗冷ましは、すっぺ~。
しかし、二日目以降は、最初に感じた酸味の強さも和らいで行き、最後に呑んだ開栓後十日目では、随分馴染んだ旨酸味になってました。


ただ、最初からずっと感じてた、ちょっと物足りない感は変わらず。
もう少し味わいに深みが欲しいな~。
余韻もスッと引いてしまい伸びが無い。
なんだか平坦な味なんです。


とか言いながら、口当たりは良いのでスイスイ呑めてしまうお酒。
単独では物足りないな~とは感じるも、肴と合わせると結構生きてくる味。
やっぱり不思議な味だ。


■酒造会社:村祐酒造(新潟県新潟市秋葉区矢代田)
 創業:昭和23年(1948)
●アルコール度数:15度
※その他のスペックは非公開

●製造年月:H21年3月
●価格:1.8L/\2,500-
個人的お好み度:★★★☆☆


鯛白子
鯛の白子が安かったので買ってきたとのこと。
プリップリ


祐村おかず
例によって、白子ポン酢とバターソテーで。
鱈よりクリーミーで綺麗な味ですね~。
ウマウマ^^



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ

ノミ太蔵さんのコメントは、いつも勉強になります。

親爺もいま、今週、祐村 呑んどります。
(鯛の白子ポン酢などという、美味しそうな肴を合わせることはできませんが…。)

今日は、ノミ太蔵さんのコメントを意識しながら、呑ってみます。

| 酒呑親爺 | 2009/04/02 21:24 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

祐村どうですか?
淡麗辛口とはこれまた一線を画した辛口だった気がします。
感想UP楽しみにしてます。
鯛の白子、298円でした^^;

ちなみに今は山間T-4呑んでます。

| ノミ太蔵 | 2009/04/03 12:56 | URL | ≫ EDIT

しばらく飲んでいませんが、
2枚目のグリーンラベル(亀口取り)
うまそうですねー。

にしても「村祐」の『裏』バージョン
ですか!これも気になりますね。

| K | 2009/04/06 11:17 | URL | ≫ EDIT

>Kさん

亀口取り、勿体ぶってまだ冷蔵庫の奥にしまってあります。
何時開けようか・・・

「村祐」ひっくり返して「祐村」
これは見ただけで非常にそそられるでしょ。
もし見かけられたら、話のネタにもなるのでなるので呑んでみてください。
味はお好みか保証出来ませんが^^;

| ノミ太蔵 | 2009/04/07 20:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/644-90a242c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。