PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Aコレ 加賀の井 純米大吟醸 中垂直汲 越淡麗

久しぶりの更新でございます。
仕事も取りあえず大きな一山越えたので、仕事以外にもパソコンに向かおうかという気になってきました^^;
と言ってもヒマラヤは越えたが(まだ下山途中ですが)、すぐにアルプスがやってきてピレネーもやってきて、なぜか同時にウラルまで・・・で、いつの間にか一周してて、またヒマラヤが・・・なんですけどね^^;
ずーっと平坦なところ進めたらラクチンなんですが。



Aコレ加賀の井
たしか先月最後の方に呑んだお酒『Aコレ 加賀の井 純米大吟醸 中垂直汲 越淡麗』
創業350年以上、新潟で最も歴史の長い蔵「加賀の井」さんのAコレ(AUN COLLECTION)バージョン。
一時はその存在自体が危ぶまれましたが(^^;)、無事にITOIGAWA'S BURNING 最後の五蔵目として登場です。

AUNさん作 AコレCM
 ↓
※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

勝手に使わせてもらいました(^^;)


香りは控えめながらバランスの良い、旨そーな吟醸香です。
するするーっとしっとりなめらかに入る綺麗な酒質。
ほんのり苦味を伴うやわらかい甘味が有ります。酸味はそれほど目立ちませんが、さらりとしていて重さは感じません。
旨味は十分感じるけれど、ややスッキリ傾向のいわゆる「新潟酒」っぽさを感じます。
他のAコレ四蔵と比べるとその傾向が顕著に出てるかな~?
後半のすーっと静かに引いて行くところもなかなか良い感じなのですが、ややアルコール感を伴うクドさと言うか野暮ったさと言うか、最後の最後にほんの少し引っかかりがあり、ちょっと気になる。

これが開栓初日の感想。


で、後日同スペックのAコレ根知男山と呑み比べてみました。
まず「Aコレ加賀の井」
甘味と苦味のある独特の味は変わらず。
相変わらずするするーっと綺麗に入ってくる。気のせいか前日より少しアルコール感有り。
大吟醸規格だけれど香りは華やかプンプンではなく、抑えられた食中酒向きの出過ぎない香り。
酒単体で呑んでると、ちょっと「ん~~?」という部分がありますが、これが肴を合わせると俄然良くなります。前日より美味しく感じるな。
この日の肴、桜エビとも相性よく、くいくいっとどんどん呑みたくなりますね~。

一方「Aコレ根知男山」
こちらはプンプンと嫌味があるほどではないものの、華やかな香りが強く出ています。
適度な甘味と酸味。ジューシーでいてしつこく無い旨味。綺麗な余韻。
どこを取ってもすごく優等生的な、まさにお手本のような「美味しい酒」です。


呑み比べた結果の感想は、
「Aコレ加賀の井」は肴と合わせて生きる味。
「Aコレ根知男山」は酒単体で楽しむ味。
かな~。

例えばこの日の肴、桜エビ(冷凍庫の奥で忘れられてた^^;)
磯の豊かな香りを受け止めつつ、酒自身の旨さもしっかり味わえる懐の深さをもつ「加賀の井」に対し、完成度は高いけど、主張が強く桜エビとは喧嘩してるようでお互いを相容れない状態になってしまった「根知男山」
どっちが良いかは個人の好みになるでしょうけど、晩飯のおかずを肴に晩酌派のノミ太蔵自身は「加賀の井」に軍配挙げますね。

ほぼ同スペックでも方向性の違い(かな?)によって随分印象の違うお酒になるのも面白いな~と思いながらの晩酌でした。




■酒造会社:加賀の井酒造株式会社(新潟県糸魚川市)
 創業:慶安3年(1650年)
●原材料:米、米麹
●原料米:越淡麗
●精米歩合:50%
●使用酵母:K1809、G9(新潟酵母)
●アルコール度:16度以上17度未満
●製造年月:H21.4
●価格:720ml/\2,380-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



Aコレ加賀の井おかず

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 恐れ多い純米大吟醸・大吟醸 | 12:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

更新してくれた。

どちらも呑んだことないのですが、呑太蔵さんのレポートからすると、親爺の好みは男山でしょうか。
待望の更新、しかも力のこもった飲み比べレポート、ありがとうございます。ポチポチしておきます。

| 酒呑親爺 | 2009/06/17 15:59 | URL | ≫ EDIT

お忙しそうですね~お仕事!
リラックスタイムには、やっぱり日本酒(^^v

加賀の井Aコレ(越淡麗)に関しましては
蔵元でも、まだ試行錯誤しております。

3年目の21BYでは、もう少しその方向性が見えてくるかな
見えてきて欲しいなぁ~なんて思っております。

ノミさんのご指摘の通り
後半の味わいには私も同意見でございまして・・・

また肴と合わせて呑むと確かにイイ感じなのですが
正直、この酒のポジションがソコにしかないのならば
ちょっとCP的には苦しいかなと。

がんばってください!加賀の井さ~ん(^^v 


CM紹介していただきまして、ありがとうございました!

| AUN | 2009/06/17 22:37 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

記事にも書いてますが完成度、味・香り共に圧倒的に「根知男山」が優れていると思います。
しかし、なぜか「加賀の井」の未完成っぽいのが個人的にしっくり来るんです。
美人過ぎるとビビってしまうというか、近付き難いというか・・・

おかげさまでうちの嫁さんは、それほdくぁwせdrftgyふじこlp


| ノミ太蔵 | 2009/06/18 12:33 | URL | ≫ EDIT

>AUNさん

貧乏暇無しです。
しかし仕事が有るだけありがたいと思わねば。

「Aコレ加賀の井」たしかに現在のポジションではコストパフォーマンス悪く感じますね。純米大吟醸である以上、スペシャルなのを期待しますからね。
食中酒路線なら、もっと安くて美味しい晩酌酒いっぱいあるよ~ってなっちゃいますから。

今後どのような路線を目指されるのか、期待を込めつつ見守りたいと思います。

| ノミ太蔵 | 2009/06/18 12:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/671-209c4c7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。