PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麦の頂

中途半端で完結してないのはダメですね。
90%出来てても、完成していなければ0%と一緒。

・・・耳の痛い言葉だ。
いや、文字を見てるから目が痛いか。

仕事で行き詰まり、アイデアが出ないとそこで放置して次の仕事へ逃げてしまう。
(進まないのにず~っとそれに掛かってられないし、気分転換というのもあるんですが)
結果、中途半端な0%がいくつも・・・

今年はそんな悪いクセを正すべく、一つずつ確実に片付けるように意識しています。
が、結局、飛び込みや至急のが重なって入ると、やりかけのがまた増えて行く。
なかなか上手くいきませんね。
昨年までよりは中途半端率減ってるとは思いますが。


しかし、これがお酒になると、開けたお酒はきちんと最後まで呑むんですけどね~。
(放置プレー酒除く)




麦の頂
ブログでも中途半端なのがありますよ。
下書状態で放置されてる記事をサルベージして完成しときましょう。
これは2009年8月下旬の書きかけ記事。


『麦の頂〈生〉』MUGI NO ITADAKI

近所のスーパーで見かけた未呑の商品。
缶にメーカー名ありませんね。
いつものように韓国産のかな?と思って原産国を見てみると『台湾』となってます。
台湾産のは初めてかな。

それにしてもなかなか大胆かつ強気なネーミングですね。
第三ビールなのに。

輸入元のサイトの製品紹介ページには
厳選された麦の美味しさをそのままに
ビールを超える「生」

とまで書いてある。

ますます強気なコピー。
「麦とホップ」は遠慮して「間違えちゃいました」で留めてるというのに。


『カナダ産モルト(麦芽)、オーストラリア産大麦、こだわりのホップ、副原料として台湾産新米を使用しています。
のびのび育った麦芽、大麦、さらには仕込み前日に新米を脱穀する等原料にこだわっております。』

ともありますから、原材料にもこだわった、『麦』をしっかり味わえる商品なのかな?

あまり期待し過ぎず、頂を頂いてみましょう。



ん~~~~~~、
水っぽい訳ではないけど、味自体が薄~く感じます。
しかし、カロリーは100mlあたり46.7kcalと高めですよ。

炭酸のシュワシュワ感と苦味は少なく、
甘味酸味がほわわ~んと優しく広がる柔らかい味ですね。
後味に若干クセのある匂い。

この柔らか~い味は、ビール系のアルコールというより、
なんとなくお茶を飲んでるような気分になります。
呑めない系の味ではないので、個性の少ないやわらかスッキリ系にでもなるんでしょうか。


で、肝心の『麦』は・・・・どこに行ってしまったの?(^^;)


『麦の頂』
●分類:リキュール(発泡性)(1)
●原材料:発泡酒、スピリッツ
●アルコール分:5%
●原産国:台湾
●輸入者:(株)巨林フーズ&リカー
●価格(近所のスーパー):350ml/\88-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(3)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麦酒系 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/720-ea82c61b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。