PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒蔵探訪「長老」

長老1
プチドライブのついでに蔵元に立ち寄りました。というかこっちが目的だったかも。
京都府は京丹波町長老ヶ岳の麓に位置する「長老」。
創業は明治36年(1903年)。目の前に由良川の流れを臨む自然豊かな丹波地方の酒蔵です。小さな蔵ですが、地元産の米と豊かな地下水を用い、手作りに徹する「地酒」にこだわる蔵でもあります。



長老2
蔵の中も見せてもらいました。
木造の歴史ある酒蔵のタンクの中で出荷を待つ酒が熟成されています。
この時期はすっかり仕込みも終わり静かな状態です。

長老3
昔の搾り機も残っています。


長老5
杜氏、蔵人は全部で4人。仕込みを終え、皆地元に帰られて「すっかり寂しくなってしまいました」とおっしゃってました。
ちなみにこの蔵は但馬杜氏さんです。


長老4
麹室。酒蔵の命とも言える場所ですね。
厳冬期は皆の避難場所になるそうです(^^)



長老9
奥に見えるのが一番大きなタンクで、一升瓶約1万1千本分とのこと。


長老7
瓶詰めを待つ一升瓶。
早く詰めてくれ~。

長老8
案内していただいた代表取締役の寺井さん。
ニコニコやさしいおじさんです。
ありがとうございました。

秘蔵の生酒も買えたしムフフです。
お酒のレビューはまた後日。



●有限会社 長老
〒629-1121
京都府船井郡京丹波町本庄ノヲテ5(旧 和知町)
電話 0771-84-0018
ファックス 0771-84-0148
ホームページ http://www.chourou.co.jp
MacではSafari,Firefoxでは表示出来ませんでした。Internet Explorerでやや崩れながら表示可。


関連記事

| 酒蔵探訪 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/73-b1657fcd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。