PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飛良泉 マル飛 No.12、No.15

まる飛No12まる飛No15

貴方が呑みたいのは『金のマル飛』ですか?それとも『銀のマル飛』ですか?

え?
両方?



まる飛

そんな欲張りなお前には~・・・


両方呑んでもらいましょう


ということで秋田からやって来ました。
『飛良泉 山廃純米 マル飛 No.12、No.15』

今年の2月に発表された新酵母『秋田酵母No.12、No.15』を使用したお酒。
●No.12・・・香り高い吟醸酒ではなく、純米の食中酒向きの酵母
●No.15・・・華やかでフルーティな香りと膨らみのある味

以前にNo.12、No.15それぞれの酵母を使用したお酒を呑みましたが、同スペックの酵母違いの呑み比べは初めてです。
しかも山廃との組み合わせということで、どんな仕上がりになってるのか。






まる飛No12Specまる飛No15Spec

数値上ではNo.12の方が日本酒度、酸度とも高くなってますね。


まず『No.12』
プンプン香る訳ではなく、控えめながらス~っとした酸とまさしく「バナナ」の香り。
含むとこの「バナナ香」が、よりハッキリと分かります。
この「バナナ香」と山廃特有の酸味・旨味が混ざり合いハッキリと、それでいて優しく広がる。
この組み合わせは好みが分かれそうですが、面白い風味ですね。
後述のNo.15と比べると酸味の出方がより強く、横幅広く来る感じです。

山廃ですのでやはり燗。
ということで燗をつけてみますが、ノミ太蔵の湯燗徳利はシングル仕様なので、この時ばかりは酒呑親爺さん使用のダブルなのが欲しくなります。
という訳で、二つのお銚子を交互に漬けたり出したりしながら呑んでたんですが、No.12の燗は、山廃らしく酸味と旨味がハッキリと立ち、米旨感UP
その分、隠れ甘味も強くなり全体に強い味に。
そしてバナナ香は燗をつけても健在!



続いて『No.15』
こちらも香りはさほど強く無く、より爽やかで澄んだ香り。
口当たりは柔らかく、酸味はNo.12同様にハッキリですが、ややマイルドでフルーティな甘味を感じます。
こちらは丸みのある酸がセンターにズバッと来る感じですね。

燗をつけると、酸味がかなりマイルドに感じられます。
常温を普通のヨーグルトとしたら、燗はマイルド味のヨーグルトのイメージですね。
旨味自体はハッキリしてるんですけど、No.12と比べるとやや大人しい味です。
数値通りの差という感じです。
しかし、尖った部分も無いのでこちらの方がトータルバランスでは万人受けする方向でしょうか。


同じ作りの酵母違いで、ハッキリと違いが出てて興味深い呑み比べでした。
どちらが好みかというと・・・
ん~、No.12のメリハリとバナナ香も面白いが、No.15のバランスも捨て難い。
難しいですね~。

ただ欲を言えば、両方、香りと酸味と旨味のバランスが少々頼りない印象なので、もう少し落ち着き・まとまりのある重厚さが加われば、もっと好みでしたけど。

時間が解決してくれるでしょうか?
残り1.5合ずつ。
常温放置中。



『飛良泉 山廃純米 マル飛 No.12』
■酒造会社:株式会社飛良泉本舗(秋田県にかほ市)
 創業:長享元年(1487年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(秋田県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:秋田酵母No.12
●アルコール分:17度
●日本酒度:+5
●酸度:2.4
●杜氏:藤原 長一
●製造年月:2009年9月
●価格:720ml/\1,575-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)



『飛良泉 山廃純米 マル飛 No.15』
■酒造会社:株式会社飛良泉本舗(秋田県にかほ市)
 創業:長享元年(1487年)
●原材料:米、米麹
●原料米:美山錦(秋田県産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:秋田酵母No.15
●アルコール分:17度
●日本酒度:+3
●酸度:1.8
●杜氏:藤原 長一
●製造年月:2009年9月
●価格:720ml/\1,575-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)




まる飛おかず
この日は金目鯛の味噌漬け。
なかなか相性良かったですよ。
マル飛はどちらも強めの味なので、しっかり味の肴が合いそうです。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 22:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラベルを見ると・・・、「金のマル飛」ですが。
スペックを見ると・・・、「銀のマル飛」ですね。。

| 酒呑親爺 | 2009/11/25 23:14 | URL | ≫ EDIT

売れ行きは銀マル飛が二歩リードかな^^
もう半年は寝かせてみるつもり^^
旨熟しそうなんで^^

| たかりょう | 2009/11/26 09:24 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

正直者の酒呑親爺さんには両方・・・・買ってみてください^^;

| ノミ太蔵 | 2009/11/26 12:53 | URL | ≫ EDIT

>たかりょうさん

やはりバランスの良い銀マル飛の方が人気なのかな?
金マル飛の個性的な風味も嫌いではないんですが。

>旨熟しそうなんで^^

そう思い、購入してからしばらく開けるの我慢してましたが、
もう少し我慢した方が良かったかも感があります。
常温放置に期待です^^

| ノミ太蔵 | 2009/11/27 11:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/743-87bc493a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。