PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インドの青鬼

インドの青鬼 1

年末に呑んだビール(まだやってます年末ネタ(^^; )

『インドの青鬼』


『よなよなエール』のヤッホー・ブルーイングのビール。
ず~っと気になってたんですがようやく呑みました。



インドの青鬼 2

「インディア・ペールエール」というスタイルのビール。

よなよなエール同様、まったり芳醇な香りがほわ~んと漂い、口当たりもぬら~りなめらか。
愛嬌のあるパッケージですが・・・
ジューシィな旨味と共に・・・・苦っ!!

かな~り強烈な苦味です。

18世紀末、英国がインドを統治していた時代、インドの水が悪くて飲むと危険であった為、水の代わりにビールが求められたものの、英国からインドまでの長距離・長時間輸送に耐えられるように、アルコール度数を高め、劣化防止効果のあるホップを大量に投入し、さらには輸送中に酸っぱくなるのを防ぐため、輸送中の樽の中にもホップを追加投入した結果、このような強烈な苦味のビールが出来上がったとのことです。
「よなよなの里」HPより抜粋

しかしながら、ただ強烈に苦いだけでなくて、香りはまろやかでフルーティ。
しっとり深みのある味で、これはこれでビールとしては美味しいと思います。
・・・が、やはりこの苦味は少々強過ぎる(^^;)


『インドの青鬼』
●分類:ビール
●原材料:麦芽、ホップ
●アルコール分:7%
●価格:350ml/\300くらい

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(5)



にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麦酒系 | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/760-bebd4c1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。