PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍋島 純米吟醸中汲み生 五百万石 21BY

鍋島 純米吟醸五百万石 21BY新酒

『鍋島(なべしま) 中汲み無ろ過純米吟醸生酒 五百万石』
佐賀県のお酒。
21BYの新酒です。


醸造元の「富久千代酒造」は明治32年の創業で、当初は『盛寿』の酒銘でしたが、戦中に蔵が企業整理にあい、戦後に復興したのを機に酒銘を『富久千代』に変えられたそうです。

そして、この『鍋島』は、2000年事業として蔵と酒屋4店で開発された富久千代酒造の新ブランド。
ノミ太蔵が地酒を呑み始めたときには既に人気銘柄でしたが、意外と「鍋島」の歴史は浅かったんですね。
酒銘は公募で決められたそうです。
「鍋島」に「三十六萬石」とくればお酒に詳しくない人でも、「お!佐賀の酒?」と、ご当地酒としても分かりやすいですね。

この蔵について詳しくは「酒呑親爺」さんのブログで(振り逃げ^^;)






香り過ぎず、程よい吟醸香。
この香りは、経験上ハズさない酒のハズ。

味は濃厚な熟感のあるフルーティな甘味。
後半はスッキリとほろ苦さも感じる綺麗なフィニッシュで、余韻に甘味が残ります。
ハズさないハズ・・・でしたが開栓直後は「ちょっと甘過ぎ~!」で、ややダレた感もあり、あまり進まなかった。

しか~し、後日改めて呑んでみると適度に味が締まり、甘味・旨味・苦味の均整がとれ、非常に美味しいではありませんか!
やっぱりハズさなかった(^^)

クドさの無い綺麗でフルーティな味わい。
シャキっと感となめら感のバランスが良い美旨酒ですね~(^^)
個人的には「ビビっ」と来る温度帯の幅がやや狭いようにも感じましたが、それ以外の温度でも充分「ビっ」と来ますので問題無し。
これが初「鍋島」だったのですが、他の「鍋島」も呑んでみたいですね。




『鍋島 中汲み無ろ過純米吟醸生酒 五百万石 21BY』
■酒造会社:富久千代酒造有限会社(佐賀県鹿島市浜町)
 創業:明治中期
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:50%
●使用酵母:?
●アルコール度:16度
●日本酒度:?
●酸度:?
●杜氏:飯盛 直喜
●製造年月:'09.12
●価格:1.8L/\2,940-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




鍋島おかず1
正月に実家に持って行って開けました。
昨年祖母が無くなり、喪中ということでお節は無し・・・と思ってましたが、重箱に入ってないだけで「おせち」な料理が並んでました(^^;)



鍋島おかず3
鮭の飯寿司。
初めて食べましたが酒の肴にぴったりですね^^




迎え鮭
こちらは年末に二日酔いで餅を貰いにいった際に、正月用に解体中。
迎え酒ならぬ迎え鮭。



鍋島おかず2
これも美味でした(^^)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ノミ太蔵さん
振り逃げ、ありがとうございます。(笑
でも、こちらのレポの方が、お蔵さんの情報が詳しいですよ。
親爺、鍋島が公募で決められた銘柄だとか、知らなかったし。。

親爺も20代の頃は、新巻を自分でさばいてましたが、最近はやらないですね。って、新巻そのものを親爺の家では見なくなりました。(悲

| 酒呑親爺 | 2010/01/17 08:11 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

日本酒本の「鍋島」のところに公募で決まったと書かれてたので調べてみましたら、佐賀県発行のメルマガの過去記事に上記のような説明がなされてました。
復刻米である「鍋島米」の栽培の様子なども紹介されてましたね。
 ↑
これ呑んでみたいです。


ノミ太蔵は魚捌けませんので、もっぱら父親の担当です。
さばく魚を買える身分になりたいです。

| ノミ太蔵 | 2010/01/18 08:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/762-2d3534fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。