PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦「蕎菜座 延」

延1
相性という非科学的な言葉がありますが、それでも人やお酒なんかにはやはり相性がありまして、間違いなく美味しいんだけど、どうもしっくりこない酒なんていうのは相性が悪い酒といえるのかな。
そういう意味では、こちらの蕎麦屋さんは「スコン!」とはまる相性の良さでした。

『蕎菜座 延(きょうなざ えん)』

春~夏の間は、基本的に休みが日・祝のみになってしまうノミ太蔵。
平日に休みが取れるのも最後なので、先日ちょこっと出かけて来ました。

開店と同時に突入~(する嫁)


延13
京都府中部丹波地方、京丹波町の田園地帯。
和知人形浄瑠璃の里としても知られる旧和知町にあります。
京都ライダーなら良くご存知であろうR27から大野ダム~美山へ向かうルートの途中をちょっと逸れたところにあります。

時間がゆっくり流れてるような、のどか~な田園風景が広がる山里。
元々町中でお店を開かれていたご主人が、四季の移ろいを感じられる所で店をやりたいと移って来られました。
都会の方には非日常的なひなびた風景。
ノミ太蔵的には極日常的な見慣れた風景(^^;)

少し雪が残ってるかな~っと思って来てみましたが、全くありませんでした。
ニュースでは各地の大雪情報で溢れてるのに、今年の丹波地方は雪が少ないですね~。




延2
古民家を改装したお店は、座卓が4卓だけで一度に多くの人は入れません。
ご夫婦だけでされてるお店なので、入り口にも「時間がかかります」と断りが書いてあります。
土日は待ち時間が出来るようです。

古民家と言っても鴨居や柱、敷居などを見てるとうちの実家より新しそう・・・
家の造りや間取りなんかは、この辺りの農家の典型的な形ですごくしっくり来ます。
近所のおっちゃんとこに来たみたいな。



延15

延3

延4
節分直後だったからか、酒呑童子がらみか分かりませんが鬼さんがいました。
酒呑童子と言えば、この和知にも関連する逸話があります。
 ↓
http://www.town.kyotamba.kyoto.jp/wachi/dento/taiko/taiko.html


延14

延16

延17

延18

延5
お茶を飲んで待つ間もほとんど人も車も通りません。
ストーブのしゅご~って音だけが響く静けさ。


延6
挽きぐるみの田舎そばはこの時期無いそうなので、ノーマルざるそば。



延7
北海道産の石臼挽き蕎麦10に対しつなぎ1のいわゆる外一の手打ち蕎麦とのこと。
やや粗さを残し、ほんのり薄緑色でとても香りがいいですね。
水切りもしっかり、固過ぎず、繊細過ぎず、ノミ太蔵好みの味・食感。
つゆも全体的にはやさしく、それでいて芯がきゅっと締まった、この香り豊かで爽やかな蕎麦によく合ってると思います。

な~んて、エラそうに書いてますが、あまりよく分かってないので話半分で聞いといてください。



延8
こっちは嫁さんが注文した「昼膳」1,400円也
蕎麦の他に蕎麦の実ごはんや旬の地野菜・山菜の料理などが付いたセット。
彩りも美しく、味も上品な薄味でとても美味しいものです。
蕎麦は、ざる・おろし・とじ・なめこから好きなのを選べるようになってます。
(他の蕎麦との組み合わせも可とのこと)


延9
嫁さんが選んだのはおろしそば。
辛味もキリッと美味しいそば。
セットだけれどミニそばでなく、しっかり一人前(その一人前が充分ボリュームある)なので、かなりの量です。
女性や年配の方は持て余す人がいるかも。
嫁さんは平らげてましたけど(^^;)



延10
ノミ太蔵はかけそばも追加。
だしのしっかり効いた汁はアクセントの柚子がいいですね~。
こちらも蕎麦がたっぷり入ってるのはいいんですが、多過ぎて蕎麦が上に乗っかった自分の重量でブチブチ切れてしまうのがちょっと難点ですが。



延11
蕎麦湯もどろ~りまでは行きませんが、しっかり白濁。
蕎麦と同じくいい香り。


延12
蕎麦粉を使ったデザート付き。
抹茶のソースがかかってます。


ん~、かなり満足度の高い「相性」のいい蕎麦でした。
お店の雰囲気も良く、是非再訪したいですね。
他のそばも食べてみたいし。

しかし、天ぷらなど調理に時間がかかるものもあるようです。
ノミ太蔵たちと同時に入店した初老のご夫婦が注文してた天ざるは、ノミ太蔵たちが食べ終わる頃にようやく出て来てました。
多分30~40分くらい待たれてたんじゃないでしょうか。




『蕎菜座 延』
●所在地:京都府京丹波町大迫樫の鼻15
●Tel:0771-84-0078
●定休日:水曜日、第3火曜日
●営業時間:11:30~18:00(早閉い有)
●駐車場:あり
※仕入れ等で臨時休業の場合あり。遠方からの場合は要確認。

主なお品書き
・ざるそば     850円
・おろしそば    950円
・天ざる     1,400円
・かけそば     850円
・昼膳      1,400円



大きな地図で見る
関連記事

| 食べ太蔵 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/779-7dfb149d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。