PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

亀齢 萬事酒盃中 生酒 21BY

萬事酒盃中1

『亀齢 萬事酒盃中(ばんじさけさかずきのなか) 生酒 21BY』


これまた「そそのかされ酒@陶さんより」です。
「亀齢 辛口純米八拾 生」と一緒に買って来たんですが、こちらも火入れは在庫が無く、生酒のみでした。
※生は数店舗のみの限定販売とのこと

八拾は全量一般米の中生新千本でしたが、こちらは麹米に八反錦、掛米に中生新千本と少しグレードアップ。
価格も1,785円→2,100円へと少しグレード?アップ。
でもまだまだ安いよ(^^)



やや控えめですが、きれいでやわらかい甘味を感じる香り。
序盤、しなやか~できれいな甘旨味。
それでいて後半は、キリリッと締まる辛味。
フルーティな酸もあり、後口だらだら長引かずにきれいにスッと引いていき、米旨感な余韻が残ります。


萬事酒盃中3

80%という精米歩合からは考えられないきれいな旨味。
80%という精米歩合だからこそのしっかりコクのある旨味。

八拾のほうがアルコール度数も一度高く、より呑みごたえの甘旨味重視なら、こちらはそれを綺麗に洗練させたような味ですね。
生の新酒だからか、最後にほんの少し青々しい辛酸味があり、この辺りは好みによっては評価が分かれそうな印象でした。ノミ太蔵的には嫌いではないですよ。
秋くらいにじっくり熟した火入れを呑んでみたいですね~。

いや~、これまた間違いなく格安旨酒でした(^^)



『亀齢 萬事酒盃中 生 21BY』
■酒造会社:亀齢酒造株式会社(広島県東広島市西条)
 創業:江戸期
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/八反錦、掛米/中生新千本
●精米歩合:80%
●使用酵母:自家培養酵母
●アルコール度:16度以上17度未満
●杜氏:西垣昌弘
●出荷年月:H22.1
●価格:1.8L/\2,100-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)





萬事酒盃中oakzu
これも「亀齢 八拾」ファンになった父に(少しだけ)呑ませてあげようと、バレンタインチョコと共に実家へ持参。
いい息子だなぁ。

母が「タジン鍋」を買ったとかで、さっそく蒸し料理が。
「タジン鍋」とは “関西No.1レポーター”『タージン氏』考案の・・・とボケてみたところで関西の人しか分かんないですね(^^;)
本当は北アフリカ、主にモロッコなどで民族料理に使われる無水鍋。
素材から出た水分を独自のトンガリ帽子型の蓋の中で循環させ、水の少ない砂漠地帯でも蒸し料理が可能なのだそうです。
昨今の健康志向、蒸し料理ブームで非常に良く売れてるようですね。




萬事酒盃中okazu2
どんなモロッコ料理が・・・と期待しましたが、普通の野菜蒸しでした(^^;)
土鍋でも出来るやん、豚と白菜の重ね鍋とか・・・ツッコミ入れてましたが、野菜の甘味がしっかり出ててあなどれぬ美味しさでした。
やはりあの三角蓋に秘密があるのか・・・?


とか言ってたら、酔っぱらった父が「お前らのとこにも買うたるわ」言い出して、ノミ太蔵家と弟家も買ってもらうことに。
嫁さんたちがネットで探してカワイイの注文したと言ってましたが、テレビで紹介された人気商品らしく、1~3ヶ月待ちだとか・・・
そんなに待ったら冷たいものが食べたい季節に・・・(^^;)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
関連記事

| 純米・特別純米 | 23:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「タジン鍋」・・・、大きな徳利(変形二合徳利)かと思いました。
これでお燗すると、魔法のようにお酒が美味しくなるとか。

| 酒呑親爺 | 2010/02/20 07:27 | URL | ≫ EDIT

「亀齢」というと、1度「亀齢萬年 純米生原酒 山田錦」を飲みましたが、そのときは「濃厚だけどちょっと甘味が強いかな」と思いました。

でも、この「亀齢 萬事酒盃中」や前回の「亀齢 辛口純米 八拾」の記事を見ると、すごく飲んでみたくなりました。

広島・低精白・超格安とは、興味津々です!

| よっしん | 2010/02/21 20:28 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

日本酒ですが「魔王」が出て来そうですね^^
そういえば蒸し燗って呑んだ事ありません。
試してみなくては。

| ノミ太蔵 | 2010/02/22 12:35 | URL | ≫ EDIT

>よっしんさん

これらも辛口とありますが甘味(旨味)は強い方だと思います。

純米吟醸などのきれいな旨さの酒とは世界が違いますが、こういうやや泥臭さも
あるような(実際にはありませんよ)旨さも好きですね~。

私の評価は甘口なので、あまり過度に期待せずにお試しいただければ・・・(^^;)

| ノミ太蔵 | 2010/02/22 12:47 | URL | ≫ EDIT

あ^^見つけちゃいました。これはコメントしないとですね。私もちょうど今日このお酒の火入れ(残り2合くらい)をちょっとだけ呑みました。

八拾と比べるとこっちの方が「ほんのちょっと襟元を正したような」感じですよね^^表現は人それぞれでしょうけど^^

逆に私は生が未経験のまま。でもお互いの意見交換で少し呑んだような気になれました。そそのかされて有り難うございます~!

あ。タジン鍋。その昔、モロッコに旅行で行った事がありまして良く食べました。懐かしい^^むこうではそのまま「タジン」と言って結構高い料理ですよ。

| 陶 | 2010/02/22 21:25 | URL | ≫ EDIT

>陶さん

わ~~見つかっちゃった~・・・って白々しいですね(^^;)

そそのかしありがとうございました。
これも八拾に劣らず旨い酒でした。
どちらも新酒のフレ~ッシュな感じは少なめで、寝かしといてトロ~ンとなった生酒という感じでグーでしたよ。

評価としては八拾の方が1ポイント上にしましたけど、萬事の方が若干味の開きというか伸びが足りない印象だったので、火入れに期待してこの評価としてます。

父親が八拾を気に入り、金出すのでまた買っといてくれとのこと。
実家に常備されそうです(^^)


おぉ!モロッコに行ったんですか。
名前は知ってるけど未知の国です。
西洋とアラブとその他諸々混ざった国という印象があります。
うちのも届いたらモロッコ料理にチャレンジ・・・するのか?

| ノミ太蔵 | 2010/02/23 19:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/784-981fcc32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。