PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

21BY Aコレ3酒呑み(加賀の井・雪鶴・謙信)

全国の花粉症友の会の皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年は飛散量が少ないということですが、それでも外へ出ればすぐに鼻がムズムズ、目がかゆ~いですね。
相変わらずマスク業界様に貢献する毎日です


少し更新が滞ってましたが、実はちょっくらバンクーバーまで出掛けてたもので


・・・というのは裏のおばさんの口紅より真っ赤な嘘です。

ただのサボリでした(^^;)



Aコレ21BY 3酒
少しネタが溜まってしまいましたので、ぼちぼち追っかけ更新していきます。

まずは、21BY Aコレ3酒(加賀の井、雪鶴、謙信)呑み比べ。
いずれも五百万石55%精米の生原酒と同スペックですので、蔵の個性の違いがハッキリと分かるかな?





加賀の井Aコレ21BY その1

まず『加賀の井Aコレ 純米吟醸 槽場直汲生原酒』。

酸味を感じさせる控えめな香り。
旨酸味が「じょばっ」と来ると同時に辛苦味が「ばぁ~~っ」と鼻腔に広がります。
う~む、擬音ばかりですね。表現が下手なもので・・・^^;

ぐ~~っと旨味の乗った酸と、ぎゅい~んと来るやや荒々しく個性的な香味。
この後半の苦辛味が独特の香味ですが、これがイヤなとか邪魔するとかでなく実にイイ仕事をしてる。
狙ったものなのか、偶然なのか?
むしろ洗練されていない、誰にでも受けるタイプの味では無いと思いますが、ノミ太蔵的には実に好みの味でした。

後日、残りを呑むと開けたてのカタさが取れ、味に丸みが出て来ました。
しっとりつややかな旨味と、「ぎゅい~ん」と来る香味は健在で旨かった。



■酒造会社:加賀の井酒造株式会社(新潟県糸魚川市)
 創業:慶安3年(1650年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:55%
●使用酵母:9号
●アルコール度:16度以上17度未満
●製造年月:H21.12
●価格:720ml/\1,620-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雪鶴Aコレ 21BY 1
お次は『雪鶴Aコレ 純米吟醸 中垂直汲』


これまた香り高くなく、静かな印象。
舌の上でぐっと来ず、喉越しでぐっと来る旨さ。
・・・って書くとビールみたいですね^^;
するするツル~っと入ります。

派手さは無く、米の旨味を「しっかり」ときれいにしぼり出した味。
序盤の静かな旨酸味に、後半のキリっとした苦辛味のバランスは好きです。
冷えてる状態よりも少し温度が上がって来ると、なんとも言えぬ旨甘味が加わって来ます。
原酒ですがアルコール感も無く・・・胃に入るとちょっと感じますが。

しかし、他の2酒と比べると少し物足りない感じです。
薄いわけでなく、過不足無い味なんですけど。



■酒造会社:田原酒造株式会社(新潟県糸魚川市)
 創業:明治30年(1897年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:55%
●使用酵母:?
●アルコール度数:17度以上18度未満
●製造年月:H22年1月
●価格:1.8L/\3,300- 720ml/\1,650-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(6)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

謙信Aコレ 21BY 1
最後は『謙信Aコレ 純米吟醸 中垂直汲み』

こちらも香りは穏やか。
味は実に清々しくきれいな旨味。
きれいと一口で言っても、薄く繊細なきれいさではなく、鮮烈に、そしてしっかりと来る旨味なのであります。
爽やかな酸味と後半のキリっと大人っぽい苦味。

ん~~~・・・
しかしながら新酒故か、昨年のと比べると「んふふ~」となる、旨味のふくよかな広がりが無いですね~。
なんかキリッとし過ぎて二枚目的と言うか、キレイで付け入るスキが無い感じです。
個人的には2.5枚目な昨年の方が好きかも。
完成度としては21BYの方が上だと思いますが。


で、後日残りを呑んでみると・・・
おぉ!
カチーンとした感じが消え、きれいなしっとり旨酸味に。
実に「しなやか~」に決まる味です。
先ほども言いました完成度の高さを感じさせるバランス。
でもカチッとし過ぎない、開栓初日には無かったユルさも出て来ました。

でも、やっぱりもう少し「んふふ~」が欲しいかなぁ。
思い出は美化されているのでしょうか-_-


●酒造会社:池田屋酒造株式会社(新潟県糸魚川市)
 創業:文化9年(1812年)
●原材料:米、米麹
●原料米:五百万石
●精米歩合:55%
●アルコール分:17.5度
●日本酒度:+1
●酸度:1.5
●アミノ酸度:1.3
●製造年月:H22.1
●価格:1.8L/\3,150- 720m/\1,575-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

3酒呑み比べ

ご感想ありがとうございます!

大変参考になりました(^^v

糸魚川の酒全体的に言える事かもしれませんが

上槽からのコンディション調整期間は

ある程度必要かな?と思います。

| AUN | 2010/03/04 15:37 | URL | ≫ EDIT

Re:3酒呑み比べ

>AUNさん

>上槽からのコンディション調整期間は
>ある程度必要かな?と思います。

そうですね。
いちばん早く上槽された加賀の井が3酒の中では一番味乗りして来てる印象でした。
謙信おりがらみは、もう少し寝かせとくつもりです。


山間はもういい具合ですね(^^)
小分けして置いとくか悩み中・・・

| ノミ太蔵 | 2010/03/04 17:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/786-fc10a04b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。