PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

萩乃露 山廃仕込〈芳弥〉特別純米 2008

萩の露 芳弥 2008

WCサッカー日本代表、決勝トーナメント進出オメデトウ!!
早起き?徹夜?で皆さん眠い目を擦りながら晩酌でしょうか。


ともかく「ヨッシャー!」ということでこのお酒です。

『萩乃露 山廃仕込〈芳弥(よしや)〉特別純米 2008』


・・・嘘。
ホントはちょっと前に呑み終えたお酒。
変な駄洒落は華麗にスルーしてください(^^;)


滋賀県湖西、福井弥平商店さんのお酒『萩乃露』
創業は江戸中期 寛延年間(1748~51年)、250余年の歴史ある蔵です。
屋号は「芳野屋(よしのや)」。
蔵元は代々「弥平(やへい)」の名を継ぎ、「芳野屋弥平」を略し「芳弥」と呼ばれていたそうです。
蔵で途絶えていた山廃仕込みを四十数年ぶりに復活させる際に、創業の心をいつまでも受け継いでいきたいとの想いから、山廃仕込みの品に「芳弥」の名を冠したとのことです。


今回呑んだのは2008年(H19BY)のもの。
蔵出しは2010年1月。
無濾過一回火入れで二年の熟成です。


ス~~っとほのかに熟成香。
もわっとかキツ~イ感じはありません。あくまでもほのかに穏やか。
口当たりは軽く、スッキリとした辛旨。
熟っと濃厚な余韻。キレは良いです。

しかし、思ってたより軽いというか深みが無いというか頼りないというか・・・
ノミ太蔵的には物足りない味です。

・・・ここまでが冷えてる状態での感想。
(4合にしといてヨカッタ)




いやいやいや、芳弥くんの実力はこんなものでは無い!(ハズ)




4~5日放っとく。
そして、やはり燗でしょう、ということで温めていただくと・・・

おぉ!いいですよ!

味わいしっかりと濃厚になり、酸味も少しアップ。
口の中を「ふるふるっ」と複雑・豊かな旨味が行き交う。
行き交うと言っても四方八方乱れるわけでなく、サッカーでいえば往年の名プレーヤーたちが綺麗でスムーズな円熟のパス回しをしてる感じです
(無理矢理サッカーがらみにしたぞ)

ガツーンと来る山廃ではありませんが、やさしくも深みとコクを、そして適度なキレをじんわりと味わえるお酒ですね。
美味しかったです。

やはり芳弥くんは出来る子でした(^^)


(一升にしとけばヨカッタ・・・)




■酒造会社:株式会社福井弥平商店(滋賀県高島市勝野)
 創業:江戸中期 寛延年間(1748~51)
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/山田錦、掛米/吟吹雪
●精米歩合:60%
●使用酵母:-
●アルコール度:17度
●日本酒度:+3.5
●酸度:1.6
●アミノ酸度:1.5
●杜氏:中倉恒政
●製造年月:H22.1
●価格:1.8L/\2,940- 720ml/\1,470-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)




萩の露 芳弥 おかず
味自体はガッツリ濃厚ではないけど、濃いめの肴もしっかり受け止めてくれるお酒です。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 
関連記事

| 純米・特別純米 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/821-0a2e127c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。