PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町-日本晴 20BY

全国6,000万人の呑ん兵衛の皆様、お盆はいかがお酒ごしでしたでしょうか?
ノミ太蔵は、父方母方両祖母のダブル初盆ということで、まさにお盆ライフ満喫の夏期休暇となりました。

ブログも夏休みでしたが、ぼちぼち再開。



旭若松 純米

『旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町-日本晴 20BY』

醸造元の那賀酒造さんは、江戸時代中期(享保10年)創業の300年近くもの歴史ある蔵です。
現在の生産量は、わずか45石(一升瓶4,500本分)。
しかしながら、蔵元兼杜氏の松浦氏と奥様、それに「神亀」で修行された娘さんの三人で醸されるお酒は、濃厚パワフルボディかつ、熟成を売りにしたマニアックな味の酒ということで一度呑んでみたかった銘柄です。
でもビビリだから四合瓶で・・・


薄い山吹色の熟成を感じさせる見た目。
華やかな香りは皆無。
しかし、熟成感のある旨味たっぷり感の香りが立ち上ります。
口当たりは思いのほかするりと入りますが・・・

おほほ~
なるほど、これはガッツリ濃厚ですね~。


「熟」感溢れる甘香ばしい旨味。
完熟トロピカルフルーツのような妖艶な甘味に、少しスモークがかった香ばしさも感じます。
たしかにすごく好みの分かれそうなインパクトのある味だな~。
人によっては完全に受け付けないであろう濃さ・生老ね感。
そうでない人には、おぉ~濃厚、熟成、イイネイイネ~。

このくらいの熟成ならノミ太蔵的にはイイネイイネ~です。



旭若松スペック

今回呑んだ20BYの雄町-日本晴は、日本酒度-3と例年より甘味に仕上がったとの事。
(ここ数年はやや辛口傾向ですが、かつてはこういう甘口だったそうです)
かなり甘味が強いです。
強いんですが、ただ甘いというだけでなく、甘味に非常に練れた感のある酸味・苦味が溶け込み、濃厚な甘旨味を全くダレず、もたつかず味わえますよ。
余韻も濃厚なれど、思いのほか味のキレはよく、アルコール度の高さも感じさせない『円熟』な味わいですねぇ。



常温でも充分美味しいのですが、これをぬる~く燗をつけますと・・・


むふふふ~
思わず笑みのこぼれる濃熟な旨さ!
味わい、さらにやわらかくまとまり、芳醇な余韻と共に何ともトロ~ンと幸せな気分になります。

ただ、やはりガッツリ強いお酒ではありますので、個人的には毎日の酒というより、常温で保管してあるのを時々呑むっていうのが良さそうです。

いやいや、初「旭若松」、なかなかの好印象でした。



『旭若松 純米 無濾過生原酒 雄町-日本晴 20BY』
■酒造会社:那賀酒造有限会社(徳島県那賀郡那賀町)
 創業:享保10年(1725年)
●原材料:米、米麹
●原料米:麹米/雄町(自家栽培)、掛米/日本晴(徳島県産)
●精米歩合:65%(自家製米)
●使用酵母:10号系
●アルコール度:18度以上19度未満
●日本酒度:-3
●酸度:?
●アミノ酸度:?
●杜氏:松浦章裕
●製造年月:2009年3月分
●価格:1.8L/¥3,150- 720ml/¥1,650-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(8)




旭若松 純米おかず
お盆をまたぎ、茄子責めが続きます。
茄子と鶏の酸っぱ炒め(濃い口)と。
酢をたっぷり効かせ、暑い夏にピッタリ。
旭若松の甘酸味とも好相性でした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~


休み中に二回プールに行きました。
スライダーや波のある大きな市民プールも良かったんですが、何せこの暑さで人多過ぎ。
造波プールは完全に芋の子状態でした。

'10プール
その点こちらは田舎の特何も無いプールですが、完全にプライベートプール状態。
水もきれいで快適過ぎる(^^)

今年からスイムシャツを着用。
これいいですね。休み明けに肩や背中がヒ~ってことにならないし。




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 12:15 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

旭若松さんの跡取りは娘さんですか。
神亀で修業とは心強い。

それにしても、プライベートプール、、首都圏ではありえない。
ちょっとくらい、人がいないと盛り上がらないような気もしますが。でも、やっぱり羨ましい。

| 酒呑親爺 | 2010/08/22 08:05 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

人ごみ嫌いなのでこの開放感は快適過ぎ。
セレブが自宅プールで一人ゆる~り泳いでるごっこ出来ます。
しかも無料(^^)


旭若松、思ったほどクセのある熟成でなく良かったです。

| ノミ太蔵 | 2010/08/22 16:05 | URL | ≫ EDIT

少しはお休みが取れたようでよかったですね。
私は32・3歳ぐらいからスイムTシャツを
着用しておりました。我が家は息子共でしたので
一度水に入るとのどが渇くまで上がってきません。
やけど状態が耐えられないのでTシャツ着用に
しました。
岡山にいる息子が盆の里帰りに原酒を買ってきて
くれましたが、アルコール添加です。
原酒と言うと何も足さない・何も引かないのイメージ
ですが、私が間違い?
最近は大吟醸がしつこいと思うようになりました。
もっぱら純吟で楽しんでおりますが、息子共は
薄いと御託を並べます。
奥さまの手料理今度まねしてみます。

| A&N | 2010/08/22 22:55 | URL | ≫ EDIT

>A&Nさん

うちも唇紫色になるまで上がりませんよ~。
ただし、まだ小さいので強制

原酒ですけど、たしかアルコール度数の変化が1%未満なら加水しても原酒を名乗れたと思います。
アルコール添加といっても上槽前ですし、しぼった酒に加水して度数を下げない限り、原酒になるみたいですね。
たしかに混ぜ物してるのに原酒とされるとちょっと違和感ありますけど。


茄子と鶏の酸っぱ炒め。
タレを絡める時に片栗粉入れてちょっとトロミをつけると尚良いです。


| ノミ太蔵 | 2010/08/24 12:57 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> >A&Nさん
>
> うちも唇紫色になるまで上がりませんよ~。
> ただし、まだ小さいので強制退場できますけど。
>
> 原酒ですけど、たしかアルコール度数の変化が1%未満なら加水しても原酒を名乗れたと思います。
> アルコール添加といっても上槽前ですし、しぼった酒に加水して度数を下げない限り、原酒になるみたいですね。
> たしかに混ぜ物してるのに原酒とされるとちょっと違和感ありますけど。
>
>
> 茄子と鶏の酸っぱ炒め。
> タレを絡める時に片栗粉入れてちょっとトロミをつけると尚良いです。

| ノミ太蔵 | 2010/08/24 14:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/839-e7a4357d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。