PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

角右衛門・金 特別純米 山田錦 無濾過生

格右衛門 特別純米

『角右衛門・金 特別純米 山田錦 無濾過生』

「福小町」醸造元、秋田の木村酒造さんの新ブランド「角右衛門」シリーズのひとつです。



格右衛門2

↑の説明にもありますように、三代目当主「角右衛門」の名を冠し、
現在の技術・情熱を全て注ぎ込んだ「純米系」の新ブランドが『角右衛門』シリーズ。
全国30店舗ほどの取り扱いだそうです。

この角金(特別純米/山田錦)以外に、
角緑(特別純米/亀の尾)
角赤(純米大吟醸/酒こまち)
角黒(純米/酒こまち+めんこいな)があります。

純米吟醸/五百万石もあるらしいですが未確認。



今回の「角右衛門・金」は山田錦に9号酵母を使用した、いわば王道の組み合わせ的な純米酒ですが、
ノミ太蔵がこれまで呑んだ秋田の普及価格帯の純米酒は、ほとんどが「美山錦、美郷錦、酒こまち、吟の精」など秋田ならではの酒米に秋田酵母で醸されたお酒でした。
そんなわけで、秋田+山田錦+9号酵母という組み合わせに興味が湧いてきまして、今回は『金』をチョイス。

ちなみに「角右衛門」シリーズは全て火入れでの出荷だそうですが、この角金は、購入店の高良酒屋さんだけの生バージョンであります。



おやおや、前置きが長くなり欠伸している方が見受けられるので、このあたりで感想に移りますよ。




いきなりですが、このお酒は『ハズした』


・・・と思いましたよ。最初は。

香りは控えめスッキリ系。
スルっと軽めの呑み口で、コクは無いもののそこそこしっかりとした旨味。
しっとりとした酸味がやや強く、少々クセのようなものも感じるけれど、
華やかさの無い食中酒としてはいいバランスかな、と無難な感想を考えてもみましたが、どうも個人的には「すか~」っと抜けるような物足りなさと硬さ。

と、序盤は微妙な印象だったんですが、これが置いとくうちに徐々に良くなってくるんです。

味わいに濃厚さは無いけれど、しっとりと穏やかな酸と柔らかくきれいな旨味が完全調和。
ほんの僅かな苦味と旨味の余韻を残しつつ、たおやか~に引いていきます。
「秋田」という個性は少ないものの、派手さの無い均整の取れた、実に上質な良い味です。

最後の最後、開けてからおそらく3週間。
残り一合に至ってはホント「キター!化けたー!」状態でしたから。


これだから日本酒(純米酒)はオモシロイ。



『角右衛門・金 特別純米 山田錦 無濾過生』
■酒造会社:ナショナル物産秋田木村酒造工場(秋田県湯沢市田町)
 創業:元和元年(1615年)
●原材料:米、米麹
●原料米:100%
●精米歩合:60%
●使用酵母:協会901号
●アルコール度:16.5度
●日本酒度:+0.5
●酸度:1.8
●アミノ酸度:1.5
●製造年月:H22.5
●価格(税込):1.8L/\2,625-、720ml/\1,365-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)
序盤(5)、終盤(8)
トータル(7)ということで。





茄子おかず1
まだまだ続く茄子三昧(どころでなく十五昧くらいか)
味噌田楽ばかりで飽きたので味噌+チーズ乗せ。


茄子おかず3
翡翠茄子は刺身とマリネに。


茄子おかず2
山女をいただきましたので塩焼きに。
奥に見えるは豚と茄子の炒め物、梅風味


茄子責めがようやく終息して来たら、今度はゴーヤー責めです(>_<)
よい大人は変な想像しないように。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 純米・特別純米 | 23:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

山田錦の生は、一年以上寝かせたらもっとすんご~く化けると思うなぁ。ので、まだまだ冷蔵庫にて熟成させてるっす^^

このお酒、一升瓶で呑んでると、呑むたびにお酒の表情が違って面白かったよぉ。最後までヘタらないし^^

流石山田錦ですね♪

| たかりょう | 2010/08/24 09:31 | URL | ≫ EDIT

>たかりょうさん

ホント、このお酒開けてからグングン良くなって行きましたよ~!
最後はまさに化けた感じ。

塾角金、旨そうです。

| ノミ太蔵 | 2010/08/25 06:29 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
無濾過の角右衛門、ちょっと興味あります。
たしかに開栓してから風味って動きますよね。
私も同じような経験を何度かしました。
よろしくお願いいたします。

| tak | 2010/09/01 00:59 | URL | ≫ EDIT

>takさん

はじめまして!
角右衛門、取り扱い店が少ないですが見かけられたらお試しください。

このお酒は開けてから日に日に味乗りしてくるタイプでした。
もちろん逆のタイプもありますし、全く変化のないもの、一ヶ月ほど経ってからでないと味が開いてこないタイプなどなど、
つくづく日本酒はオモシロい呑みものだなぁと感じますね。

またよろしくお願いします。

| ノミ太蔵 | 2010/09/02 02:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/840-31e5d83a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。