PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦「犬甘野風土館 季楽」

犬甘野21

少し前、と言ってももう一ヶ月くらい前に行った蕎麦屋さん

「犬甘野(いぬかんの)風土館 季楽(きら)」



犬甘野05

犬甘野は、大阪北摂と京都亀岡の境にまたがる山間部にある、標高300~400mの農村地帯。
昼夜の寒暖の差を生かして蕎麦栽培がなされている所です。
と、言っても昔から蕎麦の産地だったわけではなく、平成になってから蕎麦栽培が始められたようです。
しかし、この気候・風土が蕎麦の栽培にバッチリだったのか、1997年(平成9年)度には社団法人日本蕎麦協会会長賞を受賞し、一躍蕎麦の名産地の仲間入りだそうです。



犬甘野01

犬甘野03

今回の蕎麦屋さん「犬甘野風土館 季楽」は、農水省の平成10年度「豊かなむらづくり事業」で内閣総理大臣賞も受賞した、地元の農家の方で作る犬甘野営農組合が直売所として開設した施設。そば打ちの体験も出来ます。

大阪から亀岡への峠を越える街道は何本かありますが、そこから少し脇にそれるので、わざわざ来ないとまずは通らないような所にあります。
しかしながら、土日にはここの蕎麦を食べに大勢の方が訪れます。




犬甘野04

既に収穫が終わってますが、お店の前は一面蕎麦畑。
9月頃にはなかなか良い眺めですよ、だって。



犬甘野06

駐車場に入ると、おォ!?シャッター閉まってる。
もしかして休みか・・・?




犬甘野07

と、思ってたら、こっちのヨシズの奥で営業してました。




犬甘野08

地元で採れた野菜の直売所も兼ねています。
安いです。
平日でしたが蕎麦を食べてる間にも、この野菜だけ買いに来る人ちらほら。




犬甘野09

外観もさることながら、これまた蕎麦屋らしからぬ定食屋のような山小屋の食堂のような店内。
お米や特産品も色々並べられ、チラシや冊子も多数。
カゴに入った野菜が積まれてたり、壁にもあれやこれやと貼られてて、清潔感はあるんだけどかなり雑然とした趣。

カウンターの中にニコニコ愛想のいい地元営農組合のおばちゃん2名。
「写真撮らせてもらっていいですか~?」って聞くと、「お兄ちゃん、雑誌かなにかの取材?」
「いえいえ、ただの田舎の蕎麦屋好きです^^;」

雑誌や新聞なんかにもちょくちょく掲載されてるのでそんな人もよく来るのかな。
平日の昼間にカメラもってウロウロしてるので、よく聞かれます。




犬甘野11

壁に貼られた、これまた蕎麦屋らしからぬラーメン屋風のお品書き。
(クリックで少し大きくなります)



犬甘野12

各テーブルにはラミネートされた写真入りのお品書きも。
カッコイイ系とは真逆の蕎麦屋さんです。
(クリックで少し大きくなります)



犬甘野10

孤独を愛する人は窓際のカウンターへ。
農家の方が持ち寄られたのでしょうか。色とりどりの花が飾られてますが、この統一感の無さが、台所のテーブルにおかんが飾った花のようでアットホームな雰囲気。




犬甘野18

窓から見える牛舎の黒毛和牛を眺めながら、一頭1,000万円として・・・と考えながら、蕎麦が茹で上がるのを待つのがこの店のスタイル。
決して香りは想像しないように(^^;)



犬甘野13

壁には関西ワイドショーを賑わす(してた?)方々のサインがずらりのコテコテ仕様です。
横山たかし師匠は色紙にも「すまんのぅ」入りですね。
(クリックで少し大きくなります)



犬甘野14

格の違いを見せつける、加トちゃんだけラップコーティング特別仕様。
(クリックで少し大きくなります)




犬甘野15

手打ちざるそば大盛り。1,100円也。
手打ちのは八割で、それ以外のは六割とのこと。
つなぎに亀岡特産の山の芋を使っているそうです。
ジャガイモみたいな丸くてゴロゴロしたやつね。




犬甘野16

かなり幅広です。6~8mmあるでしょうか。
厚みは1mmくらい。
不揃いで、素朴な手作り感満点の蕎麦です。




犬甘野17

ぷるぷるムチリンとした不思議な食感。
なめらかつるつる喉越しです。
ガッツリ蕎麦全開ではなく、やさしく爽やかな風味の蕎麦。
つゆはやや甘く、蕎麦同様やさしい控えめな味。



犬甘野19

蕎麦湯は・・・と、待ってましたが、補充用のつゆと思ってたのが蕎麦湯でした。
一番乗りだったので?さらさら透明^^;


同じ営農組合がやってる蕎麦屋でも、まつばらが、味も雰囲気もかなり本格的なのに対し、こちらの「季楽」はかなりゆる~く肩肘張らずに食べる、昔ながらの農村の素朴な蕎麦という感じでした。




『犬甘野風土館 季楽』
●所在地:京都府亀岡市西別院町犬甘野樋の口1-2
●Tel:0771-27-2300
●定休日:木曜日(祝祭日を除く)
●営業時間:8:00~18:00(5月~10月下旬)
      9:00~17:00(10月下旬~4月)
●駐車場:あり
●完全禁煙

主なお品書き
・手打ちざるそば        並850円 大盛1,100円(無くなり次第終了)
・季楽そば(山芋入り、温・冷) 並750円 大盛1,000円
・おろしそば(温・冷)     並600円 大盛 850円


大きな地図で見る








さて、「季楽」のあとは近くの秋鹿酒造か、もう一軒の山中にある蕎麦屋に行くか迷いましたが、少々物足りなかったので蕎麦屋へ(方向が真逆なのです)


犬甘野20

・・・が閉まってました(-_-)

昇りは仕舞っといてくださいよ・・・






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけ


吉野家 そば

吉野家の十割蕎麦を初めて食べました。



吉野家 そば2

思ってたよりちゃんとした蕎麦でした。
盛り方汚いけど。
これで280円だったらスゴいけど、380円だとそんなもんかという感じ。

ネギはカップ麺の具みたいにカピカピでしたが(^^;)

関連記事

| 食べ太蔵 | 22:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨日、亀岡に行ってきました。
まさか、亀岡特産のソバ産地があるなんて知らなかったなぁ。
それにしても、珍しい地名ですね。犬甘野。。どういう由縁なのかなぁ?
近く(?)には犬山なんてところもあるし、どちらもお城あるし。。
誰か調べてくれないかなぁ。

| 酒呑親爺 | 2010/11/20 10:14 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

>昨日、亀岡に行ってきました。

えェ~!!ホントですか!?
It's a Kameokan joke とかじゃなければ、なぜにこんなところへ???
お嬢さんが京都で就職されたんでしたね。
それで秋の京都観光とか??

犬甘野、帰ってネットで調べればすぐ分かるだろうと思ってたら分かんないんですね。これが。
おばちゃんに聞けば良かった。
図書館にでもいけば何かあるかなぁ。

ちなみにここから亀岡側に峠を下ったところに犬飼という地区があります。
犬山ってここのことですか?城跡もあるし。
犬飼川のほとりには関西盲導犬訓練センターがあります。
「クイール」というドラマ・映画にもなった盲導犬がいました。
う~ム、犬だらけですね。


------------

で、先ほどお店に電話して聞いてみましたが、分かる方おられませんでした。
う~ム、分からないと余計気になる。

| ノミ太蔵 | 2010/11/20 15:22 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
わざわざ、お店に電話までしていただいて。。
でも、Netで分からない事は、よほどの通の(or地元に詳しい)人でないと分からないでしょうね。
京都では、娘とはニアミスでした。親爺は、単独で仕事しておりました。

| 酒呑親爺 | 2010/11/21 21:12 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

お仕事でしたか。失礼しました。

よくよく考えたら、おばちゃん達は嫁いで来た方が多いでしょうし、地名の由来までは知らないのかな~と。
現地で老人会の会合に潜入しに聞きまくると分かるかも^^;


| ノミ太蔵 | 2010/11/21 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/875-71c7d707

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。