PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本で最も・・・な酒

銚子1

新調しました。












銚子2

箸置きですが・・・(^^;)





と、これだけで終わるのも何なので駄文を。

先日の記事で、日本最北端の酒蔵が國稀酒造さんと紹介しましたが、それじゃあ東西南北それぞれ最端の蔵は?
ということで調べてみました。


まずは、最南端。
沖縄県うるま市、「黎明」の泰石酒造さん 。
これは有名なので知ってました。呑んだ事はありませんが。
さすがに沖縄の気温で日本酒の自然醸造は不可なので、冷房設備完備の蔵です。
ちなみに自然醸造での最南端蔵は、熊本の亀萬酒造さんになるようです。


続いて最西端。
長崎県平戸市、「福鶴」の福田酒造さん。
元禄元年(西暦1688年) 創業の歴史ある蔵です。


最後に最東端。
北海道根室市、「北の勝」の碓氷勝三郎商店さん。
「きたのまさる」かと思ってましたが、「きたのかつ」って読むんですね。知りませんでした(^^;)



というわけで、
最北端:「国稀酒造」(北海道増毛郡)
最南端:「泰石酒造」(沖縄県うるま市)
最西端:「福田酒造」(長崎県平戸市)
最東端:「碓氷勝三郎商店」(北海道根室市)
と出揃いました。
さすが北海道、北と東の端の二冠を制覇です。


と、ここまでは検索で簡単に出てくる。
では、逆に最も日本の中心にある酒蔵は?

これは難しい。
そもそも日本の中心をどことするかには解釈により諸説あるようで、いろいろな自治体が我町こそは「日本の中心」と名乗りを上げてますが、無理矢理感ありありな所も多いぞ。
やはり、ここは公正にお国のサイトで調べてみますと、国土地理院に「日本の重心」(日本国土を一枚のプレート状にした際に水平に吊り合う質量的重心)という表現で出てます。
その場所とは東経137度42分33秒、北緯37度31分03秒の・・・・




海の上!! (^^;)

(↑クリックで地図出ます)



意外でした。
岐阜か長野辺りかと思ってた。

となると、ここに一番近い酒蔵は能登半島の櫻田酒造さん?
鳳珠酒造組合「奥能登清酒Information」の地図



というわけで、ノミ太蔵的に日本の最も中心にある酒蔵は、石川県珠洲市「初桜」の櫻田酒造さんに勝手に決めさせてもらいました。
反論は大いに認めます(^^;)



ちなみに現存する最も古い酒蔵は、茨城県笠間市、「郷乃誉」の須藤本家さん。
永治元年(1141年)には酒造りをしていた記録があるそうです。




最もシリーズ、他に知りたいのは、
・最も新しい酒蔵(休眠復活とか経営譲渡されたとかでなく、新しく酒造免許を取得して創業した蔵)
・最も海から遠い酒蔵(最も海から遠い地点が長野県佐久市田口字榊山209-1の山中なので、佐久市のどこかの蔵?)
・最も標高の高い酒蔵(長野辺りか?)
・最も標高の低い酒蔵(海辺のどこか?)
・最も小さい酒蔵(これも我こそは状態でよく分からん)
あたりかな。



ご存知の方おられましたら教えてくださいませ。
謝礼はノミ太蔵の華麗なジャンプを弾ませていただきますので(^^;)

いつの日か、これらが一堂に会した日本酒「最」ミットが開かれるのを心待ちにしています。



あ~、ちょろっと書いて寝ようと思ったのに、色々調べてたら遅くなってしまった・・・


~~~~~~~追記~~~~~~~

love地酒!さんより、最も標高の高い酒蔵は「十五代九郎右衛門」「木曽路」の湯川酒造店だと情報をいただきました。
ありがとうございます。

ジャンプしときますね。
お見せ出来ないのが残念ですが(^^;)


湯川酒造店は長野県木曽郡にあり、標高は1,000m!
「日本で最も星に近い蔵」とも言われています。
ノミ太蔵の住む京都府では、一番高い山でも971.5m。
それよりも上に蔵があるのか。スゴイナ~。




クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 酒雑記 | 03:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

色々と有難うございます。お疲れさまでした。
これでサミットを開催して全てのお酒がおいしければ
良いのですが・・・・・・

| A&N | 2010/11/29 20:58 | URL | ≫ EDIT

最サミット、、調べるのは、親爺も参加でしょう?(笑

でも、最/東西南北、、良くぞ調べていただきました。
すばらしい!ありがとうございます!
これから1W、毎日ポチっとさせていただくことを誓います!

| 酒呑親爺 | 2010/11/30 22:56 | URL | ≫ EDIT

>A&Nさん

いつの日か全ての酒を同時呑みしてみたいですね。
船をチャーターして「日本の重心点」上で。

日本の中心で酒を浴びる

なんちゃって^^;

| ノミ太蔵 | 2010/12/01 12:46 | URL | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

親爺様もその情報収集力で是非ご協力くださいm(_ _)m

晩酌を終え、いい気分でポチポチとキーボードたたきながら、ふと思いつきで調べ始めたら、終わった頃にはすっかり冷めちゃって「寒~」ってなってました。

お礼に1Wポチッと返ししときます^^;

| ノミ太蔵 | 2010/12/01 12:50 | URL | ≫ EDIT

最も標高が高い酒蔵は「十五代九郎右衛門」「木曽路」の湯川酒造店かと存じます。

最も小さいというのは、蔵の敷地面積でしょうか?生産石数でしょうか?

私が知る限り、規模では「三重錦」の中井酒造場があげられます。
年間生産石数40石。蔵元の中井昌平が1人で醸し、蔵の敷地もお一人様サイズです。

群馬県に桶買いで、年間販売数1石という蔵がありましたが、造り酒屋でないのでノーカウントですね?
もっともこの蔵も、修行に出ていた倅が帰って来まして酒造再開になるようですが・・・。

| love地酒! | 2011/01/08 14:20 | URL | ≫ EDIT

>love地酒!さん

情報ありがとうございます。

なるほど長野県木曽郡の「湯川酒造店」さんですね。
ちょっと調べてみましたが、たしかに標高1,000m以上、「星に一番近い蔵」を標榜されてますね。

最も小さい・・・は、やはり商業ベースの自譲蔵ですかねぇ。

三重錦、まさに今呑んでるところです^^
ここもかなり小さい蔵ですね。
一時100石くらいまで増やしたが、やはり増やすと納得行く造りが出来ず、最近は60石くらいと聞いてます。
40~50石規模の蔵は他にもいくつかありますが、結局どこが一番小さいんでしょう?


>群馬県に桶買いで、年間販売数1石という蔵がありましたが、造り酒屋でないのでノーカウントですね?
>もっともこの蔵も、修行に出ていた倅が帰って来まして酒造再開になるようですが・・・。

これは大いに気になります。
もし、差し支えなければ教えていただけますか。

| ノミ太蔵 | 2011/01/09 08:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/896-a0e3c65f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。