PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

衣が浦若水 純米吟醸酒 21BY

ちょっと遅くなりましたが、メリークリスマ酒!!

皆様、夕べは大いに呑まれたんでしょうか?
ノミ太蔵は、今週序盤から風邪でグロッキー気味です(=_=)
今日もまだ鼻水タラ~リ・・・
歳のせいか治りが遅くなってきました。以前はキュッと呑んで一晩寝たら治ってたんですけどねぇ。

とか言いつつ、一昨日辺りから晩酌は再開しておりますが(^^;)



昨日の夜、一本の電話がありました。

「○×△※通販部ですが」←早口過ぎて聞き取れない。変な通販とか勧誘か?と訝しむ。

「先日お買い上げいただいたロースハムの・・・」

あ~。(この時点で、先日ハムを取り寄せたお店からの電話だと分かる。)

「賞味期限が・・・」(どうも表示されてる賞味期限に誤りがあったらしい。うちのは大丈夫でしたが。)

焦ってるのか、とにかく凄い早口で内容がほとんど聞き取れないほど。
こっちが落ち着け~と言いたくなる。
確認と謝罪の電話なのに、こんな話し方では返って印象悪いぞ。
賞味期限の誤表記があったらしく、2011年2月○日なのが2012年2月○日になってたらしい。
期限過ぎてるなら慌てるのも分かるけど、実際の賞味期限もまだ先だし、そんなに慌てなくてもちゃんと説明すりゃほとんどの購入者は何も言わないでしょうに。

電話して来てたのは、声から察するに若そうな男性社員さんでした。


そういえば、夕べはクリスマス・イブでしたね。
電話があったのは夜の9時前頃。
きっと彼女と約束があったのでしょう。
なのに突然のトラブル発覚で、購入者に片っ端から電話掛けろって強制残業だったのかも知れない。

だからあんなに慌ててたのか。頑張れ、若者(^^)

・・・と勝手に想像を巡らしたイブでした。




若水

さてさて、夕べはクリスマス・イブということで、我が家でもささやかにパーチーらしきものが行われました。
特にクリスマス用のお酒は買ってなかったのですが、まぁせっかのイベントなので、何となく呑み損ねていたこれを開けてみました。

『衣が浦 若水(ころもがうらわかみず) 純米吟醸 21BY』



生道井 純米吟醸 21BY 2

う~む、見事にクリスマスらしからぬ雅なラベルです(^^;)

むしろお正月に呑んだ方が絵になりそう。




生道井 スペック

醸造元の原田酒造さんは、愛知県知多半島にある安政二年(1855年)創業の蔵。
この辺りは、かつて海上輸送の中継地点として、上方から江戸へ荷物を運ぶ船の補給港として栄えたところです。また、灘と並んで江戸向けの酒の一大醸造地として、300近くもの酒蔵がありました。しかし、輸送手段が鉄道などの陸上輸送に取って代わられ、東海道から外れたこの地は徐々に過去の繁栄からは遠のいて行き、酒蔵も時代とともに中小は淘汰の波に合い、現在では9蔵が醸造するのみ。
そのような中でも昔ながらの杉の甑(こしき)で米を蒸し、槽で搾るといった「手造り」を続ける、生産量200石ほどの小蔵です。

創業当時からの代表銘柄は「生道井(いくぢゐ)」(由来は、蔵の西方に位置する日本武尊(やまとたけるのみこと)
ゆかりの井戸『生道井』より)
そして、「生道井」とは別の主要銘柄に、蔵から望む小湾“衣が浦”からとった「衣が浦若水」があります。


今回のお酒は、この酒名の一部にもなっています「若水(わかみず)」という酒米を用いたもの。
「若水」は、1972年(昭和47年)に愛知県総合農業試験場で開発された、あ系酒101と五百万石を交配させた品種。
短稈で倒伏しにくく、 心白の発現が良好な早生品種。
1985年(昭和60年)に愛知県初の酒造好適米として品種登録。
ただし、精米時に割れやすく、あまり高精白には向かない。穀味が多く、旨味豊かな酒になるそうで、どちらかというと本醸造や純米酒向きの米のようです。
愛知県以外にも、群馬や栃木方面でも栽培されています。

以前呑んだ「鳳凰美田 芳(栃木産若水使用)」の記事→こちら





吟醸酒ですが、香りはさほど高くありません。
す~っと、かすかに香る程度(鼻詰まってるからかも^^;)

すっと軽く入るも、ほっこりとした穀味がぶわ~っと広がりますね。嫌味のない旨味ですね。
土蔵の奥で自然熟成されたお酒という事で、程よい熟味のある酒です。
吟醸酒のキレイさと、純米酒のコクを足して2.5で割ったような・・・
(完全に昇華し切れてない印象ありなので)
後半は、ややアルコール感のある辛味が残り、独特の苦味を感じる余韻。

こう、文章だけで見るとあまり美味しそうに読めないんですけど、意外とこれが食中酒的には良かったり。
派手さは無く、スッキリしてるようで、しっかりと味・ふくらみ・コクのある呑み口。
最後はもたつかず辛味に切れ、食べつつスイスイと味わいながら行ける酒ですね。

燗は試してないので、残り少しを試してみて追記します(多分)



追記
燗をつけると甘味が増してきますね。さらに旨味も濃厚に。
上燗まで温めるとちょっと酸味がエグく感じました。
個人的には人肌燗くらいが良かったな。
甘味・旨味・酸味のバランスが良く、冷やより旨い。
それを冷ますとさらに良いです。

ということで個人的お好み度+1であります^^


『衣が浦若水 純米吟醸酒 21BY』
■酒造会社:原田酒造合資会社(愛知県知多郡東浦町生路坂下29)
 創業:安政二年(1855年)
●原材料:米、米麹
●原料米:若水(東浦町産)
●精米歩合:60%
●使用酵母:
●アルコール度:16度以上17度未満
●日本酒度:
●酸度:
●アミノ酸度:
●杜氏:田村耕一(越後杜氏)
●製造年月:H22年(2010年)5月
●価格:1.8L/\3,350- 720ml/\1,575-

個人的お好み度:〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓(7)



「若水」ですが、ピークの1995年には県内で290haを栽培されていましたが、日本酒需要の低迷や淡麗志向の高まりもあり、昨年で43haまで減少しています。
愛知県には、「若水」以外にも「夢山水」という品種がありますが、より大吟醸向きの第三の新品種として、若水と山田錦を交配させた「愛知117号」が先日発表されています。
あと数年したら、この米を使用したお酒が出てくるかな?

~~~以下、引用~~~

平成22年12月13日(月曜日)発表

愛知県農業総合試験場は、愛知県産業技術研究所と共同で、吟醸酒が醸造できる「高度精白適性」を持ち、栽培の安定性に優れる酒米の新品種「愛知酒117号」を開発しました。
 本品種は、1.本県育成品種「若水」の栽培しやすさ、2.「山田錦」(酒米の全国シェア1位(約30%)の優れた醸造特性、3.病害抵抗性を兼ね備えています。精白歩合50%以下に精白できるため、愛知発の美味しい吟醸酒、大吟醸酒の原料になる新しい酒米として期待されます。
※高度精白:精白歩合60%以下に精白すること。
※吟醸酒・大吟醸酒:吟醸酒は精白歩合60%以下、大吟醸酒は精白歩合50%以下の酒米を使用して造られたお酒。

(1)米粒が大きく、酒米の条件である「心白」の形とそろいが良好なため、50%以下に精白可能で、吟醸酒の醸造に適しています。
(2)本品種で作った吟醸酒の官能評価では、新酒、熟成酒ともに香りが豊かで、親品種である若水と比較して淡麗タイプの清酒が出来ることが判りました。
(3)縞葉枯病抵抗性を持っており、農薬の散布回数を減らすことが出来ます。

~~~~~~~~~~




鶏

愛知のお酒ということで、名古屋コーチン・・・でなくスーパーで買った若鶏のロースト。



コーチン

こっちは本物。
お土産に貰った名古屋コーチンのしぐれ煮。
このしっかり味と、若水の穀味がしっくり来ますね~。



~~~~~

5歳

風邪でグロッキー中に長女が5歳の誕生日を迎えました。
まだまだ、我が侭言い放題ですが、すこ~し我慢出来る所も出て来て、大人の都合も理解してくれるようになって来たかな?





クリックするだけで“金運” “恋愛運” “仕事運” UP
・・・しませんがポチッとヨロシク
  ↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ 人気ブログランキングへ
関連記事

| 麗しの純米吟醸・吟醸酒 | 23:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

5歳で親の都合を理解してくれるとは、、なかなかのおませちゃんのようですね。(笑
1月のOFF会、楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いたします。

| 酒呑親爺 | 2010/12/26 12:06 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/12/26 19:49 | | ≫ EDIT

>酒呑親爺さん

まだまだ、時々ですよ(^^;)
昨日も家の掃除してたら、あまり絡んで来ず、隣のお姉ちゃんたちと遊んでました。
(いつもはノミ太蔵も呼び出される)

妹さんは時も場所も関係なくギャ~!!ってやってくれます・・・


>1月のOFF会、楽しみにしております。

こちらこそ宜しくお願いします。
初親爺さん楽しみだなぁ^^

| ノミ太蔵 | 2010/12/27 12:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nomitaizou.blog49.fc2.com/tb.php/906-28d73489

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。